ノルウェーが国営FMラジオの終了を発表

SHARE:

13222256714_1f4c830366_b

2017年までにノルウェーはFMラジオの放送プログラムを自ら終了させる世界で最初の国となるようだ。

これはノルウェー文化省が木曜日にデジタルオーディオ放送(DAB)への移行に関する情報の一部として公開したもの。ただこれは地上波ラジオの終了を示唆するものではなく、それよりもフォーマットのアップデートと捉えるべきものだろう。米国で数年前に実施されたアナログ放送からデジタル放送に似てなくもない。

DABはノルウェー人リスナーに(僅かかもしれないが)音質の良くなった、より多種多用なコンテンツを提供しようというものだ。Gizmodoが言及している通り、ノルウェーのDABは既にFM放送の僅か5チャンネルに対して、22の国営チャンネルの提供を開始しているとしている。各国がDABへの移行を推進するなか、ノルウェーが国営FM放送の終了日を決めた最初の国となった。

ノルウェー放送機構(Norwegian Broadcasting Association/NRK)のトップ、Thor Gjermund Eriksen氏は「この日はラジオを愛する全ての人にとって重要な日となりました。省庁の決定により、我々はリスナーの方々に高品質で多種多様なラジオコンテンツを作り出すという、最も重要な仕事に集中することができるようになります」と語っている。

ギャロップの調査によると、ノルウェー人の56%がデジタルラジオを毎日使っており、それに対して44%がFMを聞いているそうだ。全世帯の55%が現時点で少なくとも1台のDABラジオを所有している。また今回の停波計画により、790万台のラジオに影響が出るであろうと試算しており、国はこの件についてリサイクルおよびアップグレードのプログラムを提供するとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------