自撮り写真を美しく加工できるアプリ「Facetune」開発会社が、イスラエルのVCから1,000万ドルを調達

SHARE:
自撮り写真の加工アプリ「Facetune app」
自撮り写真の加工アプリ「Facetune app」

<ピックアップ> The startup behind popular selfie-editing app Facetune raises $10 million, plans for new products

写真加工アプリ「Facetune」で知られるスタートアップ「Lighttricks」が、1,000万ドルを調達したそう。同社への出資を率いたのは、イスラエルのVC 「Carmel Ventures」。

App Annieのランキングによると、Facetuneは今現在、iTunesの課金アプリとして第2位の座を獲得してる。シミひとつない肌や真っ白い歯をタップだけで得るために、お金を惜しまないユーザーはたくさん。iPhoneアプリとAndroid共に3.99ドルするFacetuneだけれど、既に400万人がいるため、年間売上げは1,000万ドルだとか。

Lighttricksはまた、「Enlgiht」という4.99ドルの写真加工アプリも提供していて、こちらも100万ユーザーがいるそう。

エルサレム発祥のLighttricksは、30人のメンバーから成るチーム。2013年から今回の調達に至るまでブートストラップでやってきたLighthouseが、初の外部調達でどう発展していくのか楽しみです。

via. Entrepreneur