THE BRIDGE

タグ Tenjin

モバイルマーケティングのROIを分かりやすくする「Tenjin」、250万ドルを調達

SHARE:

モバイルマーケティングのテックスタートアップ Tenjin が中国のNetEase Capitalから250万ドルを調達した。 サンフランシスコに拠点を置く同社は、アナリティクス、アトリビューション、アドネットワークからのデータ集積機能を一つのダッシュボードにまとめて、モバイルアプリやゲームの開発者などといった顧客に提供している。様々な情報元からデータを集めて、モバイルマーケティングを簡略化するの…

Above: Top left to right: Amir Manji, Makoto Taguchi, Henry Oh, Christopher Farm Bottom left to right: Sunny Cha, Ricky Nguyen, Matthaus Krzykowski Image Credit: Tenjin
上: 上左から: Amir Manji, Makoto Taguchi, Henry Oh, Christopher 下左から: Sunny Cha, Ricky Nguyen, Matthaus Krzykowski
Image Credit: Tenjin

モバイルマーケティングのテックスタートアップ Tenjin が中国のNetEase Capitalから250万ドルを調達した。

サンフランシスコに拠点を置く同社は、アナリティクス、アトリビューション、アドネットワークからのデータ集積機能を一つのダッシュボードにまとめて、モバイルアプリやゲームの開発者などといった顧客に提供している。様々な情報元からデータを集めて、モバイルマーケティングを簡略化するのだとTenjinの共同創業者・CEOのChristopher Farm氏は言う。

「アプリ開発者とマーケターのために標準的なマーケティングインフラを開発し、彼らがユーザー獲得のために実施する広告キャンペーンごとのROIを理解できるようにします」とFarm氏は言う。

同社が取り組んでいるのは「SDK 疲労」、つまりモバイルゲーム企業で働くプログラマーを悩ます問題だ。プログラマーは一つのアプリに対して、平均で17.5種類ものSDKを統合している。Tenjinは、通常であれば Localytics、AppsFlyer、Singular といった個別の企業が取り扱っているモバイルマーケティングの機能を一元化しようと試みている。

Farm氏と彼の共同創業者であるAmir Manji氏は、以前Tapjoyで働いていた。Tapjoy やその他の企業で、広告キャンペーンに対するROIを簡単に把握する方法がないことに気づく。アプリ開発者が、一人のユーザーが使用期間中にどれだけの収益を生み出すかを理解していれば(生涯価値)、そのユーザーを獲得するためにどれだけの費用をかけられるかが理解できる。

関連記事:Y Combinator卒のアドテクツール「Tenjin」ーー最高のROIを出している広告キャンペーンを特定できる

Above: Tenjin helps devs measure ROI for mobile marketing campaigns. Image Credit: Tenjin
上: Tenjin を使うと開発者はモバイルマーケティングキャンペーンのROIを測定できる
Image Credit: Tenjin

「この問題をどう解決するかは様々です。アトリビューションパートナー(Tune、Kochava、Adjust、AppsFlyer)だったり、アナリティクスパートナー(Mixpanel、Amplitude)、またはアドネットワーク(Tapjoy、Facebook)から広告費用をマニュアルで取得したり、といったように」Farm氏は言う。

彼らはこうしたデータをレポートから得て、Excelのスプレッドシートを生成します。そこからデータ分析を行います。私たちはこうしたこと全てを一元化するソリューションを開発し、彼らがマーケティングROIをよりよく理解できるように役立てたいと考えています。非常に理にかなったものですが、こうしたこと全てを結びつけて一つのソリューションにまとめるものがこれまで存在していなかったのも驚きです。全てのパートナーを通してデータを結びつける、つまり私たち自身でそれを実施します。ユーザーは、全てのデータを一つの場所で手に入れられるのです。

規模の大きい企業はこうした類のことをするのに、社内にビジネスインテリジェンスを取り扱うインフラを有しているが、小規模の企業は通常そうではない。Tenjinは顧客がデータに直接、また再構成可能な形でデータインフラにアクセスできるようにする。顧客にダッシュボードを、まるで顧客自身が作ったかのように提供する。それによって、開発者は自分でなにか作ることなく広告配信業務をスケールさせることができ、より仕事が洗練される。

「このインフラを全ての人のために開発しています。より大きな規模の組織と同じレベルの粒度と詳細さを得られるようにします。私たちは、サードパーティの企業とアドネットワークと提携しています」とFarm氏は言う。

今回の資金は、中国のゲームパブリッシャーNetEaseのベンチャー部門であるNetEase Capitalが出資した。また、エンジェル投資家のHerman Yang氏、Waikit Lau氏も出資している。これまでは、Y Combinator、Lightbank、エンジェル投資家のEric Wu氏とDavid King氏が出資している。

Tenjinは2015年8月に創業した。2014年にY Combinatorのプログラムに参加している。Yelp、Natural Motion、Playdots、N2twork、KLabが顧客に含まれる。

