BRIDGE

タグ Airporter

宿泊移動から「荷物の煩わしさ」を取り除くAirporterが2億円調達

SHARE:

ニュースサマリー:空港~宿泊施設の手荷物当日配送サービス「Airporter」を運営するAirporterは27日、総額2億円の資金調達を実施したと発表した。同ラウンドに参加したのは、31VENTURES、マネックスベンチャーズ、Global Catalyst Partners、地域創⽣ソリューション、みずほキャピタルの5社。同社は昨年6月に、シリーズAの調達を完了していた。 話題のポイント:「観…

airpoter.png
Image Credit : Airpoter

ニュースサマリー:空港~宿泊施設の手荷物当日配送サービス「Airporter」を運営するAirporterは27日、総額2億円の資金調達を実施したと発表した。同ラウンドに参加したのは、31VENTURES、マネックスベンチャーズ、Global Catalyst Partners、地域創⽣ソリューション、みずほキャピタルの5社。同社は昨年6月に、シリーズAの調達を完了していた。

話題のポイント:「観光時間を創出する」ことをミッションに掲げるのがAirporterです。同社は、旅をする際には欠かせない「荷物」の配達事業を展開しています。

利用方法は至って簡単です。事前に預かり場所と配送先を選択し支配いを済ませておけば、手ぶらでの移動ができます。空港から宿泊施設へ、または、宿泊施設から空港へ、のどちらの場合でも利用可能なため、現地到着から現地出発まで全く荷物を持たずに移動することが可能です。また、値段についても手の出しやすい価格帯に抑えられておりタクシーのように気軽さを持った利用が想定されています。

Capture

実は、空港からホテル・市街間における荷物配達事業は海外を見ると複数スタートアップが台頭し始めていました。その中でも近年では、オンデマンド型、例えばスペインのBobやBagbnbなどがそれぞれ荷物配達版Uber・Airbnbのような形で事業を展開しています。

旅から煩わしさを取り除くという観点では、例えば旅先に必要な服を全て届けてくれるTRVL Porterなど、旅に「コンシェルジュ」サービスの民主化を目指すようなトレンドもあります。

これまでにもAirporterのような、コンシェルジュ的荷物配達の概念は存在していました。しかし、その多くは例えばクレジットカードの付帯サービスのようなケースで、利用者は限定的でした。つまり、Airporterの取り組みはこうした限られた層へ向けたサービスを、限りなくオープンにし、同社の掲げる「観光時間の創出」を実現するものといえるでしょう。

同社が本質的に狙っているのは「旅ナカにおける訪日外国人とのタッチポイントを持つサービス」としています。訪日旅行客で大型の荷物を持たない人はまずいないでしょうから、ここを入り口にしたのは納得感があります。

d31032-8-969277-0
Airpoterチーム:プレスリリースより

また同社がリリースでも言及しているように、今まで「荷物移動に対価を払う」という行為は一般化されていなかったため、抵抗がある方がいることも想像できます。

そうした根本的な問題解消に向け、同社では無料配送のビジネスモデルにも挑戦するそうです。無料配送で得られる顧客データを活用し、企業のマーケティング支援やデータ分析などを支援するということですが、この辺りがスムーズにいくかどうかも興味深い点です。

ここで一つCOVID-19の投資への影響についても考えてみましょう。

トラベル・ホスピタリティー系領域の代表格であるともいえる、AirbnbはCOVID-19以降、大きくダメージを受けています。コロナ前後の世界で移動者の絶対数減というのは避けられない現実となりそうです。事業会社からの出資が大きくストップすると囁かれる中、このタイミングでの出資となった31VENTURESはこのようにコメントしています。

今回のCOVID-19は全体的には良い影響ではないですが、その意味ではふるいにかけられ、本当に強い信念を持ち、ユーザーにとって価値のあるサービスを展開できるスタートアップだけが生き残って行くのだろうと考えております。特に、今回三井不動産とのCVCファンドから出資させていただいており、三井不動産系ホテルや商業施設等との連携を検討していく予定です。ある種、今後のグロースに向け良い仕込み期間が取れたとも考えております。

