THE BRIDGE

タグ MakerBot

今年の春に20%の従業員をレイオフしたMakerBot、市場の急速な変化に対応することを理由に、また新たにレイオフを実施

SHARE:

<ピックアップ>MakerBot Lays Off 20 Percent of Staff for the Second Time This Year 今年の4月、事業の再構築と経費削減、プロフェッショナル市場や教育市場に注力するとして、従業員の20%である100人ほどを一時解雇したと報じられていた3DプリントメーカーのMakerBotでしたが、半年を経た現在、また新たに従業員を20%…

Image by Steve Jurvetson on Flickr
Image by Steve Jurvetson on Flickr

<ピックアップ>MakerBot Lays Off 20 Percent of Staff for the Second Time This Year

今年の4月、事業の再構築と経費削減、プロフェッショナル市場や教育市場に注力するとして、従業員の20%である100人ほどを一時解雇したと報じられていた3DプリントメーカーのMakerBotでしたが、半年を経た現在、また新たに従業員を20%のレイオフを実施すると報じられています。

MalerBotは、Makersの盛り上がりと同時に3Dプリンターメーカーとして世界から注文が殺到し、2012年から2014年にかけて600%以上の成長がありました。しかし、市場の変化に対応するための事業戦略の修正やメーカーとしてのコンシューマー向けからプロフェッショナルや法人向け、教育市場への参入などを理由にために今年の春にレイオフを実施しました。

事業の方向性を修正するためにレイオフを実施したのにもかかわらず、今回また新たにレイオフをする理由とはなんなのか。CEOのブログによると、チームの再構成のためのレイオフ、チームのリーダーシップ構築とMakerBotの3Dエコシステムの事業の方向性の修正、ブルックリンにあるR&Dチームを閉鎖して機能を集中させ、社内のコミュニケーションやコラボレーションを促進させること、同時にブルックリンにはMakerBotの工場として建てなおすこと、次世代の3Dプリンター機の開発に力を入れること、などが書かれています。

また、最近ではさまざまな企業が3Dプリンターの開発に力をいれ、ハードウェア開発やMakersの動きもこの数年で大きく変化してきました。そうした市場全体の大きな変革と将来起きうる変化にうまく対応するために、スモールチームにして事業の方向性とフォーカスするための事業を選定し直そうという動きといえます。

一年間に二回のレイオフというかなり異例な自体が起きているMakerBotですが、どんな企業であっても市場の変化に対応しないかぎり生きていくことは難しい。安住することなくうまく時代の変化に対応する企業だけが生き残ることができる、そのために必要な施策を断行しなければならない、ということを感じさせます。

via Re/code

----------[AD]----------

Makerbotの開発者支援プログラムを活用したiPhoneケースの3Dプリントカスタマイズサービス「Fraemes」

SHARE:

スマートフォンの普及とともに、スマートフォンアクセサリーの市場も拡大している。iPhoneケースは様々なところで発売されている様子を目にる。「Fraemes」は3Dプリンティングを活用して、iPhoneケースの販売を行っている。 「Fraemes」では複数のデザイナーによるiPhoneケースデザインを選んで購入でき、色や形などをカスタマイズすることができるようになっている。 「Fraemes」はサ…


frame-11

スマートフォンの普及とともに、スマートフォンアクセサリーの市場も拡大している。iPhoneケースは様々なところで発売されている様子を目にる。「Fraemes」は3Dプリンティングを活用して、iPhoneケースの販売を行っている。

「Fraemes」では複数のデザイナーによるiPhoneケースデザインを選んで購入でき、色や形などをカスタマイズすることができるようになっている。

fraemes

「Fraemes」はサービスにおいて、Makerbotが提供する開発者支援のアプリ「MakerBot Developer Program」を利用している。Makerbotの開発者支援プログラムは、3Dプリントサービスを開始したい企業や開発者にiOSやアンドロイド対応の開発用アプリを無償で提供するというものだ。

carousel-9dd5999607a0b363c82b2bdf697f426e

3Dプリントに関連したサービスといえば、英語圏では「Shapeways」や「i.materialise」といったサービス、日本では「rinkak」などが存在している。だが、Makerbotが提供するような開発者支援プログラムがあれば、どこかの領域に特化してサービスを提供することでまだ参入する余地は残されていると考えられる。

iPhoneケースのように現在需要があり、かつ今後も需要が見込まれるプロダクトはないのか。そのうち3Dプリンティングなどを活用することでリプレイス可能な領域はないのかを考えてみること。さらに、モノづくり以外でよく出来た仕組みをもったオンラインサービスをチェックしてみることで、ユーザのニーズに応える新たなビジネスを作り出すことができるかもしれない。

