THE BRIDGE

タグ Foursquare

Foursquareが位置データ市場を飲み込むーーUberのユースケースから考える「位置情報ビッグデータ」のサービスモデル

SHARE:

ピックアップ:FOURSQUARE IS ADDING EVEN MORE DATA ABOUT WHERE YOU ARE  ニュースサマリー:位置情報共有サービス「Swarm」の運営元、Foursquareは30日、Snapからロケーションアナリティクスサービス「Placed」を買収したと発表した。買収額は公開されていない。同社はFoursquareの競合とされており、2017年にSnapによ…

Capture.JPG

ピックアップFOURSQUARE IS ADDING EVEN MORE DATA ABOUT WHERE YOU ARE 

ニュースサマリー:位置情報共有サービス「Swarm」の運営元、Foursquareは30日、Snapからロケーションアナリティクスサービス「Placed」を買収したと発表した。買収額は公開されていない。同社はFoursquareの競合とされており、2017年にSnapによって1億3500万ドルにて買収されていた。

また、Foursquareは同じタイミングで1億5000万ドルの資金調達を発表。リード投資家としてThe Raine Groupが参画している。同社は資金をPlacedと絡ませたR&D等にあてるとしている。

話題のポイント:「位置情報には価値を付ける」。これを実現すべく、当初は消費者向けのSNSアプリをリリースしたFoursquareも今年で10年目を迎え、法人向けビッグデータ企業へ変化を遂げています。

verto-analytics-chart-week-foursquare-swarm-chart
Image Credit : Chart Of The Week: The Return Of Foursquare / Vetro Analytics

コンシューマー向けSNSは、位置情報をSNS上へシェアするため(チェックインと呼ばれる)の機能のみが残され2014年に「Swarm」と名を変え現在でも運営を続けています。Vetro Analyticsの調べでは、2018年8月の段階でMAU200万人を記録しているとしています。

その反面、ビジネス向けの機能が数多く残されているFoursquareでは同期間においてMAU600万人とビジネス向けであるにも関わらず、コンシューマー向けサービスより利用者が多い(約3倍)ことを示しています。

さて、ではFoursquareのプラットフォームが提供するビジネス向けビッグデータとは具体的にどの様なものなのか。以下が、その一覧です。

Foursquareの事業者向けサービス内容

<参考記事>
あの人は今ーーチェックインの火付け役「Foursquare」誕生から約10年、実は10億人が使っている影の主役に

  • Place Insights:1億以上の場所の情報を持ち、人々がどう動いているかがわかるツール
  • Pilgrim:サードパーティアプリ向けの広告配信ツール。GPS、通信、通信信号強度、周囲のWi-Fiネットワークなどの信号を組み合わせることで、ユーザーがチェックインする必要なくユーザーの位置を推測することができる。
  • Pinpoint:ロケーションベースの広告配信・分析ツール
  • Attribution:来店者の動向分析ツール。Attributionの最新リリースでは、過去の訪問数、時間帯、曜日、店舗からの距離、アプリやプラットフォームの使用状況など、500を超えるさまざまな要素が存在。
  • Places API:直近リリースしたアプリ開発社、中小企業、スタートアップ向けの位置データ活用ツール。ロケーションベースのデータへのアクセスを提供するだけでなく、Placesデータベース内の1億以上の場所に関する写真、ティップス、レビューなどを利用することができる。

Capture.JPG

これらのビッグデータを約15万社が有効活用しており、上図のUber、Spotify、Snap、コカ・コーラ、ツイッターがその一例です。では実際に、どの様な面で「位置情報」のビッグデータをビジネスアプライしているのでしょうか。今回はUberを例にとり、見ていきたいと思います。

FoursquareはUberに対し、自社ビッグデータから構成される「Points of Interest」(PoI) データを提供しています。Uberのアプリに「東京タワー」と入力すると、自動的に東京タワーの情報(住所)が指定されますが、これはFoursquareが提供する独自のPoIが利用されていることになります。

