THE BRIDGE

タグ evernote

iOS 10のメッセージアプリで使える、iMessageアプリ25選

SHARE:

Apple はメッセージアプリにチャットボットを導入するのではなく、iOS 10で iMessage アプリ拡張機能を本日(9月13日)から公開し、同アプリを強化するようだ。 今後はメッセージアプリのチャットウィンドウの下に小さい App Store のアイコンが現れるようになる。このボタンからドロワーを引き出してステッカーなどが送れる。また新たにローンチされた iMessage App Stor…

Above: ESPN and Apple Music iMessage apps in the Messages app for iOS 10. Image Credit: Jordan Novet/VentureBeat
iOS10のメッセージのESPNアプリとApple Music iMessageアプリ.Image Credit: Jordan Novet/VentureBeat

Apple はメッセージアプリにチャットボットを導入するのではなく、iOS 10で iMessage アプリ拡張機能を本日(9月13日)から公開し、同アプリを強化するようだ。

今後はメッセージアプリのチャットウィンドウの下に小さい App Store のアイコンが現れるようになる。このボタンからドロワーを引き出してステッカーなどが送れる。また新たにローンチされた iMessage App Store へのショートカットもあり、多くのデベロッパーは自社の既存アプリの iMessage 対応を余儀なくされることだろう。しかし、すでに iMessage 対応アプリは山ほどあり、通常の iOS App Store からダウンロードできる。

iMessage 対応のアプリは App Store で Apple TV 版や Apple Watch 版のアプリと同様に「Offers iMessage App」と表示される。管理ウインドウではすでにインストールされているアプリが iMessage 対応であれば、自動でその iMessage 版を追加インストールするように設定することもできる。今入手できる iMessage アプリを試してみれば、これまで制限されていたシンプルなメッセージアプリ上でどれだけ多くの機能が使えるようになったかわかるだろう。これは間違いなく大きな転換点である。

それでは、現時点で利用できる25の iMessage アプリを紹介しよう。

Afar

Above: Some of Afar’s stickers. Image Credit: Screenshot
Afarのステッカーの一例.Image Credit: Screenshot

Afar Magazine の旅行ガイドアプリの iMessage 版では会話中に旅行に関連したステッカーを貼ることができる。

Castro

Above: Castro’s iMessage app lets you share podcasts. Image Credit: Screenshot
CastroのiMessageアプリではポッドキャストをシェアできる.Image Credit: Screenshot

Supertop のポッドキャストアプリ Castro(480円)の iMessage 版では自分が聴いたポッドキャストをシェアできる。

(訳注:原文の$3.99は日本版のApp Storeで調べた価格480円に直しています。以下も価格については同様の対応としています。)

Citymapper

Above: Citymapper’s iMessage app at work in Messages. Image Credit: Screenshot
メッセージ内でCitymapperのiMessage版アプリを使用しているところ.Image Credit: Screenshot

Citymapper の iMessage アプリから自分の現在地、自宅、職場の地図を送ることができる。

Dierks Bentley Lyric Keyboard + Emojis

Above: Dierks Bentley stickers. Image Credit: Screenshot
Dierks Bentleyのステッカー.Image Credit: Screenshot

このEchelon Creative のサードパーティキーボードアプリ(240円)の iMessage 版では、カントリー歌手 Dierks Bentley に関連したステッカーを送ることができる。

Drafts

Above: Sending text from Drafts in Messages. Image Credit: Screenshot
メッセージ内でDraftsからドキュメントを送信.Image Credit: Screenshot

Agile Tortoise のメモ帳アプリ Drafts(600円)の iMessage 版ではテキストドキュメント全体を簡単に送ることができる。タップして送るだけでコピーペーストの必要はない。

Evernote

Above: Evernote’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
EvernoteのiMessageアプリ.Image Credit: Screenshot

メモ帳アプリ Evernote ではタップするだけでノートを共有することができる。受け取った人はそのノートを閲覧したり自分の Evernote アカウントに保存したりできる。

Genius

Above: Genius’ iMessage app in action. Image Credit: Screenshot
iMessageアプリGeniusの使用例.Image Credit: Screenshot

