タグ ThinkReality A3

LenovoのARグラス「ThinkReality A3」:遠隔操作やビジネス利用が中心(2/2)

SHARE:

  (前回からのつづき)ThinkReality A3はPCでの利用において基本的な機能を備えている。オフィスワーカー、エンジニア、その他のデスクワークに縛られないビジネスユーザーは、Windowsアプリケーションをいっぱいに表示した仮想モニターに最大5台までアクセスすることができる。Lenovoは、このARグラスが企業にプライバシーの向上、生産性の向上、没入感の向上をもたらすことを期待…

 

(前回からのつづき)ThinkReality A3はPCでの利用において基本的な機能を備えている。オフィスワーカー、エンジニア、その他のデスクワークに縛られないビジネスユーザーは、Windowsアプリケーションをいっぱいに表示した仮想モニターに最大5台までアクセスすることができる。Lenovoは、このARグラスが企業にプライバシーの向上、生産性の向上、没入感の向上をもたらすことを期待している。

特に没入感については複合現実をフックに構築された建築、エンジニアリング、および金融アプリケーションで使用される場合に有効だ。また、自宅や公共の場で仕事をする企業ユーザーは、(訳註:グラスを通してデータにアクセスできるので)知らず知らずのうちに見ず知らずの人にデータを共有することなく、データを視覚化した情報として扱うことができる。

スマートフォンに接続されたインダストリアル・エディションは、Nreal Light などのソリューションと競合するものだ。これは企業が「グローバルなサポートを受けながら、グローバルな規模で複合現実アプリケーションやコンテンツを展開する」ことを支援する。ThinkReality A3では、遠隔地の専門家がグラスを装着している人が見ているものを確認しつつ、グラスの中のビデオウィンドウを使って遠隔支援をしたり、クリエーターがデジタルオブジェクトをリアルタイムに3Dで可視化したり、工業技術者やその他の現場作業員がデータ・画像のワークフローをガイドしたりすることも可能になる。モバイルARアプリは、ThinkRealityソフトウェアプラットフォームに支えられることになるだろう。

ThinkReality A3は、QualcommのSnapdragon 800シリーズチップを搭載したモトローラのスマートフォンと、IntelまたはAMD Ryzenプロセッサを搭載したPCで動作する。このグラスには、独自のSnapdragon XR1チップセットが搭載されており、1080p立体視ディスプレイ、ライブビデオを遠隔地の専門家と共有するための中央1080pカメラ、左右にマウントされた魚眼カメラを備えたSLAMルームスケール・トラッキング・システムが搭載されている。USB-Cケーブルで電話やPCにテザリングし、映像コンテンツを高速で共有するにはDisplayPort機能が必要になる。

LenovoはThinkReality A3の販売を2021年半ばに開始するとしている。価格の詳細はまだ明らかにされていない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

Lenovoが“現実的な”ARグラス「ThinkReality A3」を発表(1/2)

SHARE:

ここ数年間、拡張現実(AR)ヘッドセットは、ある現実的な問題に悩まされ続けてきた。つまり、これらは現実世界にデジタル情報を重ねて表示することになっているのだが、一般的に見栄えが悪く実際の公共の場では装着したくないというアレだ。しかし今日、LenovoはThinkReality A3でその問題を解決しようとしている。このARグラスは、小売店や接客業などの公共の場で着用できるほどコンパクトで軽量なだけ…

Image Credit: Lenovo

ここ数年間、拡張現実(AR)ヘッドセットは、ある現実的な問題に悩まされ続けてきた。つまり、これらは現実世界にデジタル情報を重ねて表示することになっているのだが、一般的に見栄えが悪く実際の公共の場では装着したくないというアレだ。しかし今日、LenovoはThinkReality A3でその問題を解決しようとしている。このARグラスは、小売店や接客業などの公共の場で着用できるほどコンパクトで軽量なだけでなく、研究室や工場、オフィスでも使用できる。完全にファッショナブル、というわけではないが、「普通」に近づきつつあるのだ。

LenovoがこのThinkReality A3の開発を示唆したのは2019年11月だった。その年、同社はより大きなフレームと未来的なスタイリングが故に「サングラスとは間違われることはないだろう」と指摘されたARコンセプトグラスを公開している。比較すると最終的なデザインは、レンズとブリッジ(訳註:鼻にかかる部分)がやや離れており、かつ、3つのカメラが集中してついている。現代的な度付きメガネっぽい感じに落ち着いた。A3には2つのバージョンが用意されており、Lenovo傘下のモトローラブランドのスマートフォンで持ち運んで使える「インダストリアルエディション」と、LenovoのThinkPadノートパソコンやモバイルワークステーションに対応した「PCエディション」がある。

ThinkReality A3の登場は、技術的な意思決定をする人にとって重要な意味を持つ。というのもLenovoのエンタープライズへの取り組みと確立されたThinkRealityソフトウェア/サービス・プラットフォームは、あらゆる規模や種類のビジネスに「安全な」AR導入ソリューションを提供しているからだ。

小規模なARハードウェア企業とは対照的に、Lenovoは複合現実(MR)ヘッドセットだけでなく、ローカル処理やデータを処理するためのコンピューティング・デバイスや、ハードウェアをサポートするエンタープライズ・クラスのサービスも製造している。特に同社は、折りたたみ式のスクリーンを備えたラップトップ5Gネットワーク機能を備えたラップトップなど、次世代技術を搭載したコンピュータの開拓にも積極的に取り組んでいる。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録