THE BRIDGE

タグ VentureCon

VentureCon Japan 2015〜シンガポール、マレーシア、タイのVCが語る東南アジア市場の可能性と難しさ

SHARE:

(午前に行われたセッションの模様はこちらから) 東南アジアの投資機会は絶大だ。Innosight Ventures の Pete Bonee 氏がモデレートしたパネルには、Golden Gate Ventures の Vinnie Lauria 氏、Ardent Capital の Tee Plern Suraphongchai、500 Startups の Khailee Ng 氏、MaGIC …

SEA

(午前に行われたセッションの模様はこちらから)

東南アジアの投資機会は絶大だ。Innosight Ventures の Pete Bonee 氏がモデレートしたパネルには、Golden Gate Ventures の Vinnie Lauria 氏、Ardent Capital の Tee Plern Suraphongchai、500 Startups の Khailee Ng 氏、MaGIC の Cheryl Yeoh 氏が参加し、東南アジアが高いリターンをもたらし続けることができるのかどうかを議論した。

Bonee にとって、東南アジアはバリュエーションが高くなかった頃のシリコンバレーを彷彿させる。彼は、投資家の目から見て、東南アジアの時期はまだ早いものの、スタートアップ・シーンは急速に成長しており、東南アジアに多くの金が流入していると語った。

分散しているアジアのスタートアップ・シーンで生き残る難しさにもかかわらず、東南アジアのスタートアップは、多くの近接市場で同時にサービスをローンチしている。

多くのスタートアップが複数の市場で同時にローンチしているのは面白い。彼らのバリュエーションは、すぐに3倍にも4倍にもなる。東南アジアでは異なる人種、異なる言語に市場は分かれており、東南アジア全体をカバーすることが最大のバリュエーションをにつながる。(Cheryl Yeoh 氏)

西洋と東洋を比較したときに、果たして、東南アジアはシリコンバレーのライバルに、そして、数十億ドルのイグジットを可能にするような資金供給が可能になるのだろうか。

Yeoh は、東南アジアとシリコンバレーを比較することも、対抗することも不可能と考えているようだ。

シリコンバレーをコピーしたり、競争したりすることはできない。彼らは40〜50年かけてここまで来ているのに対し、東南アジアはこの10年ほどのことだ。テック企業の新しい波さえ、サーバが安くなりセットアップしやすくなった、せいぜいこの10年間以下のことだ。東南アジアにはユニークなことが起こっており、多くの機会がある。難しい市場だから、一生懸命やらなければならない。時間もかかるし、(シリコンバレーとは)違った発展が必要になるだろう。(Cheryl Yeoh 氏)

東南アジアで投資家がよいディールを見つけるには、あちらこちらに出かけていく必要があるが、それだけの苦労を尽くせば利益を得られる、と Ng 氏は語る。

もし新しい市場でタフな市場なら、その分仕事を頑張ればよいだけ。投資家はまずは現地へ出向き、ディールを探すべき。TechCrunch を読まず、カンファレンスに出かけない人はたくさんいる。でも、彼らは会社を築く、れっきとした起業家なのだから。

例えば、123RF という会社がある。5,000万ドルを資金調達中で、そこまでブートストラップでやってきた。本線を一本外れれば、光り輝く将来の巨人となる企業を見つけることができる。(Ng 氏)

Ardent Capital CEO の Adrian Vanzyl 氏による基調講演では、彼はさまざまな VC のモデルを解説した。Rocket Internet が採用する「Operator VC model」には多くの利点がある。投資家が会社の所有権や経営権を持つだけでなく、このモデルは明確に IP ではなくビジネスのエグゼキューションにフォーカスしている。このモデルのデメリットとして、Vanzyl 氏は、内部で人を雇うことについて警告を唱えた。

このモデルは社内の人材に依存する限りスケールしない。とにかく Rocket Internet がうまくやってきたのは、MBA 出の若くて優秀な人物を雇い、彼らを飛行に乗せて、新興市場に送り込んできたということ。そうやって、このモデルがスケールしてきた。(Vanzyl 氏)

CVC やファミリー企業による投資のトレンドには、他のモデルも散見される。複数のモデルを組み合わせていることが多く、東南アジアでは一般的だ。そして、巨額のファミリー企業の資産とコングロマリットが支援していることが多い。Vanzyl 氏は、インドネシアでは Lippo Group や Matahari Mall などがこのトレンドを牽引していると語る。

