THE BRIDGE

タグ Lenovo

Xiaomi(小米)、Lenovo(連想)、Huawei(華為)がAppleから顧客を奪えないのはなぜか?

SHARE:

2015年は、中国スマートフォンメーカーにとって素晴らしい年だった。確かにいくつかの誤算はあったが、大局的な見方では、やはりとても良い業績である。2015年第4四半期時点で、世界トップ5スマートフォンブランドのうち、3社が中国メーカーである(Xiaomi=小米、Huawei=華為、Lenovo=連想)。つい最近の2012年には世界トップ5に中国ブランドがどれひとつランクインしていなかったことを考え…

via Flickr by Tsahi Levent-Levi.
via Flickr by Tsahi Levent-Levi

2015年は、中国スマートフォンメーカーにとって素晴らしい年だった。確かにいくつかの誤算はあったが、大局的な見方では、やはりとても良い業績である。2015年第4四半期時点で、世界トップ5スマートフォンブランドのうち、3社が中国メーカーである(Xiaomi=小米、Huawei=華為、Lenovo=連想)。つい最近の2012年には世界トップ5に中国ブランドがどれひとつランクインしていなかったことを考えれば、これは目覚ましい成果である。

いまだに、明らかな隔たりが存在する。以下に示すのは、IDC の調査による、世界スマートフォンマーケットシェアの%表示である。Apple との間に険しい崖があるのに気づかない人はいないだろう。

中国の携帯電話メーカーが2015年に素晴らしい業績を収めたのは認めよう。しかし、彼らはこの崖を上りきることができるだろうか?Apple を倒すことは本当に可能だろうか?

答はノーだ。少なくとも、Apple の持つ市場のどこか一部を食うような形では、不可能である。なぜか?

第一に、中国メーカーは、Apple と共通の、明確なターゲット顧客層をもっているわけではない。Apple に読者諸氏がどんな悪口を言おうとも(筆者もつい最近、ネガティブなことを言ったばかりである)、Apple は自社のマーケットを理解している。そして、おそらく誰もが理解している。わかりやすい例として、iPhone のユーザを思い描いてみよう。読者諸氏の頭に浮かぶのはおそらく、若く、都会的なユーザであろう。シンプルなユーザエクスペリエンスを好み、モデルを頻繁に乗り換えたりはしない。優れた工業デザインの価値を認め、そして600~800米ドルのデバイスを買える経済力の持ち主である。

さて、Huawei のユーザを思い描いてみよう。どこにでもいるからこそ、とても難しいはずだ。価格帯は下から上までとても幅広く、同社は両手で数え切れないほどの異なるモデルを販売している。Lenovo もおよそ似たようなものだ。以前はシンプルだった Xiaomi でさえ、3つの主要製品シリーズと、各シリーズにわかりにくいモデル展開をしている(Mi 4、Mi 4i、それとも Mi 4c のどれを買うのがいいのだろう?)。

中国ブランドスマートフォンのどのモデルにも明確なターゲット市場がないというつもりはもちろんないが、iPhone の市場と重なるものは皆無である。3社いずれも低価格デバイスを販売し、戦略の焦点がひとつでないために、iPhone 市場における、Apple の一点に絞られた戦略には太刀打ちできない。中国メーカーは、多地域への展開でユーザを増やし、販売台数を増やすことはできるだろうが、Apple の市場に侵入できるようになる見込みは、3社ともに当分はないだろう。

加えて、Apple と中国メーカーは、同じエコシステムの中で争っているわけではない。技術的なことを言えば、iPhone 上で動いているもので、あまたの Android デバイス上で入手できないものはない。ひとつの例外、iOS を除いて。そして、iOS ネイティブアプリの多くが性能を落としていることを筆者は批判してはいるが、あるエコシステムをユーザが気に入れば、そこから抜け出すのは難しいということは疑いない。したがって、(たとえば)Xiaomi が iPhone のファンを魅惑するような端末を作れたとしても、同社は iPhone ファンに対して、iOS を捨てて Xiaomi の MIUI Android ROM に乗り換えるように説得しなければならないわけだ。

個人的には、筆者は Android が好きで、MIUI を以前試したときにはとても気に入ったが、それでも OS 乗換えを決意させることが困難であることは否定できない。最近の人々は生活すべてをクラウドにつないでおり、Apple ユーザであれば、つながっているのは Apple のクラウドであろう。あるエコシステムから別のものに乗り換えるのは苦痛であり、ユーザがそれを望むかどうかは、Xiaomi、Lenovo、Huawei のような OEM メーカーがコントロールできることでは到底なく、OS の根幹のフィーチャーや、アプリの入手性などによるものである。

もちろん、中国 OEM メーカーが Apple の売り上げを抜けないというわけではない。しかしそれには、異なるターゲット市場を狙うか、アフリカのような発展途上地域で新市場を切り開く必要があるだろう。Apple が売り上げを落とすということは、(たとえば平均点以下の製品を売るなど、)自ら過ちを犯さない限りないであろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Googleが支援するMobvoi(羽扇智)、中国でAndroid Wearアプリストアをローンチ

