RPA大手Automation AnywhereがAWSと提携、ジェネレーティブAIで企業内業務の自動化促進

SHARE:

クラウドネイティブオートメーションソリューションの Automation Anywhere は1日、インテリジェントオートメーションジェネレーティブ AI の融合で企業を強化することを目的とした、Amazon Web Services(AWS)との戦略的パートナーシップを発表した。この提携により、Automation Anywhere は、Amazon SageMaker JumpStartとAmazon Bedrock を利用して、強化されたジェネレーティブ AI 機能を同社の広範な顧客ベースに提供することになる。

同社によれば、この提供により、顧客はオートメーションソリューションの展開において、より高い柔軟性、選択肢、信頼性を得ることができる。

Automation Anywhere の COO の Mike Micucci 氏は VentureBeat に次のように語った。

Anthropic や Stability.ai のようなさまざまなクラス最高のプロバイダから完全に管理されたモデルサービスを提供する Bedrock との AWS の独自のアプローチは、Automation Anywhereの顧客がアプリケーションに適したモデルでジェネレーティブ AI 搭載アプリを迅速に構築できることを意味します。

私たちの結合した顧客は、文書処理のための Textract、顧客サービスのための AWS Connect、ベストオブブリード(最適なベンダー製品によるシステム構築)の大規模言語モデルの Sagemaker AI/MLライブラリなどの主要なAWS技術との深い統合から利益を得るでしょう。

Automation Anywhere と AWS は、2017年に開始したパートナーシップを発展させ、コアインフラにとどまらず、AI によるアプリケーションレイヤーを包含するコラボレーションを進めている。

両社は、カスタマーエクスペリエンス、文書処理、コンタクトセンターのインテリジェンスなどの領域で、ジェネレーティブAIを活用したソリューションを統合することで、両社の Go to Market 関係を強化し、さらに強固なものにできると考えている。

Amazonのジェネレーティブ AI モデルだけでなく、Google Vertex AI や OpenAI などの他のパートナーとの連携により、顧客はコードなしで簡単に自動化ワークフローにジェネレーティブ AI ステップを追加できます。

我々はまた、顧客がジェネレーティブ AI モデルで最高品質の結果を得ることができるように、プロンプトとモデル選択の周辺にベストプラクティスを連携しています。

当社のプラットフォームに組み込まれたガードレールは、お客様が承認したデータのみがジェネレーティブ AI で使用され、モデルが一貫した方法で使用され、予測可能で高品質な結果を保証します。(Micucci 氏)

ジェネレーティブ AI による企業内業務の自動化

オートメーションとジェネレーティブ AI の組み合わせは、次の生産性の向上をもたらす強力な相乗効果を発揮すると、Micucci 氏は述べる。Automation Anywhere のオープンで適応性の高いクラウドネイティブプラットフォームにジェネレーティブ AI を導入するために、同社は AWS と Google Cloud の両方とパートナーシップを結んだ。

私たちは、感情の理解、文書の要約、重要な文書の迅速な読み取りとデータの抽出、ワークフローを動かし続けるために必要なコンテンツの生成など、生産性を加速させる主要機能を追加することで、オートメーションの生産性向上を複合化しています。数十億人のビジネスユーザに掛け合わせたとき、これは業界全体を変革し、私たちの働き方を完全に変える力を持っています。(Micucci 氏)

同社は、オートメーションサクセスプラットフォーム全体にジェネレーティブ AI を連携することを発表し、ジェネレーティブ AI が将来的にオートメーションと人間の相互作用を形成する上で極めて重要な役割を果たすという信念を強調した。

さらに、Automation Anywhere は、Google Cloud や AWS と連携し、ビジネスユーザ向けの「Automation Co-Pilot + Generative AI」、オートメーター向けの「Automation Co-Pilot + Generative AI」、ドキュメントオートメーション + Generative AI などのジェネレーティブ AI 搭載の自動化ツールを発表する予定だ。

ジェネレーティブ AI を搭載した「Automation Co-Pilot for Automators」により、誰でも独自のオートメーションを作成できるようになりました。これは、ほとんどの企業が市民開発に取り組んできたところを上回るもので、学習と採用の障壁を取り除き、あらゆるチームの生産性のフライホイールを加速させるでしょう。(Micucci 氏)

ウェブベースの電子カルテプラットフォームを提供する WebPT は、最近、同社のクラウドネイティブなエンドツーエンドのインテリジェントオートメーションプラットフォームの使用を開始した。同社は、Automation 360 Cloud on AWS を使用して、クラウドベースのインフラを整備した。AWS は、ワークロードのインテリジェントな自動スケーリングを通じて、インフラに弾力性、俊敏性、ユーザフレンドリーな操作を提供し、クラウドリソースのコスト効率的な利用を確保するという重要な役割を担う。

同様に、ブラジル最大の銀行 ITAU Bank は、AWS上で動作するAutomation Anywhere のクラウドネイティブボットを既に数千台導入している。

今後の展開

Micucci 氏は、AWS や Google Cloud、その他のパートナーとのジェネレーティブ AI の連携をさらに強化することにコミットしていると述べた。この継続的な投資により、顧客が最適な効果と安全性をもって、ジェネレーティブ AI の力をビジネスに活用できるようになることを目指す。

アーリーアダプターの巨大なコミュニティから学んだように、彼らのフィードバックは、この分野における当社製品の進化を導き続けるでしょう。このフィードバックは、あらゆる企業や産業において、これまで達成できなかったレベルの自動化を推進するために使用される方法に変革をもたらすと信じています。(Micucci 氏)

同社は、AI と自動化をビジネスコンピューティングの新たなインターフェースとして認識しているという。Co-Pilot for Automatorsの ような革新的なソリューションの導入により、完全自動化による構築・テストフェーズの効率化を図りながら、会話型のインターフェースでビジネスプロセスを作成する可能性を描く。

企業にとって、自動化と生産性の全く新しい世界を、市場投入までの時間を劇的に短縮し、優れたビジネスインパクトを提供することができます。ビジネスユーザ向けの Co-Pilot では、AI を活用した自動化をあらゆるアプリや AI 体験に組み込むことができ、無限に利用可能で柔軟なものとすることができます。(Micucci 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録