タグ Saleshub

顧客紹介マッチング「Saleshub」運営、シリーズAで1億円を調達——企業側から紹介者にアプローチできるマッチング機能を正式導入

SHARE:

顧客紹介マッチング「Saleshub」を運営する Saleshub は14日、シリーズ A ラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、インキュベイトファンドと SMBC ベンチャーキャピタル。これは Saleshub にとって、2017年9月に実施したインキュベイトファンドからの8,000万円の調達に続くものだ。本ラウンドを含めた累積調達額は約2.5億円。 Saleshub…

インキュベイトファンド 代表パートナー 和田圭祐氏、Saleshub 代表取締役 江田学氏、SMBC ベンチャーキャピタル 中野哲治氏
Image credit: Saleshub

顧客紹介マッチング「Saleshub」を運営する Saleshub は14日、シリーズ A ラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、インキュベイトファンドと SMBC ベンチャーキャピタル。これは Saleshub にとって、2017年9月に実施したインキュベイトファンドからの8,000万円の調達に続くものだ。本ラウンドを含めた累積調達額は約2.5億円。

Saleshub は2017年6月、新規の営業リードを求める企業と、企業担当者とのコネクションを持つ個人(サポーター)をつなぐプラットフォームをローンチ。サポーターは、企業側のニーズに応じた企業担当者(営業リードを求める企業にとっての営業先候補)を紹介することで、一定の協力金が得られる。

コロナ禍で新規顧客開拓が厳しさを増し、一方で副業解禁などで、より多くのサポーターが自由にプラットフォームに参加できるようになったことが追い風となり、累計登録企業数は約2,700社、累計サポーター数は約2.5万人に達した。また、累計のつながり数は1万件、累計の紹介提案数は2万件を突破した。

Image credit: Saleshub

同社はまた、「つながりマッチング機能」を正式ローンチした。この機能では、サポーターが友人・知人のデータを「つながり」として登録、企業が自社の顧客候補の「アタックリスト」をアップロードすることで、企業かサポーターのつながりから紹介提案をできる。

これまでの Saleshub は、企業がつながりたい潜在的営業先を提示し、それを見たサポーターが企業に連絡を取る仕組みだったが、対照的につながりマッチングは、企業側から個人にアプローチできる「営業開拓版のビズリーチ」と見ることができるだろう。

Saleshub では今後、サポーター新規登録拡大のためのマーケティング施策に注力し、そのために、エンジニアやカスタマーサクセスのための人材を年内に約20名を採用予定。サポーターを個別に支援するために、「Saleshub コンシェルジュ」チームを構築することで、サポーターの活動の更なる活発化を狙う。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

公開3カ月で案件の流通総額は累計8億円にーーリファラル営業プラットフォーム「Saleshub」がインキュベイトファンドから8000万円を調達

SHARE:

リファラル営業プラットフォーム「Saleshub」は9月12日、引受先をインキュベイトファンドとした総額8000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。株式比率および払込日は非公開。調達目的は登録企業やユーザー獲得のための人材採用とプラットフォームの機能開発に充当する。 2017年6月にリリースした同サービスはお客さんを紹介して欲しい企業と紹介先を持つ個人を繋ぐプラットフォーム。企業が投稿し…

Press_アイキャッチ.png

リファラル営業プラットフォーム「Saleshub」は9月12日、引受先をインキュベイトファンドとした総額8000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。株式比率および払込日は非公開。調達目的は登録企業やユーザー獲得のための人材採用とプラットフォームの機能開発に充当する。

2017年6月にリリースした同サービスはお客さんを紹介して欲しい企業と紹介先を持つ個人を繋ぐプラットフォーム。企業が投稿した紹介依頼に対して、個人がサポーターとして応募し、紹介していく仕組みだ。

企業は初期費用がかからず、案件登録を無料で実施することが可能で依頼の成約時に設定した報酬を個人へ支払う。成約金はアポ成立と案件の成約の2種類で支払われる。なお案件の成約時に企業が35%を同社に支払うマネタイズモデルをとっている。

リリースより2カ月を経過した9月時点で340社、1000ユーザーの登録を獲得。企業に対してのサポーター応募の実績は350件で、案件の累計流通総額が8億円を突破している。(追記:12日 代表の江田氏の補足によると、この累計流通総額はSaleshubによって生まれたビジネス案件の累計金額ということだった)

累計総額に関して同社代表取締役の江田学氏は「B2Bのプラットフォームとして展開しており、規模や金額の大きな案件や大手案件を得意としていることが数字に繋がった」と話していた。

固定電話のテレアポはずっとIT化されないまま

SMR_0096
Saleshub代表取締役の江田学氏

代表の江田氏の辛いテレアポ経験からヒントを得た同サービス。ユーザーの主な獲得は口コミからで30代の営業職を仕事としている男性の登録が最も多い。登録ユーザーの最長年齢は75歳で人脈や経験のある高齢者がライフスタイルにあわせた働き方として活動するケースも出ている。

「すでにtwitterやFacebookでビジネスの流通網化している部分の仕組み化をSaleshubでは考えています。自社商材では補いきれない部分をSaleshubの案件を紹介することで補えるメリットを感じて利用する営業マンも多く、営業職を得意とする人が副業をするための場所として確立しつつあります」(江田氏)。

今回の調達により人材の採用で主にカスタマーサポート体制の強化を実施する。また、データ解析による機能改善を積極的に実施しており、企業側からユーザー側にアプローチできる仕組みなどプラットフォーム開発にも注力していく方針だ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

事前登録100社を突破、リファラル営業プラットホームの「Saleshub」が正式リリースを発表 #IVS10

SHARE:

本稿は6月6日〜7日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobe 取材の一部。 リファラル営業プラットフォームの「Saleshub(セールスハブ)」は6月6日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobeに登壇し、同サービスを6月13日に正式リリースすると発表した。 ニュースレ…

2017-06-06 14.49.29

本稿は6月6日〜7日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobe 取材の一部。

リファラル営業プラットフォームの「Saleshub(セールスハブ)」は6月6日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobeに登壇し、同サービスを6月13日に正式リリースすると発表した。

Saleshubは顧客を獲得したい企業と顧客を紹介できる個人のマッチングプラットフォーム。登録企業は登録無料、完全成果報酬型でサービスを利用することができる。また個人が企業に対して紹介をした場合はお祝い金が企業からもらえるという仕組み。

同社は5月8日に事前登録を開始しており、1週間で約80社の企業アカウント登録を獲得している。現在はITスタートアップや電力会社、築地の仲卸など様々な業種の企業、約100社がアカウント登録している。同社代表取締役の江田学氏は今後の展開について以下のようにコメントしている。

「事前登録では電力会社様の案件やIT企業様のコンテンツを制作する案件などが幅広くありました。年内には登録企業1000社を目指しています」(江田氏)。

登録企業数と共に案件数の向上も目指していく方針。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録