BRIDGE

タグ Sparty

パーソナライズD2CサブスクのSparty、ヘアケアに続きスキンケアに参入

SHARE:

Sparty は22日、パーソナライズスキンケアブランド「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」を発売した。スマートフォンでの10の簡単な質問とカメラ撮影による解析から肌状態を診断し、その結果に合わせて処方・調合されたスキンケア商品を届ける。商品は、ローション(化粧水)100mlとモイスチャライザー(美容乳液)80mlで構成され、価格は通常9,200円、定期コース8,…

「HOTARU PERSONALIZED」
Image credit: Sparrty

Sparty は22日、パーソナライズスキンケアブランド「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」を発売した。スマートフォンでの10の簡単な質問とカメラ撮影による解析から肌状態を診断し、その結果に合わせて処方・調合されたスキンケア商品を届ける。商品は、ローション(化粧水)100mlとモイスチャライザー(美容乳液)80mlで構成され、価格は通常9,200円、定期コース8,280円(いずれも税抜)。商品が届くたびに肌を再診断し、処方を変更することも可能だ。

Sparty は2018年5月、パーソナライズシャンプー「MEDULLA」を発売。昨年4月には、処方のバリエーションをより細分化しリニューアルした。MEDULLA のウェブサイトと有楽町マルイの MEDULA 店舗のほか、東京・渋谷ヒカリエ ShinQs や大阪・阪急うめだ本店にもポップアップストアを展開。Sparty 発表で、会員数は約14万人(​2020年5月現在))に達している。

<関連記事>

Sparty は2018年3月、ジンズホールディングス(東証:3046)、XTech Ventures、アカツキ(東証:3932)から、その後、同社が商品生産を委託するサティス製薬やアイスタイル(東証:3660)から資金を調達。また、今年1月、丸井グループ(東証:8252)、XTech Ventures、アカツキ、ジンズホールディングスから6億円の資金調達を発表している。この際、ヘアケアからスキンケア商品に進出する計画があることを明らかにしていた。

via PR TIMES

パーソナライズヘアケアのD2Cサブスク「MEDULLA(メデュラ)」運営が約6億円を調達——丸井、XTech Ventures、アカツキ、JINSから

SHARE:

パーソナライズヘアケアの D2C ブランド「MEDULLA(メデュラ)」を展開する Sparty(スパーティー)は23日、直近のラウンドで約6億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。このラウンドに参加したのは、丸井グループ(東証:8252)、XTech Ventures、アカツキ(東証:3932)、ジンズホールディングス(東証:3046)。 Sparty にとっては、2018年3月に実施…

Sparty のメンバー。中央が代表の深山陽介氏
Image credit: Sparty

パーソナライズヘアケアの D2C ブランド「MEDULLA(メデュラ)」を展開する Sparty(スパーティー)は23日、直近のラウンドで約6億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。このラウンドに参加したのは、丸井グループ(東証:8252)、XTech Ventures、アカツキ(東証:3932)、ジンズホールディングス(東証:3046)。

Sparty にとっては、2018年3月に実施した、ジンズホールディングス、XTech Ventures、アカツキからの調達に続くものとなる。なお、Sparty はこれまでに、同社が商品生産を委託するサティス製薬やアイスタイル(東証:3660)からも調達している。累積調達額は不明。

MEDULLA は、髪質や髪の毛の状態に合わせて、シャンプーやトリートメントをカスタマイズできる女性向け定期購入ブランド(D2C サブスク)だ。ユーザがスマートフォンから、頭皮や髪の悩み、なりたい髪質など質問に答えると、ユーザ毎に処方されたヘアケア製品が定期的に送られてくる。2018年5月にローンチ後、ユーザは20代後半から30代前半の女性を中心に8万人にまで拡大。現在では月1万人のペースで成長しているという。

<関連記事>

MEDULLA は E コマースが持つ「購入前に試せない」という弱点を克服すべく、顧客とのタッチポイントとなるヘアサロンと提携。OMO ストア、デジタルネイティブストアの展開に積極的な丸井グループと協業し、有楽町マルイでは MEDULLA が体験できる期間限定店舗を昨年5月に開設していたが、今年3月以降はこれを常設店とすることになった。また、2月28日には東京・渋谷ヒカリエ ShinQs B1、3月11日には大阪・阪急うめだ本店8Fにも店舗を開設する。ジンズやアカツキとは協業の予定は無いが、両社の代表者が共に、Sparty 代表の深山陽介氏にとって創業時からの理解者であり相談相手だそうだ。

サロンも MEDULLA にとって重要なチャネルだが、サロンは人起点(=美容師)での販売となる。店舗を持つことで、自分たちのブランドを自分たちで展開できることから、顧客獲得と CRM の両方に寄与できるだろう。(深山氏)

伊藤千晃氏と MEDULLA のコラボ商品
Image credit: Sparty

成分を自由にカスタマイズできる商品特性を生かし、Sparty は今後、アーティストとコラボしたブランドという新しい展開を行う。その第一弾がエイベックス・マネジメント所属で、元 AAA(トリプルエー)メンバーの伊藤千晃氏とのコラボ商品だ。MEDULLA のウェブサイトと有楽町マルイの MEDULA 店舗で1月20日から購入可能。伊藤氏とのコラボを皮切りに、同社では今後、タレントやアーティスト、キャラクタとコラボしたヘアケア商品を発表する予定。また、ヘアケアからスキンケア商品に進出予定もあるそうだ。