SHARE:

2010年に Google がサービスをブロックされて以降、中国市場における同社初の直接投資先である Mobvoi(羽扇智)が、中国で Google のスマートウォッチアプリを提供する Android Wear アプリストアをローンチした。 Mobvoi は月曜日(1月25日)のデベロッパーカンファレンスでこのストアをローンチした。Mobvoi の共同創業者兼 CEO である Li Zhifei(…

Li-Zhifei

2010年に Google がサービスをブロックされて以降、中国市場における同社初の直接投資先である Mobvoi(羽扇智)が、中国で Google のスマートウォッチアプリを提供する Android Wear アプリストアをローンチした。

Mobvoi は月曜日(1月25日)のデベロッパーカンファレンスでこのストアをローンチした。Mobvoi の共同創業者兼 CEO である Li Zhifei(李志飛)氏は、このストアは Android ベースのウェアラブル・プラットフォームすべてにプリインストールされ、公式の Android ウェブサイト上の他のパートナーと併せて機能するようになると語った。

報告によると、中国では Google Play は現在もブロックされたままであるが、同社は2016年に、中国市場向けのストアをローンチする予定だ。

2012年に元 Google 社員によって設立された北京拠点の Mobvoi は、ブロックされた Google のサービスの代わりとして、当初デザインされた独自のスマートウォッチOSのみならず、中国語(北京語)音声認識検索ツール「Chumen Wenwen(出門問問)」を開発した。同社はまた、スマートウォッチ「Moto 360」について、中国で Lenovo(連想)と提携している

<関連記事>

Google Android Wear の VP である David Singleton 氏は月曜(1月25日)のイベントで次のように語った。

彼ら(=Mobvoi)は、中国のエコシステムに刺激を与える全てを実証するスマートユーザに焦点を合わせたチームです。私はまた、中国におけるイノベーションのペースに圧倒されています。

この発言は、Uber の CEO である Travis Kalanick 氏が今月の北京でのイベントで、中国のイノベーションはやがてアメリカを上回るだろうと発言したものと同調している。

Mobvoi はまた、Android Wear SDK と Android Wear China SDK の違いを無くし、海外アプリが中国に進出できる道を開くとも発表した。

Google は本日、 Android Wear China SDK がグローバル版と変わらないものになると発表します。第二段階は、中国に海外のアプリを紹介することです。SDK の同期は問題の一部を解消しましたが、私たちはエコシステムを促進するため、なんらかのプロモーションを行うことになるでしょう。(David Singleton 氏)

Google は2015年10月、Mobvoi の最新ラウンド(数千万ドルを調達)で資金調達をリードした。Mobvoi の資金調達総額はこれまでで7,500万米ドルに上る。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Lenovoが電子インクを活用したスマートバンドを発表

SHARE:

Lenovo Gets Into Wearables With VIBE Band – The Next Web CESに合わせて新プロダクトを発表するところがあとを絶ちません。Lenovoもモバイルアクセサリーを発表しており、そのうちのひとつが電子インクをディスプレイに使用しているスマートバンド。 電子インクといえば、昨年SONYがクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げた「FE…

lenovo-smartband-vb10

<ピックアップ>Lenovo Gets Into Wearables With VIBE Band – The Next Web

CESに合わせて新プロダクトを発表するところがあとを絶ちません。Lenovoもモバイルアクセサリーを発表しており、そのうちのひとつが電子インクをディスプレイに使用しているスマートバンド。

電子インクといえば、昨年SONYがクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げた「FES Watch」を思い出します。Lenovoが発表した「VIBE Band」 は、電子インクを活用し、充電は7日間ほど持続するスマートバンド。電話の着信や、SMS、Facebook、Twitter、WeChatなどなどの通知が、150文字以内で表示されるそう。

さらに、フィットネストラッカーの役割も果たすことができ、基本的な歩数や睡眠などをモニタリングしてくれるんだとか。値段は89ドル。発売時期などはまだ未定とのことで、日本では発表されるかどうかも未定だそうです。

via The Next Web

----------[AD]----------

技術革新に必要なのは、技術者より芸術家か?

※本稿は、デジタル・ネイティヴ・ニュース「Quartz」からの転載である。転載にあたっては、原著者グライ・オズカンからの許諾を得た。 The Bridge has reproduced this under the approval from the story’s author Gülay Özkan. 自分の役柄にどっぷりはまる役者がいる。口癖からしぐさ、性格までも自分の中に取り入れて撮影の間…

※本稿は、デジタル・ネイティヴ・ニュース「Quartz」からの転載である。転載にあたっては、原著者グライ・オズカンからの許諾を得た。 The Bridge has reproduced this under the approval from the story’s author Gülay Özkan.


