BRIDGE

タグ Volocopter

空飛ぶタクシー「Volocopter」に三井住友海上らが出資、将来のIPOを宣言

SHARE:

空飛ぶタクシーの商用化に向けて電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を進めているドイツのVolocopterは、シリーズCの追加ラウンドで3,700万ユーロ(4,000万ドル)を新たに調達した。昨年9月に5,000万ユーロ(5,400万ドル)を獲得していたため、調達金額は合わせて8,700万ユーロ(9,400万ドル)となった。設立してからの調達総額は1億2,200万ユーロ(1億3,200万ドル)であ…

urbanmobility_large
Image Credit: Volocopter GmbH

空飛ぶタクシーの商用化に向けて電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を進めているドイツのVolocopterは、シリーズCの追加ラウンドで3,700万ユーロ(4,000万ドル)を新たに調達した。昨年9月に5,000万ユーロ(5,400万ドル)を獲得していたため、調達金額は合わせて8,700万ユーロ(9,400万ドル)となった。設立してからの調達総額は1億2,200万ユーロ(1億3,200万ドル)である。

追加ラウンドには、ドイツの物流大手DB Schenkerのほか三井住友海上火災保険、TransLink Capital、Lukasz Gadowski氏、Btovも参加した。

2011年に設立されたVolocopterは、都市部において新型電動商用輸送機の飛行でマネタイズしたいと考えている都市型航空スタートアップの1社だ。機体はヘリコプターのように垂直離着陸できるため、滑走路や広大なスペースを使うインフラを必要としない。その代わり、シンガポールですでに第1号を公にしている都市部向け小型着陸パッド「Voloports」の利用を想定している。

air-taxi-voloport-01
Above: Volocopter “Voloport” in Singapore

主な同業他社には、2025年までに空飛ぶタクシーの商用飛行実現を目指して1億ドル超を調達したドイツのスタートアップLiliumなどがある。そのほかBoeingも「空飛ぶクルマ」のプロトタイプをローンチしたほか、Airbusは空飛ぶタクシーサービスの実験を行っている

新たに4,000万ドルを手にしたVolocopterは声明の中で、Volocity機の早期認可取得、VoloDroneとして知られる第2世代型貨物輸送ドローンのローンチ、「業界専門家」の採用増に向けた準備が整いつつあるとコメントした。DB Schenkerが新たな投資家に加わった意味は大きく、Volocopter技術の実用化に際して、主要な業界プレイヤーとの戦略的な提携が重要な役割を果たすことになるだろう。

Volocopterの技術を導入することで、顧客にとっての物流サービスが異次元に向かう可能性があると信じています。

DB SchenkerのCEOでVolocopterの顧問にも就任したJochen Thewes氏は次のように述べている。

DB Schenkerはこれまで、複数の革新的なプロジェクトや実際の業務で自動電気自動車の走行実験を行ってきました。当社が展開する未来のサプライチェーンとVoloDroneを統合することで、迅速な配送、遠隔地への配送、環境に配慮した配送に対する顧客ニーズに対応できるようになるでしょう。

具体的なスケジュールこそ明らかにしなかったものの、Volocopterは新規株式公開(IPO)実施の可能性についても示唆した。この取り組みの一環として、前DaimlerのCEOのDieter Zetsche氏とCASソフトウェアを設立したMartin Hubschneider氏を新たな社外顧問とした。

とりわけDieter Zetsche氏とMartin Hubschneider氏を新たな顧問として迎え入れるのは喜ばしいことです。

またVolocopter会長のStefan Klocke氏はこのようにも話している。

顧問は、都市上空のモビリティで当社が世界的な大手企業になるための戦略的な関係構築や将来実施する可能性があるIPOに向けた準備で経営陣をサポートする役割を担うことになります。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

空飛ぶタクシーの実現は近いーー「Volocopter」が5,500万ドルを調達、中国展開を狙う

SHARE:

ピックアップ:Volocopter raises $55M led by Volvo owner Geely, sets 3-year timeline for its flying taxi service ニュースサマリー:9月9日、ドイツを拠点とするスカイ・タクシー開発企業「Volocopter」が、シリーズCラウンドにて、Volvoの親会社である中国のGeelyを筆頭に、Daimler、I…

Screenshot 2019-09-09 at 5.17.33 PM.png

ピックアップVolocopter raises $55M led by Volvo owner Geely, sets 3-year timeline for its flying taxi service

ニュースサマリー:9月9日、ドイツを拠点とするスカイ・タクシー開発企業「Volocopter」が、シリーズCラウンドにて、Volvoの親会社である中国のGeelyを筆頭に、Daimler、Intelらから合計5,500万ドル(5000万ユーロ)を調達した。同社の現在の評価額は日本円にしておよそ250〜290億円規模だと予想されている。

Volocopterが開発しているのはいわば「空飛ぶタクシー」。スカイ・タクシー市場では、現在サービスを実運用している企業はなく、同社も実証実験フェーズで数年以内にサービスローンチを計画している状況だ。

