THE BRIDGE

タグ yandex

ロシアのYandex、音声アシスタントの「Alice」をスマートホームにまで拡大

SHARE:

ロシアのインターネット大手 Yandex は5月23日、同社のインテリジェントアシスタント「Alice」について、さまざまなスマートホーム製品との連携を通じて、大規模な機能拡大を図ると発表した。 しばしば「ロシア版 Google」と称される Yandex は、同社の検索モバイルアプリと並ぶ形で、Alexa のような音声アシスタントを2017年に発表した。以来、Alice は他サービスにも対応範囲を…

スマートホームで、Amazon や Google の後を追う Yandex。ただし、ロシア国内のみ。

ロシアのインターネット大手 Yandex は5月23日、同社のインテリジェントアシスタント「Alice」について、さまざまなスマートホーム製品との連携を通じて、大規模な機能拡大を図ると発表した。

しばしば「ロシア版 Google」と称される Yandex は、同社の検索モバイルアプリと並ぶ形で、Alexa のような音声アシスタントを2017年に発表した。以来、Alice は他サービスにも対応範囲を拡大し、昨年には160米ドルのスマートスピーカー「Yandex.Station」に至ったLG などのサードーパーティーメーカーが自社製品と Alice の連携を進める中、Yandex は昨年、Alice を最前面に押し出した同社初の自社ブランドスマートフォンをローンチした。

Yandex で Alice が利用可能なデバイス開発を指揮する Denis Chernilevsky 氏は、次のように語った。

1年前、我々はロシア初のスマートスピーカー「Yandex.Station」のローンチを通じて、Alice をユーザ宅にもたらした。

Alice の新しいスマートホーム機能は、Alice が既に持っている包括的なスキルセットを補完し、ロシアのユーザに自動化された次のレベルの生活をもたらすだろう。音声が活性化するテクノロジーは、あらゆる場所で、より便利かつイノベーティブな機会に満ちた未来を作り出しつつある。

今日のニュースによると、Yandex と Alice は、さまざまなスマートホームインテグレーションで Amazon らが切り開いた道程を上り続けている。Philips、Xiaomi(小米)、Redmond、Samsung といったビッグネームのパートナーが、照明、サーモスタット、テレビ、コーヒーメーカーなどをカバーする音声インテグレーションを開発している。これは、ユーザがモバイルアプリやスマートスピーカーを通じて Alice に声をかけることで、テレビをつけるようなことができることを意味する。

テレビをつけるのにも使える Yandex のデジタルアシスタント「Alice」。ただし、ロシア国内のみ。

テレビをつけるのにも使える Yandex のデジタルアシスタント「Alice」。ただし、ロシア国内のみ。

Yandex は、スマートリモコン、スマートプラグ、スマート電球など、自社ブランドのスマートガジェットをローンチして Amazon の後を追っている。これらのデバイスは19米ドルから21米ドルで、Yandex のオンラインストア「Beru」のほか、ロシアの市中小売店舗でも購入できるようになる見込みだ。

Yandex は、独自のコネクテッドスマートホームデバイスも開発している。

Amazon の Alexa 同様、Alice はルーティンのカスタマイゼーションをサポートしているので、ユーザは一連のイベントをワンフレーズで結びつけることができる。例えば「おはよう、Alice」と言えば、暖房を入れ、やかんに電源を入れることも可能だ。

この文脈で言えば、Amazon の Alexa はまだロシア語をサポートしていないが、Google と Apple 両社のデジタルアシスタントはそれぞれロシア語に対応している。しかし、いずれの社もロシア市場向けのスマートホームデバイスをローンチしておらず、この点において、Yandex は母国市場で有利なポジションを確保できることになる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ロシアのインターネット大手Yandex、初のスマートフォンをローンチ

SHARE:

「ロシアの Google」と称されるインターネット大手 Yandex が、スマートフォンを初めてリリースした。 Yandex.Phone は5.65インチの Android スマホであり、明日(12月6日)1万7,990ルーブル(約270米ドル)で販売される。 スペックに関しては中程度で、Qualcomm Snapdragon 630プロセッサー、RAM4GB、64GB のストレージ(拡張可能)、…

asdfsdaf
Yandex.Phone

「ロシアの Google」と称されるインターネット大手 Yandex が、スマートフォンを初めてリリースした

Yandex.Phone は5.65インチの Android スマホであり、明日(12月6日)1万7,990ルーブル(約270米ドル)で販売される。

スペックに関しては中程度で、Qualcomm Snapdragon 630プロセッサー、RAM4GB、64GB のストレージ(拡張可能)、1,600万/500万画素のデュアル背面カメラを搭載している。

Yandex-Phone-8-1-Black
Yandex.Phone(背面)

ほとんどの Android スマホに標準搭載されている Google Assistant に代わり、自社の AI アシスタント Alice を採用。ちなみに2017年の公開以来、Alice を初めて搭載した Yandex のハードウェアは Yandex.Phone ではない。 今年、Yandex はすでに自社スマートスピーカー(価格は160米ドル )に Alice を組み入れている

何のアプリがプレインストールされるかはまだ完全に明らかにされていないが、オフィシャル写真から判断すると、自社のサービスおよび検索エンジンを搭載するのはほぼ間違いないようだ。とは言っても、Google アプリもバンドルされている。

Yandex-Phone-6-White.jpg
Yandex.Phone

Google との戦い

Yandex.Phone のローンチの約3年前、同社は Google のロシアでの独禁法違反訴訟に勝利した。ロシア当局は、「Google は支配的市場地位を乱用し、Gmail、Google Search、Google Play といったアプリを Android に搭載させることをスマホメーカーに強要し、他社のサービス競争力を奪っている」とした。

判決の結果、Google は検索エンジンを含む競合アプリのプレインストールを制限することができなくなった。また、モバイル用 Chrome ブラウザ向けに「選択できるウィンドウ」を提供するよう要求され、ローンチ時点でユーザにどの検索エンジンを標準にするかを訊かなければならない。報道によると、この変更が実施されて1年ほどで、Yandex が Android の検索シェアにおいて Google を上回ったという

Yandex.Phone に Alice を統合させれば、ロシアのユーザはマップ、カレンダー、音楽、天気予報、さらには音声電話もカバーする、同スマホに深く根差した音声アシスタントを最初から体験することになるだろう。

Yandex のエコシステムプロダクト担当コーポレート VP である Fedor Yezhov 氏は以下のように話している。

Yandex.Phone はロシアユーザの声にお応えして、日常生活をナビゲートするツールを搭載した完全ローカライズのスマートフォンです。スマートフォン上でユーザの皆様は、Alice や弊社の最も広く使われているアプリと新たな方法でつながることが可能です。電話機と完全統合された Alice で、Yandex アプリに幅広くアクセスできるのです。

一方、Google はロシアだけでなく他のヨーロッパ諸国からの圧力にも直面している。ヨーロッパで Google アプリをプレインストールする場合、デバイスメーカーはライセンス料を負担するというビジネスモデルに最近変更した

Yandex.Phone は12月6日、モスクワ本社にある Yandex Store で販売開始予定。12月7日から、ロシア国内の小売店で購入可能となる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Yandex、ロシア・タタールスタンの科学特区「Innopolis」の公開実験で欧州向け自動運転タクシーの取り組みを加速

SHARE:

ロシアのインターネット大手 Yandex(Яндекс)は、生まれたばかりの科学特区「 Innopolis (Иннополис)」で自律走行による配車サービスを新たに開始すると発表した。 ヨーロッパの自動車メーカーは現在、自律走行車プログラムを推進しているが、同大陸で一般向けにこの種のサービスがローンチされるのは初めてのことだ。 ハイテク業界の支援に特化している Innopolis は2012年…

ロシアのインターネット大手 Yandex(Яндекс)は、生まれたばかりの科学特区「 Innopolis (Иннополис)」で自律走行による配車サービスを新たに開始すると発表した

