ロシアのYandex、音声アシスタントの「Alice」をスマートホームにまで拡大

by Paul Sawers Paul Sawers on 2019.6.6

スマートホームで、Amazon や Google の後を追う Yandex。ただし、ロシア国内のみ。

ロシアのインターネット大手 Yandex は5月23日、同社のインテリジェントアシスタント「Alice」について、さまざまなスマートホーム製品との連携を通じて、大規模な機能拡大を図ると発表した。

しばしば「ロシア版 Google」と称される Yandex は、同社の検索モバイルアプリと並ぶ形で、Alexa のような音声アシスタントを2017年に発表した。以来、Alice は他サービスにも対応範囲を拡大し、昨年には160米ドルのスマートスピーカー「Yandex.Station」に至ったLG などのサードーパーティーメーカーが自社製品と Alice の連携を進める中、Yandex は昨年、Alice を最前面に押し出した同社初の自社ブランドスマートフォンをローンチした。

Yandex で Alice が利用可能なデバイス開発を指揮する Denis Chernilevsky 氏は、次のように語った。

1年前、我々はロシア初のスマートスピーカー「Yandex.Station」のローンチを通じて、Alice をユーザ宅にもたらした。

Alice の新しいスマートホーム機能は、Alice が既に持っている包括的なスキルセットを補完し、ロシアのユーザに自動化された次のレベルの生活をもたらすだろう。音声が活性化するテクノロジーは、あらゆる場所で、より便利かつイノベーティブな機会に満ちた未来を作り出しつつある。

今日のニュースによると、Yandex と Alice は、さまざまなスマートホームインテグレーションで Amazon らが切り開いた道程を上り続けている。Philips、Xiaomi(小米)、Redmond、Samsung といったビッグネームのパートナーが、照明、サーモスタット、テレビ、コーヒーメーカーなどをカバーする音声インテグレーションを開発している。これは、ユーザがモバイルアプリやスマートスピーカーを通じて Alice に声をかけることで、テレビをつけるようなことができることを意味する。

テレビをつけるのにも使える Yandex のデジタルアシスタント「Alice」。ただし、ロシア国内のみ。

テレビをつけるのにも使える Yandex のデジタルアシスタント「Alice」。ただし、ロシア国内のみ。

Yandex は、スマートリモコン、スマートプラグ、スマート電球など、自社ブランドのスマートガジェットをローンチして Amazon の後を追っている。これらのデバイスは19米ドルから21米ドルで、Yandex のオンラインストア「Beru」のほか、ロシアの市中小売店舗でも購入できるようになる見込みだ。

Yandex は、独自のコネクテッドスマートホームデバイスも開発している。

Amazon の Alexa 同様、Alice はルーティンのカスタマイゼーションをサポートしているので、ユーザは一連のイベントをワンフレーズで結びつけることができる。例えば「おはよう、Alice」と言えば、暖房を入れ、やかんに電源を入れることも可能だ。

この文脈で言えば、Amazon の Alexa はまだロシア語をサポートしていないが、Google と Apple 両社のデジタルアシスタントはそれぞれロシア語に対応している。しかし、いずれの社もロシア市場向けのスマートホームデバイスをローンチしておらず、この点において、Yandex は母国市場で有利なポジションを確保できることになる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------