TV配信サービス「Sling TV」がクラウドDVRサービスを来月開始、Rokuを手始めに各種プラットフォームへの拡大目指す

SHARE:

sling-tv

<ピックアップ> Sling TV is launching a cloud DVR next month

Dishが開発する「Sling TV」が、新たにクラウドDVR(デジタルビデオレコーダー)サービスをリリースする。来月12月にベータ版を開始し、まずは「Roku」のユーザ向けに招待制で解放される。

Sling TVのDVRを使えば、ユーザは複数のライブ映像を同時に録画することができる。録画できる時間は、最長100時間。PlayStation Vueに真っ向から勝負を挑む形だが、PlayStation Vueの録画コンテンツの保存期間が28日間であるのに対して、Sling TVはそれより長い保管期間を約束している。

クラウドスペースが容量オーバーになった場合は、空き容量確保のために視聴済みの最も古いコンテンツから削除していく。

ベータ版の100時間分のクラウドDVRストレージは無償。ただ今後、全ユーザに対してサービスを開始する際は有料化していくだろう。これから数ヵ月間で、ベータ版を他のプラットフォームにも対応させていく予定だ。

via. The Verge