BRIDGE

タグ Pocket

「あとで読む」の Pocket、スポンサー記事の配信を開始

SHARE:

気になる記事を保存できる「あとで読む」サービスとして知られるアプリ「Pocket」が、無料ユーザー向けに記事タイプの広告(スポンサー記事)の配信を開始すると発表した。 ファウンダーでありCEOのネイト・ワイナー氏は、ブログ上でスポンサー記事の開始について発表。まずは緩やかかつ小規模に、スポンサー記事の配信をスタートしたいと述べている。 また、今回の配信にあたって、次の点を重視したいと強調している。…

Image: Pocket
Image: Pocket

気になる記事を保存できる「あとで読む」サービスとして知られるアプリ「Pocket」が、無料ユーザー向けに記事タイプの広告(スポンサー記事)の配信を開始すると発表した

ファウンダーでありCEOのネイト・ワイナー氏は、ブログ上でスポンサー記事の開始について発表。まずは緩やかかつ小規模に、スポンサー記事の配信をスタートしたいと述べている。

また、今回の配信にあたって、次の点を重視したいと強調している。

  • 高品質:Pocket の使い心地が損なわれないようにユーザーが自然に感じるような形で、かつユーザーの興味に合った内容のものを配信する。
  • 透明性:スポンサー記事であることをはっきりと明示する。
  • フィードバックを歓迎:スポンサーによるコンテンツを改良していきたいので、フィードバックを歓迎する。
  • ユーザーがコントロールできる:気に入らないスポンサー記事をユーザーは非表示にできる。また、フィードバックを受け付ける。
  • プライバシーを守る:スポンサー企業がユーザーのデータにアクセスすることは決してない。

2007年にスタートしてから長年無料でサービスを提供してきたが、2014年にはオフライン表示などの機能を提供する有料のPocket Premiumをスタートさせた。今回のスポンサー記事の配信開始は、Pocket Premium のローンチに並ぶ大きな決断だ。

なお、ワイナー氏によれば、過去3年間で2200万のユーザーが20億の記事をPocketに保存しているという。昨年4月には700万ドルを調達しており、これまでの調達額は1450万ドルになる。

----------[AD]----------

「あとで読む」のPocket、集まったアイテムのビックデータをもとに、パーソナルなレコメンド機能を実装

SHARE:

<ピックアップ>Pocket now recommends stories and videos you might like 「あとで読む」サービスとして人気のPocketですが、いよいよ本格的な進展を見せ始めようとしています。 これまでに、全世界で1700万以上のユーザに利用されており、一日に200万アイテムが保存されているPocket。そのデータベースや個人の趣味趣向を把握できる…

PKTBlog_Recommended_Images_v1

<ピックアップ>Pocket now recommends stories and videos you might like

「あとで読む」サービスとして人気のPocketですが、いよいよ本格的な進展を見せ始めようとしています。

これまでに、全世界で1700万以上のユーザに利用されており、一日に200万アイテムが保存されているPocket。そのデータベースや個人の趣味趣向を把握できるほどの膨大なビックデータが集まっています。そんなPocketですが、これまでに人気のアイテムなどをレコメンドする機能はありましたが、ついに個人の趣向に合わせたレコメンドアイテムの紹介機能がすべてのユーザに追加されています。

記事だけでなく、動画などもレコメンドされる機能になっており、Pocketいわく「より快適にインターネット環境を提供していきたい」と話すなど、ブログにて機能の紹介を行っています。

Pocketは、以前に700万ドルを資金調達し、トータルで1450万ドルの資金調達を行っています。出資者には、VC以外にもアシュトン・カッチャー氏も名を連ねています。その資金を使った開発の一つが今回の取り組みといえるでしょう。こうしたレコメンド機能に肝なのは、多様性や意外性だと言われており、そのアルゴリズムをどう作りこんでいるか、ユーザにとってどんな驚きや楽しみを提供できるかが重要になっています。

これまでの「あとで読む」からの大きな進展が、どうPocketの今後に影響を与えるか。筆者も一ユーザなだけにまずはこの機能を使ってみようと思います。

via The Verge

----------[AD]----------

「あとで読む」のPocket、レスポンシブデザインに対応。さらにアシュトン・カッチャー氏も含む個人やVCらから700万ドルの資金調達も

SHARE:

<ピックアップ>Pocket introduces a new responsive web design and raises another $7 million | The Verge 「あとで読む」サービスとして人気のPocket。筆者も使っていますが、ChromeのExtentionや各種Twitterクライアントの連携など、いつでもどこでもPocketできます。もちろん、P…

signup_graphic@1x

<ピックアップ>Pocket introduces a new responsive web design and raises another $7 million | The Verge

「あとで読む」サービスとして人気のPocket。筆者も使っていますが、ChromeのExtentionや各種Twitterクライアントの連携など、いつでもどこでもPocketできます。もちろん、Pocketしたらそのあとにじっくり読むわけですが、ウェブやアプリだけでなく、スマホやタブレットなどさまざまな端末で読む機会があります。

そのため、どのような状況でもスムーズに保存したものが読めるのは大事なこと。そこで、Pocketはレスポンシブデザインを行い、ウェブやアプリ、スマホやタブレットとった
あらゆるものでもスムーズに対応してことで、ユーザのアクティブが向上したとのこと。

さらに、先日には700万ドルを資金調達し、さらに開発を進めている。また、出資者にはVCだけでなくアシュトン・カッチャー氏も名を連ねているとのこと。Pocketは、トータルで1450万ドルの資金調達を行っています。

Pocketは、全世界で1700万ユーザに利用されており、一日に200万アイテムが保存されているという。「あとで読む」サービスは一度定着したらなかなか他のサービスに移行しずらいものでもあるからこそ、確実にユーザ獲得を進めているPocketの成長の秘密なども追いかけてみるといいかもしれません。

----------[AD]----------

Evernote、Wunderlist、Pocket、LastPassの有料版がすべて使えて60ドルというパッケージサービスが登場

SHARE:

<ピックアップ>Evernote, Wunderlist, Pocket, and LastPass make for a killer $60 bundle | The Verge クラウドストレージサービスやパスワード管理ツール、簡単ブックマークのあとで読む系サービスなど、日々さまざまなサービスを使っていて、無料版だけでは物足りなくて有料版を使っている人も多くいると思います。いくつ…

The Productivity Pack

<ピックアップ>Evernote, Wunderlist, Pocket, and LastPass make for a killer $60 bundle | The Verge

クラウドストレージサービスやパスワード管理ツール、簡単ブックマークのあとで読む系サービスなど、日々さまざまなサービスを使っていて、無料版だけでは物足りなくて有料版を使っている人も多くいると思います。いくつもの有料サービスを使っていると、積み重ねた時の料金はそれなりに高額で、けれども便利だから仕方ない、ってなりますよね。

そんなことを考えている人に朗報です。クラウドストレージのEvernote、Todo リストのWunderlist、あとで読むのPocket、そしてパスワード管理のLastPassの有料版がすべて使えるバンドル版が、約60ドルで使えるパッケージ版「the Productivity Pack」が登場しました。通常の有料版を個別に契約すると、全部で185ドルにもなってしまうので、実質的に約68%のディスカウントになります。さらに、ボーナス特典として、The NewYork Timesの定期購読も付いてくるという太っ腹な特典付き。

有料版を契約するユーザを、いかに抱え込むかがフリーミアムモデルを採用しているサービスにとって重要な指標。スタートアップ同士がこうして提携し、パッケージ版を作ることで、ユーザにとってメリットを強調することも一つの戦略かもしれません。

それにしても60ドルは魅力的ですね。契約しようか悩みます。こちらから、それぞれの有料版の特典内容やバンドルパッケージの詳細を見ることができます。

----------[AD]----------

「後で読む」のPocket、スマートウォッチ対応のプロトタイプアプリを披露【ピックアップ】

SHARE:

Image by Motorola 【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Pocket Reveals Prototype of Android Wear App スマートウォッチ系でもうひとつ。こちらは先日日本語対応も発表した旧Read it laterのPocketですが、Androidのウェアラブルアプリ対応のプロトタイプを披露しました…

moto-360
Image by Motorola

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Pocket Reveals Prototype of Android Wear App

スマートウォッチ系でもうひとつ。こちらは先日日本語対応も発表した旧Read it laterのPocketですが、Androidのウェアラブルアプリ対応のプロトタイプを披露しました。なるほど、Androidを使っている方であればわかりますが、カードウィジェットの形式であることがよくわかります。

AndroidWear
Image by Pocket

ただ、これを見て間違いなく言えることは、100%この作業はスマートフォンでやるだろうなということでした。

Google翻訳でざっくり読む

via Mashable

----------[AD]----------