BRIDGE

タグ SurveyMonkey

アメリカ大統領選の行方を追う、SurveyMonkeyのリアルタイムマップ

SHARE:

アメリカ大統領選挙まであと2週間(原文掲載日:10月25日)。次期大統領には誰が選ばれるのか注目が集まっている。有力候補に関する世論調査が定期的に行われてはいるが、SurveyMonkey はヒラリー・クリントン候補とドナルド・トランプ候補の票をめぐる熾烈な戦いの鍵となる州のリアルタイムデータマップをローンチした。 インタラクティブマップを使えば誰にでも11月8日の勝者は見当がつくはずだ。マップは…

Above: SurveyMonkey Electoral College Map Image Credit: SurveyMonkey
SurveyMonkeyの選挙人団マップ
Image Credit: SurveyMonkey

アメリカ大統領選挙まであと2週間(原文掲載日:10月25日)。次期大統領には誰が選ばれるのか注目が集まっている。有力候補に関する世論調査が定期的に行われてはいるが、SurveyMonkey はヒラリー・クリントン候補とドナルド・トランプ候補の票をめぐる熾烈な戦いの鍵となる州のリアルタイムデータマップをローンチした。

インタラクティブマップを使えば誰にでも11月8日の勝者は見当がつくはずだ。マップは各州の投票結果をリアルタイムで提供するほか、年齢、性別、人種、収入、学歴、ジェンダーや世代別に結果を分析してくれる。

FiveThirtyEight の Nate Silver 氏のようになりたい人や世論調査専門家を志す人にはうってつけだ。

SurveyMonkey のチーフリサーチオフィサー John Cohen 氏は次のように述べた。

弊社の基準とテクノロジーを使い、実際の世論とリアルタイムデータに基づいて有権者のありのままの視点にさまざまな角度から深く切り込んでいます。

これは比較的数の少ないインタビューや投票結果の平均をとった推論に代わり、緻密な予測を可能とする新たな手段です。今日(10月25日)からは、すべての有権者が大規模なシングルソースデータを使ってあらゆるシナリオを予測し分析できるようになります。

これまでも政治シーンに携わってきた SurveyMonkey は、リスクを負ってまでも自社サービスが単なるアンケートではなく形態を問わないデータ収集ハブであることを証明してきた。今回の選挙では、The Washington Post と提携してアメリカ人に誰を次の大統領として選びたいか投票を呼びかけた。両党大会に先駆け、SurveyMonkey は大統領選だけでなく全国の上院議員選や知事選に関する洞察を提供する投票ツールをリリースしている

単なる数字を使った投票ツールと異なり、本日(10月25日)リリースされたツールは選挙人団マップを視覚的に作成できる。データは SurveyMonkey が10月8日以降に行った3万人を超えるインタビューに基づいたものだ。同社は結果を分析し、アメリカ各州の有権者人口分布図に当てはめている。

このマップを使って選挙人団予想を作成し、Facebook、Twitter や LinkedIn で友達とシェアしよう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

David Goldberg氏突然の訃報を受け、友人のLurie氏(GoPro)が同社の暫定CEOを引き受ける

SHARE:

<ピックアップ>GoPro Exec Zander Lurie to Temporarily Help Lead SurveyMonkey After CEO’s Death しばらく経過しましたが、突然の知らせに多くの人たちが絶句したSurveyMonkeyのCEO、David Goldberg氏の訃報ですが、彼の人柄を偲ばせる数多くの話題の中からひとつ、お伝えしたいと思います。 彼…

IMGP2189
2011年6月に来日した際、私たちのイベントに顔を出してくれたDavid Goldberg氏

<ピックアップ>GoPro Exec Zander Lurie to Temporarily Help Lead SurveyMonkey After CEO’s Death

しばらく経過しましたが、突然の知らせに多くの人たちが絶句したSurveyMonkeyのCEO、David Goldberg氏の訃報ですが、彼の人柄を偲ばせる数多くの話題の中からひとつ、お伝えしたいと思います。

彼が突然去ってしまって空席となったCEOの椅子に、しばらくの間、アクションカメラ・メーカーのGoProでメディアのSVP(シニア・ヴァイスプレジデント)を務めるZander Lurie氏が就任することになったそうです。期間は3カ月ほどを予定しており、その間にSurveyMonkeyでは新CEOの検討を進めるということでした。

