THE BRIDGE

タグ Wunderlist

タスク・Todo管理「Wunderlist」の設立者、一度売却したMicrosoftに買い戻しを要請

SHARE:

6Wunderkinder の共同設立者である Christian Reber 氏がソフトウェア大手 Microsoft に自社を売却したのは4年以上も前だった。しかし今はその中核製品を買い戻したいと考えている。 Reber 氏は2010年、ベルリンで6Wunderkinder の立ち上げに尽力し、5人の設立者と共に市場で最も人気のある生産性アプリ Wunderlist を制作した。これまでに投資…

6Wunderkinder および Pitch の共同創業者兼 CEO Christian Reber 氏

6Wunderkinder の共同設立者である Christian Reber 氏がソフトウェア大手 Microsoft に自社を売却したのは4年以上も前だった。しかし今はその中核製品を買い戻したいと考えている。

Reber 氏は2010年、ベルリンで6Wunderkinder の立ち上げに尽力し、5人の設立者と共に市場で最も人気のある生産性アプリ Wunderlist を制作した。これまでに投資家から3,500万米ドルの資金を調達している。

2015年になると Microsoft から声がかかり、1~2億米ドルと報じられる金額でスタートアップ Wunderlist が買収された。独立系の人気サービスが大手に買収されるときによくみられる話だが、Wunderlist のコミュニティでは、Microsoft がこのアプリの息の根を止める、もしくはダメにしてしまうのではという懸念が広がった。折しも、競合の Todoist がやきもきしていた Wunderlist ユーザを取り込もうとしていた。ユーザの恐れはもっともなことだった。Microsoft は2017年、最終的に Wunderlist を使用しなくなると発表。優れた機能を最新の生産性アプリ To-Do に引き継ぐとした。

移行作業のスケジュールは明らかにされなかった。両アプリの移行には技術的な困難がいくらかあったためで、数日前の段階でも、Wunderlist は最終利用期限を伝えることができなかった。

ところが、Reber 氏は Twitter を活用して Microsoft、さらには同社 CEO の Satya Nadella 氏に対し、Wunderlist アプリを返すよう訴えている。

Microsoft が Wunderlist を終わらせようとしているのは残念。多くの人が愛用しているのに。私は真剣です、 @satyanadella @marcusash、アプリの買い戻しをさせてください。

Microsoft に会社を売却してから数年もしないうちに、Reber 氏を含む Wunderlist の当初の設立者たちは、次世代型コラボレーションプレゼンプラットフォームの Pitch という VC が出資する新たなスタートアップをローンチした。同氏はドイツの VC 企業 Freigeist の投資家でもある。同氏はすべきことをたくさん抱えている状態ではあるが、今回のプロジェクトを言わば彼の To Do リストに加えようと Wunderlist に強い思いを持っている。

Wunderlist に関する Microsoft の当面の計画、もともとの制作者がスクラップの山の中からアプリを救い出すのを Microsoft が本当に考えているかどうかは不明である。VentureBeat から Microsoft に確認を求めたが、記事執筆時点で共有できる情報は得られていない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

「Wunderlist」元設立者3人らの新スタートアップ、シリーズAで1,900万米ドルを調達——次世代協働プレゼンテーション基盤「Pitch」を開発へ

SHARE:

2015年6月、人気の生産性向上アプリ Wunderlist の制作者であるドイツのスタートアップ 6Wunderkinder を Microsoft が買収したというニュースが流れた。それから3年、同スタートアップの元の設立者3名が、新たなピッチと共に戻ってきた。その名も Pitch である。 今年1月にベルリンで設立された Pitch は、「プレゼンテーションとコンテンツコラボレーションのため…

Founders
Pitch の設立者には6Wunderkinder 設立チームの多くが含まれている
Image Credit: Pitch

2015年6月、人気の生産性向上アプリ Wunderlist の制作者であるドイツのスタートアップ 6Wunderkinder を Microsoft が買収したというニュースが流れた。それから3年、同スタートアップの元の設立者3名が、新たなピッチと共に戻ってきた。その名も Pitch である。

