プログラミングをして自由に遊び方を作り出すことが出来るボール「Hackaball」

SHARE:

photo-original

ロンドンのスタートアップが開発しているのが、子供たちが自由にプログラミングして遊ぶことが出来る”投げられる”コンピュータだ。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集し、目標額の100,000ドルを超える240,000ドルを集め、プロジェクトは成功となっている。

c229f1c9bbc690ad6df6ea3edbcff2d3_original

「Hackaball」は、ボールにコンピュータを内蔵しており、iOSやOSXのアプリを使用してプログラミングが可能になっている。センサーも搭載しており、バウンドさせたり、蹴ったり、振ったりといった動作を検出することが出来る。これらをもとにHackaballの動作を自由に変更することが可能とのこと。LEDも搭載しており、光らせることも出来る。

e450e3d24c475c80499f9d56694dcc7c_h264_high

あらかじめアプリにはHackaballで遊べるゲームが用意されており、Hackaballにインストールすることが可能。子供たちはこれで遊んだのち、次のステップとして自分たちで新しいゲームに作り替えることが出来る。シンプルなブロック型のインターフェースが用意されているため、子供でも作成することが可能とのこと。

5f82a9dee3c56e7349241a3d18f7fdd3_original

ジャイロ、加速度計、振動モータ、9つのLED、充電式バッテリー、録音用メモリ、スピーカーを搭載。それらが強化プラスチックの球形のケースに内蔵され、シリコーン膜に覆われている。LEDの光が広がるような穴あきのシリコーンジャケットを装着することも可能だ。

現在はKickstarterでの支援の募集は完了しているが、公式サイトから予約が可能となっている。1つ89ドルで入手可能となる見込みだ。

----------[AD]----------