顧客紹介マッチング「Saleshub」運営、シリーズAで1億円を調達——企業側から紹介者にアプローチできるマッチング機能を正式導入

SHARE:
インキュベイトファンド 代表パートナー 和田圭祐氏、Saleshub 代表取締役 江田学氏、SMBC ベンチャーキャピタル 中野哲治氏
Image credit: Saleshub

顧客紹介マッチング「Saleshub」を運営する Saleshub は14日、シリーズ A ラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、インキュベイトファンドと SMBC ベンチャーキャピタル。これは Saleshub にとって、2017年9月に実施したインキュベイトファンドからの8,000万円の調達に続くものだ。本ラウンドを含めた累積調達額は約2.5億円。

Saleshub は2017年6月、新規の営業リードを求める企業と、企業担当者とのコネクションを持つ個人(サポーター)をつなぐプラットフォームをローンチ。サポーターは、企業側のニーズに応じた企業担当者(営業リードを求める企業にとっての営業先候補)を紹介することで、一定の協力金が得られる。

コロナ禍で新規顧客開拓が厳しさを増し、一方で副業解禁などで、より多くのサポーターが自由にプラットフォームに参加できるようになったことが追い風となり、累計登録企業数は約2,700社、累計サポーター数は約2.5万人に達した。また、累計のつながり数は1万件、累計の紹介提案数は2万件を突破した。

Image credit: Saleshub

同社はまた、「つながりマッチング機能」を正式ローンチした。この機能では、サポーターが友人・知人のデータを「つながり」として登録、企業が自社の顧客候補の「アタックリスト」をアップロードすることで、企業かサポーターのつながりから紹介提案をできる。

これまでの Saleshub は、企業がつながりたい潜在的営業先を提示し、それを見たサポーターが企業に連絡を取る仕組みだったが、対照的につながりマッチングは、企業側から個人にアプローチできる「営業開拓版のビズリーチ」と見ることができるだろう。

Saleshub では今後、サポーター新規登録拡大のためのマーケティング施策に注力し、そのために、エンジニアやカスタマーサクセスのための人材を年内に約20名を採用予定。サポーターを個別に支援するために、「Saleshub コンシェルジュ」チームを構築することで、サポーターの活動の更なる活発化を狙う。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録