タグ SOELU

オンラインヨガ講座「SOELU」運営、DG Daiwa Venturesら10社から6.5億円を調達

SHARE:

オンラインヨガサービス「SOELU(ソエル)」を提供する SOELU(旧社名:ワクテク)は25日、直近のラウンドで6.5億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。このラウンドのリードインベスターは DG Daiwa Ventures が務めた。新規投資家として、GMO VenturePartners、HIRAC FUND、ベンチャーユナイテッドが参加し、他の6社については本稿執筆段階で名前…

SOELU の皆さん
Image credit: Soelu

オンラインヨガサービス「SOELU(ソエル)」を提供する SOELU(旧社名:ワクテク)は25日、直近のラウンドで6.5億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。このラウンドのリードインベスターは DG Daiwa Ventures が務めた。新規投資家として、GMO VenturePartners、HIRAC FUND、ベンチャーユナイテッドが参加し、他の6社については本稿執筆段階で名前が公表されていないが、既存投資家が多くを占めると見られる。

SOELU は2018年6月のプレシリーズ A ラウンドで、KLab Venture Partners(現在の ANOBAKA)、iSGS インベストメントワークス、ANRI、THIRDPARTY などから8,000万円を調達していた。同社は今回の調達で累積調達額が15億円に達したことを明らかにしているため、プレシリーズ A ラウンドから今回ラウンドまでに、7億7,000万円を調達していたことになる。

2014年設立の同社はメディア関連事業を運営し、ANRI などから数回の資金調達を実施していた。2017年5月に当該事業を譲渡し、6月末に SOELU の旧版サービスをリリース、2018年6月に SOELU の現版サービスをリリースした。現版サービスのリリースで実施した女性限定サービスへのリブランドが功を奏し、受講者の8割を30~50代の女性が占める。2021年7月時点で、ライブレッスンの累計受講回数は200万回を突破した。

今回調達した資金は、オンラインフィットネス事業の拡大やクロスセルブランドの創出に向け、インタラクティブなフィットネス体験作り、マーケティング、商品開発、採用に投資する計画。2021年秋頃には、初となる SOELU ブランド商品、プロテインの販売を予定しており、レッスン配信と物販のシナジーを狙う。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

ライブ配信でヨガレッスンを受けられる「SOELU」運営が総額8000万円の資金調達、女性限定へリブランディングし正式リリースも

SHARE:

オンラインヨガサービス「SOELU(ソエル)」を提供するワクテクは6月26日、プレシリーズAラウンドにて総額8000万円の第三者割当増資の実施を発表した。 引受先となったのは、KLab Venture Partners、iSGSインベストメントワークス、ANRI、THIRDPARTYと個人投資家の赤坂優氏(エウレカ創業者)、takejune氏(Fril Co-founder)、大湯俊介氏(コネヒト…

36062861_1689743344437383_1809164121996787712_n
同社株主とメンバーの集合写真、下段中央左が代表取締役CEOの蒋詩豪氏、代表取締役COOの白土聡志氏

オンラインヨガサービス「SOELU(ソエル)」を提供するワクテクは6月26日、プレシリーズAラウンドにて総額8000万円の第三者割当増資の実施を発表した。

引受先となったのは、KLab Venture Partners、iSGSインベストメントワークス、ANRI、THIRDPARTYと個人投資家の赤坂優氏(エウレカ創業者)、takejune氏(Fril Co-founder)、大湯俊介氏(コネヒト代表取締役)、花房弘也氏(アラン・プロダクツ代表取締役)、安田直矢氏(WILBY創業者)、水谷寿美氏(vivit代表取締役)、飯田くにこ氏(kunistyle 代表取締役)の7名。株式比率や払込日は非公開だ。

同社は提供サービスSOELUの正式リリースもあわせて公表している。同サービスではインストラクターと生徒がビデオチャットで繋がり、自宅や好きな場所でヨガのライブレッスンを受けることができる。

30分と60分のコースがあり、最大10名の生徒が受講可能だ。レッスンプログラムは初級から上級向けのヨガ、マタニティヨガ、産後ケア、ママ&ベビーヨガなど30種類のラインナップがある。

実際に通わなくてもライブで続けていけるのかという部分に関して、同社代表取締役CEOの蒋詩豪氏はむしろライフスタイルに対応していけるので続けやすいと話す。

「女性約100人にインタビューした結果、ジムやスタジオには予約必須など様々な制約があり、続けるのが難しいという意見がありました。しかし、自宅で見れるYouTubeやDVD教材では、上達が実感しづらいかつ孤独なため、飽きてしまいます。そこでコミュニケーションをとりつつ、制約の少ないライブレッスンの形を採用しました」(蒋氏)

調達資金はサービス開発およびマーケティング、人材の採用に充当していく。

2014年設立の同社はメディア関連事業を運営し、ANRIなどから数回の資金調達を実施していた。20175月に当該事業を譲渡し、6月末にSOELUの旧版サービスをリリースしている。

オンラインフィットネスの再定義

36087922_1689743314437386_4833970646377562112_n

共同代表同士が健康に対して課題意識を感じたことがきっかけで立ち上がったSOELU。

「健康のために運動したいと思った時に、ジムは通うのにお金も時間もかかるし、通うのがめんどくさい。自宅で1人運動するのも続けられない。と考えていった結果、大きなフィットネス市場に対して、実はオンライン化が出来ていない部分は多いのではと思いました。そこでオンラインフィットネスを再定義するところから、今の形になったんです」(蒋氏)

SOELUは、テストマーケティングも兼ねた旧版でフィトラというサービスで運営されていた。サービスを提供していく中で、女性に訪れるライフスタイルの変化のタイミングに寄り添えるサービスなのでは、という点が見えてきたという。

「転勤や子育てがあっても、場所や時間を選ばないライブヨガレッスンは努力次第で10年、20年と続けやすいと考えています。運動を続けることで健康を維持できる仕組みとして、まずは30分のレッスンなど続けやすいことを大切にしています」(蒋氏)。

今後は企業や地方自治体向けにも提供していきたいということだ。ヨガ以外の食事など健康面に関するサポートサービスも今後検討していく予定としている。

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録