同社は、昨年10月に開催された B Dash Camp Fall 2018 in 福岡で、準優勝とレクサス賞を獲得している。

パーソナライズヘアケアの「MEDULLA(メデュラ)」がリニューアル——髪の悩みに3万通りの処方で対応、商品体験のタッチポイントを増強へ

SHARE:

パーソナライズヘアケアの D2C ブランド「MEDULLA(メデュラ)」を展開する Sparty(スパーティー)は11日、東京・青山の INTERSECT by LEXUS でイベントを開催、MEDULLA のリニューアルを発表した。 MEDULLA は、髪質や髪の毛の状態に合わせて、シャンプーやトリートメントをカスタマイズできる女性向け定期購入ブランドだ。ユーザがスマートフォンから、頭皮や髪の悩…

「MEDULLA」のリニューアルを発表する Sparty 代表取締役の深山陽介氏
Image credit: Masaru Ikeda

パーソナライズヘアケアの D2C ブランド「MEDULLA(メデュラ)」を展開する Sparty(スパーティー)は11日、東京・青山の INTERSECT by LEXUS でイベントを開催、MEDULLA のリニューアルを発表した。

MEDULLA は、髪質や髪の毛の状態に合わせて、シャンプーやトリートメントをカスタマイズできる女性向け定期購入ブランドだ。ユーザがスマートフォンから、頭皮や髪の悩み、なりたい髪質など質問に答えると、ユーザ毎に処方されたヘアケア製品が定期的に送られてくる。

以前のピッチでは、ヘアケア製品の処方バリエーションは100種類以上、購入前体験できる提携サロンの数は東京都内に6カ所としていたが、今回イベントでは処方のバリエーションが3万種類以上、提携サロンの数も14カ所にまで増えたことが明らかになった(スマートフォンでのユーザへの質問数は7種類から9種類に増えたが、その分、より最適化された処方が可能になったようだ)。

「MEDULLA」のシャンプーやトリートメント
Image credit: Sparty

これを可能にしたのは、Sparty が昨年実施した、製造を委託する化粧品 OEM メーカーのサティス製薬との資本業務提携だろう。サティス製薬に150名いるとされる製造専門家の力を Sparty は自らのアセットとすることで、MEDULLA をよりユーザの希望に合った細かい対応が可能なブランドへと成長させた。

E コマースが持つ「購入前に試せない」という弱点を克服すべく、同社では今後、MEDULLA が体験できる提携サロンに頭皮環境計測システムを導入、MEDULLA アンバサダーとして顧客とのタッチポイントとなるサロンの美容師を現在の43人から年内に5,000 人以上にまで増やす計画だ。また、pop-up store として、4月12日〜4月24日にマルイシティ横浜で、5月24日にマルイシティ有楽町にショールーム体験型店舗が開設される。このうち、マルイシティ横浜については、レジ精算不要のユーザ体験が提供される。

イベント会場には多分野のメディアが招かれていた。
Image credit: Masaru Ikeda

今回のイベントは、Sparty が2018年10月に開催された「B Dash Camp Fall 2018 in 福岡」の Pitch Arena で、LEXUS 賞の副賞として獲得した、LEXUS 支援によるイベント主催権を行使したもの。「D2C Brand Showcase 2019SS」と題されたこのイベントには、Sparty をはじめ、D2C(Direct to Consumer)ブランドを展開するスタートアップ10社が一堂に会しピッチを行なった。会場には投資家やメディアが招かれたが、一般的なスタートアップイベントとは参加者のクラスタが少々異なり、ファッション・コスメ・グルメ関連の関係者も多かったようだ。

イベントでは、前出のサティス製薬に製造依頼しスキンケアブランド「ユアンジュ」を展開するモテクリエイターのゆうこす(菅本裕子)氏、The Breakthrough Company GO の PR/Creative Director 三浦崇宏氏、サティス製薬代表の山崎智士氏らが登壇し、パネルディスカッションも展開された。典型的な通販との大きな違いとして、D2C は製品が企画段階から出来上がっていくまでの工程を SNS などを使ってユーザに見せたり、商品考案の過程にユーザを巻き込んで〝体験を生み出す共犯者〟にしたりするなど、新たな波になりつつあることが紹介された。

サブスクリプションサービスと商品カスタマイズは、EC 大手との差別化という観点からもスタートアップが強みを生かせる分野かもしれない。あらゆる分野で OEM を手がけるメーカーが増えていることも、これを後押しする一因となっている。アメリカでは昨年、女性向けカスタマイズサプリのサブスク「care/of」が2,900万米ドル、カスタマイズヘアケアのサブスク「Prose」が1,800万米ドルを調達。日本では、女性向けカスタマイズサプリメントのサブスク「FUJIMI(フジミ)」運営のトリコが3,000万円を調達したのは記憶に新しい。

The Breakthrough Company GO の 三浦崇宏氏、ゆうこす(菅本裕子)氏、サティス製薬代表取締役の山崎智士氏
Image credit: Masaru Ikeda