Screenshot_20190604_220319_com.ubercab.jpg
Points of Interest (PoI)の利用例

 

また、単に名称と住所を組み合わせているだけではなく、FoursquareのPOIデータをカスタマイズすることで、より正確な位置情報を得ることが可能です。

Uberの公式ブログでは、UberEatsを想定した「店舗とドライバー側の”誤解”」を例に挙げて説明していました。以下はその一例です。

「UberEatsのドライバーは店舗の入り口で料理をピックアップすると思っています。もちろん店舗の場所は、住所通り辿っていけば到着するので問題ありません。ただ、店舗側はお店の裏口で料理を受け渡しすると思っていて、一向にドライバーが到着せず受け渡しが上手くいかなくなる。こんなトラブルをFoursquareのPOIをカスタマイズし、両者の誤解を防ぐことが可能です」

Uberを空港で使った際、特定のピックアップロケーションが指定された経験ありませんか?これもFoursquareのPOIデータをカスタマイズし、空港という利用者が多い場所にて的確なピックアップ場所を指定しているということなのでしょうか。

個人的にはFoursquareと聞くと、Swarmが思いついてしまうのですがビジネス向け事業の方も非常に興味深い動きをしていることが今回分かりました。位置情報というビッグデータをどう生かしていくか、今後の新しいビジネストレンドを作る大きな要素となる気がするので同社の動きを今後も追っていきたいです。

 

----------[AD]----------

Foursquare、スタートアップと中小企業向けに場所情報のAPI「Places API」をローンチ

SHARE:

Foursquareは12日、アプリ開発者、スタートアップ、中小企業をターゲットにしたAPIをローンチすることを発表した。位置情報のデータへのアクセスとリアルタイムでユーザーの位置情報をフォローすることが可能になるAPIだ。 「Places API for Startups」は、位置情報の検索と共有、ビジネスに関する詳細情報などを追加することを可能にするものだ。 Foursquareのユーザーによ…

Image Credit: Foursquare

Foursquareは12日、アプリ開発者、スタートアップ、中小企業をターゲットにしたAPIをローンチすることを発表した。位置情報のデータへのアクセスとリアルタイムでユーザーの位置情報をフォローすることが可能になるAPIだ。

Places API for Startups」は、位置情報の検索と共有、ビジネスに関する詳細情報などを追加することを可能にするものだ。

Foursquareのユーザーによって投稿された写真やレビューも、この新しいAPIを使えばアプリに入れることができるようになる。1億500万ほどの場所について、「ライブミュージック」「クレジットカード利用可能」といった情報も追加可能だ。

1日に可能なAPIコール数は無限としている。

Foursquareのロケーションベースサービスは、現在12万5000社を超える企業に利用されている。利用企業には、ジオフィルターに活用しているSnapchatや、住所の代わりにビジネス名や会場名に基づいて乗車をアレンジしているUberも含まれている。

Foursquareがこうした情報を提供できるのは、約10年前にデビューして以来、120億回ものユーザーによるチェックインがあったからだ。

中小企業向けの Foursquare Places API は、599ドルから利用可能で、Google Places APIFacebook Places Graphといった類似サービスと競合になる。

Foursquareが、これまで集めてきた位置情報データを活用する試みは他にもある。現在地に基づいて、自動的にバーやレストランをリコメンドする Marsbot や、過去に行った場所に基づいて広告を送信する Pinpoint もそうした試みの一つだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

FoursquareがDelivery.comと連携、アプリからデリバリーの注文が可能に

SHARE:

Foursquare adds deep-linking integration with Delivery.com FoursquareがDelivery.comと連携し、アプリ上からデリバリーの注文が可能になりました。 Delivery.comは、北米の38の都市で利用可能なサービス。現在、同プラットフォーム上では、1万を超える数のローカルビジネスがサービスを提供しています。Delivery….

