BRIDGE

タグ VESPER

レストラン予約台帳「Table Solution」運営会社が約2億円の資金調達、導入店舗は昨年比で数十倍の伸び

SHARE:

飲食店や理美容店向けの予約・顧客管理システムを提供するVESPER(ベスパー)は7月8日、ジャフコおよび個人を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した金額は約2億円で、今後、国内外における事業成長に必要な開発、営業人員の強化に努める。 VESPERの創業、彼らの提供するTable Solution(理美容向けはBeauty Solution)の立ち上げについては以前、同社代表の谷口…

IMG_20150703_201700_1

飲食店や理美容店向けの予約・顧客管理システムを提供するVESPER(ベスパー)は7月8日、ジャフコおよび個人を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した金額は約2億円で、今後、国内外における事業成長に必要な開発、営業人員の強化に努める。

VESPERの創業、彼らの提供するTable Solution(理美容向けはBeauty Solution)の立ち上げについては以前、同社代表の谷口優氏に話を聞いているのでそちらを参考にされたい。

<参考記事>

今年1月の時点で谷口氏は「ホテル日航東京」などの大型店舗を含めた1200店舗ほどへの導入が完了しているとしていた。(但し、これは彼らの提供するソリューション全体の数値となる)

それから約半年が経過し、現在の導入店舗数については非公開としつつも、レストラン向けサービスの導入が進み、今年1月から6月末までの平均導入件数が昨年比で約27倍に増加したそうだ。

1

同時に導入しているレストランの予約件数も同時期の昨年比で約33倍、予約人数も約32倍と順調に伸びている。谷口氏によればこれまでの解約率についてもほぼゼロに近い数値ということで、店舗自体が撤退しない限り解約されることはないという話だった。

では、このようなオンライン予約台帳サービスを導入した店舗はどのようなメリットがあるのだろうか。

少しおさらいしておくと、Table Solutionを導入した店舗では、「通常の電話予約+オンラインでの予約台帳による顧客管理」、「自社ホームページからの予約受付」、「オプションによる電話自動応答」の大きく分けて三つの予約受付サービスが提供可能になる。

3

谷口氏は実際の導入店舗の情報としてあるビアガーデンでの導入事例をまとめてくれたのだが、電話予約だけだった時期からTableCheck(※)を導入した結果、予約人数は150%に増加したそうだ。また、今年1月頃から同社で開始した自動応答オプションの「みせばん」を導入するとさらに11%ほどの上乗せが発生したという。(※利用ユーザー側からのサービス名称。店舗側の業務システムはTableSolution)

このみせばんという仕組みは、店舗に対して電話予約が入った際、もし電話が他の予約電話などで塞がっていても自動的にシステム側で予約を取ってくれる自動応答の仕組み。電話とシステムをTwillioで繋ぎこみ、混雑時の取りこぼしを防いでくれる。

4

結果として、この導入店舗に関しては営業時間外の予約が増加したことと、混雑時の電話予約の取りこぼしが減ったことで予約件数の増加につながった、ということだった。もちろん、この導入事例は彼らの提供する一件だけなので、その他の店舗がどうなのかは注意深く考える必要はあるが、何よりもこのシステムを上手く活用できている店舗が実際にあるということは注目してよいのではないだろうか。

飲食店向けのオンラインサービス、特に店舗オペレーションが関わってくる箇所にはどうしても導入の難しさがつきまとっていた。しかし、競合となる各種予約台帳サービスやタブレット型POSレジの躍進を見ていると、そろそろそういう課題も解決されつつあるのかもしれない。これはスマートデバイスが恐ろしいスピードで浸透したことも大きく影響しているだろう。

今後の展開として谷口氏が掲げるのは、主に国外への市場拡大と決済などのサービス拡充だ。特に海外については台湾などのアジア圏への進出を睨んでるという。同社は以前も記事にも書いた通り、メンバーは非常に国際色豊かで、谷口氏自身も海外で生まれ育ったという生い立ちから、いわゆる言葉や文化の壁をあまり感じさせない。

ちなみに彼らの企業サイトには「社是」が掲載されており、個人的に一番最初の「1. 明日はないものと思うこと (Act like there’s no tomorrow)」という一行がお気に入りだ。

国内から始まる予約台帳サービスの競争、各社の成長も楽しみになってきた。

レストラン予約台帳アプリ「TableSolution」開始10カ月で1200店舗獲得ーー谷口氏、その成長を語る

SHARE:

お店予約のソリューションが増えてきた。クーポン系のフリーペーパーの時代からぐるなびのようなオンラインデータベース、食べログといった口コミ、Rettyに代表されるソーシャルグラフへと「お店選び」の検索ソリューションは徐々に変化しつつあったが、こと「予約」となると、紙からオンラインに至るまで「電話予約」が主力の方法だった。 これに大きく風穴をあけたのが米OpenTableに代表される「オンライン席予約…

IMGP1360
VESPER代表取締役の谷口優氏

お店予約のソリューションが増えてきた。クーポン系のフリーペーパーの時代からぐるなびのようなオンラインデータベース、食べログといった口コミ、Rettyに代表されるソーシャルグラフへと「お店選び」の検索ソリューションは徐々に変化しつつあったが、こと「予約」となると、紙からオンラインに至るまで「電話予約」が主力の方法だった。

これに大きく風穴をあけたのが米OpenTableに代表される「オンライン席予約」の仕組みになる。従来、店舗のテーブルが空いてるかどうかは店ごとのアナログオペレーション(平たくいえば予約台帳ノート)によっており、管理には無駄があった。そこをデジタル化すればもちろん効率は良くなり、無駄なく席を埋めることが可能になる。

国内もぐるなび、食べログがオンライン予約に対応、スタートアップでは予約台帳アプリのトレタが開始1年で1900店舗の獲得に成功するなど、徐々に広がり始めている。要因はスマートデバイスなどの普及で、店舗側の受け入れ障壁が低くなったことが大きい。

そしてここにまたひとつ、オンライン席予約のマーケットに新しいプレーヤーが現れた。店舗向けオンライン予約・顧客管理システムのTableSolution(テーブルソリューション)を開発、運営するVESPERだ。

device

代表取締役の谷口優氏の話では、2014年2月のサービスイン以降、約10カ月ほどで1200店舗への導入が完了しているという。中には「ホテル日航東京」などの大型事業者なども含まれている。

TableSolutionの利用は初期費用4万円と店舗の規模に応じて9000円からの月額費用が必要になる。それ以外の送客に関する手数料などは不要。店舗側が使うアプリはiOSとAndroidに対応している。

VESPERの創業は2011年3月。創業者で代表の谷口氏はクーポン共同購入の先駆けとなったPiku(ピク)の立ち上げメンバーの一人でもあり、飲食店などへの営業を続ける中で、デジタル化されていない非効率を目の当たりにし、サービス開始を準備してきたそうだ。

また、チーム構成もユニークで、レストランマネジメント経験者の橋野暢祥氏を除き、約10名ほどいるメンバーの全員が外国籍という「多国籍」軍団で開発にあたっている。谷口氏曰く、CTOで取締役のジョン・シールズ氏が英語が喋れるということで(※ちなみにジョン氏は日本語堪能)海外メンバーが集まってきた、ということらしい。

レストラン顧客・予約管理システム:自動取込実績No_1
VESPERを支える個性的な面々たち

その他にも個性的なメンバーが集まっており、例えばモハマド・マワヘブ氏はシリアのアレッポ大学情報工学部での就学中にミサイル攻撃を受け、イスタンブールに避難したシリア難民なのだそうだ。モハマド氏が、迎え入れるかどうか悩む谷口氏を「僕はグーグルに行く男なんだ」と説得して入社した話などは、なかなか聞きごたえのあるものだった。(※ちなみにモハマド氏はウィンドウズインストールしかやったことがなかったらしい)

こういう多様性を受け入れる文化が彼らのサービスにも影響しているのかもしれない。ロジカルではないが、谷口氏との話はいつもこうなのだ。

少し話が本題から脱線したので元に戻したい。

Floor

こういったメンバーで開発を進めたのがこのTableSolutionだ。現在、レストラン向けと理美容向けの2タイプが提供されているが、理美容向けのサービスは現時点で代理店事業者が販売を担当しており、VESPERが販売するのは主に飲食事業者向けのものになる。

Timetable

画面を見てわかる通り、同時期のサービス「トレタ」に比較して、店舗側には若干のオペレーション教育が必要になる。その分、「使い勝手が分かってしまえば、より効率的に使うことができる」(谷口氏)とやや機能面での差別化を図っているのが特徴だ。

List

現時点で事業として単月黒字化も達成したというVESPER。今後しばらくはこの店舗数獲得に精を出すという。この辺りはチェーン店や個店など導入店舗の広がり方などを含め、どのように各社推移するのか注目したい。