東南アジアの分散する市場でうまくやるのは困難だが、Vanzyl 氏は VC がモデルを選ぶとき各市場の違いを考慮すべきだと語った。

投資家から見て難しいと感じるのは、市場をまたいでの一貫性が無いということ。国によって、人々は違う言葉を話し、違うルールがあり、外国人がビジネスの所有権を握ることを許していない国も多い。(Vanzyl 氏)

この日最後のパネルでは、VC の人たちがコインベストメントで、〝やるべきこと〟と〝やるべきでないこと〟を語った。このセッションはサンブリッジ グローバルベンチャーズの代表取締役社長である平石郁生氏がモデレートし、Fidelity Growth Partners Japan 代表の David Milstein 氏、インフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナーの田中章雄氏、August Capital Partners のマネージング・ディレクター Sameer Narula 氏、GREE Ventures のプリンシパル Kuan Hsu 氏が参加した。

August Capital Partners は、シンガポール政府と多数の案件にコインベストしている。これは単に資金面からそのようにしているのではないということだ。

コインベストするときは、共にコインベストするパートナーも見るようにしている。お金を求めているわけではない。SAP と組んだときは、彼らは技術や市場展開の経験に提供してくれた。ファミリー企業と組めば、彼らは我々の会社では参入しづらい市場の門戸を開けてくれる。(Narula 氏)

Narula 氏によれば、政府とのコインベストによって、政府からデューデリの支援を得たり、規制に対する交渉が可能になり、August Capital が投資する企業の中には、政府に対して税率0%を交渉することに前向きなケースもある。

逆にコインベストのデメリットで言えば、Milstein 氏が素晴らしいアドバイスをくれた。

起業家にとって最大のリスクの一つは、自分とは異なる投資時間軸にいる投資家だ。起業家がそのような投資家と付き合うのは難しい。(例えば)資金が欲しいと思ったときに、資金が無いかもしれない。投資人生に身を置く投資家と相談すべきだ。長期にわたるパートナーと組みたいなら、それが一つの方法だ。(Milstein 氏)

東京で VentureCon をサポートしてくれたすべての人々に謝意を表したい。また来年。

【情報開示】THE BRIDGE は VentureCon Japan 2015 のメディアスポンサーとして協力関係にあります。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

VentureCon Japan 2015〜午前のセッションで語られた日本・台湾・香港・中国のスタートアップ投資概況

SHARE:

4月23日、e27 は3回目となる年次カンファレンス「VentureCon」を開催した。出席できなかった人のために、以下に午前中のセッションの内容をまとめた。 Mistletoeの代表取締役社長である孫泰蔵氏は、オープニングの基調講演で、日本のエコシステムの最新状況と日本の将来に対する展望を話した。孫氏によれば、日本のVC投資は2009年の9.4億ドルから2015年には18.7億ドルへとほぼ倍増し…

VCJP11

4月23日、e27 は3回目となる年次カンファレンス「VentureCon」を開催した。出席できなかった人のために、以下に午前中のセッションの内容をまとめた。

Mistletoeの代表取締役社長である孫泰蔵氏は、オープニングの基調講演で、日本のエコシステムの最新状況と日本の将来に対する展望を話した。孫氏によれば、日本のVC投資は2009年の9.4億ドルから2015年には18.7億ドルへとほぼ倍増している。実質的にIPOの数も成長を見せ、2009年の19社から2015年の第4四半期には130社にたどりつく勢いだ。たとえば、ゲーム・アプリ分野の Aiming は、企業評価額で最高の2.93億ドルを誇る。

日本のエコシステムでは、多くのことが起きている。IoT 分野で大きなパラダイムシフトが起きているのに加え、日本の若くて優秀なエンジニアやデザイナーらは、トヨタ、ソニー、ホンダ、東芝などを離れ、スタートアップを創業している。今日、日本ではシードアクセラレータの活動も盛んであり、大学からもイノベーティブなテクノロジーが生まれていると孫氏は語った。