Delivery.com

<ピックアップ>Foursquare adds deep-linking integration with Delivery.com

FoursquareがDelivery.comと連携し、アプリ上からデリバリーの注文が可能になりました。

Delivery.comは、北米の38の都市で利用可能なサービス。現在、同プラットフォーム上では、1万を超える数のローカルビジネスがサービスを提供しています。Delivery.comと、いろんなお店のレビューが集まるFoursquareが連携することで、Foursquareのアプリ上からスムーズに注文が可能に。

Foursquareのようなお店の情報が集まり、人が閲覧するアプリ上で、新たなサービスが受けられるようになるのは、良い連携になりそうですね。

via The Next Web

----------[AD]----------

Foursquare、OpenTableとの連携でアプリ上でレストランの予約も可能に

SHARE:

<ピックアップ>Foursquare now lets you make OpenTable reservations without leaving the app 位置情報系サービスとして知られているFoursquareですが、最近はなかなか苦戦を強いられている状況でしたが、次第に盛り返しを図ろうとしています。 もともと2012年からOpenTableと連携してたのですが、そのとき…

foursquare

<ピックアップ>Foursquare now lets you make OpenTable reservations without leaving the app

位置情報系サービスとして知られているFoursquareですが、最近はなかなか苦戦を強いられている状況でしたが、次第に盛り返しを図ろうとしています。

もともと2012年からOpenTableと連携してたのですが、そのときはまだ予約状況が閲覧できるだけでした。しかし、先日のアップデートでついにFoursquar上で予約までできるようになったとのこと。

お店情報のところにBook Reservationボタンがあり、それをクリックするだけで空いている時間が表示され、そこから予約へと移行。Uberがタクシーを呼ぶように、スムーズなお店の予約ができるようです。

Foursquareは、世界でも6000万人に使われており、月間のアクティブも5000万を超えているとCEOは以前に語っていました。同時に、さまざま位置情報や人の行動履歴をもったデータを活用したマネタイズを図る、とも語っており、今回のレストラン予約はその一つと言えるかもしれません。

via TNW

----------[AD]----------

Foursquareの登録ユーザーは6000万人、月間アクティブユーザーは5000万人、レビュー件数は7500万件に

SHARE:

Foursquareの最高経営責任者、Dennis Crowley氏は今日、同社が6000万人以上のユーザーを獲得していることを明らかにした。ーーそしてその内の5000万人は少なくとも毎月一度はアプリかサイトを使っている、という。 Foursquareが月次のアクティブユーザーベースについてそこまで頻繁に開示することはなく、またこの数字はFoursquareの登録ユーザーベースに対して極めて高いも…

Dennis-Crowley-ODonnell-GrowthBeat-2015
Above: Foursquare chief executive Dennis Crowley speaks at VentureBeat’s 2015 GrowthBeat conference in San Francisco on Aug. 18. Image Credit: Michael O’Donnell/VentureBeat

Foursquareの最高経営責任者、Dennis Crowley氏は今日、同社が6000万人以上のユーザーを獲得していることを明らかにした。ーーそしてその内の5000万人は少なくとも毎月一度はアプリかサイトを使っている、という。

Foursquareが月次のアクティブユーザーベースについてそこまで頻繁に開示することはなく、またこの数字はFoursquareの登録ユーザーベースに対して極めて高いものとなった。Foursqareの登録ユーザーが5500万人に到達したのは2014年の10月のことである。

Crowley氏は、VentureBeatがサンフランシスコで開催中のカンファレンスGrowthBeatの壇上で「生き残れるだけ十分に大きくなった」と話した。Foursquareは7500万件以上のtips(写真を含むレビュー)を掲載しており、この数字は昨年10月に同社が本誌に語ってくれた5000万件から拡大している。

このアプリについて補足すると、Foursquareは人々が電話を持って向かう場所のデータを提示する役割が高まっている。「行き先について学習するためのサービスを構築しているんだ」とCrowleyは説明している。このサービスはPinpointと呼ばれるものだ。

