THE BRIDGE

タグ Meesho

インド版メルカリ・Facebookバックの「Meesho」が1億2500万ドルの巨額調達ーーAmazon・Flipkartの次をいくソーシャルコマース、その手法とは

SHARE:

ピックアップ:[Funding Alert] Facebook-backed Meesho raises $125M by Naspers and others ニュースサマリー:8月12日、今年6月にFacebookがコーポレート・ラウンドにて戦略的出資を行なったソーシャル・コマース「Messho」が新たに1億2500万ドルの資金調達を公表した。当シリーズ・Dラウンドには、NasperやSequ…

Screen Shot 0001-08-15 at 11.04.07.png

ピックアップ[Funding Alert] Facebook-backed Meesho raises $125M by Naspers and others

ニュースサマリー:8月12日、今年6月にFacebookがコーポレート・ラウンドにて戦略的出資を行なったソーシャル・コマース「Messho」が新たに1億2500万ドルの資金調達を公表した。当シリーズ・Dラウンドには、NasperやSequoia Capital India、 Facebookなどを含む計9つのファンドが参加している。

Messhoのビジネスモデルは、C2CのメルカリとB2CのBASEを足して2で割ったようなオンライン・コマース・プラットホームだ。つまりサプライヤーには中古品を売る個人・新製品を販売する企業のどちらも存在する。

個人の場合、家にあった不必要な服や家具、そのほか生活用品、娯楽製品などを売りに出すことができ、一方企業の場合は、独自ファッション・ブランドの開設や自社プロダクトの販売ができる。Messhoは今回の調達資金を、取り扱われる製品の拡充や、プラットホーム分析およびマシーンラーニング技術の向上などに投じていくとしている。またサービス提供地域の拡大も視野に入れているという。

話題のポイント:Messhoの大きな特徴は、同プラットホームだけでなく、様々なソーシャルメディアを通して売買が行われる仕組みを構築している点です。ユーザーは自身の商品を自らPR・交渉する場としてFacebookやWhatsApp、MessengerなどのSNS・チャットアプリを活用しています。その意味で、MesshoはEコマースではなく、”ソーシャル・コマース”と呼ぶにふさわしいでしょう。

FacebookがMesshoに投資する理由もこの部分にあります。前回の記事ではその点について詳しく書きましたが、Messhoがインドでシェアを拡大すればするほど、Facebookとその傘下のチャットアプリの利用率も増加していくことになるのです。

<参考記事>

Yourstoryにて、同社創業者&CEOのVidit Aatrey氏は以下のように答えています。

私はMesshoが売買プラットホームを通して、ジェンダーや教育レベル、リスク選好、職業の異なる人々の垣根を取っ払うことができていることを特に誇りに思っています。Messhoのユーザーは小さな小売業者や女性、学生、退職後の人々が中心で、その70%が経済的に独立し、他の仕事をしなくても生きていくことができます。

Screenshot 2019-08-13 at 8.52.51 AM.png
Source & Credit : Messho

またMesshoはこれまでインド国内の700の町で、総勢200万人を超えるソーシャル・セラー(一般人の売り手)を生み出し、かつ1万5000社を超える企業の新しい販売チャネルとなっています。同社は2020年までに、2000万人を超える起業家・個人事業主を生み出すことを目標としています。

----------[AD]----------

Facebookがインド版メルカリ「Meesho」に投資する理由ーー世界最大のSNSによって席巻される巨大市場の体験経路

SHARE:

ピックアップ:Facebook invests in Meesho ニュースサマリー:バンガロール拠点の再販売・中古品マーケットサービスを展開する「Meesho」が6月13日、Facebookから資金調達を実施したことを公表している。調達額は明かされていない。 Messhoには中古品を販売する個人、中小企業、個人事業主の3タイプのサプライヤーが存在している。オンラインショップのように、自ら製造した…

2019-06-15 16.28.33

ピックアップ:Facebook invests in Meesho

ニュースサマリー:バンガロール拠点の再販売・中古品マーケットサービスを展開する「Meesho」が6月13日、Facebookから資金調達を実施したことを公表している。調達額は明かされていない。

Messhoには中古品を販売する個人、中小企業、個人事業主の3タイプのサプライヤーが存在している。オンラインショップのように、自ら製造した商品を販売する業者もいるが、ほとんどが転売・中古品の再販売により成り立っている。

2015年にスタートした同プラットホームは、過去に計6回に及び、6500万ドル以上の資金を調達し急成長を遂げてきた。そしてこれまで12億円以上のサプライヤー収入を生み出し、900万以上の商品の取引の仲介を行い、5000以上に町に普及しているという。

2019-06-15 16.28.53
credit : meesho

話題のポイント:今回の調達の目的は、MeeshoプラットホームのユーザーがFacebook傘下のソーシャル・メディア(WhatsAppやMessenger)を経由することにより、取引を効率的に行えるようにすることです。コーポレート・ラウンドという形態を取っていることからも、単純な資本の注入というより、パートナーシップの意味合いが強いことが伺えます。