サイバーエージェント・ベンチャーズ CEO 田島聡一氏、グローバル・ブレイン CEO 百合本安彦氏、JAFCO 投資部のグループリーダー井坂省三氏を迎えての最初のパネルでは、日本で投資すること、アジアで投資すること、世界で投資することのメリットとデメリットについて議論がなされた。このセッションは、B Dash Ventures のシニア・インベストメントマネージャーである西田隆一氏がモデレータを務めた。

百合本氏は、投資という観点からは好ましくない過剰流動性が市場にあると語った。過剰流動性はイグジット戦略をしやすくする環境を作り出す一方、2011年に比べバリュエーションがかなり高くなり、十分な利益を確保しにくくなるという点で、投資家には難題となっている。

田島氏は、日本国内のベンチャー市場は、多くの投資家たちがいることで競争が激しいが、国境を越えやすくしてくれるインターネットの恩恵により、VC はグローバルな視点で日本や日本市場を見るようになったと語った。

リーマンショック、ドットコム・バブルやその崩壊も経験してきた百合本氏は、グローバル・ブレインの優先課題は、投資先のスタートアップを世界市場で戦うのを支援し、アジア、シリコンバレー、ヨーロッパなどの地域に参入できるようにすることだと語った。個人的には、百合本氏は、アメリカや東南アジアの企業を支援したいとも付け加えた。

話は、形を成し始めて間もないエコシステム香港のベンチャー環境に移った。Cherubic Ventures(心元資本)のパートナー Tina Cheng(成之璇)氏のモデレートにより、Fresco Capital Advisors の Allison Baum 氏は、香港がユニークなのは、その地理的な優位性にあると語った。

アジアにおける香港の価値は、中国、インド、東南アジアなど、他の地域にある巨大市場へのハブになっているということ。これらの市場は文化的にもビジネス面でも異なっているが、香港はすべての市場のニュアンスを理解することができるだろう。

vcjp3

Baum によれば、蠢き始めたばかりの香港の投資コミュニティは、その多くがエンジェル投資家で構成されており、エコシステムの成熟に必要なアーリーステージを担う企業ファンドは多くない。香港のスタートアップ・シーンはまだ若く、動き始めて5年目になろうかというタイミングではあるが、それでもビジネスしやすい環境として評価は高い。資本金を払い込まなくても24時間以内に会社を設立できるのは、香港でスタートアップが得られる恩恵トップ10の一つであり、これは政府の干渉が少ないために実現できていることだ。世界規模で生き残るのに必要な競争を生み出す、適者生存の論理なのだと Baum は語った。

ビジネスで香港が好環境だと言われる他の理由として、中国に隣接し巨大市場へのゲートウェイだという点が挙げられる。SOS Ventures の William Bao Bean と、HAXLR8R のゼネラルパートナー Benjamin Joffe は、ファイヤーサイド・チャットで中国でこれまでに起きたことを説明した。

中国には、欧米メディアで報じられないベンチャーラウンドで多くの金が動いていると、Joffe は指摘した。Bean は、簡単に説明した。

昨年、アメリカの VC からは400億、しかし、中国ではエンジェルから200億だ(訳注:通貨単位不明)。その多くはレイターステージだったが、今ではアーリーステージでも非常に多くの動きが起きている。中国の投資家は2〜3年でリターンを得ようとする。彼らは10年は待てないね。

vcjp2

スピードの速さは中国の強みの一つであり、Bean によれば、これは既に成功した起業家世代がエコシステムに戻ってきていることが背景にあるのだそうだ。

競争が激しくなり、第二世代の起業家たちが Alibaba(阿里巴巴)や Tencent(騰訊)に買収され始めた。彼らは利益を出すまで働き続けようとはしない。そうやって、今度は第三世代の起業家たちが生まれている。多くのエンジェルが生まれる前に、アーリーステージのスタートアップたちが花咲いた。しかし、現在では何万件ものエンジェル投資が行われるようになった。

中国では巨大ユニコーン(訳注:評価額10億ドル以上の企業)が生み出され、投資家たちは自分たちの投資戦略を変え始めたと、Bean は主張する。以前のシリーズAラウンドの投資家はシリーズAに乗り換え、シリーズCラウンドを手がけていた投資家は、極めて早いアーリーステージへと注力している。投資先企業のバリュエーションが、そのようになってきているからなのだそうだ。

(午前に行われたセッションの模様はこちらから)

