韓国のフードデリバリ「ヨギヨ」が、世界35カ国で展開する同業大手Delivery Heroから3,500万ドルを調達

SHARE:

yogiyo2_featuredimage

韓国のオンライン料理配達サービス「ヨギヨ(요기요)」が、世界35カ国でフードデリバリ・サービスを展開する Delivery Hero から3,500万ドル規模の追加資金調達を実施したと、25日明らかにした。ヨギヨのこれまでの資金調達総額は、5,500万ドルに上る。

ヨギヨは、今回の調達を通じて、消費者の満足度向上を目指し、継続的な製品やサービスの高度化を図る計画である。また、従来の単純な配達アプリのビジネスモデルから、飲食店が提供できる価値を注文仲介以外の領域にも拡大していくことをねらう。

2012年6月にローンチしたヨギヨは、韓国初のオンライン・フードデリバリのプラットフォームを構築し、ローンチから3年経った2015年8月時点で累積ダウンロード数は1,200万件に達するなど、急速に成長してきた。

一方、今回の投資をリードした Delivery Hero のコミュニケーション責任者である Bodo von Braunmühl 氏は、ヨギヨへの大規模出資について、次のようにコメントしている。

Delivery Hero にとって韓国は非常に重要で、成功したい市場である。ヨギヨが韓国のすべての提携レストランに最適のソリューションを提供することができるよう、私たちも支援を惜しまない。

<関連記事>

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------