BRIDGE

タグ Xunlei(迅雷)

中国のVR企業DeePoon(楽相)が、Xunlei(迅雷)とKaiying(愷英)からシリーズBで3,000万ドルを調達

SHARE:

バーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイを開発している DeePoon(楽相)は、シリーズBラウンドで Xunlei(迅雷)とKaiying Network Technology(愷英網絡科技)から3,000万米ドルを調達した。このラウンドにより、DeePoon の運営会社 Le Xiang Technology(上海楽相科技)の評価額は約8億元(約140億円)に達する。 DeePoonは…

xunlei-deepoon

バーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイを開発している DeePoon(楽相)は、シリーズBラウンドで Xunlei(迅雷)とKaiying Network Technology(愷英網絡科技)から3,000万米ドルを調達した。このラウンドにより、DeePoon の運営会社 Le Xiang Technology(上海楽相科技)の評価額は約8億元(約140億円)に達する。

DeePoonは2015年4月に設立、Hollysh(鴻立文化伝播)より数千万元にもおよぶシード投資を受けた。同社は10月にはシリーズAラウンドで Double Safe Guard(双安資産)から資金を調達している。

DeePoon VR では、VR のコンテンツに加えてヘッドマウントディスプレイも開発している。DeePoon の技術は PC とモバイルプラットフォームの両方でサポートされている。DeePoon のVRコンテンツ配信プラットフォームである 3Dbobo は150万人以上のユーザを獲得しているという。

deepoon_featuredimage

Xunlei は映像サービス・ソリューションを提供する企業であり、2014年5月にはアメリカで再上場した。同社サービスを現在利用しているユーザが中国市場における新進気鋭のVRコンテンツにとって理想的な見込み客になるとされている。

Xunlei、Kaiying、DeePoon の3社は、Xunlei のデスクトップダウンロードツールCDN(Content Development Network)を活用し、製品やユーザベース、クラウドサービス、プラットフォーム構築、ゲーム開発においてコラボレーションを行っていく予定だ。

Kaiying はオンラインゲーム開発を強みとし、FC Miracle など多くのゲームの研究・開発を手がけている。同社は今回のラウンドにおいて、VRコンテンツ開発に対する巨額の投資を行った。DeePoon VR と Kaiying は現在 FC Miracle を含む新規プロジェクトにおいてコラボレーションを行っている。

中国のヘッドマウント型VR機器市場には現在、LeVR、Ling VR、3Glasses、AntVR キット、Baofeng マジックミラーなど多くの競合が存在している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

P2Pと海賊版問題の懸念が高まる中、Xunlei(迅雷看看)が米国でのIPOをキャンセル

SHARE:

【原文】 中国の動画共有P2P プラットフォーム「Xunlei(迅雷看看、シュンレイカンカン)」は、今年夏に予定していた株式募集を遅らせたのだが、その後、米国での株式公開予定を正式にキャンセルした。中国のメディアが報じるところによると、このキャンセル劇は、海賊版問題をはらむP2Pサービスに対する著作権侵害の訴えがおさまらない中、Xunlei がどれだけうまくやっていけるか疑念が生じ、加えて、米国と…

【原文】

中国の動画共有P2P プラットフォーム「Xunlei(迅雷看看、シュンレイカンカン)」は、今年夏に予定していた株式募集を遅らせたのだが、その後、米国での株式公開予定を正式にキャンセルした。中国のメディアが報じるところによると、このキャンセル劇は、海賊版問題をはらむP2Pサービスに対する著作権侵害の訴えがおさまらない中、Xunlei がどれだけうまくやっていけるか疑念が生じ、加えて、米国と欧州での膨大な債務危機が原因によるものだ。

Xunlei は、初期のほぼ違法とされる P2P コンテンツのインデクサーとしての存在からは変貌を遂げたものの、これから投資を考えている人々は、同社の全てのコンテンツが合法だとは考えられない事実にもちろ ん難色を示すだろう。Xunlei は現在では、完全ではないのだが、主にライセンス取得した テレビ番組と映画を伴った、動画のストリーミングサービスとソーシャルゲームプラットフォームとなっている。しかし、Youku(優酷、NYSE: YOKU)Tudou(土豆、NASDAQ:TUDO)によって支配されたこのサービス・セグメントでは、Xunlei の存在は極めて小さい。しかし、Xunlei は収入の多くを運営中の P2P アプリとサービスの広告に頼っている。