Genius の iMessage 版アプリでは音楽の検索やブラウズが可能で、アーティストの写真に歌詞を付箋のように貼り付けて送ることができる。

Giphy

Above: Giphy’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
GiphyのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

この iMessage 版 GIF アニメーション共有アプリはまさに予想通りのことをしてくれる。GIF を検索してブラウズし、どんどん送ることができる。

IMDb

Above: IMDb’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
IMDbのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

IMDb の iMessage 版は TV 番組や映画に関するディープリンク(IMDb アプリへの直接のリンク)を送ることができる。現在上映中の映画については、上映時間のリンクも提供される。

iTranslate

Above: iTranslate translating in iMessage. Image Credit: Screenshot
iMessage中でiTranslateを使い翻訳しているところ.Image Credit: Screenshot

iTranslate の iMessage 版はキーボードを表示し、入力されたテキストをさまざまな外国語に翻訳してくれる。iMessage にはオリジナルと翻訳した文章が表示される。

Justmoji

Above: Justmoji’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
JustmojiのiMessage版アプリImage Credit: Screenshot

サードパーティキーボードアプリ Justmoji(240円)の iMessage 版では、カスタマイズも可能なジャスティン・ビーバーのステッカー、ビデオ、GIF アニメを利用することができる。

LookUp

Above: LookUp’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
LookUpのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

LookUp の iMessage 版(360円)では言葉の定義が書かれたカードを利用できる。

OpenTable

Above: OpenTable’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
OpenTableのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

OpenTable の iMessage 版では通常の OpenTable アプリにソーシャル機能が加わっており、レストランの候補を選んでカードにして送り、受け取った人がタップして開くことができる。選んだ候補に投票したり、時間帯をタップして予約することもできる。

Plated

Above: Plated’s iMessage app stickers. Image Credit: Screenshot
iMessage版Platedのステッカー.Image Credit: Screenshot

食事デリバリーサービス Plated の iMessage 版では食事に関連した可愛いステッカーを提供している。

PlayKids

Above: PlayKids’ iMessage app stickers. Image Credit: Screenshot
iMessage版PlayKidsのステッカー.Image Credit: Screenshot

PlayKids の iMessage 版では同アプリの可愛いキャラクターのアニメーションステッカーを送ることができる。

Polaroid Swing

Above: Polaroid Swing’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
Polaroid SwingのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

Polaroid Swing はモバイルデバイスで撮影した短時間のビデオをループ再生してくれる。iMessage 版ではそれを共有することができる。

Rex – Great Recommendations from Friends

Above: Rex’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
RexのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

本家 Rex アプリを簡素化した iMessage 版では、映画や音楽、本、テレビ番組、ビデオ、ポッドキャスト、記事、食事、飲み物、観光地、アプリ、ゲームなど、他の人が集めたさまざまなものに関するおすすめを教えてくれる。おすすめを送ると他の人はその内容を読むことができ、コメントを読んだり Rex アプリからコメントしたりできる。

Scanbot

Above: Scanbot’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
ScanbotのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

モバイル PDF スキャンアプリ Scanbot の iMessage 版では書類の写真をすぐに撮れるウィジェットが利用でき、自動で読みやすく画像処理されて共有することができる。

Snappy Browser

Above: The Snappy Browser iMessage app. Image Credit: Screenshot
Snappy BrowserのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

iMessage アプリとしてのみ動作する Rinat Khanov の Snappy Browser(240円)は、メッセージアプリ上でさくさく動くミニブラウザを提供している。ウェブ検索も組み込まれており、Send(送る)ボタンを押すだけでウェブサイトの共有も可能だ。閲覧サイト履歴もたどることができる。

Tenor – GIF Keyboard

Above: Tenor’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
TenorのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

以前 Riffsy という名前だったアプリ Tenor の iMessage 版では、アニメーション GIF の検索・シェアだけでなく、それをステッカーにすることもできる。さらに、iOS デバイスのカメラを使ってビデオを録画してアニメーション GIF 化し、共有もできる。GIF やステッカーのパックを作ることもできる。

TimeTree

Above: TimeTree’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
TimeTreeのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

カレンダーアプリ TimeTree の iMessage 版では自分のカレンダー上のイベントを共有することができる。

Triller

Above: Triller’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
TrillerのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