話題のポイント:以下動画はVolocopterが開発するスカイ・タクシー「 Volocity 2X」の飛行映像。一般的な飛行機と異なり、VTOL(垂直離着陸機)と呼ばれる滑走路を必要としないスムーズな離着陸方法が特徴です。

都市内部では滑走路を設置できるほどのスペースが存在しませんが、当モデルの場合、ビルの屋上や川沿いなどで最低限のスペースを確保できれば、離着陸のためのポートを設置してサービス運用できます。

Volocity 2Xはプロペラの騒音が少ないことが強み。ある地点から75m圏内で飛行するVolocity 2Xの騒音は、その地点から500mも遠くで飛行する小型ヘリコプターと変わらないレベルだとされています。また競合他社の機体に比べて操縦が簡単であることも差別化ポイントとして強調されています。

今回のラウンドをリードしたGeelyと合弁会社を設立し、中国マーケットへ参入すると発表しています。スカイタクシー市場ではVolocopterと同じドイツ出身のLilium、カリフォルニアのKitty Hawk、中国のeHangUberなど世界中の競合がひしめき合っている中、今回の資金調達及び提携は同社にとって大きな一歩となるでしょう。

Volocopterは既にドバイやシンガポールなどのイノベーションの推進に積極的で規制環境の良い都市・国と提携を行なっており、計画では2~3年以内にそれらの地域にてサービスの実運用を開始するとしています。

Image Source&Credit : Volocopter

 

電動垂直離着陸機開発のVolocopter、シンガポールで空飛ぶタクシーのテスト飛行に向けた着陸施設を開設へ

SHARE:

 電気スクーターや交通アプリに大量の資金が流れ込み、アーバンモビリティは投資家にとって最も人気を集める業界になりつつある。一方、ウォールストリートでは過去数か月の間に2社の配車サービスが上場を果たしている。 「飛行タクシー」やその他の素晴らしい飛行機械が、急成長する都市の交通産業で競い合っており、ここ数年間は空にも注目が集まっている。 競合がひしめく中、Volocopter は次のステップとして…

電気スクーター交通アプリに大量の資金が流れ込み、アーバンモビリティは投資家にとって最も人気を集める業界になりつつある。一方、ウォールストリートでは過去数か月の間に2社の配車サービスが上場果たしている

「飛行タクシー」やその他の素晴らしい飛行機械が、急成長する都市の交通産業で競い合っており、ここ数年間は空にも注目が集まっている。

競合がひしめく中、Volocopter は次のステップとして電動垂直離着陸(eVTOL)機を市場に投入する計画を発表した。同社は Intel や Daimler などの大手企業から3,000万米ドル以上を調達している。2012年にドイツで設立された Volocopter は、イギリスに拠点を置く Skyports、およびデザインエージェンシーの Brandlab とタッグを組んで、自社の飛行タクシーテスト用着陸施設のプロトタイプを作成し、今後のサービスの広がりについて提示している。Skyports は、今後期待される都市における着陸施設の需要の伸びに対応するために、垂直離着陸用飛行場の建設を必要とする屋上や一等地などの不動産に投資する企業である。今回の Volocopter との提携により、シンガポールで初となる、現実的な垂直離着陸用飛行場の建設に拍車がかかることになる。

昨年報道されたニュースによると、シンガポール政府は Volocopter とタッグを組んで2019年に飛行タクシーのテストを始めるとのことである。また、その後の発表によると、安全性は確認されているものの、最初のテストは水上で行われるという。これ以前にも、無人テストが他の地域で行われており、2017年にはドバイでも実施されている。

Volocopter が、18個の静音ローターを搭載し1本の操縦桿で操作できる、2人乗りの電動垂直離着陸機を開発していることはすでに知られており、同社の乗り物で人々が空港と都市の中心地の間などを短時間で行き来できる日が来ることが予測されている。しかし、目の前には障害もある。Volocopter や、電動垂直離着陸機業界に参入しているその他の企業は、安全性を証明し、当局と連携して一般使用に向けた承認を得る必要があるのだ。

Volocopter のコンセプトイメージ

Volocopter は過去に、「Volo-Port」が大量に並ぶコンセプト画像を披露している。Volo-Port は電動垂直離着陸機専用の飛行場で、このコンセプトでは最初の Volo-Port はシンガポールに建設されることになっている。

Volo-Port の雰囲気は従来の空港ラウンジに近いものになっており、顧客用のサービスデスクが備わっている。また、離着陸機から乗客が乗り降りするための小さな離着陸場もある。

Volo-Port のコンセプトイメージ

最終的な目標は、Volocopter のコンセプトを離着陸場という形で実現し、最終的なデザインを固める前に当局担当者や取締官に訪問してもらって意見を訊くことである。

