タグ Trident

ノーコードでWebやアプリのテストを自動化「Magic Pod」、シリーズAで3億円を調達——STRIVE、Angel Bridgeから

SHARE:

AI を使った UI テスト自動化プラットフォーム「Magic Pod」を開発・運営する TRIDENT は7日、シリーズ A ラウンドで3億円を調達したことを明らかにした。このラウンドには、STRIVE と Angel Bridge が参加した。同社にとっては、2018年8月に実施したインキュベイトファンドからの1,000万円の調達、2020年4月に実施したインキュベイトファンドと、ソフトウェア…

TRIDENT のメンバー。中央が代表取締役の伊藤望氏。
Image credit: Trident

AI を使った UI テスト自動化プラットフォーム「Magic Pod」を開発・運営する TRIDENT は7日、シリーズ A ラウンドで3億円を調達したことを明らかにした。このラウンドには、STRIVE と Angel Bridge が参加した。同社にとっては、2018年8月に実施したインキュベイトファンドからの1,000万円の調達、2020年4月に実施したインキュベイトファンドと、ソフトウェアテスト大手ベリサーブからの5,000万円の調達に続くものだ。

TRIDENT は2012年7月、ワークスアプリケーションズ出身で「日本 Selenium ユーザーコミュニティ」の運営などを行う伊藤望氏により設立。設立当初から、Web アプリケーション UI テストツール「Selenium」を使ったコンサルティングを行ってきた。Selenium の導入により、Web アプリの UI テストに要する稼働や手間はかなり軽減されるが、それでも一定のプログラム作成スキルや環境構築が必要になる。Web サイトの構成が変更されれば、テスト項目の修正も必要になる。

Image credit: Trident

MagicPod は、ノーコード・ローコードで自動テストを実現させるサービスだ。ディープラーニングが採用されており、アプリケーションの画面画像をスキャンし、入力項目の種類やラベルを自動判別、テストスクリプトを自動生成する。Selenium 同様に、Record & Playback 方式(ユーザの操作を記録し、それをそのまま実行)で自動テストができることから、開発者だけでなく非エンジニアでも簡単に利用できるのが特徴で、現在500社以上が利用している。

Magic Pod の特徴として、伊藤氏はデスクトップ用の web アプリのみならず、モバイル向けの web アプリやネイティブアプリのテストにも対応していることを挙げた。長年の UI テストに関わる経験を踏まえ機能も充実させていく考えで、今回調達した資金の使途としては、「現在社内にいるのはエンジニアがほとんどなので、エンジニア以外の人材の採用を進めていきたい(伊藤氏)」とのことだった。

Image credit: Trident

この分野ではアメリカの mabl、SmartBear、Tricentis、Eggplant などが先行していて、TRIDENT に出資するベリサーブも今年2月から mabl の販売やサポートを提供している。シンガポールの UI-licious は今年3月にプレシリーズ A ラウンドで150万米ドルを調達、また、国内スタートアップでは Autify は一昨年250万米ドルを調達し、モバイルアプリのテスト自動化や実機テストに向けたサービスを今秋ローンチすることに言及している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

海底に眠る財宝探索からスタートした水中ドローン、全世界のユーザーで改良され資金調達

SHARE:

4年前、北カリフォルニアの海に眠ると言われる財宝探査のために最初のプロトタイプとして開発され話題になった水中ドローン「Trident」の最新型「OpenROV Trident」が、商品化に向け再びKickStarterで資金調達を行っている。 今のところ残念ながら財宝は発見されていないが、プロトタイプを使っているユーザーによるコミュニティーが形成され、github上のオープンソースプロジェクトとし…

20151011_drone

4年前、北カリフォルニアの海に眠ると言われる財宝探査のために最初のプロトタイプとして開発され話題になった水中ドローン「Trident」の最新型「OpenROV Trident」が、商品化に向け再びKickStarterで資金調達を行っている。

今のところ残念ながら財宝は発見されていないが、プロトタイプを使っているユーザーによるコミュニティーが形成され、github上のオープンソースプロジェクトとしてユーザーと共創しながら新機能開発が行われている。openexplorer.comのサイトでは、全世界のユーザーが投稿する海中動画やストーリーを見ることができる。

新しくなった「OpenROV Trident」は、ROV (遠隔操作探査機)とAUV(自律型水中機)が融合されたデザインで、HDカメラとLEDライトを搭載、重量は2.9 kgとコンパクトなサイズ。有線式で、映像はケーブルを通して送信され、最高速度は秒速2メートル、探索範囲はケーブルの長さの100メートルとなる(通常モデルには25mのケーブルが付属)。

ブイ(浮き)を通じて、操縦者とはWiFiで接続、ブイとTridentの間はケーブルで繋ぐことにより、無線操作を可能にし、稼働時間は約3時間。以下は操作画面。ゲーム感覚で操作できそうだ。

20151011_drone2

小売予定価格は1199ドル(約14万5千円)だが、KickStarterでは949ドル(約11万3千円)から入手可能。クラウドファンディング期間は10月31日までだが、目標金額の5万ドルに対し、すでに65万ドル近く(記事執筆時点)を集め、人気プロジェクトとなっている。

ダイビングの撮影、海洋調査、もちろん財宝探索まで、個人でも海底探検が可能にし、全世界の海底映像を共有できる夢のあるプロジェクトだ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録