THE BRIDGE

タグ Yogiyo

韓国のフードデリバリ「ヨギヨ」が、世界35カ国で展開する同業大手Delivery Heroから3,500万ドルを調達

SHARE:

韓国のオンライン料理配達サービス「ヨギヨ(요기요)」が、世界35カ国でフードデリバリ・サービスを展開する Delivery Hero から3,500万ドル規模の追加資金調達を実施したと、25日明らかにした。ヨギヨのこれまでの資金調達総額は、5,500万ドルに上る。 ヨギヨは、今回の調達を通じて、消費者の満足度向上を目指し、継続的な製品やサービスの高度化を図る計画である。また、従来の単純な配達アプリ…

yogiyo2_featuredimage

韓国のオンライン料理配達サービス「ヨギヨ(요기요)」が、世界35カ国でフードデリバリ・サービスを展開する Delivery Hero から3,500万ドル規模の追加資金調達を実施したと、25日明らかにした。ヨギヨのこれまでの資金調達総額は、5,500万ドルに上る。

ヨギヨは、今回の調達を通じて、消費者の満足度向上を目指し、継続的な製品やサービスの高度化を図る計画である。また、従来の単純な配達アプリのビジネスモデルから、飲食店が提供できる価値を注文仲介以外の領域にも拡大していくことをねらう。

2012年6月にローンチしたヨギヨは、韓国初のオンライン・フードデリバリのプラットフォームを構築し、ローンチから3年経った2015年8月時点で累積ダウンロード数は1,200万件に達するなど、急速に成長してきた。

一方、今回の投資をリードした Delivery Hero のコミュニケーション責任者である Bodo von Braunmühl 氏は、ヨギヨへの大規模出資について、次のようにコメントしている。

Delivery Hero にとって韓国は非常に重要で、成功したい市場である。ヨギヨが韓国のすべての提携レストランに最適のソリューションを提供することができるよう、私たちも支援を惜しまない。

<関連記事>

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のオンライン料理配達サービス「ヨギヨ」が約14億円を調達、累積調達額が約25億円に

SHARE:

韓国のオンライン料理配達サービスの「ヨギヨ(요기요)」は先頃、145億ウォン(約14.3億円)の資金を調達したと明らかにした。2012年6月のローンチ後、同社はすでに3度にわたって110億ウォン(約10億円)の資金を調達しており、これまでの累積調達額は総額255億ウォン(約25.2億円)となる。これは、オンライン料理配達分野での資金調達額としては、史上最高となる。 ヨギヨは、今回の資金調達の成功理…

yogiyo2_featuredimage

韓国のオンライン料理配達サービスの「ヨギヨ(요기요)」は先頃、145億ウォン(約14.3億円)の資金を調達したと明らかにした。2012年6月のローンチ後、同社はすでに3度にわたって110億ウォン(約10億円)の資金を調達しており、これまでの累積調達額は総額255億ウォン(約25.2億円)となる。これは、オンライン料理配達分野での資金調達額としては、史上最高となる。

韓国のオンライン配達系スタートアップの資金調達額。左から、配達通(배달통)5億ウォン、配達の民族(배달의민족)143億ウォン、ヨギヨ(요기요)255億ウォン。

ヨギヨは、今回の資金調達の成功理由として、次のような項目を上げている。

  • 2012年に比べ、2013年の売上が50倍に成長していること
  • 月平均25%を上回る、注文の成長率
  • この業界で約40%という高い市場占有率と、Google Play でのランク1位達成
  • 顧客のリテンション・レートが高いこと
  • テレビ広告による効果

世界的なオンライン料理配達サービス・グループ「Delivery Hero」を通じて、ヨギヨに積極的な投資を行った会社の一つ Insight Venture Partners は これまでに Twitter、Tumbler、Qwest Software など著名なスタートアップに投資しており、韓国では Nexon や TicketMonster への投資で知られるインキュベータ FastTrackAsia を共同設立するなど、韓国やアジアで活発にポートフォリオを築いているアメリカのVCである。

ヨギヨの代表取締役を務める、ナ・ジェウォン(나제원)氏は、次のように語った。

ヨギヨのサービスは、食べた人だけがコメントできるレビュー機能、最低価格保証、広告の無いレストランリストなど、サービス内容を高めるために多くの資金を注ぎ込んできた。今回の追加資金調達も、その信念を貫き続けるために使うつもりだ。サービス向上と機能開発にフォーカスし、消費者には信頼して食事を注文できるサービスとして、レストラン店主にはマーケティングしなくても、追加的な利益をもたらしてくれるパートナーとして、我々はさらに進化した姿を見せたい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------