BRIDGE

タグ アーキタイプ

クラウド自動化のMobingi、シリーズAラウンドで既存投資家から2.5億円を調達——運用自動化プラットフォーム「Mobingi Wave」を開発へ

SHARE:

クラウド自動化スタートアップの Mobingi は今日、シリーズAラウンドで既存投資家である Draper Nexus とアーキタイプ・ベンチャーズから2億5,000万円を資金調達したと明らかにした。同社は2016年2月にも両社からシードラウンドで数千万円を調達しており、今回はそのフォローオン出資となる。この調達に伴い、今回のラウンドのリードインベスターを務めた Draper Nexus の倉林陽…

左から:Draper Nexus 倉林陽氏、Mobingi 取締役の堀内康弘氏、創業者で CEO のWayland Zhang(張卓)氏、マーケティング担当の望月玲那氏、アーキタイプ・ベンチャーズの福井俊平氏

クラウド自動化スタートアップの Mobingi は今日、シリーズAラウンドで既存投資家である Draper Nexus とアーキタイプ・ベンチャーズから2億5,000万円を資金調達したと明らかにした。同社は2016年2月にも両社からシードラウンドで数千万円を調達しており、今回はそのフォローオン出資となる。この調達に伴い、今回のラウンドのリードインベスターを務めた Draper Nexus の倉林陽氏が、Mobingi の社外取締役に就任する。

Mobingi は AWS(Amazon Web Services)に代表されるクラウドサービスの、運用やメンテナンス作業(いわゆる DevOps)を自動化するプラットフォーム。運用に特化したエンジニアを配置確保しにくい中小企業を対象に、エンジニアらが開発作業などに注力しやすい環境を提供する。今回は調達した資金を用いて、既に提供しているクラウドサービスへのアプリケーション構築を自動化するプラットフォーム「Mobingi ALM(Application Lifecycle Management)」の開発運用体制を強化し、さらに、今夏には、アプリケーションのクラウド上での運用を自動化するプラットフォーム「Mobingi Wave」をリリースすることを明らかにした。Mobingi が提供するこれら一連のプラットフォーム・サービスは、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、富士通 K5、Amazon Web Services、OpenStack ベースのプライベートクラウドサービスと互換性がある。

今夏のローンチに向け、開発中の「Mobingi Wave」のダッシュボード画面(クリックして拡大)

Mobingi の創業者で CEO の Wayland Zhang(張卓)氏によれば、今年からは、ミートアップやセミナーへの参加、業界カンファレンスへの登壇や出展を通じて、日本の中小企業向けのマーケティング活動を強化したいとのこと。また、現在はクライアントの多くが日本企業だが、年内には中国企業へのサービス提供を始め、クラウドコンピューティングを活用する中国企業からの売上を確保したいと抱負を述べた。

Mobingi は Open Network Lab 第9期および500 Startups のアクセラレーション・バッチ第15期に参加。2015年1月にシードラウンドでデジタルガレージから200万円、同年11月に500 Startupsから12.5万ドルアーキタイプ・ベンチャーズと Draper Nexus Ventures から数千万円を調達しており、今回の調達を受けて、これまでの調達金額の合計は3億円を超えると見られる。

クラウド自動化のMobingi、アーキタイプとDraper Nexusから数千万円を追加調達

SHARE:

昨年11月、クラウド自動化の Mobingi は 500 Startups から12.5万ドルを調達していたことを明らかにしたが、これから程なくして、アーキタイプ・ベンチャーズと Draper Nexus Ventures から数千万円を追加調達していたことが明らかになった。いずれの調達もシードラウンドで、昨年1月のデジタルガレージからの200万円とあわせると、同社のこれまでの調達額は数千万円台中…

mobingi_featuredimage

昨年11月、クラウド自動化の Mobingi500 Startups から12.5万ドルを調達していたことを明らかにしたが、これから程なくして、アーキタイプ・ベンチャーズと Draper Nexus Ventures から数千万円を追加調達していたことが明らかになった。いずれの調達もシードラウンドで、昨年1月のデジタルガレージからの200万円とあわせると、同社のこれまでの調達額は数千万円台中ほどに上ると見られる。

Mobingi は AWS(Amazon Web Services)に代表されるクラウドサービスの、運用やメンテナンス作業(いわゆる DevOps)を自動化するプラットフォーム。運用に特化したエンジニアを配置確保しにくい中小企業を対象に展開し、エンジニアらが開発作業などに注力しやすい環境を提供する。

Open Network Lab 第9期から輩出され、2014年10月には Slush 東京予選に出場。現在は、10月13日から開始された 500 Startups のアクセラレーション・バッチ第15期に参加している。同社によれば、月あたり300%の成長率を遂げ、今年3月時点で利益を3万ドルと見込んでおり、2016年の年間収益は120万ドルに達するとしている。

Boxilのスマートキャンプが、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプから1.5億円を調達——クラウドサービスの機能比較サイトにピボット

SHARE:

企業の提案資料資料公開とB2Bマッチングのプラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を展開するスマートキャンプは4日、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプベンチャーズから1.5億円を調達したと発表した。今回の調達とあわせ、スマートキャンプは Boxil をクラウドサービスの機能比較サイトへとピボットを図ることを明らかにしており、新しい UI を公開した。 Boxil の正式ロー…

boxil_screenshot

企業の提案資料資料公開とB2Bマッチングのプラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を展開するスマートキャンプは4日、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプベンチャーズから1.5億円を調達したと発表した。今回の調達とあわせ、スマートキャンプは Boxil をクラウドサービスの機能比較サイトへとピボットを図ることを明らかにしており、新しい UI を公開した。