【情報開示】THE BRIDGE は VentureCon Japan 2015 のメディアスポンサーとして協力関係にあります。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

来週開催の投資家カンファレンス「VentureCon」、ベテラン投資家のPete Boneeが日本のCVCに寄せる期待

SHARE:

製品発表までステルスモードで活動するスタートアップとは対照的に、投資家はベンチャーコミュニティにいる他の人たちに対して、透明性をもって話をすることで自身の価値を示すことができる。若手投資家はベテラン投資家から専門知識を学び、ベテランはコラボレートすることで最高の投資案件を見つけることができる。 成長を続けるベンチャーエコシステム、特に東南アジアにおいては、協業こそが投資環境の加速につながることは間…

petebonee

製品発表までステルスモードで活動するスタートアップとは対照的に、投資家はベンチャーコミュニティにいる他の人たちに対して、透明性をもって話をすることで自身の価値を示すことができる。若手投資家はベテラン投資家から専門知識を学び、ベテランはコラボレートすることで最高の投資案件を見つけることができる。

成長を続けるベンチャーエコシステム、特に東南アジアにおいては、協業こそが投資環境の加速につながることは間違いないだろう。Innosight Ventures のパートナーである Pete Bonee によれば、強い投資家ネットワークこそが、成熟したベンチャーエコシステムの形成につながるのだと言う。

すべてのエコシステムに言えることだが、ベンチャーエコシステムが成熟すればするほど、投資家同士のつながりも増えていく。シリコンバレーでは、投資家たちはすべてを共有する。そうすることで、起業家を含むすべての人に利益がもたらされる。投資家たちは常に集まり、情報を交換するのだ。

東南アジアなど発展途上のベンチャーエコシステムにおいては、投資家はよりオープンになって、すべての体験、アイデア、企業に対する見識、支援の仕方などを共有すべきだ。つながりが増えれば、よりよいエコシステムを作ることができる。

4月23日に東京で開催される投資家限定イベントの VentureCon では、アジアじゅうから集まった VC たちが新しいコネクションを築き、これまでのつながりをより強固なものにすることができるだろう。シリコンバレーの投資家たちが日常的に持っているカジュアルなミーティングに比べて、VentureCon での集まりはフォーマルなものになるのだろうか? Bonee はそうではないと語る。

VentureCon のようなカンファレンスは、投資家がコネクションを作る上で最適な方法だと思う。共にパネルに登壇し、休憩時間に会話する。テーマに特化した話ができ、投資家という活動について語れるプロフェッショナルな環境だ。たくさんの会話が繰り広げられ、強力な人間関係構築やネットワーキングができるだろう。

シリコンバレーのような頑強なエコシステムでは、投資会社が軒を連ねているので、いつでも我々は会って話をすることができる。人々はいつでも電話して、投資案件に関する情報を共有することができる。アジアのベンチャーエコシステムには、まだそういう環境は無いので、カンファレンスという形で共に集うのは、よいスタートだと思う。

昨年の VentureCon はシンガポールで開催されたが、今年は東京で開催される。日本のベンチャーエコシステムに不案内な投資家にとっては、日本を知る絶好の機会になるだろう。Bonee 自身もこの機会に期待しており、彼の投資会社である Innosight Ventures も VentureCon を将来に向けた関係づくりの出発点にしたいとしている。

日本の LP、特に事業会社系の LP が我々に関心を示している。それは、日本の大企業がイノベーションを社外に求めていることに起因しているのだろう。日本は東南アジアからそう遠くないので、日本の大企業は東南アジアを興味深い市場だととらえている。東南アジアでスタートアップを育てる投資企業と関係を形成できれば、より興味を持ってもらえるはずだ。

我々は、日本企業から、そのような動きを見出せるだろう。彼らは我々のようなファンドを見て、LP になろうと考える。そして、我々は、VentureCon でそのような日本企業と話がしたいと思っている。

投資家200人以上を擁する Innosight Ventures も来週の VentureCon に参加し、アイデアを共有し、コネクションを築くだろう。来週、東京で会えるのを楽しみにしている。

VentureCon Japan 2015 は4月23日、東京証券取引所で開催される。チケットの販売は本日が締切だ。

【情報開示】THE BRIDGE は VentureCon Japan 2015 のメディアスポンサーとして協力関係にあります。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