Fraemesも、Kickstarterでで資金調達を行い、立ち上ったたばかりのスタートアップだ。活用できるテクノロジーはどんどん世に出てきている。うまく活用できるアイデアがあれば、チャンスはありそうだ。

----------[AD]----------

15歳の少年が3Dプリンターでプロトタイプ開発、スマートフォンを聴診器に変えるケースを発表

SHARE:

スマートフォンを聴診器にして心音データを保存できるスマートフォンケース「Steph IO」を15歳の少年が開発した。このケースのプロトタイプは、MakerBot Replicator 2という3Dプリンターで、たった2週間で作られたという。ちなみにこの3Dプリンターは開発者のスーマン君(Suman Mulumudi)の父親が彼に買い与えたものだ。 「Steth IO」は、心音を検知・記録し、専用ア…


smartphone-stethoscope-3d-printing-1
スマートフォンを聴診器にして心音データを保存できるスマートフォンケース「Steph IO」を15歳の少年が開発した。このケースのプロトタイプは、MakerBot Replicator 2という3Dプリンターで、たった2週間で作られたという。ちなみにこの3Dプリンターは開発者のスーマン君(Suman Mulumudi)の父親が彼に買い与えたものだ。

「Steth IO」は、心音を検知・記録し、専用アプリで心音波形を表示する。振動板を装備し患者の低周波音を感知、チューブからマイクに音を送ることで、スマートフォンを効果的に聴診器にするというものだ。

心音をクリアに記録し、心音データを視覚化することができるのでより正確な診断を可能にする。また医者が患者を訪問することなく、ネットワークを通じて心音データを送信することで、遠隔医療への活用も期待される。

スーマン君の父親は循環器専門医として日常的に医療の現場で聴診器を使用していたが、従来の聴診器を使った方法では心拍の状況を知るには聴覚に頼るしかないという悩みがあった。父親のこの話がきっかけで、彼はこの課題を解決すべく「Steth IO」開発に取り組んだという。

smartphone-stethoscope-3d-printing-2

しかもスーマン君は、Stratoscientificという会社を立ち上げ、米国食品医薬品局への認可を申請し、さらに特許まで申請し、ベンチャーキャピタルからの出資を模索しているというから驚きだ。

----------[AD]----------

MakerBotの新3Dプリンター「MakerBot Replicator Mini」が予約受け付けをスタート

SHARE:

米3DプリンターメーカーのMakerBotが、新たな3Dプリンターの予約受付を開始した。同プリンターは、先日開催された先日のCES 2014で発表された3つの新機種のうちの一つ。 【関連記事】 米MakerBotが3Dプリンタ「Replicator」の新製品3機種を発表、出力の様子をスマホでモニター可能に 発表されたのは従来どおりの標準サイズと大型サイズ、小型サイズの3つだが、実際に発売が開始され…


MakerBot

米3DプリンターメーカーのMakerBotが、新たな3Dプリンターの予約受付を開始した。同プリンターは、先日開催された先日のCES 2014で発表された3つの新機種のうちの一つ。

発表されたのは従来どおりの標準サイズと大型サイズ、小型サイズの3つだが、実際に発売が開始されていたのは標準型Replicatorのみだった。ようやく、小型モデルの「MakerBot Replicator Mini」の受付が開始した。

このミニサイズのMakerBotは、1375米ドルとなっている。以下は、MakerBot Replicator Miniの様子がわかる映像だ。



----------[AD]----------

米MakerBotが3Dプリンタ「Replicator」の新製品3機種を発表、出力の様子をスマホでモニター可能に

SHARE:

米3DプリンタメーカーのMakerBotは、ラスベガスで開催されていたCES 2014で、同社が提供する3Dプリンタとしては5世代目となる「Replicator」の新製品3機種を


HeaderV3

米3DプリンタメーカーのMakerBotは、ラスベガスで開催されていたCES 2014で、同社が提供する3Dプリンタとしては5世代目となる「Replicator」の新製品3機種を発表した

新機種は出力サイズの大きい順に「Replicator Z18 3D Printer」、「MakerBot Replicator Desktop 3D Printer」、「Replicator Mini Compact 3D Printer」の3機種となっている。どの機種も出力の様子をモニターできるカメラも搭載している。今後MakerBotが提供予定のスマホアプリでも出力の様子をモニターできるようになるという。

最も出力サイズの大きい「Replicator Z18 3D Printer」は、2014年春に受注を開始する予定で、価格は6499米ドルを予定している。次に大きい「MakerBot Replicator Desktop 3D Printer」は、すでに販売を開始しており価格は2899米ドル。一番小さい出力の「Replicator Mini Compact 3D Printer」は、個人向けに使いやすく設計された小型3Dプリンタ。2014年春に発売予定で、価格は1375米ドルとなっている。

以下はMakerBot CEO Bre Pettis氏による5世代機の紹介。


----------[AD]----------