Boxil の正式ローンチは今年4月。Incubate Camp 8th への参加などの機会を通じてサービスのブラッシュアップを続け、これまでに200社以上の法人登録があり、1,000件以上の提案資料が公開されている。スマートキャンプ代表の古橋智史氏によれば、この半年間のユーザの動きを分析したところ、Boxil はクラウドサービスの提供企業がサービスを紹介するのに親和性があることを発見したのだという。Boxil では今後、クラウドサービスの機能、ユースケース、料金などを詳細に掲載し、潜在ユーザが類似サービスの中で比較検討する際の参考にしてもらう。

今回のピボットについて、古橋氏は THE BRIDGE に次のように語った。

satoshi-furuhashi_portrait
スマートキャンプ 古橋智史氏

Boxil の目線を、商品を売りたいと思っている人の視点から、商品を買いたいと思っている人の視点に変えることにしました。BI ツールはパッケージソフトから始まり、それがよりコンパクトなパッケージソフトになって機能別に細分化されました。そして、クラウドサービスへと移行してきて価格も安くなりましたが、逆に種類が増えたので、ユーザはどれを選べばいいのかわからなくなった。

一方、総務省のデータによれば、クラウドサービスを導入していない企業はその理由として、情報漏洩の不安、メリットがわからない、ネットワークの安定性への不安を上げているものの、昨年対比では導入企業の数は成長を見せている。つまり、導入を躊躇している企業でさえ、いずれクラウドサービスを導入することになるわけです。ここを伸ばしていきたい。

n5401050
出典:総務省「平成25年通信利用動向調査」

オンプレミスのソリューションやパッケージソフトと異なり、クラウドサービスでは、サプライヤーの営業マンやセールスエンジニアが客先に商品説明に来てくれることは稀だ。一方、クラウドサービスを導入していない企業では、「まずは担当者から説明を聞いてみないとわからない」「ウェブに紹介されている情報だけでは不明瞭」などの不満がある。スマートキャンプでは Boxil とあわせ、複数のクラウドサービス・サプライヤーが自社サービスを紹介する勉強会なども開催し、クラウドサービス未導入企業の担当者とのタッチポイントを増やす計画だ。

boxil-scheme

将来的には、AppDirect のような、複数のクラウドサービスを単一アカウントで渡り歩けるアカウント・インテグレーションの機能、請求書が無いと経費の処理ができない企業のために、クラウドサービスのサプライヤーに代わって請求代行したり、複数のクラウドサービスの料金請求をまとめたりする構想もある。

アメリカの G2Crowd は、クラウドサービスの機能比較で有用な情報を提供しており、ユーザがクラウドサービス導入にあたって参考にすることが多い。クラウドサービスのサプライヤーにとっては G2Crowd での評価が、サービスを成長させる上での登竜門になりつつある。Eコマースビジネスの隆盛に価格比較サイトの存在が大きく関わっているように、クラウドサービスのさらなる浸透において、この種の機能比較サイトは重要な役割を担うことになるだろう。

今回調達した資金を使って、スマートキャンプは大幅に人材面を強化する計画だ。新規開拓および既存顧客のフォロー営業担当者フロントおよびバックエンドエンジニアを募集しているということなので、この分野に興味のある読者は連絡してみてほしい。

中小企業向けCRMサービス「ちきゅう」がアーキタイプ、グローバル・ブレインらから約3500万円を資金調達

SHARE:

マーケティングソフトウェア「ちきゅう」を提供するちきゅうが、グローバル・ブレイン、アーキタイプに対し、約3500万円の第三者割当増資を実施した。 「ちきゅう」は顧客管理・商談管理・行動履歴管理・データ分析などの機能を搭載した中小企業向けに特化したCRM。1ユーザーあたり月額500円で利用でき、中小企業でも導入しやすいサービスとなっている。 ちきゅう代表取締役の浅井敏宏氏は、 浅井氏「「シンプルで使…

chikyu

マーケティングソフトウェア「ちきゅう」を提供するちきゅうが、グローバル・ブレイン、アーキタイプに対し、約3500万円の第三者割当増資を実施した。

「ちきゅう」は顧客管理・商談管理・行動履歴管理・データ分析などの機能を搭載した中小企業向けに特化したCRM。1ユーザーあたり月額500円で利用でき、中小企業でも導入しやすいサービスとなっている。

ちきゅう代表取締役の浅井敏宏氏は、

浅井氏「「シンプルで使い易いCRMが求められている」と想定してプロダクトを開発したため、有料ユーザーが「シンプルさ」や「簡単なユーザーインタフェース」を評価され、契約いただいています。現状は、「売上数字等の実績や予想の把握」と「案件のステータス管理」という利用シーンが多くなっています。「常に最新の数字が可視化されるので、Googleスプレッドシートを利用していたことにより、営業マンの数字に対する意識付けが変わったのが大きい」と評価いただいています。」

とサービスをリリースしてから今日に至るまでに感じた手応えについて語る。サービスをリリースして以来、着実に有料ユーザが増えてきており、今回、ソフトウェア開発体制とマーケティングの強化を目的として、増資を行ったという。

浅井氏「今後は、CRM・SFA機能を徹底的に磨き、来年以降にメール配信やフォーム作成などのマーケティング機能を追加していきます。「ちきゅうを入れれば、売上アップのためのツールは一通り揃うよね」という認知を得ていきたいと考えています。」