Triller アプリの iMessage 版はビデオ録画とフィルター、共有機能をまとめたものである。

Voo Plan for iMessage

Above: The Voo Plan for iMessage iMessage app. Image Credit: Screenshot
iMessageアプリ用Voo Plan.Image Credit: Screenshot

これは通常の iOS アプリではなく iMessage 版だけのアプリで、友人と集まる日時と場所を設定できる。レストランやバー、カフェを選び、予約、割引、道案内、レビューや写真のチェック、フォローができる。プランを共有することももちろんできる。

Yelp

Above: Yelp’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
YelpのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

Yelp では同アプリで最近チェックしたレストランを共有することができる。アプリ内で新しいことを発見させてくれ、iMessage を受け取った人もまた Yelp アプリに誘導してくれる。

Zen Brush 2

Above: Zen Brush 2’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
Zen Brush 2のiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

P Softhouse の Zen Brush 2アプリ(360円)の iMessage 版では既存の美しい書道や墨絵のイメージを、画像またはステッカーの形式で送ることができる。それだけでなく、フルバージョンのアプリ同様にシンプルだが美しい筆アートを描くこともできる。

ぜひこれらのアプリを楽しんで頂きたい。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Evernoteが従業員47人をレイオフ、 拠点3ヶ所を閉鎖、チームの強化・集中に取り組む

SHARE:

生産性向上アプリのプロバイダーであるEvernoteはレイオフを実施すると発表した。ある投稿記事によると、新たに選出されたChris O’Neill社長は本日、より小規模で集中したチームを構築する手段として、47人の従業員にレイオフを言い渡し、米国外の拠点3ヶ所を閉鎖したと発表した(編集部注:原文掲載9月29日)。 2ヶ月前にPhil Libin氏から社長職を引き継いで以来、O’Neill氏はEv…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “whatleydude“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

生産性向上アプリのプロバイダーであるEvernoteはレイオフを実施すると発表した。ある投稿記事によると、新たに選出されたChris O’Neill社長は本日、より小規模で集中したチームを構築する手段として、47人の従業員にレイオフを言い渡し、米国外の拠点3ヶ所を閉鎖したと発表した(編集部注:原文掲載9月29日)。

2ヶ月前にPhil Libin氏から社長職を引き継いで以来、O’Neill氏はEvernoteとユーザをより適切に査定するというミッションに取り組んでいる。そして今、自分の存在を示す時がやってきた。その一環として、彼は同社でコアとなる3つの強みにフォーカスしている。ノート、同期、検索だ。彼はスタッフ全員を再配置し、会社に貢献してくれそうなチームメンバーに集中しようとしている。

「より小規模で集中したチームを今作っておけば、将来、成長し発展できると信じています。今後数ヶ月で次の2つのことを予定しています。1つは皆さんが最も気にしているコア機能周りの根本的な製品の改良、もう1つは、当社のミッションをサポートできていない取り組みを撤退・廃止することです」とO’Neill氏は記している。

同社の広報担当者はVentureBeatに対し、オフィスが閉鎖されるのは台湾、シンガポール、モスクワだという。レイオフが行われる部署は会社全般にわたり、該当となるのはEvernote Foodなど「優先的でない」事業とされたところで、明日にも終了される

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Evernoteの新CEOに元GoogleのChris O’Neill氏が就任、リービン氏は会長職に

SHARE:

ノートアプリのEvernoteは今日(記事掲載時点で7月20日)、同社の新CEO(最高経営責任者)に、元Google幹部のChris O’Neill(クリス・オニール)氏を起用したと発表した。同社の共同創業者で現CEOであるフィル・リービン氏はこのポジションを辞任し、会長職に就くことになる。 リービン氏は、今回のニュースを伝えるブログポストでオニール氏についてこう言及している。 「彼は私たちが構築…

evernote-phil-libin-ken-yeung
Image Credit: Ken Yeung

ノートアプリのEvernoteは今日(記事掲載時点で7月20日)、同社の新CEO(最高経営責任者)に、元Google幹部のChris O’Neill(クリス・オニール)氏を起用したと発表した。同社の共同創業者で現CEOであるフィル・リービン氏はこのポジションを辞任し、会長職に就くことになる。

