THE BRIDGE

タグ senseinote

「SENSEI NOTE」のLOUPE、事業会社や実業家らから数千万円を調達

SHARE:

教師と教員志望者のためのSNS「SENSEI NOTE」を運営する LOUPE は今日、LITALICO、リバネス、スイッチサイエンスの3社と実業家の石見陽氏らから9月末に資金調達を実施していたことを明らかにした。調達金額は明らかにされていないが、数千万円規模に上るものと考えられる。 LITALICO は発達障害のある子供の支援サービスを提供、リバネスは社員の全員が博士という研究家集団であり、スイ…

sensei-note_featuredimage

教師と教員志望者のためのSNS「SENSEI NOTE」を運営する LOUPE は今日、LITALICOリバネススイッチサイエンスの3社と実業家の石見陽氏らから9月末に資金調達を実施していたことを明らかにした。調達金額は明らかにされていないが、数千万円規模に上るものと考えられる。

LITALICO は発達障害のある子供の支援サービスを提供、リバネスは社員の全員が博士という研究家集団であり、スイッチサイエンスは、専門学校や高専など向けにハードウェア・モジュールなどを開発・提供している。創業者で代表のの浅谷治希氏の話によれば、これらの出資者との関係は、すべて事業シナジーを考慮したものであるという。

LITALICO は発達障害の子供支援をする会社だ。自分の子供の発達障害について、親は気づかないか認めたがらないケースが多い。結果的に学校の先生が最初に気づく。SENSEI NOTE は学校の先生に使われているという点で、シナジーが考えられる。LITALICO は、パーソナルモビリティ開発のWHILLに出資している

リバネスは、ミドリムシのユーグレナとのプロダクトの共同開発などでも有名だ。我々はリバネスと理科の先生にアプローチできるプロダクトを開発している。来年にはリリースできる予定だ。

スイッチサイエンスとの関係は、SENSEI NOTE が将来的にハードウェア領域に乗り出すときのことを考えたもの。(浅谷氏)

現在 SENSEI NOTE のユーザ数は約8,000人、絶対数は大きくないが、教師や教員志望者に特化したコミュニティを作り上げている点で存在意義は大きい。月間アクティブユーザ数(MAU)は70%、投稿された質問には98%の確率で他のユーザから回答が寄せられ、一つの質問あたりの平均回答件数は7件と高い数値を示している。

SENSEI NOTE ビジネスモデルの確立にあわせ、運営元である LOUPE の業界内での認知度も高まり、教育系の企業などからのコンサルティングの依頼も増えてきた。あくまでプロダクト開発優先で事業を進めるとのことだが、彼らが掲げる一つのロールモデルは、デザインコンサルタンシーの IDEO であり、「LOUPE は教育サービス界の IDEO を目指したい」と浅谷氏は語る。

今回調達した資金を使い、LOUPE はエンジニアや広報の人員を採用し、開発体制や会員獲得のしくみを強化するとしている。

----------[AD]----------

教師と教員志望者のためのSNS「SENSEI NOTE」がiOSアプリをリリース

SHARE:

今日は海の日だ。週末や休日というのは概してリリースは多くないが、今日はそんな中アプリのリリースである。 教師と教員志望者のためのSNS「SENSEI NOTE」が iOS アプリをリリースした。SENSEI NOTE のウェブサイトはレスポンシブ・デザインであるため、これまでもスマートフォンで問題なく利用できたが、今回の iOS アプリのリリースでモバイルユーザの利用を加速したいとしている。なお、…

sensei-note_featuredimage

今日は海の日だ。週末や休日というのは概してリリースは多くないが、今日はそんな中アプリのリリースである。

教師と教員志望者のためのSNS「SENSEI NOTE」が iOS アプリをリリースした。SENSEI NOTE のウェブサイトはレスポンシブ・デザインであるため、これまでもスマートフォンで問題なく利用できたが、今回の iOS アプリのリリースでモバイルユーザの利用を加速したいとしている。なお、Android アプリも今月末〜来月上旬のリリースを目標に開発中とのことだ。SENSEI NOTE 開発元の LOUPE では、平日は教務に忙しい教師を考慮して、敢えて休日にアプリをリリースしたとしている。