Twitterは、Foursquareデータを位置情報に使っている。MicrosoftはそれをWindows Phoneとコルタナに使っている。AT&T、Jaguar、そしてLand Roverもそれを使ってる。

「データをマネタイズする方法を見つける必要がある」とCrowleyは語る。

CrowleyのVentureBeatのHarrison Weber記者によるインタビューはこちらで確認してほしい。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Foursquareがアカウント作成なしで利用可能に

SHARE:

<ピックアップ>You Can Now Use Foursquare Without Creating an Account Foursquareのアプリがバージョン8.7にアップデートして、アカウントを作成することなく利用することが可能になりました。 Foursquareはチェックインの機能を「Swarm」という別アプリに切り出し、本体アプリはレビューに特化しています。で、レビューを…

_MG_1521

<ピックアップ>You Can Now Use Foursquare Without Creating an Account

Foursquareのアプリがバージョン8.7にアップデートして、アカウントを作成することなく利用することが可能になりました。

Foursquareはチェックインの機能を「Swarm」という別アプリに切り出し、本体アプリはレビューに特化しています。で、レビューを見ようとするユーザにとって、いちいちアカウントを作成するのは手間だし、面倒なわけです。

今回の小さな機能変更は、より多くの人にサービスを利用してもらおうというFoursquareの意図が見て取れます。先日は創業期からのCTOが会社を去ったばかりのFoursquare。色々変化のタイミングなのかもしれないですね。

via The Next Web

----------[AD]----------

Foursquare、創業期からのCTOが会社を去る

SHARE:

Foursquare’s original chief technical officer is the latest to leave the company | The Verge Foursquareが最初に雇ったCTOで、2009年から同社のエンジニアチームをリードしていたHarry Heymann氏が会社を離れていることをThe Vergeが取り上げています。 すでにHeym…

左が
左がHarry Heymann氏(Photo by Flickr

<ピックアップ>Foursquare’s original chief technical officer is the latest to leave the company | The Verge

Foursquareが最初に雇ったCTOで、2009年から同社のエンジニアチームをリードしていたHarry Heymann氏が会社を離れていることをThe Vergeが取り上げています。

すでにHeymann氏のLinkedInプロフィールは「Somewhere New」となっており、会社を辞めたことを明らかにしています。The Vergeによれば、同氏はFoursquareにはアドバイザーとして関わるとのこと。

2009年にチェックインアプリとしてスタートしたFoursquareは、2014年に場所性に特化したYelpのようなアプリと、ソーシャル性を強めたSwarmというアプリに分かれていました。

ユーザにとってはあまり評判のよくないアプリの機能分割だったわけですが、それが起きた後のCTOの離脱。創業期のメンバーが途中で会社を離れることはスタートアップでは珍しいことではありませんが、若干Foursquareの雲行きが心配です。

1人のユーザとしてはFoursquareのサービスは好きなので期待したいところ。

via The Verge

----------[AD]----------

FacebookのプロジェクトマネジャーがFoursquareに告げる別れの手紙

SHARE:

<Pick Up> Dear Foursquare FacebookのプロジェクトマネージャーであるDavid E. Weekly氏がMediumに投稿したのは、長年使い続けたFoursquareへの別れの手紙。彼の残念な思いを一部抜粋してご紹介。 妻と知り合う前からの長い付き合いで、彼女以上にいろいろなところに連れ立った。当時、Foursquareはモバイルデザインの鏡で、早くて便利…

Dear-Foursquare

<Pick Up> Dear Foursquare

FacebookのプロジェクトマネージャーであるDavid E. Weekly氏がMediumに投稿したのは、長年使い続けたFoursquareへの別れの手紙。彼の残念な思いを一部抜粋してご紹介。