リービン氏は、今回のニュースを伝えるブログポストでオニール氏についてこう言及している。

「彼は私たちが構築してきたものを信じ、古臭いツールにうんざりしている全ての企業や人々に対してEvernoteを提供していくのに必要な経験とリーダーシップの持ち主です。クリスが、Evernoteの可能性を現実のものにする後押しをすることで、私たちは数十億人が持つ可能性を叶えるお手伝いができます。これは彼が得意とすることで、まさに私たちが必要とすることです」。

Googleでオニール氏はGoogle Xに従事しており、それ以前はGoogle カナダのマネージングディレクターを務めていた。それ以前は、同社の小売り事業の責任者を任されていた。

Evernoteは1億5000万人のユーザーを獲得しているとリービンは書いている。これは昨年11月に、同社が日本のメディア企業である日経から2,000万ドルの投資を受けた際報道で明らかになった「1億人ユーザー以上」から増加している。

Evernoteのサービス開始は、2008年。MicrosoftのOneNoteなどが競合となる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Evernote、Wunderlist、Pocket、LastPassの有料版がすべて使えて60ドルというパッケージサービスが登場

SHARE:

<ピックアップ>Evernote, Wunderlist, Pocket, and LastPass make for a killer $60 bundle | The Verge クラウドストレージサービスやパスワード管理ツール、簡単ブックマークのあとで読む系サービスなど、日々さまざまなサービスを使っていて、無料版だけでは物足りなくて有料版を使っている人も多くいると思います。いくつ…

The Productivity Pack

<ピックアップ>Evernote, Wunderlist, Pocket, and LastPass make for a killer $60 bundle | The Verge

クラウドストレージサービスやパスワード管理ツール、簡単ブックマークのあとで読む系サービスなど、日々さまざまなサービスを使っていて、無料版だけでは物足りなくて有料版を使っている人も多くいると思います。いくつもの有料サービスを使っていると、積み重ねた時の料金はそれなりに高額で、けれども便利だから仕方ない、ってなりますよね。

そんなことを考えている人に朗報です。クラウドストレージのEvernote、Todo リストのWunderlist、あとで読むのPocket、そしてパスワード管理のLastPassの有料版がすべて使えるバンドル版が、約60ドルで使えるパッケージ版「the Productivity Pack」が登場しました。通常の有料版を個別に契約すると、全部で185ドルにもなってしまうので、実質的に約68%のディスカウントになります。さらに、ボーナス特典として、The NewYork Timesの定期購読も付いてくるという太っ腹な特典付き。

有料版を契約するユーザを、いかに抱え込むかがフリーミアムモデルを採用しているサービスにとって重要な指標。スタートアップ同士がこうして提携し、パッケージ版を作ることで、ユーザにとってメリットを強調することも一つの戦略かもしれません。

それにしても60ドルは魅力的ですね。契約しようか悩みます。こちらから、それぞれの有料版の特典内容やバンドルパッケージの詳細を見ることができます。

----------[AD]----------

Evernoteのユーザーが1億人を突破

SHARE:

<ピックアップ> We Have 100 Million People to Thank 私も毎日原稿作業に愛用しているEvernoteのユーザーが1億人を超えたそうです。2008年公開(会社の創業は2005年でWindows版は2006年にリリース)で、以前にCEOのフィル・リーピン氏と話した時、ものすごい初期のTechCrunch Japanの翻訳記事(当時のエリック・ショーンフェ…

apps

<ピックアップ> We Have 100 Million People to Thank

私も毎日原稿作業に愛用しているEvernoteのユーザーが1億人を超えたそうです。2008年公開(会社の創業は2005年でWindows版は2006年にリリース)で、以前にCEOのフィル・リーピン氏と話した時、ものすごい初期のTechCrunch Japanの翻訳記事(当時のエリック・ショーンフェルド共同編集長が書いたもの)が大きく話題になって日本からのユーザーが増えたんだよって教えてくれたのを覚えています。

そこから6年。記事では3500万人がアジア太平洋地域ユーザー、3100万人がヨーロッパ、中東、それにアフリカ、2700万人が北米とカナダ、800万人が南米となっているようです。アジア多し。

via Evernote blog【Google翻訳】

----------[AD]----------

Evernoteと連携するブログ・プラットフォームPostachioは、日本のブロガーに受け入れられるか?

