ジェネレーティブAIとのやりとりで自分だけのゲームを作成できる「Roleverse」

SHARE:

Roleverse は、ジェネレーティブ AI を利用して自分だけのゲームを作ることができるようにすることで、すべてのユーザに創造の力をもたらす。

一般プレイヤーの創意工夫と創造的な情熱を、より早く、より質の高いゲームを作ることができる新しいテクノロジーと結びつける。しかし、ChatGPT にアクセスし、テキストプロンプトを入力することで、良いゲームが生まれると期待してはいけない。

このゲームでは、プレイヤーに質問することで、より早く、よりカッコイイものを絞り込むことができるのだ。Roleverse のプロンプトに従って、最初は一般的なものだったものを、自分が納得できるまでカスタマイズしてゲームを作っていける。

Roleverse の CTO  Jani Penttinen 氏は、GamesBeat のインタビューに応じ、次のように答えた。

どんなゲームをしたいかを言うことで、ゲームを作ることができるサービスやプラットフォームを作りました。南国の島に行きたいと言えば、島が作られます。冬にしたいと言えば、島を変えることができます。敵を作ることも、風景に変化を与えることができるのです。

その結果、人々が自分のビジョンを描き、自らストーリーテラーになることを可能にするプラットフォームが誕生した。コーディングのスキルは必要ない。簡単なことで、言葉を劇的に変えることができる。例えば、雰囲気が不気味であるべきだと言えば、世界をより暗く、より怖くすることができる。

同社は、AI を使って創発的なゲームプレイ、つまり、スタート時には予想もしなかったようなものを作り出す。AI を脅威と捉えるのではなく、プレイヤーが自由に世界を変化させることで、より創造性を発揮するためのツールとして捉えている。

創業のきっかけ

Roleverse は、あなたの希望に応えてゲーム世界を生成する。

Penttinen 氏は1990年代前半にゲームを作り始めた。その後、6年ほど前からゲームにおける機械学習に取り組み始めたという。少し早かったが、その後、この技術は大きく進歩した。

この1年、実際に物事を成し遂げられる大規模言語モデルが登場したことで、Penttinen 氏はこの技術に飛び込んだ。彼は、ゲームのストーリーを作るのは簡単だと感じていた。しかし、世界全体を構築し、その周りにゲームを作るのは難しい。

実際に知能を持たせるソリューションになるとは、誰も予想していませんでした。以前は、接客ロボットを作れるとか、そういうイメージでした。しかし、それを使ってもっと多くのことができることがわかったのです。

Roleverse CTO Jani Penttinen 氏

Penttinen 氏は、各ゲームを「Fortnite」のような、他人が訪れることのできる島のようなものだと考えている。長期的には、友人同士が訪問できるようなマルチプレイや、ストリーマーが自分の作品を他の人にストリーミング配信するようなことも考えているそうだ。同社は現在までに164万米ドルを調達している。Penttinen 氏は、今年後半にさらに多くの資金を調達することを期待している。

Roleverse では、Aurelien Merville 氏が CEO、Markus Kiukkonen 氏が COO を務める。全体では、8人の創業者と1人の従業員がいる。

Roleverse の仕組み

Roleverse の社員は9人で、これまでに164万米ドルを調達している、

ユーザは、出来あがった結果は自由にシェアできる。同社は、Discord コミュニティで Roleverse をテスト用に開放している。それにより、ゲームをプレイテストしたり、物を作り始めたりするためのアクセス権を得ることができる。

このゲームには、OpenAI の AI モデル「GPT-4」をベースにした AI バックエンドがあり、世界を完全に制御している。また、Google のモデル「Bard」ともつながっている。

我々は基本的にプロキシサーバーを持っていて、そこで我々自身の API を呼び出し、バックエンドは OpenAI か Google Bard のどちらかに接続することになります。

だから、何でも作ることができるのだ。世界をもっと危険なものにしたいと言えば、AI がそれを解決してくれると Penttinen 氏は言う。

言語モデルは、自分でバックストーリーを作ることができる。「エディタのないMinecraft」のようなものです。編集の仕方を知らなくてもいいんです。ドラッグ&ドロップも、マウスでクリックする必要もない。欲しいものを言えばいいんです。

Roleverse は現在プレイテスターを募集しており、2023年10月にゲームが稼動すると見込んでいる。会社は1年以上前にスタートし、2022年8月に物作りを開始した。Penttinen 氏はテキサス州オースティンにいるが、他のメンバーはフィンランドのヘルシンキに拠点を置いている。

Roleverseでは、自分の世界にどんどんいろんなものを追加していくことができる。

予想外の方法で、さまざまなゲームに出会えることを期待しています。他のゲームと比較するのは難しいです。私たちは、プレイヤーが創造できるように、できるだけ多くの自由を与えようとしただけです。

同社はゲーム用のテンプレートを設計し、エンジニアが AI に素晴らしいゲームセッションを設計する方法を教えている。まずストーリーを考え、そのストーリーを中心とした世界を作り上げるのだ。ゲームはだいたい15分から1時間程度で遊べるようになる。これは、ジュニアゲームデザイナーに優れたゲームの設計方法を教えるようなものだ、と彼は言う。作成されるゲームの世界は1平方キロメートルほど。

ゲームをデザインするときに、無限のバリエーションを思いつくような能力を AI に与えたい。本当に気に入ったら、友達と共有できます。

同社のプラットフォームは「Roleverse」という名称になるが、自社製のゲームも作っており、そのゲーム名は未定だ。ゼルダのような、オープンワールドのゲームだ。

これは、人々が実験し、独自のものを作ることができるサンドボックス・プラットフォームのようなものです。私たちは、この技術で何ができるかを紹介しています。しかし、最終的な目標は、あらゆる種類のゲームのためのプラットフォームをホストすることです。

お金を稼ぐことについては、Penttinen 氏は次のように述べた。

当初は Midjourney や ChatGPTと 同様のモデルで、ある程度は無料で利用でき、それ以上やりたい場合は加入する必要があるようにしています。これがサンドボックスとなります。その後、最初の本格的なゲームがローンチされたら、アプリ内課金で無料で遊べるようになります。

ユーザからの直接的なテキスト入力をなくすことで、Roleverse は、コミュニティ基準に反するような不適切なゲームを作ることを阻止しようとしている。同社はファミリー向けにしたいのだ。十分に作り込んだところまで到達したら、次に、作り込みを修正できる文章を言うことができる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録