Re/codeの記事によると、Lurie氏はGoldberg氏と親友だったそうで、元々調査会社の経営陣を経験しているということもあってこの役割を引き受けたそうです。

Goldberg氏は2011年6月に実施した私たちのミートアップにも顔を出してくれたこともあり、多くの人たちが語るように、すごく気さくな人柄だったのを覚えています。

この報道でどうでしょう、人徳というのか、経営者としての人間性について少し考えてしまいました。先日掲載したサム・アルトマン氏の若手に対するアドバイスをもう一度引用します。

1) Never put your family, friends, or significant other low on your priority list. Prefer a handful of truly close friends to a hundred acquaintances. Don’t lose touch with old friends. Occasionally stay up until the sun rises talking to people. Have parties.
家族や友人、本当に大切な人を優先リストの下の方にいれちゃダメ。100人の知人よりも本当に大切な一握りの友人を選ぼう。古い友人との交流をなくしちゃダメだ。たまには夜明けまで語り合ってパーティーしよう。

もちろんSurveyMonkeyはGoldberg氏だけで運営しているわけではないので、しっかりと後を任せられる人材もいると思います。でも、やはりこういう突然の問題が発生した時に彼が大切にしていた会社を友人が手助けしてくれた、という話題はなんというのでしょうか、心にくるものがありました。

スタートアップをやっているとどうしても殺伐とした話題が多いですが、やはりどこまでゲスな戦いがあったとしても運営しているのは人間です。

そういう意味で、この場所で人間らしい振る舞いを忘れないことの大切さを教えてくれる一件でした。

via Re/code

訃報:著名起業家のDave Goldberg氏が死去〜SurveyMonkey CEOで、Sheryl Sandberg氏の夫

SHARE:

オンライン・アンケート調査サービス SurveyMonkey CEO の Dave Goldberg 氏が金曜日亡くなった。妻である Facebook COO Sheryl Sandberg 氏と国外でバケーションを過ごしている最中だった。47歳だった。 <関連記事> 「ビジネスツールのコンシューマライゼーションが、スタートアップに革新をもたらす」—著名起業家Dave Goldberg氏との対談か…

Dave-Goldberg-620x390
Image credit: Robert Goldberg

オンライン・アンケート調査サービス SurveyMonkey CEO の Dave Goldberg 氏が金曜日亡くなった。妻である Facebook COO Sheryl Sandberg 氏と国外でバケーションを過ごしている最中だった。47歳だった。

<関連記事>

死因は明らかにされていない。このニュースは、同氏の弟である Robert Goldberg 氏の投稿によって伝えられた。

Robert は「失ったものの大きさを表す言葉が見つからない」とコメントし、友人や知人には、供養の寄付に代えて「Dave との思い出や写真を、Dave の Facebook プロフィールに投稿してほしい」としている。

Facebook CEO の Mark Zuckerberg は、Dave について「彼は素晴らしい人物で、知り合えてよかった」と投稿した。Dave Goldberg 氏と Sheryl Sandberg 氏の夫妻は、2人の子供をもうけている。

ニューヨークタイムズは、Goldberg 氏はいつも気の利いた言葉で素早く反応を返し、「シリコンバレーの卓越したカップルの、有名じゃない方の片割れです」と名乗るのがユーモラスだった、と伝えた。

Dave Goldberg 氏はオンライン・ミュージック・プロバイダの Launch Media を設立し、2001年に Yahoo が買収。2009年に SurveyMonkey に参画した。SurveyMonkey は発表の中で「我々一同は、悲しみに暮れている」と述べている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

オンライン調査プラットフォームのSurveyMonkey、2億5000万ドルの資金調達を行い、企業評価が20億ドルに

SHARE:

<ピックアップ>Post $250 Million Fundraising, SurveyMonkey Now Worth $2 Billion – Market News – Financial Buzz オンライン調査プラットフォームのSurveyMonkeyが、2億5000万ドルの資金調達を行い、SurveyMonkeyの評価価値が20億ドルになった、とい…

Image by masaki ishitani on   Flickr
Image by masaki ishitani on Flickr

<ピックアップ>Post $250 Million Fundraising, SurveyMonkey Now Worth $2 Billion – Market News – Financial Buzz