senseinote_iosapp_screenshots

3月28日の正式ローンチ以降(THE BRIDGE の記事では3月24日)、MAU率(Monthly Active User Ratio)は60%を越え、ゲームやEコマースの分野では考えられないくらいの高い値をはじき出している。現在、PCとモバイルの利用比率は 1:1 ということなので、今回のアプリのリリースによりアクセシビリティを向上させ、モバイルユーザの伸びしろを埋める戦略のようだ。

学校では教務に追われ、自宅ではプライベートの時間を取り戻したい教師にとって、通勤や帰宅途上の移動時間を活用しない手はないだろう。無論、地方では自動車通勤の教師も少なくないと思われるが、それでもモバイルからのアクセシビリティの改善は、SENSEI NOTE のユーザ獲得に大きく寄与するだろう。

LOUPE は2012年11月の Startup Weekend Tokyo で優勝後、その世界版である Global Startup Battle で世界8位に入賞。2013年には、クラウドファンディングの Readyfor で300万円超を調達し、経産省の創業支援プログラム Jump Start Nippon から資金を得ている。筆者の記憶が正しければ、彼らのチームは目黒の住宅街に一軒家を借り、寝食を共にして日夜サービスの開発に取り組んでいる。現在はまだブートストラップ・モードのはずだが、高いMAU率を武器に今後はベンチャーキャピタルからの資金調達に動くのではないかと注目される。

----------[AD]----------

教師と教員志望者のためのSNS「SENSEI NOTE」が、1年以上のベータテストを経て正式ローンチ

SHARE:

SENSEI NOTE についての記事を初めて書いたのは、もう1年以上前のことだ。創業者の浅谷治希氏の話を聞いたときには、彼の勢いに圧倒されたのを今でも克明に覚えている。 その後、教育関連系のスタートアップ・イベントなどで何度か浅谷氏のピッチを目にしていたが、大きなニュースを聞くことがなかったので、ブートストラップ的に地道な活動をしているのだろう、と勝手に憶測していた。 その SENSEI NOT…

sensei-note_featuredimage

SENSEI NOTE についての記事を初めて書いたのは、もう1年以上前のことだ。創業者の浅谷治希氏の話を聞いたときには、彼の勢いに圧倒されたのを今でも克明に覚えている。

その後、教育関連系のスタートアップ・イベントなどで何度か浅谷氏のピッチを目にしていたが、大きなニュースを聞くことがなかったので、ブートストラップ的に地道な活動をしているのだろう、と勝手に憶測していた。

その SENSEI NOTE が今日、正式ローンチを迎えた。当初は教材を共有するマーケット・プレイスとしての位置づけだったサービスはピボットし、今後は教師と教員のためのバーティカルなソーシャル・ネットワーク [1]として成長を目指す。

教師が本当に求めるものは何か?

ウェブサービスは永遠のベータ版とはいえ、スタートアップにとって、正式版のローンチまでに一年以上を費やすのは長い方だろう。SENSEI NOTE はこの間、何をしていたのだろう。創業者の浅谷氏に話を聞いてみた。

haruki-asatani
浅谷治希氏

全国の先生方の家を訪問し、泊めてもらって話をしたりしていました。彼らのニーズを引き出すために、彼らとのフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションを通じて、仕事以外の部分のことも知りたいと考えたからです。

そこでわかったことは、全国の先生が抱えている問題は、必ずしもファイルベースのコンテンツの共有だけでは解決できないということ。コンテンツよりも、むしろ、先生方が集って知恵を持ち寄れる場、コミュニティに価値を感じてもらえると確信したのです。