ヨーロッパの自動車メーカーは現在、自律走行車プログラムを推進しているが、同大陸で一般向けにこの種のサービスがローンチされるのは初めてのことだ。

ハイテク業界の支援に特化している Innopolis は2012年にテクノパークとして設立された。ここが正式な町となったのは2015年の正式オープン前のことで、現在は複数の段階に及ぶ開発計画がある。面積は120ヘクタール、中核となる機関は大学だ。

Innopolis
ロシアの新たな科学特区「Innopolis」

ロシアの Google とも揶揄される Yandex はオンデマンドの配車サービスに積極的に取り組んでいるが、最近では東ヨーロッパにおける Uber のサービスと合併して40億米ドル規模の企業を立ち上げた。Yandex.taxi も昨年、自動運転車プロジェクトの実施を発表した。介在期間中、同社は公道で自動車走行実験を行っている

しかしながら、一般向けの自律走行配車サービスという同社の取り組みで利用されるのはわずか2台の自動運転車となる予定で、少し控えめなものだ。ただ、サービスの提供は無料で、世界での他の取り組みと同じく安全のために常時、運転手が車内に乗り込むことになる。

yandex
Yandex はヨーロッパ初の自動運転車による配車サービスをローンチした

自律走行のタクシーサービスは、すでに世界中の多くの市場で実験されている。アメリカを本拠とする自律走行車スタートアップの NuTonomy2016年、シンガポールで自動運転車サービスをローンチしたほか、Uber と Google の関連企業 Waymo も複数の市場で同様の実験を継続している。アジアでは東京で自動運転タクシーの試運転が今週(8月第5週)始まった。2020年のオリンピックを見据えたサービスとして展開されるものだ。

他にも、Waymo がヨーロッパで自律走行タクシーサービスの導入を進めているというニュースが数ヶ月前に流れた。

Innopolis の人口はわずか数千人にすぎないが、ハイテク拠点のハブとしての地位は自律走行タクシーサービスの主要な実験場となっている。この無人タクシーの試運転には約100人が応募した。参加者は大学やスタジアム、マンションなど事前に設定された行き先から目的地を選択することになる。

実験の次の段階はサービスの拡張で、実験で得られたフィードバックを将来のサービス拡大に向けて活用する予定。

同社はブログへの投稿で以下のようにコメントした。

Yandex の自動運転チームでは、さらに多くの行き先を含めるほか、車両の追加、同乗ドライバーなしでの運転、さらにはユーザからのフィードバックに基づくサービス改善に向け自律走行の配車サービスを拡大していく計画です。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

東欧で展開するUberとYandexのジョイントベンチャーが、ウクライナでサービスを提供しない理由

SHARE:

Uber と Yandex が東欧の6ヶ国をカバーする新たなライドシェアリング企業をついに立ち上げるという重大な合併ニュースの興奮が落ち着きつつある現在、この案件が持つ微妙なニュアンスについて少し掘り下げてみる価値がある。 この提携により、Yandex の世界的な足場がどのように拡大されていくのかということは以前も取り上げたが、新たなジョイントベンチャーが展開するいくつかの国をつぶさに見ていくと、…

yandex_taxi
Яндекс.Такси вездесущий via Flickr by Peri Scope

Uber と Yandex が東欧の6ヶ国をカバーする新たなライドシェアリング企業をついに立ち上げるという重大な合併ニュースの興奮が落ち着きつつある現在、この案件が持つ微妙なニュアンスについて少し掘り下げてみる価値がある。

この提携により、Yandex の世界的な足場がどのように拡大されていくのかということは以前も取り上げたが、新たなジョイントベンチャーが展開するいくつかの国をつぶさに見ていくと、不思議なことにある国が抜けている。それは、4,500万の人口を有するウクライナだ。

今回の新たな Yandex-Uber 連合は、今は一時的に「NewCo」と呼ばれているが、いずれ適切な名称が付けられる。この会社は、Uber と Yandex.taxi の両社がすでに進出しているロシア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、カザフスタンでサービス展開する予定。他方、アルメニアとジョージアについては、Uber のプラットフォームにとって全くの新規市場となる。