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 近年、ブログを始める方法は数多くある。個人のブログやカジュアルなブログは、データベースを動かすサーバが不要との理由から、Scriptogr.am や Ghost のような、〝静的な〟ブログサービス環境に取って代わられつつある。[1] DropBox を使えばウェブ投稿もできるので、その機能を利用して、例えば、Cale…

postachio-banner-620x300

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

近年、ブログを始める方法は数多くある。個人のブログやカジュアルなブログは、データベースを動かすサーバが不要との理由から、Scriptogr.amGhost のような、〝静的な〟ブログサービス環境に取って代わられつつある。[1] DropBox を使えばウェブ投稿もできるので、その機能を利用して、例えば、Calepin のようなソリューションは、ブログの構成ファイルを提供することもできる。

Postachio のアイデアもそれに似ている。カナダのバンクーバーを拠点とする Input Logic 社が生み出した新プロダクトで、ブログのコンテンツを Evernote で作成し、素晴らしいテンプレートな中からブログのデザインを選ぶことができる。同社は Evernote のアクセラレータ入所を経て、今年の Evernote Devcup で優勝を果たすなど、順調なスタートを見せている。これまでに、Postachio を使ってブログを始めた人は21,000人に上るそうだ。

この種のサービスの最大の強みは、既に広く使われているプラットフォームと連携することで、そのプラットフォーム上にいるユーザをそのまま取り込める点だ。 Postachio は Evernote と連携しており、Evernote ノートブック上に「published」というタグが付いたノートを追加するだけで、Postachio 環境に容易にコンテンツが投稿できる。

apex1
Postachio の数あるテーマのうちの一つ「Apex」

巨大な日本市場

Evernote ユーザの約20%は、日本にいると言われている(そして、Evernote 売上の約30%は日本からもたらされている)。NTTドコモは、Evernote の初期の頃の出資者で [2] 、ドコモのユーザに対して Evernote の有料サービス Premium をプロモートしてきた。このような提携関係が、海外展開を強化するために Postachio にも締結されたようだ。もちろん、私は日本国内で Postachio がブログサービスを強力に推進していくつもりかどうかについても興味がある。

Input Logic 社の共同創業者でデザイナーの Shawn Adrian は、向こう一年の計画について話をしてくれた。[3]

サービスの国際化を進める計画で、その中には日本語版の開発も含まれます。(中略)我々のテーマや、その周辺にあるコミュニティをより深く掘り下げて改善を図ろうと思います。ブログを書くユーザが読者を増やせる新しいソーシャル機能や、プロブロガーや企業向けのツールもローンチさせる予定です。

Postachio のチームは、シリコンバレーにいるNTTドコモ・ベンチャーズの担当者とも既に会っているようで、日本語版の準備が整えば、それがいつであれ日本市場には歓迎されるだろう。

Evernote 以外のプラットフォームとも連携を検討していて、それが実現すれば、ユーザはどこからでもコンテンツを投稿できるようになる。私は Evernote のEメール経由の投稿機能を使って、Markdown で書いたコンテンツを投稿できる機能が気に入っていて、iOS アプリの Drafts から送信したりしている。Postachio は Markdown をサポートしていない。

troy-malone-280x284
Evernote のアジア太平洋地域マネージャー Troy Malone のPostachioを使ったブログ

静的なブログ環境が最近流行っているが、JekyllPelican、前出の Scriptogram など多くのソリューションは、平均的なユーザにとっては難しいものだ。しかし、Evernote を理解している人にとっては、Postachio は簡単で使いやすい。[4]

アジアを担当する Evernote の担当者に連絡をとり、Evernote 社内で Postachio がどの程度受け入れられているかを聞いてみた。具体的な数字は得られなかったが、Evernote のアジア太平洋地域ゼネラルマネージャー Troy Malone は Postachio の熱狂的なファンで、彼自身のブログも Postachio を使って運営されている。Evernote の東南アジア地域ブログも、Postachio で動いている。