では、Facebookとその傘下のソーシャル・チャンネルはインドでどれほどのドミナンスを築いているのでしょうか。2017年時のデータによれば、Facebookの利用率は30%、傘下のチャットアプリ「WhatsApp」は28%、そして同じく傘下のチャットアプリMessengerやSNSであるInstagramは約20%となっています。

2019-06-15 16.02.18
credit : India: social network penetration Q3 2017 by statista

こうして見ると、インドのソーシャルメディア及びチャットアプリはFacebook資本に支配されていることが分かります。したがってMesshoにとって、多くのWhatsApp・Messnegrユーザーが流入し、かつそれらのチャットにMesshoのユーザーが流入するという相乗効果を見込むのはきわめて自然なのです。実際、Meeshoのデモ動画ではユーザーが中古品を友人に進める際の手段として既にWhatsAppを使っています。

ちなみに、Facebookは先日独自の仮想通貨プロジェクトを発表し、そのユースケースとしてWhatsAppやMessenger内での決済・送金利用が噂されています。

仮にその情報を前提とすると、Facebookは単に傘下のソーシャルメディアの拡大を図るだけでなく、将来的な決済ネットワーク構築を見据えた上で、Messhoのようなオンライン・マーケットプレイスをサポートしているという可能性があるのではと考えることもできます。

<参考記事>

いずれにせよ、インドは今後社会的に人口増加による経済発展とIT化の波がさらに加速する地域であり、その市場におけるFacebookソーシャルメディア連合の拡大戦略は非常に興味深いものがあり、今後もさらなる躍進が期待できます。

----------[AD]----------

ソーシャルメディア小売ネットワークの「Meesho」、シリーズBでSequoiaなどから1,150万米ドルを調達——インドで主婦の起業を支援

SHARE:

学生、主婦、ブランド企業がソーシャルメディアを活用して起業する手助けを行っているソーシャルコマースプラットフォームの Meesho は、Sequoia India がリードするシリーズ B ラウンドで1,150万米ドルを調達した。これにより現在までの調達総額は1,500万米ドルとなった。 既存投資家の SAIF Partners、Y Combinator、Venture Highway もこの最新…

Meesho.png

学生、主婦、ブランド企業がソーシャルメディアを活用して起業する手助けを行っているソーシャルコマースプラットフォームの Meesho は、Sequoia India がリードするシリーズ B ラウンドで1,150万米ドルを調達した。これにより現在までの調達総額は1,500万米ドルとなった。

既存投資家の SAIF PartnersY CombinatorVenture Highway もこの最新ラウンドに参加した。

同社は今回獲得した資金を、プラットフォーム上のカテゴリーを増加するとともに、採用や製品開発の加速にも活用していく予定。

約7ヶ月前には、SAIF Partners がリードするシリーズ A で340万米ドルを調達したばかりだ。

同社共同設立者の Vidit Aatrey 氏は次のように述べている。

弊社は昨年のシリーズ A 以来、20倍も成長しました。2年前にゼロからの状態で立ち上げたソーシャル再販モデルに関しては、最大の応援者であり続けたいと思っています。今回の投資を活用して、一連のツール拡張により今後2年で2,000万の起業家を生み出すという弊社のミッションに取り組んでいく予定です。

Meesho が設立されたのは2015年、設立者はインド工科大学デリー校卒の Aatrey 氏と Sanjeev Barnwal 氏だ。Meesho のアプリは物品調達、物流、決済のツールのほかオンラインプラットフォームを提供している。それによりソーシャルセラーが WhatsApp や Facebook などのソーシャルメディアチャネルを使ってオンラインのビジネスを開始、構築、販促する手助けをしている。こうしたソーシャルセラーには、小規模小売店、主婦、学生、退職者、インドで起業家になることを夢見る人たちなどがいる。

小規模小売店、主婦、学生、さらには退職者を含む一般的な Meesho のソーシャルセラーは、ファッション、ライフスタイルその他の製品を販売して月間2万~2万5,000インドルピー(300~375米ドル)を稼いでいる。

これまでに同社は、インドの500を超える都市で80万にのぼるソーシャルセラーが投下資本ゼロで事業を立ち上げ成長できる手助けをしてきた。さらに、Meesho のプラットフォームを活用している小規模企業は現在、400万を超える利用者にリーチできるようになっている。

Sequoia India のマネージングディレクターである Mohit Bhatnagar 氏は以下のように話している。

インドでは、e コマースの未来形がソーシャルコマースです。人々は信頼のおける相手から品物を購入しています。それを可能にしているのが Meesho なのです。大半が女性である Meesho の起業家の皆さんは Meesho のプラットフォームを活用し、家族や友人に商品を推奨、カスタマイズ、販売しています。

東南アジア、特にインドネシアやタイではソーシャルコマースが急成長しているものの、インドではそれほどの勢いはみられなかった。しかし最近では状況が変化し始めており、複数のスタートアップが出てきたおかげで、個人(たいていは女性)がソーシャルメディアで商品を再販できるようになっている。それにより何千世帯というインドの家庭が自宅にいながら副次的な収入を得られるようになった。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------