今年1月にベルリンで設立された Pitch は、「プレゼンテーションとコンテンツコラボレーションのための新たなプラットフォーム」を制作中としているが、その登場は2019年半ば以降になるとのことである。それまで同社は製品を作り上げるためのエンジニア募集を強化しており、そのため1,900万米ドルのシリーズ A ラウンドを発表したところだ。このラウンドは Index Ventures とシード投資家の BlueYard が共同でリードしたもので、他にも(Slack Fund を通じて)Slack や、Zoom の CEO である Eric Yuan 氏を含む多数の個人投資家が参加している。

Pitch は正確にはどういうものを作っているのかという点については秘しているが、設立者チームはスタートアップを作り、スケールし、そして究極的には売却するということにおいて明確な実績を残している。6Wunderkinder の共同設立者兼 CEO であった Christian Reber 氏が、Jan Martin 氏と Charlette Prevot 氏というかつての共同設立者2名と共に Pitch を率い、さらに他にも6Wunderkinder のからの初期メンバーも参加している。

万事問題なし

Christian-Reber-Photo1
Pitch 共同設立者兼 CEO Christian Reber 氏

何年もの間、多くの急成長株がプレゼンテーション市場にディスラプションを起こそうとしてきたが、Microsoft の PowerPoint は世界でトップの存在感を維持し続けており、そのシェアは95%に上ると見られている

同分野で他に注目すべきプレイヤーには、7,000万米ドル以上の資金を調達した PreziAI 駆動のプレゼンテーションデザインツールのベータ版を今年ローンチし、シリーズ B ラウンドで1,100万米ドルを調達した Beautiful.ai などがある。Beautiful.ai を作り上げたのは Mitch Grasso 氏であり、同氏が作った別のプレゼンテーションスタートアップ SlideRocket2011年に VMware が買収している

数多くの「PowePoint の代替品」が常に存在しているが、そういったつまらないプレゼンテーションプログラムの基本的なフォーマットの大部分は、デスクトップ PC 初期の頃から変わっていない。

Reber 氏は次のように話している。

イノベーションと思慮深いデザインが予想を超え、ユーザエクスペリエンスを改めて描く、今はビジネスソフトウェアがそのように変化する時です。ですがプレゼンテーションのツールは技術のスピードに追い付いていませんし、無駄に複雑で使いづらく感じます。新しく、他とは違っていて、そして本質的に良い何かが必要なのです。

何を作っているのかという点に関して Pitch はあまり明らかにはしてくれないが、ヒントは与えてくれた。それはコラボレーションを軸として「最新のウェブ技術やデータ統合、チーム重視の機能」を使うものになるとのことだ。

Reber 氏はこう続けた。

弊社はどうやって個人やチームがアイデアを表現し、協力し、進展についてコミュニケーションをとるのかを再考したい、そして十分に理解されたデータを用いて意思決定をサポートしたいと考えています。オープンなプラットフォームを作ること、そしてプレゼンテーションの作り方や知識の共有のされ方を根本的に改善するという意欲的なビジョンです。全員のためにデザインされ、チームのために作られた、新しいパラダイムです。

Pitch は以前にも BlueYard からシードラウンドで300万米ドルを調達していたが、さらに今回1,900万米ドルを加え、来年に予定されているローンチに先駆けて様々なチームに人材を加えようとしている。

Index Ventures のパートナーであり Pitch の取締役会に参加する Neil Rimer 氏はこう付け加えた。

Pitch にはプレゼンテーションという分野を再定義し、コンテンツコラボレーションや知識の共有、そして究極的にはより良い意思決定のための中心的なプラットフォームとなるポテンシャルがあると信じています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

モバイル版「Outlook」で、Evernote、Facebook、Wunderlistからのインポートが可能に

SHARE:

<Pick Up> Outlook for Android and iOS now lets you import from Evernote, Facebook, and Wunderlist Microsoftが、iOSやAndroidのOutlookアプリ向けの追加機能を発表しました。FacebookのイベントやEvernoteの各種ノート、Microsoftが所有するWunde…

outlook_for_ios_revamp-930x551

<Pick Up> Outlook for Android and iOS now lets you import from Evernote, Facebook, and Wunderlist

Microsoftが、iOSやAndroidのOutlookアプリ向けの追加機能を発表しました。FacebookのイベントやEvernoteの各種ノート、Microsoftが所有するWunderlistのTodoリストなどを、Outlookにインポートすることが可能になりました。