THE BRIDGE の同僚たちも、しばしば Evernote を使って、サイトに投稿する記事をシェアしている。これは Dropbox を使うことが多い私にとっては興味深く、他にも、ウェブ投稿に Evernote を使いたい日本のユーザがどのくらいいるのか関心を持っている。おそらく、小さな違いに私がこだわりすぎているだけだが、この種の(投稿コンテンツを共有しようとする)嗜好は、Postachio にとっては良い流れが起きる前兆である。

Postachio について詳細は、以下のビデオデモを見てほしい。


  1. 少なくとも、サーバ費用を払う理由はなくなる。
  2. 正確を期すなら、出資者はドコモ・キャピタルである。
  3. もう一人の共同創業者はプログラマの Gavin Vickery、3人目のメンバーはプログラマの Brandon Brown である。 
  4. 私自身は、自分の個人ブログを Drupal から Pelican に移行する計画だ。Postachio もいいのだが、現在、私は Python を勉強中で、Pelican の方が都合がいいからだ。WordPress に訣別するには好機かもしれない。WordPress も最初はよかったが、WYSIWYG エディタが不用意に span や div タグを挿入してくるので、もうたくさんだ。THE BRIDGE では WordPress を使っているが、私は編集作業中によく汚い言葉を吐いてしまう。 
----------[AD]----------

写真集約アプリのCoolirisが中国のTencent(騰訊)とロシアのYandexと提携、EvernoteやTumblerとも連携開始

SHARE:

スタートアップ系のアプリの中でも、Cooliris は SD Japan で過去に取り上げた回数が最多かもしれない。その理由はシンプルで、ほぼ数ヶ月おきに連携サービスを追加するからだ。スタートアップにとって、定期的なメディアへの露出を狙うなら、この戦略はかなり有効かもしれない。定期的に露出することで、消費者は継続的にいつも露出しているような錯覚に陥ってしまう。「365日いつでも新発売」している状態…

cooliris-tencentweibo-yandex_logos

スタートアップ系のアプリの中でも、Cooliris は SD Japan で過去に取り上げた回数が最多かもしれない。その理由はシンプルで、ほぼ数ヶ月おきに連携サービスを追加するからだ。スタートアップにとって、定期的なメディアへの露出を狙うなら、この戦略はかなり有効かもしれない。定期的に露出することで、消費者は継続的にいつも露出しているような錯覚に陥ってしまう。「365日いつでも新発売」している状態だ。

これまでの Cooliris 関連のニュースを振り返ってみよう。

cooliris_iosapp_screenshotそして、今回発表となったのは、中国の Tencent(騰訊) とロシアの Yandex(Яндекс)との提携、および、EvernoteTumbler との連携だ。Cooliris は、世界で最も多くのソーシャル・ネットワーク・サービス、写真共有サービス、ファイル共有サービスなどと連携を果たしたことになる。写真のAPI連携ができるということは写真に限らず、公開/非公開を含めて各サービスのインターフェースや技術仕様を把握しつくしていることになる。もはや Cooliris は、連携サービス各社に対して、知見をアドバイスできる立場にあるのかもしれない。

今回の提携を受けて、Tencent Weibo(騰訊微博)のユーザは、投稿した写真を Cooliris 上でシームレスに閲覧することができる。同様に Yandex のユーザは、Yandex.Images および Yandex.Disk に保存された写真を Cooliris のアプリ上で閲覧することが可能だ。このような努力が功を奏してか、世界75カ国の iTunes AppStore のライフスタイル部門で、Cooliris は iPad アプリ 1位の座を守り続けている。

cooliris-cameraroll

----------[AD]----------

EvernoteがTencent(騰訊)のONE Browserと連携−英語、タイ語、インドネシア語で利用可能に

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 11月初旬、EvernoteがインドでTencent(騰訊)のモバイル用ブラウザONE Browserと連携した。先日、Evernoteは同社のサービスがタイ語やインドネシア語でも利用可能になったと発表している。ONE Browserとの連携により、ユーザはウェブページのコンテンツを自分のEvernoteのアカウントにクリップ・保存することが可能になった。興…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

11月初旬、EvernoteがインドでTencent(騰訊)のモバイル用ブラウザONE Browserと連携した。先日、Evernoteは同社のサービスがタイ語やインドネシア語でも利用可能になったと発表している。ONE Browserとの連携により、ユーザはウェブページのコンテンツを自分のEvernoteのアカウントにクリップ・保存することが可能になった。興味のある方はここからAndroid用のONE Browserがダウンロードできる。