オンライン調査プラットフォームのSurveyMonkeyが、2億5000万ドルの資金調達を行い、SurveyMonkeyの評価価値が20億ドルになった、という報道がされています。1ドル110円で換算すれば、2200億円という評価額のようです。

今回の投資には、モルガン·スタンレー·インベストメント·マネジメントなどの新規の投資家や、グーグル·キャピタルのようなすでに投資を行っている投資家による追加投資もされているとのこと。

最近では、英国でSurveyMonkeyユーザに対するパネル調査の機能を立ち上げ、さらにそれをビジネス活用するためにSalesforceのAppExchange内のサービスに組み込まれるなど、着実にエンタープライズ向けへの動きを起こしています。

「ビジネスツールのコンシューマライゼーションが、スタートアップに革新をもたらす」—著名起業家Dave Goldberg氏との対談から

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 東京に住むテクノロジー好きの人々にとって、先週は東京ゲームショウや ad:tech tokyo など、多くのイベントに忙しい週だった。私は ad:tech tokyo でいくつかのパネルの担当を依頼され、Dave Goldberg 氏との対談をモデレートする機会を得た。彼は有名なシリコンバレーの起業家で、Facebo…

chat-with-goldberg1
左から:筆者、SurveyMonkey Dave Goldberg 氏、Peatix Asia 竹村詠美氏
(撮影:中西秀行氏)

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京に住むテクノロジー好きの人々にとって、先週は東京ゲームショウad:tech tokyo など、多くのイベントに忙しい週だった。私は ad:tech tokyo でいくつかのパネルの担当を依頼され、Dave Goldberg 氏との対談をモデレートする機会を得た。彼は有名なシリコンバレーの起業家で、Facebook COO Sheryl Sandberg の夫でもある。

Dave Goldberg 氏の仕事について詳しくない人のために記しておくと、彼はクラウドベースのウェブ調査システム開発会社 SurveyMonkey のCEOで、同社は1月に Google を含む複数の投資家から8億ドルを調達している。2009年に同社に参加する前は、彼は最初のメディア・スタートアップ Launch Media を1993年に立ち上げ、後に2011年、1,200万ドルで Yahoo に売却している

約2年前、彼は SD Japan が東京で開いていた月に一度のスタートアップイベントに来てくれた。ちょうど、SurveyMonkey の日本語版のローンチをアナウンスすべく東京を訪れていたときのことだ。彼によれば、同社は日本市場単体でこれまでに68,000以上のユーザを獲得しており、ユーザ獲得、売上成長共に順調で、同社は世界全体で1,500万ユーザを抱える。

今回の訪日に際し、彼は日本ユーザ向けに「質問バンク」という新しい機能を披露した。この機能は推奨するQ&Aのセットを提示することで、調査をより簡単に速く作れるようにし、偏りを減らしてより正確な回答を得るようにするものだ。

私はステージ上で、シリコンバレーから来た起業家や投資家と話をするとき、よくする質問がある。日本市場で傑出した多くのスタートアップは、主にゲーム業界出身だ。しかし、アメリカではビジネスソリューションを提供するスタートアップにも、多くのイグジットを見ることができる。SurveyMonkey もそのようなスタートアップの一つであり、私は日米のエコシステムにおける、この違いに興味を持っている。

Dave Goldberg 氏は私の質問に対し、アメリカでも、エンターテイメントや消費者にフォーカスしたゲーム業界に隆盛はあったが、その流行は変化していると語った。

例えば、Evernote のユーザ属性を見てみると、当初は同サービスは個人向けに開発されたが、次第に多くのオフィスワーカーが同僚との書類共有に使い始め、多くの企業が Evernote をビジネスツールとして利用するようになった。彼はこの現象を「ビジネスツールのコンシューマライゼーション(消費者向けプロダクトが、ビジネスシーンで使われること)」と呼んでいる。対して、典型的な日本企業では、採用するツールを選ぶにあたってトップダウンの意思決定がなされ、従業員には統一された同じツールの利用を求める。Goldberg 氏はこのビジネス文化の違いが、日本のスタートアップがビジネスにフォーカスしたイノベーションで成功するのを難しくしている、と述べた。

Dave Goldberg 氏は最後に、日本の起業家に次の言葉を残して、対談を締めくくった。

失敗を恐れるな、自分より優秀な人を雇え、得られるサポートはすべて得よ。