BRIDGE

タグ NBA

Twitch、NBAマイナーリーグ試合のファン実況付きライブストリーミングを開始

SHARE:

Twitch は、これまでゲーマーが NBA 2K バスケットボール・ビデオゲームシリーズでの最新動向を披露しにくる場だった。これからは、NBA の次なる応援チームを視聴できる場になるだろう。 あるいは、そのチームの将来の実況コメンテータも見つけられる場になる。 今日(12月13日)、Twitch は12月15日から開始される NBA G リーグの試合を Twitch.tv/nbaleague で…

NBA G リーグの Twitch 上でのストリーミングイメージ(モックアップ画面とされる)
Image Credit: Twitch

Twitch は、これまでゲーマーが NBA 2K バスケットボール・ビデオゲームシリーズでの最新動向を披露しにくる場だった。これからは、NBA の次なる応援チームを視聴できる場になるだろう。

あるいは、そのチームの将来の実況コメンテータも見つけられる場になる。

今日(12月13日)、Twitch は12月15日から開始される NBA G リーグの試合を Twitch.tv/nbaleague でストリーミングすると発表した。G リーグは NBA の育成リーグで(バスケットボールファンは、D リーグの名前で覚えているかもしれないが、今年 G リーグに名前が変わった)。NBA の30チームはそれぞれ系列のマイナーリーグを持っている(Golden State Warriors は Santa Cruz Warriors を、Boston Celtics は Marine Red Claws といった感じ)。Twitch は毎週、これら G リーグの試合を最大で6つまでライブストリームし、オンデマンドも視聴できるようになる。Twitch によれば、メジャーなスポーツリーグが、その活動をライブストリーミングプラットフォームで披露すべく提携するのは初めてだという。

ケーブルテレビ契約をしなくても(ケーブルテレビ会社にとっては、インターネット視聴へと視聴者が流れる悩みの種だが)、Twitch のアプリだけで NBA マイナーリーグの試合が見られるのは、いい話だ。しかし、さらに興味深いのは、このライブストリーミングが Twitch のパーソナリティ(ストリーマー)やファンを交えたものになることだ。試合中は、ストリーマーのチャットとあわせ、コストリーマーの解説フィードを見ることができる。8月に機能追加された Twitch Extensions のおかげで、得点数なども画面上にオーバーレイ表示される。

この提携は、スポーツとテクノロジーの融合から、新しい何かが生まれることを意味します。

Twitch のスポークスパーソン Chase 氏は、メールでそうコメントした。

今回の動きは、NBA コミッショナーの Adama Silver 氏が描く、将来のバスケットボール放送のあるべき姿にも呼応している。Recode の報道によれば、最近ニューヨークで開かれたイベント「Code Commerce」で、彼はスポーツが「ビデオゲームのようになるべき」と語っている

得点数などを見るには、視聴者はチームの名前、スコアボードの隣をクリックすればいい。選手、チーム、試合、シーズンの得点数を閲覧できる。他の G リーグ試合の試合経過もティッカー表示される。特に驚くべきことではないが、しかしもう一度言っておくと、ライブストリーミングプラットフォームがスポーツでこれをやるのは初めてのことだ。Twitch にログインすると、ローヤルティーポイントが得られるだけでなく、他の視聴者と成果を競ったり、リーダーボードにランクインしたりすることで賞品が獲得できるコンペティションにも参加できる。

ゲーマーは Twitch で得点を獲得することには慣れているが、今回実装される機能は、G リーグを視聴したり対話したりすることで得られる特典というだけでなく、ファンタジーフットボールや他のスポーツ関連活動にも影響を与えるかもしれない。

G リーグは、NBA がルールやフォーマットの変更を実験するラボとしての機能も有している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】