BRIDGE

タグ Miracle Machine

材料をいれると2日で自家製ワインができちゃう魔法のポット、スマホから選べる味は6種類【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします 発酵プロセスを加速させ、2日間でワインを作り出すデバイス「Miracle Machine」 その昔、禁酒法があった時代に生まれたデバイス…というわけではありませんが、自宅で気軽にワインが作れる、さらにスマホで味まで選べるグッズが出てきたそうです。 「これ便利だね!」という前にそもそも材料となるぶどうはどう…

miraclemachine

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

発酵プロセスを加速させ、2日間でワインを作り出すデバイス「Miracle Machine」

その昔、禁酒法があった時代に生まれたデバイス…というわけではありませんが、自宅で気軽にワインが作れる、さらにスマホで味まで選べるグッズが出てきたそうです。

「これ便利だね!」という前にそもそも材料となるぶどうはどうしたらいいのか、酵母とかそういうのを集めるぐらいなら買ってきた方が早いのでは、などの野暮ったいことばかり考えてしまいますが、なかなかどうして想像力をかき立ててくれる一品には間違いありません。

法律がどうこうを別にして、ぜひこの日本酒バージョンをだれか国内スタートアップの手によって生み出してほしいものです。

via DMM 3Dプリント × THE BRIDGE

発酵プロセスを加速させ、2日間でワインを作り出すデバイス「Miracle Machine」

SHARE:

ワイン産業に長いこと従事してきたKevin Boyer氏とPhilip James氏が、「Miracle Machine」と呼ばれるデバイスを開発した。このデバイスは小さな袋に入る程度の原料、葡萄の濃縮液、酵母と水を入れることで、2日間ほどでワインが出来上がるという。 発酵プロセスを加速させる技術を用いることで、質に大きな影響を与えることなくワインの製造プロセスの速度を上げる。電子センサー、変換器…


miraclemachine

ワイン産業に長いこと従事してきたKevin Boyer氏とPhilip James氏が、「Miracle Machine」と呼ばれるデバイスを開発した。このデバイスは小さな袋に入る程度の原料、葡萄の濃縮液、酵母と水を入れることで、2日間ほどでワインが出来上がるという。

発酵プロセスを加速させる技術を用いることで、質に大きな影響を与えることなくワインの製造プロセスの速度を上げる。電子センサー、変換器、ヒーターとポンプを用いることで、ワインが早く成熟するのに最適な環境を作り上げる。

themiraclemachine howitworks

このデバイスはスマートフォンアプリとも接続できる。アプリ上で6種類の中から味を選ぶことができ、選んだ味によって必要な素材の量を指示してくれる。また、このアプリは発酵のプロセスをトラックし、準備ができたときに教えてくれる。

「Miracle Machine」は今のところ499米ドルを価格に設定している。今後、クラウドファンディングサイトKickstarterにプロジェクトを掲載し、資金を集める予定だ。