BRIDGE

タグ 8 Securities(エイト証券)

香港発のエイト証券、野村アセットから2,500万米ドルを調達——日本部門は野村が支配権を取得、若年層の顧客拡大に期待

SHARE:

株式取引スタートアップであるエイト証券の創業者 Mikaal Abdulla 氏は、これまでで最大金額の資金調達を実施し、今日(原文掲載日:4月2日)は強気に感じているようだ。今回投資を受けた2,500万米ドルは、Abdulla 氏がフィンテック王国を作るために獲得した4年ぶりの資金調達だ。 前回のラウンドは2014年夏で、その際に得た資金は Chloe と Tradeflix を開発するために使…

Mikaal Abdulla 氏
Photo credit: エイト証券

株式取引スタートアップであるエイト証券の創業者 Mikaal Abdulla 氏は、これまでで最大金額の資金調達を実施し、今日(原文掲載日:4月2日)は強気に感じているようだ。今回投資を受けた2,500万米ドルは、Abdulla 氏がフィンテック王国を作るために獲得した4年ぶりの資金調達だ。

前回のラウンドは2014年夏で、その際に得た資金は Chloe と Tradeflix を開発するために使った。

Abdulla 氏は、同社が2016年にローンチした手数料無料の株式取引サービスの名前を引用し、Tech in Asia に語ってくれた。この株式取引サービスは昨年10月に本格展開となった。

マーケティング活動への投資を増やし、ソフトウェア開発チームを拡大するため、今回はより大きな額を資金調達することに決めた。これまで、マーケティングに大きな投資はしてこなかったが、トラクションが強くなっていることから、アクセルを踏むのは今だと考えた。

アメリカの取引アプリ「Robinhood」とは異なり、エイト証券はアジアに特化している。ユーザの大半は出身地の香港のほか、中国本土やシンガポールにいる人々だ。

2018年は新市場に参入することは考えていないが、2019年には活動的になると思う。我々が優先する市場は、東南アジアや中国だ。

<関連記事>

フィンテックスタートアップと巨大企業との出会い

エイト証券の株式取引アプリ「Tradeflix」
Photo credit: エイト証券

今回の調達は、グループ会社である野村アセットマネジメントを経由して、日本最大の投資銀行である野村ホールディングスからもたらされた。同社は、2,500万米ドルを出資してエイト証券の主要事業の過半数未満株式と、日本部門の支配株主持分株式を取得する。

これより少し前、野村ホールディングスはメッセンジャーアプリ「LINE」のユーザが株式を売買できるようにすることを狙って、LINE と提携した。このサービスは年内に日本で開始される見込みだ。

エイト証券は、E トレードのような古株とともに、銀行や証券会社にチャレンジするフィンテックスタートアップの新しい波を構成する一社だ。Abdulla 氏と、彼のビジネスパートナーで共同創業者の Mathias Helleu 氏は、共に E トレードのエグゼクティブ出身である。2010年にエイト証券を設立する前、Abdulla 氏は E トレードで12年間勤務した。エイト証券は2012年に公開された。

我々の顧客資産は毎年倍増しており、売上はこの間で190%増大している。

Abdulla 氏は先月末のデータを引用してそう語ったが、実際の細かい数字については開示しなかった。

退職後に生計を立てられるようポートフォリオを組んでいる高齢者のような個人投資家がいる一方、エイト証券のユーザが若いことは驚きに値するかもしれない。同社の AI アドバイザーのユーザの平均年齢は28歳で、同社からスピンオフしたアプリ「Tradeflix」のそれは30歳だ。同社にとって新たな親友となった創業92年目を迎える組織(野村證券)のユーザ層とは全く異なる。

野村の顧客の平均年齢は60〜80歳。しかし、野村はミレニアル世代向けにモバイル製品やサービスをローンチすることにコミットしていて、それを実現するために我々を戦略パートナーとみなしている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

香港発のオンライン証券・スタートアップ「エイト証券(8 Securities)」が日本に上陸

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 香港を拠点とするオンライン証券会社「エイト証券(8 Securities)」は数時間前、正式に日本向けのローカライズ・サイトを立ち上げた。今後数週間のうちに、日本向けサービスのサポートを開始する予定だ。同社のウエルス・マネジメント・サービスは6月上旬に、また、ソーシャル取引ポータルは7月にローンチする見込みである。 …

