BRIDGE

タグ Veritrans

Veritransが決済APIをローンチ、インドネシアにおけるeコマース市場の成長を後押し

SHARE:

Veritransによりインドネシアのeコマース市場向けの決済ゲートウェイがより優れたものになっている。これによりオンラインでのクレジットカードの利用が一気に高まるだろうか? Lazada Indonesiaの共同設立者はインドネシアのeコマースは急成長しようとしていると述べたが、それは冗談ではなかった。しかし、東南アジア最大の国であるインドネシアで起業する際に創業者たちが直面する課題は数多くある…

Buying_online1

Veritransによりインドネシアのeコマース市場向けの決済ゲートウェイがより優れたものになっている。これによりオンラインでのクレジットカードの利用が一気に高まるだろうか?

Lazada Indonesiaの共同設立者はインドネシアのeコマースは急成長しようとしていると述べたが、それは冗談ではなかった。しかし、東南アジア最大の国であるインドネシアで起業する際に創業者たちが直面する課題は数多くある。その中で最も突出しているのはマネタイズだ。マネタイズが簡単ではなく、オンラインでのマネタイズには優れた決済ゲートウェイが必要だ。

先日、オンライン決済プロバイダーのVeritransは決済用APIをローンチしたことを発表した。これを利用することによってクレジットカードの処理をリアルタイムで販売業者のサイト内で行うことができる。VT-DirectというこのAPIの主要な目的は、利便性を提供し安全を確保することだ。eコマースの分野ではこれらの要素がまだ欠けていると考えられている。

DailySocialによると、この新機能はJavaScriptを使用したもので、クレジットカードのデータを販売業者のサーバーを介することなくVeritransへ直接送信するという。ユーザはフォーム経由で支払いを行い取引を簡単に完了させることができる。

さらに、Veritransの新しいAPIで、デベロッパーはプラットフォーム用のアプリを開発することができるようになる。こうすることで、現状よりも良い機能とサービスが提供できる。2012年にローンチしたVT-Directは、TravelokaBiznetLoketなどの商業サイトと提携している。

昨年、VeritransはDailySocialと共同して、インドネシアでのeコマース市場を対象としたリサーチを行った。それによると、ATMやレジでの支払い、他の銀行口座への電子送金といった銀行決済は、eコマースの支払いに「最もよく利用される手段」であるとした。もし今年もリサーチを行っているとしたら、消費者のオンラインでのお金の使い方への姿勢という意味で、変わった点は多々あるのではないだろうか。

【via e27】 @E27sg

【原文】

オンライン決済ゲートウェイVeritransがインドネシアのeコマースの成長をサポートする

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 Veritrans Indonesiaを運営するPT Midtransは、VeriTrans Inc.とNetprice.comとMidPlaza Groupのジョイントベンチャーであり、インドネシアの企業にオンライン決済のゲートウェイを提供している。 インドネシアのeコマースの最大の欠点は、しっかりとしたインフラのサポートが欠如している事にあり、オンライン決…

【翻訳 by Conyac】【原文】

Veritrans Indonesiaを運営するPT Midtransは、VeriTrans Inc.とNetprice.comとMidPlaza Groupのジョイントベンチャーであり、インドネシアの企業にオンライン決済のゲートウェイを提供している。

インドネシアのeコマースの最大の欠点は、しっかりとしたインフラのサポートが欠如している事にあり、オンライン決済のゲートウェイはその内の一つだった。この新しいジョイントベンチャーであるVeritrans Indonesiaのローンチにより、オンライン決済がシンプルで手頃で、そしてスピーディになる事が期待される。PT MidtransがVeritrans Indonesiaを運用する事になる。

Veritrans Indonesiaは日本のVeritrans IncとNetprice.com、そして地元インドネシアのMidPlaza Groupによるコラボで実現した。Veritrans Inc. は日本のeコマース市場の成長をサポートする為にスタートし、高い安全性を持つ事によって日本で評判を築いてきた。インドネシアでも同様の要望がある事を感じ、インドネシアの消費者とビジネスのオンライン決済を簡単にするサポートをする機会を見いだした。

Netprice.comのCEOである佐藤輝英氏によると、Veritrans Indonesiaは全てのショッピング市場にとって有益な機会をもたらすとしている。彼は、オンラインショッピング市場には成長できる高い潜在能力があるとしており、その成長率は次の10年から15年の間に日本のそれをも上回るであろうとしている。また、中国におけるBtoBとBtoCの取引数の合計はアメリカ市場のそれを上回ってるという。佐藤氏は、インドネシアのオンラインショッピング市場の成長のポテンシャルには3つの鍵があるとしている。巨大なインドネシアの人口、Veritransのような便利で手頃なオンライン決済ゲートウェイサービス、そして女性消費者である。

Sribuは、インドネシアのデザインのクラウドソーシングでVeritransを早い段階から取り入れた企業の一社である。このオンライン決済ゲートウェイの助けにより、Sribuはビジネスを大きくする事ができ、また国内と共に海外の顧客の取引もおこなえるようになった。

Veritransは、販売業者にとって簡単なユーザエクスペリエンスを提供する。このサービスでは、全てのやりとりと取引を可視化する事ができ、決済がブロックされたり、取引が滞っている等のクレジットカードの問題を把握できるようになった。これらは全て、Veritrans Merchant Administration Page (ベリトランス販売業者管理ページ:MAP)を通しておこなう事ができ、銀行と直にやり取りをしなくても済む。

PT Midtransの共同創業者であるRyu Kawano Suliwan氏によると、Veritrans Indonesiaはインドネシアで銀行の代わりにデューデリジェンスをおこなえる最初の企業であった。販売業者にとって、Veritransを導入する時間が他は通常30~60日時間もかかるのに対し、7日間と短い。Veritrans Indonesiaのチームは、さらに詐欺のチェックもできるようにした。取引の確認は数秒で取れ、24時間使えるが、それでもオンライン決済ゲートウェイに必要とされる安全のレベルを同等に保っている。Kawano氏はインドネシアの市場が2015年までに100億米ドルを超える事を期待している。

Veritrans Indonesia Groupは、最初の年で200社の販売業者にサービスを使ってもらえる事を期待している。

【via e27】 @E27sg