今月23日、メディアパートナーのe27が東京証券取引所で投資家限定カンファレンス「VentureCon」を開催

SHARE:

シリコンバレーの投資家たちはパロアルトの University Avenue をぶらつくだけで簡単に他の投資家と会えるが、アジアの投資家コミュニティの中には、個人的に会う機会を持つのが難しい人たちもいる。 顔を合わせて会うことの価値は明らかだ。投資家たちは最近のディールや気になるホットなスタートアップについて話を交わすだけでなく、コインベスト(共同出資)について計画を相談しあうこともできる。これは…

tse-market-center
via Flickr by Dick Thomas Johnson. Licensed under CC BY 2.0.

シリコンバレーの投資家たちはパロアルトの University Avenue をぶらつくだけで簡単に他の投資家と会えるが、アジアの投資家コミュニティの中には、個人的に会う機会を持つのが難しい人たちもいる。

顔を合わせて会うことの価値は明らかだ。投資家たちは最近のディールや気になるホットなスタートアップについて話を交わすだけでなく、コインベスト(共同出資)について計画を相談しあうこともできる。これは、より適切な条件で、新市場に参入する上でも有用だ。

グローバル・ブレインの島津寛司氏にとって、アジアの投資家たちと出会う機会は極めて少ない。

日本国外からの投資家に会う機会はごくまれです。国内にはエコシステムがあるので、国内でネットワークを作るのは問題無い。しかし、国外となると話が違ってきます。(島津氏)

島津氏は、日本と東南アジアの投資家は互いにつながる必要があるにもかかわらず、物理的な距離、言語、文化的な相違点を出会いを阻む要因に挙げた。

東南アジアの投資家たちは日本の投資家に会いたがっているが、互いの間には多くの障害があります。一つ目は言葉の違い、二つ目に文化的な相違点と時差です。日本の文化では顔を合わせて会うことを良しとするが、(国外とそれをやることは)距離的な理由から難しい。(島津氏)

島津氏は、グローバル・ブレインがアジアじゅうの投資家と会って、シンガポール、インドネシア、タイの投資家たちと協業したいと語った。

東京に本社を置くグローバル・ブレインは、シリコンバレーやソウルにもオフィスを構えているが、今のところ東南アジアには投資拠点を持っていない。同社は Eコマース、IoT、アドテク、B2Bアナリティクスの4つの分野に投資をしており、主にシリーズAラウンドを終えたスタートアップを対象に、300〜500万ドルの資金を注入することで彼らを支援している。同社のポートフォリオの中では、テックブログのVentureBeat、化粧品の Luxola、アドテクの AdNear などが有名だ。

<関連記事>

これまで多くの日本企業に投資してきました。国内外の投資比率では、国内60〜70%に対し、国外はアジアとシリコンバレーで30%〜40%です。この5年間、投資活動を日本国外、特に東南アジアへと拡大しようとしています。(島津氏)

ディールの多くが日本市場におけるものが占めているのにもかかわらず、島津氏はグローバル・ブレインが日本国内に閉じた投資会社にしようとは考えていない。その大きな理由は、日本にはアクティブなVCが多数いて、非常に競争の激しい投資環境を生み出しているからだ。言い換えれば、これは企業のバリュエーションを引き上げることにつながるが、島津氏はこれが世界的な問題だと捉えている。

アジアでは、グローバル・ブレインは日本への新規参入を考えるスタートアップを支援できる。

我々は、スタートアップが日本でビジネスを浸透させ成長させるのを支援できます。日本は今でも、世界で二、三番目に大きな市場ですから、どんなスタートアップにとっても魅力的な市場です。しかし、言語や文化の違いが彼らの参入を難しくしています。(島津氏)

グローバル・ブレインはスタートアップの支援に加え、東南アジアやそれ以外の世界の投資家を支援し、日本の市場を案内できると考えている。

投資家限定カンファレンス「VentureCon」は4月23日、東京証券取引所で開催される。東南アジアの投資家に日本のVCとつながれる機会を提供するだけでなく、ディールやコインベストの機会を議論を盛り立てるプラットフォームとしても機能するだろう。VentureCon についての詳細はここから参照できる。

【情報開示】THE BRIDGE は VentureCon Japan 2015 のメディアスポンサーとして協力関係にあります。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------