8-secur

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

香港を拠点とするオンライン証券会社「エイト証券(8 Securities)」は数時間前、正式に日本向けのローカライズ・サイトを立ち上げた。今後数週間のうちに、日本向けサービスのサポートを開始する予定だ。同社のウエルス・マネジメント・サービスは6月上旬に、また、ソーシャル取引ポータルは7月にローンチする見込みである。

香港から日本と中国大陸の両市場への展開を図ろうする中、日本への進出は好調の同社にとって大胆な一歩と言えるだろう。2014年、同社は黒字となる見込みで、2012年から2013年にかけて収支は400万ドル増えている。平均4万ドルの投資資産を持つ顧客を5万人か抱えているとされる。[1]

エイト証券はユーザからのアクセスの約8%はモバイルからで(ポータルはアプリではなく、ウェブでできている)、このアプローチはスマートフォンの利用率が比較的高い日本で有効に働くだろう。

日本向けサービスの特徴

同社の CEO Mikaal Abdulla は、ウエルス・マネジメント・サービスの提供について語ってくれた。

我々は日本のお客様に、世界中で最大17の取引ファンドに簡単に投資できる方法を提供します。お客様が求めるリスク・プロファイルと対象期間を3分間のオンラインアンケートで答えてもらうだけで、その目標に合ったポートフォリオをお届けします。極めてシンプルです。

私が見る限り、エイト証券のソーシャル取引ポータルは、同社のサービスの中で最も興味をそそるテクノロジーだ。このコミュニティがどんな取引をしているかがわかるピア・ツー・ピアのサービスで、注目株、トレーダー、地域、時間などの動きに応じて、プッシュ通知を受け取ることもできる。「ソーシャル取引のモバイルアプリや掲示板と違って、我々はソーシャルなコミュニケーションと実際の取引を融合しました。これまでにはなかったものです。」と Mikaal は語った。

興味深いのは、エイト証券が100万人の登録ユーザ達成を目指して、これらのサービスをウェブを介して、コストをかけずに提供してようとしていることだ。取引口座を作って投資を始めてくれるかもしれない潜在顧客をサイトに誘導する手法として、うまく機能する可能性がある。賢明な方法だ。

彼は、ソーシャル取引プラットフォームを中国では2014年終盤にローンチしたいと語った。すべてのプロダクトは英語、中国語(簡体字/繁体字)、日本語で開発されているため、多かれ少なかれ、彼らのサービスは市場拡大に合わせてすぐにでも使えるようになる。

これらのサービスによって、日本の個人投資家には、より簡単に世界市場に投資できる環境が約束されるだろう。Mikaal は、ウエルス・マネジメントとソーシャル取引プラットフォームの2つが「日本市場に向けたもので、顧客の問題を解決する」と付け加えた。

エイト証券と日本への市場展開についての詳細は、サービスの概要紹介をはじめ、役に立つ日本語の動画が新たに加えられた、同社の YouTube チャンネルをチェックしてほしい。

Mikaal によれば、資産の入った利用状態にある口座は5万件に上るとのことだが、これはエイト証券に関する過去のレポートとは大きく異なる。この変化は、業界標準にあわせて、「利用状態」の意味を再定義したことによるものだろう。


  1. Mikaal によれば、資産の入った利用状態にある口座は5万件に上るとのことだが、これはエイト証券に関する(このような)過去のレポートとは大きく異なる。この変化は、業界標準にあわせて、同社が「利用状態」の意味を再定義したことによるものだろう。 
----------[AD]----------

投資プラットフォーム「8 Securities」、800万米ドルの資金調達後ついにローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 18ヶ月の準備期間と800万米ドルの資金調達のあと、8 Securities はついにサービスをローンチした。この香港を拠点とする投資サービスのスタートアップは、とても魅力的な投資取引プラットフォームであり、ユーザーは自分のウェブアプリを選ぶことができる。アプリにはニュース、Twitterフィード、トレーディングツール、動画などがある。ダッシュボードはかなり…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

18ヶ月の準備期間と800万米ドルの資金調達のあと、8 Securities はついにサービスをローンチした。この香港を拠点とする投資サービスのスタートアップは、とても魅力的な投資取引プラットフォームであり、ユーザーは自分のウェブアプリを選ぶことができる。アプリにはニュース、Twitterフィード、トレーディングツール、動画などがある。ダッシュボードはかなりいい。トレーディングリサーチのためのツールではなく、実際に8 Securitiesで取引をするのだ。トレーダーは現在、香港とアメリカの市場で香港ドル、中国元、米ドルで取引ができている。他の通貨はもう少しあとで可能になるとウェブサイトではそのように説明している。