COVID-19によりある一定期間は移動が制限されるものの、力のあるスタートアップは必然的に生き残るため、注意は払っているでしょうが、特段トラベル・ホスピタリティー系だからどうこうと考えていないようです。

個人的にアフターコロナの世界観ではあらゆる企業が歩み寄り、サービスを充実させる方向へ向かっていくと感じています。そういう意味でも、スタートアップとエンタープライズ間における事業連携はさらに重要なポイントとなってくるのではないでしょうか。

----------[AD]----------

宿泊施設〜空港間の手荷物を当日配送するAirporter、シリーズAで数千万円を資金調達——BASE Partners、マネックスV、みずほキャピタルから

SHARE:

宿泊施設〜空港間の手荷物当日配送サービス「Airporter」を提供する Airporter は24日、シリーズ A ラウンドで資金調達を実施したと発表した。正確な調達額は明らかになっていないが、数千万円規模とみられる。今回のラウンドに参加したのは、BASE Partners、マネックスベンチャーズ、みずほキャピタル。Airporter にとっては、昨年3月に実施したシードラウンド(BASE Pa…

Airporter のチーム。中央が創業者で代表取締役の泉谷邦雄氏
Image credit: Airporter

宿泊施設〜空港間の手荷物当日配送サービス「Airporter」を提供する Airporter は24日、シリーズ A ラウンドで資金調達を実施したと発表した。正確な調達額は明らかになっていないが、数千万円規模とみられる。今回のラウンドに参加したのは、BASE Partners、マネックスベンチャーズ、みずほキャピタル。Airporter にとっては、昨年3月に実施したシードラウンド(BASE Partners と BEENOS が参加、調達額数千万円程度)に続くものだ。Airporter では今回調達した資金を使って、ホテルとの業務提携の強化、UI の改善、配送システムの強化を行うとしている。

2016年12月にβローンチした Airporter は、空港から宿泊施設へ、または、宿泊施設から空港へ、観光客の荷物の当日輸送サービスを提供するスタートアップだ。観光客は手ぶらで移動できるため、フライト到着から宿泊施設へのチェックインまでの時間、または、チェックアウトからフライト出発までの時間を自由に過ごせるようなる。創業者で代表取締役の泉谷邦雄氏の言葉を借りれば、「観光時間の創出」が可能になるわけだ。

泉谷氏はもともと民泊を10軒ほど経営していたが、チェックアウト後に荷物を預かれないことから、宿泊客にはコインロッカーの利用を勧めていた。しかし、大型のスーツケースが収納可能なコインロッカーが限られ、コインロッカーが集中する鉄道駅まで荷物を持って移動することを余儀なくされるため、一部の宿泊客からはクレームが寄せられる羽目に。この事件を契機に、いっそ荷物を空港に運んでしまえばいい、というアイデアに行き着いた。Airporter は空港内の荷物預かり所と提携しており、観光客はここで荷物の受け取り、預け入れが可能だ。

Airporter のユーザの皆さん
Image credit: Airporter

現在、東京と大阪でサービスを提供しているが、東京では全体の25%に相当する4万室分のホテルと契約しており、現在の顧客流入経路の多くはこれらホテルを通じてのものだ。この戦略が功を奏して、現在のサービス取扱量は MoM(月次成長率)で20%を超えている。このビジネスの利益率を握るのは配送時の積載率になるが、今のところは〈宿泊施設→空港〉の需要が〈空港→宿泊施設〉のそれを大きく上回っているようで、後者の需要を伸ばすことが今後の課題。