「Tenjinは、会社規模に関わらずアプリ開発者を悩まさせる共通した課題を解決しています。よりスマートに効果的に広告キャンペーンを実施するためのデータにアクセスしなければならないという課題です」Admob(Googleに買収されている)の初期社員でスタートアップアドバイザーのYang氏は述べている。「長い間、アプリ開発をする大きな組織はソリューションを内製していましたが、Tenjinはマーケティングインフラをまだもっていない開発者にも平等な場をつくろうとしているのです」

同社は過去1年以内に、1億ドル以上の広告費用と2500万ドル近くの広告収益を処理した。現在は、毎月3億のイベントを処理している。Tenjinは70以上のパートナーの広告企業やメディア企業と連携しており、その数は毎週増加している。現在従業員は7名で採用を強化中だ。

Above: Tenjin processes hundreds of millions of mobile events a month. Image Credit: Tenjin
上: Tenjin は毎月何億ものモバイルイベントを処理している
Image Credit: Tenjin

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Y Combinator卒のアドテクツール「Tenjin」ーー最高のROIを出している広告キャンペーンを特定できる

SHARE:

マーケター向けのツールは多数存在するが、ネックとなる問題はとにかく多くのアプリケーションが存在するという点だ。すべてを効率的に処理できて、しかもブランドに対して戦略の成功を約束するデータを提供する方法はあるのだろうか。本日ローンチした Tenjin はこうした問題を解決し、マーケターがより良いROIに到達できるように手助けすることを目的にしている(編集部注:原文掲載8月24日)。 2014年夏のY…

Screen-Shot-2015-08-22-at-3.50.48-PM

マーケター向けのツールは多数存在するが、ネックとなる問題はとにかく多くのアプリケーションが存在するという点だ。すべてを効率的に処理できて、しかもブランドに対して戦略の成功を約束するデータを提供する方法はあるのだろうか。本日ローンチした Tenjin はこうした問題を解決し、マーケターがより良いROIに到達できるように手助けすることを目的にしている(編集部注:原文掲載8月24日)。

2014年夏のY Combinatorのバッチに参加した Tenjinは、パフォーマンスマーケターが取り扱ってきたアナリティクスプラットフォームやアトリビューションパートナー、サーバーなどといった複数のサービスを扱う際に行ってきた工程を自動化するものだ。

dashboard-overview

一般的にこうしたサービスから得たデータは、マーケターによってエクセルのスプレッドシートにまとめられて、ROI が見極められてきた。その工程は確かに複雑だが、Tenjinいわく同社のサービスはデータ入力と解析を自動化するだけでなく、キャンペーンの損益分析点も示すことができるようになるという。

これは、すべてのサービスを管理するための仲介プラットフォームではない。Tenjinはコンソリデーターだ。アドテクサービス全般にわたって、データに基づいたROIや90日間という期限内の対価解析、ユーザーのアプリ使用時間といった良い機能(かつよく使われる機能)を引き出して、それを一つのプラットフォームに統合する。さらに、実際のデータ(予測データではない)を使用してある一つのサービスからどれくらいの収益をうみだしているのかを示すこともできると同社は述べる。それによって、ユーザーは自分のお金がどのように使われているかを明確に把握することができる。

dashboard-retention

Tenjinのコーファウンダー、Amir ManjiとChristopher Farmは、Tapjoyという企業でアプリの収益化とモバイル広告事業に取り組んでいたときに、こうしたマーケティングソリューションを思いついた。FarmがVentureBeatに語った内容によれば、Tapjoyのメンバーはパフォーマンスマーケティング解析を効率化するためのカスタマイズされたダッシュボードを開発したものの、実際にはそれを使っていなかったという。彼らは単にデータを引き出して、CSVファイルに乗せて、解析のために自分のシステムにインポートしていた。

この状況を見て、Farm と Manjiは一つのシンプルな目的を掲げてTenjinをスタートする。マーケターがより簡単に、複数の異なるアドテクサービスのROIを計算できるようにするという目的だ。

Tenjinは料金モデルをまだ正式に決めていないというが、これまでは各契約ベースで運用しているという。とはいえ、現在市場に出ている解析プロバイダーと同様に月ごとの料金を設定することも検討している。

cost-per-retained-user-chart-635x600

Tenjinのサービスは簡略化されたモデルを提供しているようなので、すべてのマーケターに適するわけではないかもしれない。もしマーケターの目的がROIの判断以上のものであれば、Tenjinは求めているものと違うかもしれない。また、同社はChartboost、Tapjoy、Supersonic、Google AdWords、YouTube、Flurry といった40のアドネットワークをサポートしているものの、Tenjinがサポートしていないサービスを別途使う必要があるかもしれない。最後に、さまざまなアドテクプラットフォームの一部の機能のみを使っているため、自分のニーズを満たすほど強力なツールではないと感じるマーケターもいるかもしれない。

だが、特定のキャンペーンにおいて本気で収益を上げたいと思っているマーケターにとっては、Tenjinが提供する機能は魅力的に見えるかもしれない。また、あなたが開発者であれば、収益がそれぞれどこから発生しているのかを追跡することは重要になるが、Tenjinはまさにその点に特化した機能を提供している。

TenjinはY CombinatorとLIfhtbankから支援を受けており、そのほか複数のエンジェル投資家も出資している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------