自分の役柄にどっぷりはまる役者がいる。口癖からしぐさ、性格までも自分の中に取り入れて撮影の間、その人物になりきるのだ。しかし、打ち上げパーティーが終わった後もその役になりきったままの者もまれにいる。

そのまれな役者が、Ashton Kutcher だ。Apple創設者の伝記映画で故 Steve Jobs を演じた後、彼は中国の技術企業Lenovoの製品エンジニアになったQuartzを含め、多くの企業は彼のことを広報のための客寄せパンダ同然と見なし、彼のエンジニアとしての才能に疑問を投げかけていた。

だがその疑問は間違いだったのだ。

私たちの質問が適切でないとしたらどうだろうか? Kutcher のようなクリエイティブな人々が、テック企業が見落としている人間中心主義をもたらすとしたらどうだろう?とにかく、それが彼らの生き甲斐なのだ。投資家として Kutcher が成功しているのが単なる偶然ではなく、正確には彼の芸術家気質によるものだとしたらどうだろう? それは彼(とLenovo)に、科学技術において人とニーズをエンジニアよりも優先させる力を与えることができるだろう。

2005年、私の人生を変えた理念への解釈を耳にした。

ほとんどの場合、パラダイムシフトを起こすのは業界外の人なのです。21世紀は門外漢の時代なのです。

イスタンブールで2005年に開催された会議の場で、未来派主義の作家・映画監督である Joel A. Barker が述べた言葉だ。

彼の言葉により、私はパリのMBAプログラムへの入学を取りやめ、イスタンブールで演劇を学ぶ決心をした。私は大学と大学院で工学を専攻していて、誰もが「当然、次のステップはMBA」と言っていた。芸術の学位ではなく、彼らの言うMBAによって企業経営に必要なスキルが得られると思っていた。

ありがたいことに、この考え方は覆されようとしている。

Singularity University (Wired の関連記事)設立者でありGoogleのエンジニア部門バイスプレジデントであるRay Kurzweil は、芸術家やデザイナーのスキルをテクノロジーにどう有効活用できるかに関して語った。

芸術、人間性、テクノロジーの間には強い結びつきがあると思っています。エンジニアが人間の本質を理解できないとテクノロジーは伸びることはないと思います。

同氏はこれら2つの世界を融合することで、最終的に成功を見出せるという。

ここ20年以上、国籍や性別、民族的ルーツを尋ねることは差別だとみなされるようになってきたが、ひょっとすると学歴や専門を問うことも同じなのかも知れない。イノベーションに対する貢献のあり方が先へ先へと変化し進んでいくなかで、斬新なアイデアを持っているかもしれない人を遠ざけておく理由がどこにあるだろうか? テクノロジー分野のプロジェクトにアーティストが加わる際問われるべきなのは、彼らのような有名人が専門性においてふさわしいかどうかではない。基礎を一から学ぶための集中力を彼らがそこで発揮できるかどうか、あるいはチームの他のメンバーたちに、畑違いの仲間と仕事を進める能力と、素朴な疑問を軽んじないオープンさが備わっているかどうかだ。

この夏、38か国から80人が集まったSingularity Universityのサマープログラムに参加した。医療や教育などのグローバル問題に取り組み、急伸する技術を使用してこれらの問題に対処することになった。最も人気があったのはバイオテクノロジーだった。しかし、私たちのほとんどは高校レベルの生物学を何とか理解できる程度だった。技術的なスキルを問うことなく、私たち生物学初心者のグループはバイオテクノロジーの教鞭をとるRaymond McCauley によってまとめられた。そして、プログラム終了までに4つのバイオテクノロジープロジェクトができあがった。

一緒に参加したKatharina Wendelstadt は歴史が専門でモバイル業界での経験があるが、次のように説明している。

私は専門家ではありませんから、馬鹿げた質問や単純なことを聞くこともあります。実際、私たちのグループの科学者たちが考えつかなかったようなそういう質問が、製品の向上に役立ったのです。

同プロジェクトで、Notre Dameで生体系システムの計算モデル化に取り組み、PhD取得を目指す Geoffrey Siwo は、そこから得たものを語ってくれた。

このプロジェクトでこれまでよりずっと明快に技術を説明できるようになりました。専門家でない人たちは目の前にある技術的な問題に取り組むにはメタファーを考えることを余儀なくされています。メタファーによって込み入った問題を1つの形式として概念化できるため、自分の経験を問題解決に引き込むことができます。ですからメタファーはソリューションを探る極めて強力な媒体だと言えます。

実際、技術的なスキルや専門知識は、画期的なイノベーションに必要なプロジェクトに対する適切なアプローチではないのかもしれない。Singularityの研究開発部門のバイスプレジデントであるVivek Wadhwa が述べているように、「イノベーションの最大の敵は専門家」なのだ。

テック企業における Kutcher のプレゼンスを問題にすることは他のアーティストを意気消沈させ、こうした分野への投資を尻込みさせる。彼らは画期的なイノベーションには必要な人たちだ。畑違いの人と仕事をするには、別の形の新たな考え方、在り方、問題提起が必要である。


著者紹介:グライ・オズカン

グライはイスタンブールを拠点とする起業家で、「The Courage to Create a Business(仮訳:ビジネスを創造する勇気)」の創設者。彼女の寄稿のこれまでの日本語訳はこちらから。Twitter アカウントは、@gulayozkan

----------[AD]----------