Evernote-Tencent

TencentのQQブラウザと違い、ONE Browser(以前はインドではIbibo Browser、他の地域ではiBrowserと呼ばれていた)モバイルデータを圧縮でき、ユーザのデータコストを85%まで削減することが可能だとしている。ONE Browserはインドネシアで最も広く使われているモバイルブラウザであるOpera MiniやUC Browserと競合している。

Evernoteは世界に4000万人のユーザを誇っており、インドネシア国内の20万のユーザを含め、Tencentのモバイル戦略に非常によく合っているインドネシアに重点を置いているようだ。この中国企業は最近メディア複合企業PT. Global Mediacomと提携し、今年6月に開催されたカンファレンスStartup Asia Jakartaで同社の目標を非常に明確に語った

Tencentの国際モバイル製品部門ディレクターのAndy Pan氏はこう述べている。

「私たちはアジア地域で自社製品をいち早く導入しており、インドネシアは弊社にとって主要な海外市場です。携帯電話の契約基盤は現在2億6000万件を超え、インドネシアにおける携帯電話の普及率は5年間で3倍になりました」。

Evernoteは、2012年にアジア全体で急速に提携関係を増やし、主導権をとっているように思われる。5月には、Yinxiang Biji(印象筆記)という中国市場向けにローカライズされたEvernoteサービスをリリースしており、こちらは後にAlipay(支付宝)と連携された(Evernoteプレミアムサービスの決済のため)。

7月に私たちはEvernoteが中国で110万のユーザを獲得していると書いた。ちょうど最近、Moleskinが携帯電話で撮った写真のクオリティをEvernoteアプリ内で向上させるというクリエイティブなスマート(紙の)ノートブックをリリースしたことについても取り上げたばかりだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

tencent(騰訊)

Company: tencent(騰訊)

中国最大のインターネットを使った通信ソフトの開発企業。同社の中核をなすのはインスタントメッセージング製品、QQ。中国版Twitter4強のうちのひとつ、Tencent weibo(騰訊微博)も運営している。Tencentは1…

About StartupBase

----------[AD]----------

台湾モバイル(台湾大哥大)がEvernoteと提携、パーソナルクラウド・サービスをスタート

SHARE:

【原文】 台湾モバイル(台湾大哥大)は、パーソナル・クラウド・サービスを始める見込みだ。メモをするソフトウェア Evernote と提携し、モバイルのパーソナル・クラウド・ブームを作り出そうとしている。 Evernote はオープンなクラウドプラットフォームで、ユーザはテキスト、図、写真、その他の情報サービスを簡単に記録できる。Evernote の台湾ユーザは、全世界ユーザの2%にあたる50万人に…

【原文】

台湾モバイル(台湾大哥大)は、パーソナル・クラウド・サービスを始める見込みだ。メモをするソフトウェア Evernote と提携し、モバイルのパーソナル・クラウド・ブームを作り出そうとしている。

Evernote はオープンなクラウドプラットフォームで、ユーザはテキスト、図、写真、その他の情報サービスを簡単に記録できる。Evernote の台湾ユーザは、全世界ユーザの2%にあたる50万人に達しようとしており、これが Evenote の台湾進出を後押しになっているようだ。

今年7月、Evernote のアジア太平洋地域担当のゼネラルマネージャーが訪台、TechOrange(科技報橘)の特別取材を受け、ハッカソン・イベントの宣伝のみならず、創業時の経験やアジア市場での経営戦略についても話してくれた。今日(原文掲載日:8月30日)、Evernote の CEO Phil Libin がアメリカから遠路訪台し、台湾モバイル(台湾大哥大)との協力や台湾オフィスの開設について発表、台湾市場を開拓することの意味についても説明した。

台湾モバイルは、Evernote のような国際的なソフトウェア・サービス・プロバイダと協力することで、Evernote の洗練されたユーザ・インターフェースとユーザ・エクスペリエンスを取り入れて、ユーザ一人一人に向けた、モバイル・ナレッジ・クラウドを提供しようとしている。