妻と知り合う前からの長い付き合いで、彼女以上にいろいろなところに連れ立った。当時、Foursquareはモバイルデザインの鏡で、早くて便利でシンプルなアプリだった。ところが、いつしか自分の根源を見失い、ただチェックインするために新たにSwarmというアプリのダウンロードを余儀なくされた。

Swarmは落ちる。何度も何度も。メッセージ機能だけを単体アプリとして提供するFacebookを習ったのかもしれないけれど、真似の仕方を間違えすぎた。Facebookのメッセージアプリはバージョン3で、すべてが詰まったFacebookアプリより良い体験が約束できることを確証してから移行を始めた。

熱心なユーザーを、絶えず落ちるアプリに無理矢理押し込んでしまったFoursquare。3,044回のチェックインと68件のバッチを経て、ユーザー11,471番の僕はあきらめる。さようなら。

なんだかとっても切ないのだけれど、的確な指摘で、きっと彼と同じようにFoursquareから離れていったユーザーはたくさんいるんだと思う。

via. Medium

----------[AD]----------

FoursquareのCOOとビジネスデベロップメントのヘッドが会社を去る

SHARE:

<ピックアップ > Foursquare’s COO, Biz Dev Head Are Leaving  FoursquareのChief Operating Officer(COO、最高執行責任者)のEvan Cohen氏が会社を離れるそうです。同時にビジネスデベロップメントの責任者も辞めるようで、Re/codeにCEOのDennis Crowley氏のコメントと共に掲載されていま…

foursquare-logo

<ピックアップ > Foursquare’s COO, Biz Dev Head Are Leaving 

FoursquareのChief Operating Officer(COO、最高執行責任者)のEvan Cohen氏が会社を離れるそうです。同時にビジネスデベロップメントの責任者も辞めるようで、Re/codeにCEOのDennis Crowley氏のコメントと共に掲載されています。

計画的な交代だったようで、新しくはベンチャーキャピタルでアントレプレナー・イン・レジデンス(投資ファンド内で起業準備する仕組み、国内ではインキュベイト・ファンドが実施してました)だった Jeffrey Glueck氏が就任するとのこと。Cohen氏は引き続きアドバイザーとして協力はするみたいです。

Swarmによるアプリ分割から新しい展開を模索中のFoursquareですので、戦略転換と合わせた人事異動と考えるのが自然な流れでしょうか。

via Re/code 【G翻訳】

----------[AD]----------

Foursquareが新ソーシャルサービス「Swarm」を公開へ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Foursquare Just Gambled Everything And Split Its Business Into Two Foursquareが新戦略としてアプリをふたつに分けるようですね。新たに加わるのがSwarmで、まだ公開前です。THE VERGEに共同創業者のデニス・クローリー氏を始め…

Swarm

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Foursquare Just Gambled Everything And Split Its Business Into Two

Foursquareが新戦略としてアプリをふたつに分けるようですね。新たに加わるのがSwarmで、まだ公開前です。THE VERGEに共同創業者のデニス・クローリー氏を始めとしたインタビュー付きで詳細が報じられておりました。ただ、若干長いのでコンパクトに論評しているBIをピックアップ。

Foursquareはチェックインアプリとして開始した後、いくつかの側面を持っていました。ひとつはチェックインした場所、もうひとつは友人との関係性、つまりはソーシャル。そしてそれらの情報を集めたビックデータ提供という三つです。BIの記事でも指摘あった通り、場所については段々Yelp(日本でも開始しましたがスモールビジネス全般の食べログのようなサービス)に近づきつつあり、そこからソーシャル性の強いSwarmを切り出した、という具合ですかね。

swarm_group

Image by The Verge

2009年創業で、これまでに1億6200万ドルの調達を完了している同社ですが、ここに来て若干の頭打ち感が出ていたのは事実です。そこで位置に関してはYelp競合を狙い、ソーシャルネットワークとしてはFacebookやTwitterを追いかけるという二兎追い戦略がどうなるか。興味深いです。

Google翻訳でざっくり読む

via Business Insider

----------[AD]----------