設立者であるMathias HelleuとMikaal AbdullaはかつてETRADEで働いていた。11年前には2人で香港ETRADEを立ち上げたが、どうして2人がアジアに落ち着いたのかはだいたい分かる。MikaalとMathiasはアジアでの事業が気に入っており、人から聞いた話だが香港での生活はとてもいいものだそうだ。Mikaalは手短に話をしてくれた。

「Mathiasと2人で2年前にETRADEを辞めて、8 Securitiesの事業計画に乗り出しました。ETRADEに長くいたので新しいアイディアをマーケットに提案したかったのです。これまでにないベンチャーでないと新たに実現できなかったことなのです」。

2人の設立者は投資部門での経験があり、マーケットでのビジネスチャンスも考えていた。Mikaalは続けて言う。

「北米や欧州とは異なり、香港での証券業界はこの10年間イノベーションもなく伸び悩んでいました。同業者も10年前とだいたい同じテクノロジーを使っており、誰もオンラインでのユーザー・エクスペリエンスを発展させることはありませんでした。今まで見てきたシステムはすべてダイナミックと言うよりもまったく変化のないもので、ユーザーごとのニーズにしたがって構築されたものでした。香港は現在、証券取引で世界第7位であり、個人投資家が200万人を超えることを誇りにしています」。

これは興味深い変化だ。シリコンバレーにはアジアンドリームを持った人たちがまだまだたくさんいるが、ここアジアの地でスタートアップを大きくあるいは立ち上げることを考えて、アジアのマーケットに参入してくる外国人がますます多くなっていることは明らかだ。この大陸(中国インドインドネシアを考えてみる)は潜在能力がかなりあるからだ。では、外国人がこの大陸でビジネスをすることは困難なのだろうか。アメリカ人であるMikaalは違うと言う。実際、アメリカの心の持ち方をアジアつまり香港に持ち込むことのメリットを感じている。

「香港で外国人であること、新たな企業をスタートアップすることは有利だと考えています。私はアメリカ人であり、シリコンバレーで仕事を始めました。そこでの経験はとても強く印象に残っており、従来からのしきたりに取り組み、リスクを取るという心の持ち方を変えるものでした。アメリカではリスクを負うことを評価しますが、香港ではとにかく避けようとします。この強みを考えると、香港がイノベーションの拠点として台頭するにはリスクは変化を促すのに必要だという当たり前の事実を受け入れていかないといけません。なのでシステムとサービスには必要不可欠なものとして、デザインの簡素化、ユーザー・エクスペリエンスの取り組み、ユーザーを中心としたビジネスモデルの構築など、アメリカでも重要視しているものを持ち込みました」。

8 Securitiesの未来は明るく見えるが困難も多いようだ。MathiasとMikaalは香港でローンチした後、そのシステムを日本、インド、中国、アメリカで立ち上げようと計画している。また8 SecuritiesはAPIを公開し、デベロッパーにはプラットフォーム上でアプリを構築してもらうことを考えている。さらにはデベロッパーがスタートアップできるように支援していくファンドの設立も準備している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

8-securities

Company: 8-securities

ソーシャルな繋がりを持つ「取引ポータル」のアプリ・ダッシュボー ドを使用して、誰でも簡単に金融市場で投資を行うことができるサービスを開発している香港の企業。

About StartupBase

----------[AD]----------

スタートアップ成功の鍵は“人材”を大事にすることだ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 誰かのために働いてから15年過ぎ、Mikaal Abdullaはやっとのことでかっこいいと思える自分の会社を始めた。彼は8 Securitiesの共同設立者兼CEOであり、シリコンバレー、ニューヨーク、ロンドン、ドバイ、ムンバイ、シンガポールを経由して今は香港にいる。 スタートアップの成功を決める要因はたくさんある。製品の改良、ターゲティング、競争力などは当…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

誰かのために働いてから15年過ぎ、Mikaal Abdullaはやっとのことでかっこいいと思える自分の会社を始めた。彼は8 Securitiesの共同設立者兼CEOであり、シリコンバレー、ニューヨーク、ロンドン、ドバイ、ムンバイ、シンガポールを経由して今は香港にいる。