この追加機能は、「Calendar Apps」というOutlookの新機能として追加されます。Outlookのカレンダーを左から右にスワイプすることでアクセスできるだけでなく、特定のTodoリストをオンにして色を割り振るだけでも手軽に使えるようになります。

Microsoftは、2014年にメールとカレンダーアプリのAcompliを買収。翌年の2015年には、カレンダーアプリのSunriseを買収したことに続く、今回のOutlookへの機能追加となります。Outlookチームは、ブログで以下のように述べています。

「Sunriseを好んで使ってくださっている方々にとって、今回の機能は馴染み深いものでしょう。SunriseチームがOutlookに加わってからというもの、私たちはSunriseの長所やオリジナルの機能をOutlookのカレンダーに取り入れてきました。ユーザーの公私にわたる生活をサポートするパワフルなアプリを提供する試みです」

Microsoftが昨年買収したWunderlistとの連携では、Outlook上にTodoが表示され、そこからWunderlistのアプリへも簡単に移動できるようになっています。また、Facebookとの連携では、Outlook上に表示されたイベントからFacebookに移動し、そのイベントにまつわる作業を継続して行いやすくなっています。

今後、Outlookの使い勝手がますます良くなることが期待できそうです。

----------[AD]----------

タスク・Todo管理のWunderlist、期限日を自動で読み取る「スマート期限日」など複数の機能をアップデート

SHARE:

<ピックアップ>Microsoft-acquired Wunderlist updates with Smart due dates, Restore tool Microsoft傘下となったタスク・ToDo管理アプリWunderlistですが、ユーザ数は伸びているとのこと。さらに、先日には複数の機能を追加し、アップデートを行うなど、サービスを成長させています。 例えば、「スマート期限…

To Do 管理アプリ「Wunderlist」
To Do 管理アプリ「Wunderlist」

<ピックアップ>Microsoft-acquired Wunderlist updates with Smart due dates, Restore tool

Microsoft傘下となったタスク・ToDo管理アプリWunderlistですが、ユーザ数は伸びているとのこと。さらに、先日には複数の機能を追加し、アップデートを行うなど、サービスを成長させています。

例えば、「スマート期限日」機能は、Todoの項目に日付は期限日を含んだタスクを入力すると、自動的に期限日を読み込んで締め切りを設定してくれるというもの。データ解析を通じて自動化する機能といえます。

他にも、ルーティンになっているものや、旅行や出張などのスポットで必ず発生するタスク管理のために、リストの複製やTodoのコピーができるなどの機能も追加。マスターリストでルーティンタスクを入力していけば、あとはそれをコピペするだけでタスクが追加できます。

また、期限日を過ぎたTodo数も表示するなどのタスク管理のユーザビリティを向上。Android版のウィジェットのデザインを刷新するなど、Androidにも力を入れ始めています。

詳細のアップデートはWunderlistのブログにて紹介されています。

----------[AD]----------

カレンダーの「Sunrise」に続いてマイクロソフトがTo Doアプリ「Wunderlist」をお買い上げ

SHARE:

<Pick Up> Microsoft is about to buy one of the best productivity apps in the world WSJの報道によると、米マイクロソフトがTo Do管理アプリ「Wunderlist」の買収を発表したそう。Wunderlistはただのリストアプリに留まらず、そのTo Doを他者と共有できる点も魅力。例えば、家庭で一つの買…

To Do 管理アプリ「Wunderlist」
To Do 管理アプリ「Wunderlist」

<Pick Up> Microsoft is about to buy one of the best productivity apps in the world

WSJの報道によると、米マイクロソフトがTo Do管理アプリ「Wunderlist」の買収を発表したそう。Wunderlistはただのリストアプリに留まらず、そのTo Doを他者と共有できる点も魅力。例えば、家庭で一つの買い物リストを共有して、お互いに思いついたアイテムをその都度追加して共有するなんてこともできる。

有料のプロ版を利用すれば、例えば職場でのTo Do管理でも使えるそう。実際に、Business Insiderの編集部では記事のアイディアの共有からアサイン、メモの共有までをWunderlistでやっているんだとか。