状況を見る限り、台湾モバイルはクラウド・ブームを追いかけているが、中国の他の通信会社のように自前のクラウド・サービスを提供することはなさそうだ。台湾モバイルの頼弦五社長は「クラウドに自分でハシゴをかけて上る必要はない。そこにいる巨人の肩に乗れば、より高くより遠くが見渡せるのだから」と述べた。そういう背景から、台湾モバイルは世界的に人気のメモソフトウェア Evernote との直接提携を選択したのだ。

通信会社の雄・台湾モバイルがシリコンバレーのベンチャーと作り出すパーソナル・クラウドは、新しい未来を作り出せるだろうか。

今後の動向を楽しみにしたい。

【via TechOrange】 @TechOrange


著者紹介:鄒家彥(ゾウ・ジァヤン)

人々のため記事を書きたいと思っている。興味深い話、読んでほしい話、見逃せない話を執筆してきた。起きているときはリラックスし、寝ているときは夢を見るのが好き。最近見た印象的な夢は、俳優・余文楽(Shawn Yue Man-Lok)が TechOrange(科技報橘)で仕事していたシーン。

----------[AD]----------

Evernoteが中国リリースに向けて準備中、現地スタッフ30名を雇用予定

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 アメリカを拠点とするノート同期プラットフォームのEvernote。中国での事業開始に向けて準備段階にあることを、CEOのPhil Libin氏は述べた。30名の現地スタッフを雇用する予定だ。まずは中国でEvernoteを法的な組織体にし、規制機関の認可を得るというより困難な問題が待ち構えている。 またEvernoteは中国にサーバーを構えることが条件となって…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

アメリカを拠点とするノート同期プラットフォームのEvernote。中国での事業開始に向けて準備段階にあることを、CEOのPhil Libin氏は述べた。30名の現地スタッフを雇用する予定だ。まずは中国でEvernoteを法的な組織体にし、規制機関の認可を得るというより困難な問題が待ち構えている。

またEvernoteは中国にサーバーを構えることが条件となっているが、これは当局によるユーザ情報へのアクセスの可能性が高まることを意味する。

Phil Libin氏はWall Street Journalに掲載された記事で、中国が「参入」が最も困難な市場であると認めている。だが、彼のアプローチは「まずは最も困難なところから始める、プールでも最も深いところに飛び込むわけです。私たちはそのようにして事を運んできました」と話す。Evernoteへの投資家の一社であるCBC Capitalは、同社の中国での事業展開に向けた支援を行っていると見られている。規制と安全面について、Wall Street JournalでLibinは次のように述べた。

「心配はしていますが、その不安によって自身を麻痺させるようでは駄目なのです…中国当局が中国人の情報に法的にアクセスしなければならないのであれば、それを私たちが阻止することは現実的に不可能です」。

彼は、中国のEvernoteユーザに対して、彼らの情報が中国本土のサーバー上でホスティングされるかどうか選択肢を与える可能性を示唆した。現在、Evernoteの全アプリは中国語対応となっているが、全ての情報は同社が米国に有しているサーバーを通じて得られている。もしEvernoteが実際に中国に支店を構え、それによって現地のメディア/事業ライセンスで運営していくとすれば、文化的または政治的に要注意とされるテキストや画像、特にEvernoteのクラウドによって駆動する「ノートブックシェアリング」機能などユーザ間で共有されるものの管理と検閲は確実に必要となるだろう。

Evernoteは、世界の3000万のユーザのうち110万人は中国のユーザであると述べた。同社のCEOは、中国とアジア圏内でのカンファレンスで長きに渡り活動を行ってきている。北京で我々が彼と昨年11月に対話をした際に、彼はこう語った。

「私たちは中国にいる必要があります。市場のことは気にしていません。[なぜならば]私たちは商品を販売しているわけではないからです…中国のエネルギーこそが私をここにいたいと思わせる理由なのです」。

だが、現地には既に多くの大手競合企業が存在している。中国のウェブポータルNeteaseは、既に類似サービスのYoudao Yunbijiと呼ばれるサービスで200万人ものユーザを獲得している。もう一社の現地ウェブ大手企業Shanda(盛大)は、EvernoteのようなクラウドノートアプリMKnoteと、Dropbox風のクラウドバックアップサービスを展開している。

[出典: WSJ]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------