なんとなく教職の現場というのは、ベテランが駆け出しの教師に教え方を口承で伝授してゆくイメージがあるのだが、SENSEI NOTE では、経験年数の浅い教師がベテラン教師にノウハウを共有することも行われるなど、ユーザ同士の関係は極めてフラットだ。職員室で SENSEI NOTE の存在を教えてもらった同僚教師が新しいユーザとして加わるといった具合に、サービスの普及にはバイラル効果も一役買っている。

bulletinboard
SENSEI NOTE の質問板。
(SENSEI NOTE から提供を受けた画像ですが、編集部判断で一部を加工しています。)

コミュニティはマネタイズできるか?

浅谷氏は自身の経験や前職(ベネッセコーポレーション)の影響もあり、教育環境の充実に理想を持っている。そのためには教師同士のコミュニティを形成することが重要で、コミュニティが活発なものになれば、マネタイズは後からついてくる、という自信があるようだ。

全国の地域NPOなどとの連携を図っています。地域NPOは先生方とつながっていることが多いので、SENSEI NOTE の意義をNPOに説明すると、彼らは喜んで先生方に紹介してくれます。

学生にも入ってもらうために、全国の教員志望の学生がいる大学にアプローチして、約130校が自校の学生に SENSEI NOTE のことを広めてくれています。サービスは無料なので、大学としても便利なサービスを学生に勧めない理由は無いからです。

サービスが無料ということは、どうやってマネタイズするのだろう。この点については、浅谷氏に考えがあるようだ。

教師や、教師を介して生徒やその保護者にアプローチを試みる企業は、浅谷氏が以前在籍したベネッセも含め、情報提供会社や教材会社など数多い。しかし彼らの多くは代理店経由で営業活動を行っており、教師に直接アプローチする術がない。SENSEI NOTE を介せば、企業はコンテンツという形で商材を開発・提供することで、教師へのリーチが可能になる。

SENSEI NOTE 上で、生徒向けのキャリア教育に関する映像コンテンツを提供した企業のケースでは、そのコンテンツを教師が一週間で400人の生徒に見せた。このコンテンツは無料だが、企業にしてみれば教師や生徒に社名を認知してもらえるだけでも、大きなメリットがあるというわけだ。

SENSEI NOTE では今後、CSR(企業の社会的責任)やマーケティングの予算、文科省のプログラムなどから提供される資金を積極的に活用して、学校や教師の抱える諸問題を解決していきたいとしている。

高い理想は友人の一言から

浅谷氏が SENSEI NOTE を発表した一年半前の Startup Weekend Tokyo。筆者は海外に居て現場を見ることはできなかったのだが、彼が優勝を決めた直後に在籍していたベネッセを電撃退職したことは Facebook や Twitter で話題となり、その猪突猛進さには一目を置いていた。

あれから一年余り、外部からの資金調達も無い中、仲間数名と東京・洗足に借りた一軒家で、サービスの研鑽に没頭できた背景には、彼が教育に対して持つ高い理想があった。

ベネッセを辞めた直後、学生時代からの友人と飲む機会がありました。彼は教師になっていました。そして,彼は教師になったことへの思いを熱く語ってくれました。

新しい教師には不安が多く、しかも、彼らは一人で教壇に立っています。なんとか彼らをサポートしてあげたいという思いから、SENSEI NOTE は現在の形になりました。

全国各地の教師の自宅にまで足を運び、寝食を共にしてまで獲得した生の声は、SENSEI NOTE が多くのユーザに受け入れられるサービスに成長する上で、大きな力となるだろう。正式ローンチを迎え、今後、浅谷氏のチームが、資金調達を含む多くの可能性に恵まれることに期待したい。


  1. SENSEI NOTE の利用は教師か教員志望者に限られ、ユーザ登録の申請後、SENSEI NOTE の事務局によりその確認が行われます。  
----------[AD]----------

Startup Weekend東京優勝者「SENSEINOTE」、世界大会出場に向けて奮闘中

SHARE:

今月の Startup Weekend は例になく活況だったようだ。日本では5都市で同時開催となり、それだけスタートアップに参加したいと考える人が増えたことの現れだろう。 そんな中、東京で開催された Startup Weekend Tokyo での優勝チーム、SENSEINOTE のことを紹介したい。 SENSEINOTE は学校の先生向けのサービスで、他校の先生と情報を共有する時間の無い先生たち…

今月の Startup Weekend は例になく活況だったようだ。日本では5都市で同時開催となり、それだけスタートアップに参加したいと考える人が増えたことの現れだろう。

そんな中、東京で開催された Startup Weekend Tokyo での優勝チーム、SENSEINOTE のことを紹介したい。

SENSEINOTE は学校の先生向けのサービスで、他校の先生と情報を共有する時間の無い先生たちのために、教育ノウハウをノートという形にして、100円で容易にダウンロードできるようにする。他の先生のノウハウを〝買う〟ことで授業等のレベルを向上することもできるし、効率化により空いた時間をより密度の濃い生徒との時間に充てることができる。

Startup Dating では、以前、Mashable からの翻訳転載でアメリカの Teachers Pay Teachers の話を取り上げたことがある。SENSEINOTE は日本のみならず、世界市場を視野に入れたサービスということなので、この Teachers Pay Teachers との違いを意識する必要があると思い、、SENSEINOTE 開発者の浅谷治希氏に尋ねてみた。

「SENSEINOTE」は学校教育だけにとどまらず、世の中の人々を「SENSEI」と捉え、世界中の知識やノウハウが我々のプラットフォーム上に集まり集約されるGoogleが目指している、セマンテックを構想として描いています。

井戸の堀り方から思春期の子どもとの接し方に至るまで国内・世界で多種多様なアプローチがあります。人々の中にはたくさんのノウハウが眠っています。ただ、現在はそのノウハウが散り散りになっており、集約されていません。それをまとめるのが我々の「SENSEINOTE」というサービスです。

浅谷氏は、教育産業としては屈指のベネッセでポータルサービスを担当していたが、Startup Weekend Tokyo で「SENSEINOTE」の優勝が決まるやいなや会社を辞め、「SENSEINOTE」に全身全霊を傾ける決断をした。「マネタイズよりも、教育レベルの底上げに寄与したい」と謙虚な一面を覗かせるが、世のため人のためになる事業であれば、多くのお金が集まってもよいだろうし、結果として、そのようになるだろう。

現在、「SENSEINOTE」を含む、世界各都市で選抜された Startup Weekend の優勝者の〝ランキング投票〟が実施されており、この投票は、日本時間の28日(木)午前4時59分59秒で締め切られる。本稿の執筆段階で、SENSEINOTE は世界22位につけているが、15位までに入賞できれば、来年、ブラジル・リオデジャネイロで開催される世界大会に、ファイナリストとしてノミネートされることになる。(あと約300票程度の投票が必要)

このところ、海外のスタートアップ周辺を何かとお手伝いする機会があるのだが、世界で名を馳せているスタートアップには、一定のライフサイクルがあることが見えてきた。

Startup Weekend の Local Event で優勝

Startup Weekend の世界大会などで露出

TechCrunch Disrupt / Le Web などの有名カンファレンスのピッチでノミネート

有名アクセラレータのメンタリングプログラムに参加

有名エンジェル・ベンチャーキャピタルからの資金調達

…という流れだ。

Startup Weekend 世界大会にの出場は、筆者の理解では、成功に向けての2番目のステップだ。世界のスタートアップの活動をいろいろ支援しながら、アメリカ・アジア・ヨーロッパ等で、日本のスタートアップのプレゼンスが大きくないことをいつも憂慮している。読者の一票により、「SENSEINOTE」が世界の教育に新しい風を吹かせてくれることを願うばかりだ。

----------[AD]----------