Sunriseといい、Wunderlistといい、生産性関連のアプリのセンスのいい買収を続けるマイクロソフト。カレンダーアプリの「Sunrise」は、同社の傘下に入った後も改善を続けてる。どれもクロスプラットフォームで機能するものばかり。

これらのアプリで素晴らしいユーザー体験を提供し、それがいずれWindowsのスマホやコンピューターの購入に繫がるのではないかという長期戦。どれも人にすすめたくなるアプリばかりだし、間違っていないはず。

 

----------[AD]----------

カレンダーアプリのSunrise、To-doリストのWunderlistと連携し、スケジュールとタスク管理をスムーズにする

SHARE:

<ピックアップ>You can now view and create Wunderlist tasks in Sunrise Calendar Microsoftに買収されたカレンダーアプリのSunriseですが、先日には打ち合わせの日程を共有できる「meet」をリリースするなど、カレンダーアプリの新しい形を見せ始めています。 そんなSunriseが次に連携を始めたのは、To-doリ…

sunrise_wunderlist

<ピックアップ>You can now view and create Wunderlist tasks in Sunrise Calendar

Microsoftに買収されたカレンダーアプリのSunriseですが、先日には打ち合わせの日程を共有できる「meet」をリリースするなど、カレンダーアプリの新しい形を見せ始めています。

そんなSunriseが次に連携を始めたのは、To-doリストアプリのWunderlistだ。Sunriseに入力した打ち合わせなどの日程を、そのままWunderlistに追記して、タスク管理がしやすいようにする、というものだ。Wunderlistのブログでも、連携について紹介されています。

SunriseとWunderlistを連携させておけば、普段からタスク管理で仕事の調整をしている人にとって、誰に、何時に、どこで会うか、といったことをタスクリストとカレンダーにすぐに同期できます。

Sunriseは、実は他にもEvernoteやTrello、Asanaなどさまざまなツールと連携できる。実は、他にもテレビ番組とも連携しており、好きな番組を見逃す心配もない。

シンプルで操作性の高いUIに、さまざまなサービスとの連携を通じてプラットフォームを目指そうとするSunriseは、カレンダーアプリだけでなくイベントやプライベート、仕事など使う人の用途によって自由に設定できるサービスとして、なくてはならないサービスになってきそうです。

via TNW

----------[AD]----------

Evernote、Wunderlist、Pocket、LastPassの有料版がすべて使えて60ドルというパッケージサービスが登場

SHARE:

<ピックアップ>Evernote, Wunderlist, Pocket, and LastPass make for a killer $60 bundle | The Verge クラウドストレージサービスやパスワード管理ツール、簡単ブックマークのあとで読む系サービスなど、日々さまざまなサービスを使っていて、無料版だけでは物足りなくて有料版を使っている人も多くいると思います。いくつ…

The Productivity Pack

<ピックアップ>Evernote, Wunderlist, Pocket, and LastPass make for a killer $60 bundle | The Verge

クラウドストレージサービスやパスワード管理ツール、簡単ブックマークのあとで読む系サービスなど、日々さまざまなサービスを使っていて、無料版だけでは物足りなくて有料版を使っている人も多くいると思います。いくつもの有料サービスを使っていると、積み重ねた時の料金はそれなりに高額で、けれども便利だから仕方ない、ってなりますよね。

そんなことを考えている人に朗報です。クラウドストレージのEvernote、Todo リストのWunderlist、あとで読むのPocket、そしてパスワード管理のLastPassの有料版がすべて使えるバンドル版が、約60ドルで使えるパッケージ版「the Productivity Pack」が登場しました。通常の有料版を個別に契約すると、全部で185ドルにもなってしまうので、実質的に約68%のディスカウントになります。さらに、ボーナス特典として、The NewYork Timesの定期購読も付いてくるという太っ腹な特典付き。

有料版を契約するユーザを、いかに抱え込むかがフリーミアムモデルを採用しているサービスにとって重要な指標。スタートアップ同士がこうして提携し、パッケージ版を作ることで、ユーザにとってメリットを強調することも一つの戦略かもしれません。

それにしても60ドルは魅力的ですね。契約しようか悩みます。こちらから、それぞれの有料版の特典内容やバンドルパッケージの詳細を見ることができます。

----------[AD]----------