それでは、表面上は両社による広範な計画にうまく適合しそうなウクライナでサービスを提供しないのはなぜか?そう、すべては政治問題が関わっている。

Uber は昨年6月、ウクライナ・キエフで事業を開始し、Yandex.taxi は11月にこれに続いた。しかしながら、ウクライナとロシアの政治的緊張が高まるにつれ、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は5月に Yandex を含む多くのロシア系テック企業に制裁を課した。数週間後にはウクライナ保安庁(SBU)が、キエフとオデッサにある Yandex のオフィスに対し、同社がロシアの治安当局のために不法にウクライナ人のユーザデータを収集した容疑で捜索に入った。Yandex のウクライナでの冒険的事業が切り上げられて間もなく、Uber は現地での料金を引き上げたとされる

以上の話はともかくとして、NewCo の59.3%の持分は Yandex が保有する。そのため、Uber はウクライナにて自社ブランドで単独操業を続けることになる。この国で Yandex が支援するジョイントベンチャーを運営するのはあまりにもリスクが大きいのだ。

大きな声では言えないが、Uber がロシアの大手テック企業と組む決定をしたことで、もしこのようなツイートがこの国の国民感情を代表しているようなら、同社はウクライナの顧客からそっぽを向かれるかもしれない。

(親愛なる @Uber さんへ:念のため言っておきますが、ロシアの Yandex と合併するのなら、ウクライナで多くの顧客を失いますよ)

そうなれば最終的に、昨年ウクライナでローンチし Uber のクローン企業的存在であるエストニアの Taxify などにとっては朗報となる可能性がある。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

写真集約アプリのCoolirisが中国のTencent(騰訊)とロシアのYandexと提携、EvernoteやTumblerとも連携開始

SHARE:

スタートアップ系のアプリの中でも、Cooliris は SD Japan で過去に取り上げた回数が最多かもしれない。その理由はシンプルで、ほぼ数ヶ月おきに連携サービスを追加するからだ。スタートアップにとって、定期的なメディアへの露出を狙うなら、この戦略はかなり有効かもしれない。定期的に露出することで、消費者は継続的にいつも露出しているような錯覚に陥ってしまう。「365日いつでも新発売」している状態…

cooliris-tencentweibo-yandex_logos

スタートアップ系のアプリの中でも、Cooliris は SD Japan で過去に取り上げた回数が最多かもしれない。その理由はシンプルで、ほぼ数ヶ月おきに連携サービスを追加するからだ。スタートアップにとって、定期的なメディアへの露出を狙うなら、この戦略はかなり有効かもしれない。定期的に露出することで、消費者は継続的にいつも露出しているような錯覚に陥ってしまう。「365日いつでも新発売」している状態だ。

これまでの Cooliris 関連のニュースを振り返ってみよう。

cooliris_iosapp_screenshotそして、今回発表となったのは、中国の Tencent(騰訊) とロシアの Yandex(Яндекс)との提携、および、EvernoteTumbler との連携だ。Cooliris は、世界で最も多くのソーシャル・ネットワーク・サービス、写真共有サービス、ファイル共有サービスなどと連携を果たしたことになる。写真のAPI連携ができるということは写真に限らず、公開/非公開を含めて各サービスのインターフェースや技術仕様を把握しつくしていることになる。もはや Cooliris は、連携サービス各社に対して、知見をアドバイスできる立場にあるのかもしれない。

今回の提携を受けて、Tencent Weibo(騰訊微博)のユーザは、投稿した写真を Cooliris 上でシームレスに閲覧することができる。同様に Yandex のユーザは、Yandex.Images および Yandex.Disk に保存された写真を Cooliris のアプリ上で閲覧することが可能だ。このような努力が功を奏してか、世界75カ国の iTunes AppStore のライフスタイル部門で、Cooliris は iPad アプリ 1位の座を守り続けている。

cooliris-cameraroll

----------[AD]----------