昨年末まで、Xunlei は、その収益のほとんどをオンライン広告によって得ていた。有料加入者は増加しているが、まだまだ少ない収益源となっている。Analysis International の専門家である Zhang Fan 氏は、Xunlei が P2P事業モデルから完全に脱しなかったこと、また、より多くの広告主を見込める上質の長時間動画コンテンツが不足していたことが、Xunlei の力不足だったと分析している。

ノスタルジーに浸るべく、Technode が7月上旬に書いた「中国の動画サイト Xunlei(迅雷看看)がナスダック上場へ」という記事を再度読み返してみるのもいいだろう。(編集者注:原文では、PennOlson の記事へのリンクとなっていますが、当該記事に対応する邦訳の用意がないため、Startup Dating で訳したほぼ同内容の Technode 記事へのリンクに差し替えています)

今年末までに上場を目論む、いくつかの中国の株式公開企業が準備を整えている。NASDAQ の CEO である Robert Griefeld 氏は、先日の iChinaStock との会談で「30社ほどの中国の企業が上場準備中だ」と述べている。しかし、そのうちテクノロジー企業は、B2C の E-コマースサイト、Vancl(凡客誠品)のみとなっている。

出典:DoNews(中国語)

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------

中国の動画サイト Xunlei(迅雷看看)がナスダック上場へ

SHARE:

【原文】 目下、高画質の動画ストリーミングを行える Web サービスが急激に増加している。テレビで見られる良質のエンターテイメント・コンテンツが少なくなっていることもあり、人々はネットで見たいものを見たいときに見る方がよいと気づき始めたようだ。私は個人的に Xunlei(迅雷看看、シュンレイカンカン)を使ってきたが、ストリーミングの速さと画質の良さに感心している。 上場へ グーグルが資本参加し、中…

【原文】

目下、高画質の動画ストリーミングを行える Web サービスが急激に増加している。テレビで見られる良質のエンターテイメント・コンテンツが少なくなっていることもあり、人々はネットで見たいものを見たいときに見る方がよいと気づき始めたようだ。私は個人的に Xunlei(迅雷看看、シュンレイカンカン)を使ってきたが、ストリーミングの速さと画質の良さに感心している。

上場へ

グーグルが資本参加し、中国でビデオ・音楽ファイル共有サービスを提供する、深圳市迅雷網路技術有限公司(略称:迅雷)は数ヶ月中にも米国で上場を果たし、2億ドル(=約160億円)を調達する見込みだ。

これまで本サイトでも伝えているように、今は米国で上場するにはベストなタイミングだ。今年上半期だけで、中国企業7社が、米国で過去に中国企業に集められた資金総額の8割にあたる13億3300万ドルの資金を集めた。多くの人々が企業価値バブルの急進を感じていることからも、非常に重大なタイミングといえるだろう。

悩ましい海賊版と著作権問題

しかし、百度など多くの中国系コンテンツサイトと同じく、迅雷も海賊版を巡る追及に苦しめられている。米国映画協会は2008年、「スパイダーマン3」の違法コピーを閲覧できるようにしたとして、迅雷を上海浦東地方裁判所に起訴した。海外や政府からの圧力が高まっていることもあり、迅雷はより合法的かつライセンス付与されたコンテンツを採用する方向に動いている。

中国デジタルメディアコンテンツ向け、消費者ネットプラットホームにおけるリーダー

SEC(米国証券取引委員会)の資料によれば、迅雷の最大の優位性は、独自のデジタルメディア・インデックス技術と、広範に展開されたコンピュータ・ネットワークとのことだ。

ソフトウェアの起動回数ベースで調べると、迅雷は2011年2月時点で中国の78.7%のマーケット・シェアを占めている。ここでいうストリーミング・サービスは、いずれもインターネットユーザなら無料で使えるものだ。迅雷看看は、中国では3位のストリーミング・ポータルの位置を誇る。

59.7%の売り上げ成長

迅雷はクラウド型の有料コンテンツサービス、オンライン広告など、複数の事業から売上を上げている。2011年3月末までに「迅雷ダウンローダー」「迅雷看看」の多くのユーザベースから、130万人以上の有料顧客の確保に成功した。

売上は、2008年1680万ドル、2009年は2960万ドル、2010年は4280万ドルと延ばしており、年平均成長率は59.7%となっている。

【via Technode 】 @technodechina

----------[AD]----------