スタートアップの成功を決める要因はたくさんある。製品の改良、ターゲティング、競争力などは当然のことで重要な要因であるが、あまりに多過ぎてこの記事では書ききれない。リップサービスだと例えられることも多いが、私見として成功を決める最も基本的な要因は雇っている従業員だと思っている。

これはアジアのスタートアップが直面している課題であり、特に設立当時のメンバーを超えるチームを作り上げることの重要性について私は声を出してきた。それらについて、いくつかのカギとなる構造的、文化的、そして社会的な課題の概要を説明してきた。この記事は「アジアのスタートアップで華々しいことなんて何もない」とタイトル付けた記事で起業家として直面してきたことを書いたものである。この記事を問題解決の中心として考えたい。

共同設立者ともに、私たち2人はスタートアップをするには年を取り過ぎている。E*TRADEという従業員4000人の企業にいたが、この会社はシリコンバレーで創業した魅力あふれるスタートアップだった。私たちは二人とも同じ考えを持っているが、自分たちのスタートアップを始めるにあたり、退職する前から学び取っていた最も大切な教訓というものがある。それは、良いときも悪いときも組織をいかに率いていくか、仕事を達成することに集中する文化をいかに保っていくかということだ。

ETRADEが事業としてピークを迎えていた頃、我々は15の地域からなる500人のチームを管理していた。特定地域での事業には、非常に上手くいったケースと失敗に終わったケースがあった。ほとんどのケースに当てはまることだが、結局は、現場の人と彼らの信念や遂行する質に関わってくる。長期的に最も有用な財産になるのは製品ではなく、”人”である。チームを作る際、現時点のままではなく、将来スタートアップがどうあって欲しいか、それを念頭にチーム作りをしてもらいたい。

設立メンバーが少人数なら、自分達の製品や目の前のチャンスに対しあなたはやる気に満ちている(そうあるべきだ)。上手くいけば、あなたのアイディアで益々弾みがつき、資金の調達や資金の再投資でキャッシュフローの健全化を図り、成長させていく立場に立つであろう。最初の投資は、恐らく設立メンバー以外の人の雇用になるだろう。4人、5人そして6人と従業員を増やしていくにつれて、あなたが求めるやる気の度合いに彼らが合わなくなる事に気付くだろう。最初は、なぜ自分のように気持ちを込められないのか理解できないだろう。でも一歩さがって冷静に考えてみることだ。

人はいろいろな理由で働き、自分自身の意欲とモチベーションを持っている。チームのメンバーがレッドブルを飲んで朝方4時までコードを書きたくないと思っていても切り捨ててはいけない。モチベーションを合わせられないのは、そのスタートアップにまったく合わないというわけではない。今まで一緒に働いてきたメンバーは2つのはっきりとした資質がある。自主性があり、方向性を持って実行することだ。会社を大きくしたいと思ったらチームのモチベーションが広がっていくのを予期してうまく適応していくことだ。事業への熱意は、違った形で目に見えてはっきりと現れてくるだろう。

運営しているスタートアップにとって、人材を競争力のある利点に変えていくにはどうすればいいのだろうか。シリコンバレーではよくあることだが、一般的にアジアでは他のスタートアップとの人材獲得競争などはない。代わりに大企業との競争があり、安定と長期の雇用が認識されている点である。立ち上げたばかりのスタートアップはここには太刀打ちできない。信用し敬意を持って人を雇っていくという前提で、実際にもっと高いレベルにあげていけるのだ。いくつかのアイデアがここにある。

休暇制度という考えをなくす

8 Securitiesを立ち上げた当初、会社の規模を考慮して自分たちの利点について考えることにした。まずは休暇日数から始めた。

香港では、法律によって定められている休暇は14日であるが、自社では25日に決めた。仕事の質というものは、日数や時間では計れるものではなく遂行した業務量で見るものだ。自分で職務を遂行できる人を雇えばやり遂げてほしいことをしてくれる。職務を中心に考えている人があちこち追加で休暇を取ることを心配はする必要がなくなる。休暇制度を全面廃止したいと思っており、そもそも休暇日数の記録すらなくしたい。私にとってどうでもいいことなのだ。競合他社よりも業務に集中し生産性を上げる努力を止める日はこの制度への取り組みを考え直す日だろう。そのような日が近いうちにやってくるとは思っていない。