Volocopter の共同設立者である Alex Zosel 氏は次のように語る。

飛行タクシーの営業許可が出るのも時間の問題で、決して不可能なことではありません。今、私たちは空の交通整理、都市における規制、離着陸インフラなど、アーバンエアモビリティ(UAM)で必要となるエコシステムの構築に取り組んでいます。皆さんが思っているよりも早く、空と都市のレベルで規制が整備されると思いますが、そうなれば私たちの出番です。

今回の事例が Skyports と Volocopter による共同プロジェクトであることは間違いないが、他の eVTOL 開発企業にとってもメリットはある。ただし、どのような事業内容になるかは現時点では不透明だ。

Volo-Port はモジュールになっているため、後で拡張が必要になった場合でも別のポートを接続することができ、どんな環境でも設置できる点も付け加えておきたい。ポートは道路や建物の上など、既存の都市インフラ上またはその周辺に設置される可能性が高いため、こうした適応性は重要になってくる。

Volo-Ports の導入形式

Skyports のマネージングディレクター Duncan Walker 氏は次のように付け加えた。

Volo-Port は単体で使用できるだけでなく、複数とポートと接続してさまざまな形式で使用できます。これにより、短時間で設置できるだけでなく、簡単に拡張することができます。世界中の都市の中心部で利用可能な土地や人々の動きを分析してきました。その結果、現在盛り上がりを見せているアーバンエアモビリティ市場にとって重要なカギとなるのはインフラであることが分かりました。

5年以内に世界中で3,000台もの飛行タクシーが稼働するようになり、2030年にはこれが1万2,000台にまで増加すると予測するアナリストもいる。飛行タクシーの最近の開発状況を見る限りでは、この数字でも控えめかもしれない。

Volocopter は、ここ数年で注目を集めるようになったアーバンエアモビリティスタートアップの1つである。同社と同様、ドイツに拠点を置く Lilium Aviation は同様のコンセプトで1億米ドル以上を調達した。5月第4週、Lilium Aviation はドイツ国内での初飛行を終えた後、5人乗り飛行タクシーの新たなプロトタイプを発表した。また、今年初めには Boeing が自社の「飛行車両」のプロトタイプのテストを開始した。他の企業もこの市場に参入しているが、Airbus は昨年、自社初となる無人飛行タクシーのテストを完了させた。また、Uber はパリに飛行タクシー研究施設を設立するために2,400万米ドルを投じた

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ドイツのVolocopter、空飛ぶ自律走行タクシーでDaimlerから3,000万米ドルを調達

SHARE:

個人仕様の空飛ぶ輸送手段を作るという Volocopter の夢がまた一歩前進した。同社は本日(8月1日)、欧州の自動車企業大手 Daimler から3,000万米ドルを調達したと発表したのだ。 ドイツ人起業家 Lukasz Gadowski 氏もこの投資に参画した。Volocopter は今回獲得した資金を空飛ぶ電気タクシー、すなわち垂直離着陸が可能な電気ビークル(eVTOL)の開発に引き続き活…

volocopter-2x-innercity-preview
Volocopter

個人仕様の空飛ぶ輸送手段を作るという Volocopter の夢がまた一歩前進した。同社は本日(8月1日)、欧州の自動車企業大手 Daimler から3,000万米ドルを調達したと発表したのだ。

ドイツ人起業家 Lukasz Gadowski 氏もこの投資に参画した。Volocopter は今回獲得した資金を空飛ぶ電気タクシー、すなわち垂直離着陸が可能な電気ビークル(eVTOL)の開発に引き続き活用する予定。同社が目指すのは、2人乗りの飛行機が都市部の交通で重要な役割を担うようになることだ。

マネージングディレクターの Florian Reuter 氏は声明で次のように述べた。

電動の VTOL を個人仕様の空飛ぶタクシーに使用するという新たな市場の台頭が確実性を増してきていますが、新規の投資家から金融面での強いコミットメントをいただいたことは、その徴候であるとともに証明でもあります。当社では、戦略的かつ起業家的なバックグラウンドを持つ投資家を入念に探し求めてきましたが、Daimler と Lukasz Gadowski 氏によって完璧に実現することができました。

Volocopter によると、同社のミッションは「空を飛ぶという人類の夢を実現し、現代の都市にますます拡大するモビリティの問題を解決するのに役立つこと」である。同社は最近、今年第4四半期にドバイで空飛ぶ自動タクシーのデモンストレーションを開始すると発表した。

また、Daimler が優れた戦略的パートナーである理由として、Daimler による自律走行の電気自動車への取り組みを挙げている。空飛ぶタクシーのローンチに向け、この動きをスケールさせる方法について Gadowski 氏からの助言を求めているという。

次の段階は、Volocopter の開発、製造、世界展開だ。そのために、飛行システムやソフトウェアなどの業務に従事するエンジニアを追加採用することになるだろう。さらに、ブランド展開に向けてマーケティング活動も行っていく予定だ。

初の飛行ライセンスを取得した Volocopter は、来年中にはお目見えするだろうと同社はコメントしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】