泉谷氏は THE BRIDGE の取材に対し、「(〈空港→宿泊施設〉の需要に訴求する)海外プロモーションはまだこれから。まずは、(〈宿泊施設→空港〉の需要を取り込む)タビナカを押さえていこうと考えている」と語ってくれた。また、〈空港→宿泊施設〉の積載率を高めるため、この配送ルートに関わる他の需要確保にも見通しが立っているという。将来的には、観光客の日本滞在最終日の爆買商品の空港直送などにも商圏を広げたいと考えているようだ。

ソウルや香港などでは空港に行く前に、都市中心部で荷物の預け入れやチェックインできる「シティチェックイン」が提供されているが、東京や大阪を含む世界の多くの都市ではそのようなサービスは無く、観光客自らが重い荷物を持って、空港⇆宿泊施設間の移動を余儀なくされる。そんな中、筆者も旅をしていて、最近、この種の荷物配送サービスを目にすることが多くなった。バンコクの AIRPORTELs、ドバイの DUBZ(今月、グラウンドハンドリング大手の dnata が買収)、ロンドンの Airportr、アメリカ主要都市の AtYourGate、香港の LuggAgent など、既存の運送会社ではなくスタートアップの手によるものが多いのが興味深い。

その理由について、泉谷氏は

  1. 既存の運送会社ネットワークが、輸送効率化を目的にハブ・アンド・スポーク型で設計されていて当日配送には向かないこと
  2. 空港⇆宿泊施設間の荷物配送は、集荷や配達時に不在ということがないので、再配達によるコスト増が生じにくいこと

……などが背景にあるからではないか、と語ってくれた。一方で、早い段階で顧客流入経路との提携を増やし、潜在的競合への参入障壁を作ることもスタートアップにとって喫緊の課題だ。日本では、店舗等の余剰スペースを活用した荷物預かりサービス ecbo もまた、駅ターミナルから宿泊施設への手荷物配送サービス「ecbo delivery」を発表している

----------[AD]----------

宿泊施設〜空港間の手荷物を当日配送するAirporter、BASE PartnersとBEENOSから数千万円を資金調達

SHARE:

宿泊施設〜空港間の手荷物当日配送サービス Airporter を提供する Airporter(旧社名:WILLER)は26日、BASE Partners と BEENOS (東証:3328)から総額数千万円を調達したと発表した。シードラウンドとみられる。BASE Partners は、シーエー・モバイルの創業者で CEO を務めた外川穣氏と、同じくシーエー・モバイル戦略投資室室長を務めた山口丈寛氏…

宿泊施設〜空港間の手荷物当日配送サービス Airporter を提供する Airporter(旧社名:WILLER)は26日、BASE Partners と BEENOS (東証:3328)から総額数千万円を調達したと発表した。シードラウンドとみられる。BASE Partners は、シーエー・モバイルの創業者で CEO を務めた外川穣氏と、同じくシーエー・モバイル戦略投資室室長を務めた山口丈寛氏ら運営するベンチャーキャピタル。

Airporter は「荷物を預けたい旅行者」と「荷物を預かりたくない施設」のジレンマを解消するために開発された、手荷物当日配送サービス。旅行者は手ぶらで空港から、または、空港への移動ができるので、宿泊施設へのチェックイン前の市内観光を容易に楽しむことが可能になる。

香港空港、韓国のインチョン(仁川)空港・キムポ(金浦)空港などでは、それぞれ、市内中心部で航空会社に荷物を預けられるシティチェックインが利用可能となっており、手ぶらで市内観光したまま空港から出国できることから、観光客から高い評価を得ている。Airporter を利用することで、日本国内でも観光客は同じようなユーザエクスペリエンスを得られるようになる(空港カウンターでのチェックインは必要)。

Airporter は総務省が主催した「異能ジェネレーションアワード」で特別賞を受賞している。店舗等の余剰スペースを活用した荷物預かりサービス「ecbo cloak」も、駅ターミナルから宿泊施設への手荷物配送サービスを試験的に開始しており、宿泊施設〜空港間の手荷物配送サービスについても今後のサービス提供が期待される。

----------[AD]----------