酪農DXのファームノートHD、14.4億円を調達——累計調達額は44億円に

SHARE:
牛向けウェアラブル端末「Farmnote Color」
Image credit: Farmnote Holdings

酪農・畜産向け DX ソリューションを提供するファームノートホールディングス(ファームノート HD)は29日、直近のラウンドで14.4億円を調達したと明らかにした。このラウンドに参加したのは、スパークス・グループ、マイナビ、丸紅(東証:8002)、前田工繊キャピタル、千葉道場、中部飼料(東証:2053)、SMBC ベンチャーキャピタル、KOBASHI HOLDINGS、萩原建設工業、イノベーション・エンジン。今回の調達を受けて、同社の累計調達合計は約44億円となる。これは同社にとって、昨年1月に実施したオイシックス・ラ・大地(東証:3182)の CVC「Future Food Fund」からのの調達に続くものだ。

ファームノートは2013年11月に設立、経済産業省の助成制度「サポーティングインダストリー (ものづくり基盤技術) 」を活用し、2014年6月から酪農・畜産を効率化するセンサーデバイスやクラウドシステムの開発の取り組んできた。2014年9月にに札幌で開催された「全国 Startup Day」では、開発着手からまもないにもかかわらずグランプリを取得、2014年12月には京都で開催された Infinity Ventures Summit 2014 Fall の LaunchPad で3位を獲得した。

2017年3月に組織再編に伴い純粋持株会社ファームノート HD が設立され、ファームノートはその完全子会社となった。ファームノート HD はファームノートを通じて、クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」、「Internet of Animals」を実現する牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を開発・事業展開を行なってきた。Farmnote 製品の有償ユーザー数は約1,600生産者、契約頭数約32万頭(日本全体の飼養頭数の8.4%に相当)。

また、子会社のファームノートデーリィプラットフォームは、2020年8月に自社牧場による生乳生産を開始した。牛舎設計やロボット搾乳といったリアル技術と Farmnote 製品等のデジタル技術を統合し、労働生産性は国内平均の2倍以上を実現、設立8ヶ月でEBITDA 黒字を達成した。

今回の資金調達は、酪農DXを実現するための製品群強化と拡大に向けたシステム開発投資、顧客基盤拡大ならびに既存顧客の継続課金収入(ARR)の増加に向けた営業体制強化とマーケティング投資、酪農生産事業の拡大と酪農DXプラットフォーム構築(設備・開発投資)に充当する予定としている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録