チームメンバーの福利については厚遇すること

次に実行したことは、妊娠出産費用の保証を含む豊富な医療給付プログラムの実施だ。健康保険の諸手当は労働者補償費の5~10パーセントくらいであり、ここは減らすべき経費ではないと考えている。従業員の福利と安全は実践すべき事項の第一にくるものだ。24歳で健康な身体だ、という人もいるかもしれないが、チームの他のメンバーはまったく健康だと感じてはいないかもしれない。このことは、チーム内にこの会社を長期にわたって発展させていくことに本気で取り組んでいることを分かってもらえる、もっとも大切な投資の一つなのである。

独裁制にはならない(これはライバル企業にまかせる)

チームのメンバーには自由を与えて生活と仕事のバランスをとってもらうことだ。誰かが1時間歯医者に行くことに対して目くじらをたてない。1日のうちに何度か休憩時間を取ってもらい人と交流してもらい、コーヒーを飲んでもらい、自由にインターネットをしてもらう。自らが率先してすればメンバーもやるだろう。誰も朝から晩まで生産性を上げ続けることなどできない。わずかな心の休息なしには、生産性はとにかくなくなってしまい、ただぼんやりとスクリーンを見るだけになる。これは従業員の行動を逐一報告させる競合が陥っている状況だろう。

各種多様な環境を整える

経験、国籍、性別などの多様性は強力な武器となる。こういった壁を越えた多様性は、様々な考えや意見をもたらしてくれる。思考の多様性がないと、イノベーションや強みが損なわれてしまう。以前の仕事では様々なメンバーのいるグローバルなメンバーを管理し、そのような文化を社内に持ち込んでその大切さを教え込めたのはとても幸運なことだった。今のチームは6カ国の人達で構成されている。

弊社はスタッフの大多数が女性という、金融業界では前代未聞の会社である。新たな考えを吹き込むために業界外から人材を雇うための努力をやっと始めたのだ。アイデアのために自分の内側ばかり見つめがちな古い業界の目を覚ますには、多様性が必要だ。これがまさに彼らが革新しない理由、そしてあなたが本当のチャンスを手にしている理由である。

透明性の重要性

チームを組むときには、報酬だけでなくリスクについても明確にするということが非常に重要だ。あなたがきっと直面するであろう市場や資金調達のリスクについて、部下の一人一人があなたほどよくわかっていないかもしれないということが、日常茶飯事になってはならない。

リスク許容度に関して一定のレベルに達していない人がスタートアップでやっていくことは不可能なので、あらゆることを明確にするということはあなたにとっても有利に働くのだ。認識されているリスクを事実に基づいて軽減し、いつも正直にいることを心がけてもらいたい。あなたは最終的には誰かの生活に対して責任を持っているので、一人一人が状況をよく承知した上でやっていくべきなのだ。また、良いことでも悪いことでも、ビジネスの進み具合についても率直であることを強く推奨する。我々のオフィスでは天井に取り付けた4つのプラズマスクリーンでリアルタイムの主要指標を表示している。情報を与えないことは疑念を生むし、私はむしろ一人一人に自分たちは皆いっしょに取り組んでいて一つなので恐れる必要はないという思いをもってもらいたいのだ。

株、株、そして株

シリコン・バレーとアジアの一番大きな違いはアジアには株式の文化が不足している点だ。創業者以上に、貴方は従業員が長期株式より給与、福利厚生、安定に関心がある事に気付くだろう。従業員が株式を求めないからといって与えてはいけないという事ではない。私の提案は株式をチームの皆がついていける具体的なゴールに結びつけるという事だ。我々にとって、ゴールが最初の継続的な収益性となる。

達成したら、全従業員に株式を与え、投資家との株主契約に規定する。株式にまだ価値が無いから(従業員は価値を全く感じない)、最初から株式を与える事が役に立つとは思わないが、株式は業績や忠誠心に対する報酬の為のツールとして使うべきだ。

この考えを貴方に残しておこう。チームを構成し動機付ける事は最も大変な仕事となる。繰り返すが、今日ではなく将来、どういう会社にしたいかの考えを持っておこう。貴方の製品は今のところは良いが、貴方がスタートアップした会社が成功するか失敗するかの究極の要因は”人”になる。毎度のことだが、Good Luck!応援しているよ!

[画像引用: Shutterstock]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------