タグ Akatsuki

アカツキがWeb3の25億円ファンド「Emoote」発表、STEPNなどへ出資

SHARE:

ニュースサマリ:ゲームを中心にエンターテインメント事業を展開するアカツキは5月12日、Web3領域に特化した25億円のファンド「Emoote(エムート)」の設立を伝えている。シンガポールにアカツキの法人子会社(Emoote Pte. Ltd.)を設立し、事業体が将来的に発行するトークン(暗号資産)に対して出資するSAFT(Simple Agreement for Future Tokens)や、株…

ニュースサマリ:ゲームを中心にエンターテインメント事業を展開するアカツキは5月12日、Web3領域に特化した25億円のファンド「Emoote(エムート)」の設立を伝えている。シンガポールにアカツキの法人子会社(Emoote Pte. Ltd.)を設立し、事業体が将来的に発行するトークン(暗号資産)に対して出資するSAFT(Simple Agreement for Future Tokens)や、株式に加えて転換できるトークンワラントなどの方法にも対応する。一社あたりの出資額は30万米ドル程度を想定しており、2021年9月の投資活動開始時から約20以上のプロジェクトへの投資を完了している。

投資ステージはシード、アーリーで主なエリアは日本を含むアジアが50%、米国が40%となっている。Emooteが注目するのは、従来型のテック・エンターテインメントなどの領域にトークンエコノミクスを組み合わせたもの。主な投資先として、NFTスニーカーを購入することで「移動で稼げる(move-to-earn)」モデルを提案したGameFiプロジェクト「STEPN(ステップン)」などが含まれる。同社の設立は2021年8月ながらそのコンセプトが受け入れられ、今日時点(5月12日)での総トークン価値(CoinmarketcapのFDV・希薄化後時価総額)は74億ドルと評価されている。

ここ1、2年でアジアではPlay to Earn(遊んで稼ぐ)GameFiの代表格とされるAxie Infinity(ベトナム)や、その成長を支えることになったスカラーシップモデル(アイテムレンタル)のYield Guld Games(フィリピン)などが世界的な成功を収めており、日本からもポルカドットハブのAstarが躍進するなど新たなパラダイムシフトの到来が期待されていた。アカツキはこれまでに培ってきたエンターテインメント、特にIP関連の知見やスタートアップ支援の経験をこの領域の投資に役立てる見込みだ。Emooteはこれまでアカツキで投資やスポーツ領域の事業を手がけた熊谷祐二氏らが牽引することになる。

Emooteの投資先

話題のポイント:暗号資産(仮想通貨)関連では、昨日は久しぶりに遭遇した激しい一日になっていたようです。ドルペッグ(連動型)のUST(Terra)が大きく下落し、そのガバナンストークンであるLUNAが90%以上下落するなど、ビットコインやイーサリアムなどの主要暗号資産も全面安となりました。また、注目されていたNFTプロジェクト「AZUKI」にラグ・プル(暗号資産詐欺)疑惑が持ち上がり、一時36イーサ(今日時点の価格で70,000ドル以上)を付けていた平均価格が10イーサ以下に下落するなど、こちらも大きくバブルが弾けた格好です。

ただ、2017年前後のICOバブルを経験している人であれば「ハイハイまたきましたね」という側面もあり、加熱した投機バブルが落ち着くことで、本当に必要なプロジェクトの見極めにつながるという点もあります。実は、今回のEmoote発表に際して熊谷さんにインタビューをさせてもらったのですが、そこでもこの「クリプトの冬」についてもお聞きしています。詳しくはポッドキャストをお聞きいただきたいのですが、結論は「プロジェクトを見極めて」「長期保有」これに尽きます。

シンプルなんですが、結局、自律分散を成功させたビットコインやイーサリアムなど主要インフラはここ10年足らずでその価値を天文学的な倍率に引き上げましたし、長期の視点で考えればやはりクリプト(特にトークンインセンティブのエコノミクス)は次のパラダイムシフトを開く鍵になるのは間違いないと思います。

ポッドキャストではEmooteのスキームや主要投資先となったSTEPNのモデル、なぜ投資できたのか、クリプトの冬、そして日本市場をどう見ているのかについてお聞きしています。

ポッドキャスト全文

BRIDGE編集部・ポッドキャストではテクノロジースタートアップや起業家に関する話題をお届けいたします。今回の取材ではアカツキで新たに設立されたWeb3ファンド「Emoote」の熊谷さんにお話を伺ってきました。

クリプトスタートアップへの投資は、数年前に発生したICOバブルの崩壊によってしばらくその声を聞くことはなかったのですが、昨年から発生したNFTの加熱によって再開し、世界的にもAndreessen Horowitz(22億ドル)を筆頭に、Sequoia Capital、Bain Capital などの従来ファンドの参戦や、2018年設立の新興クリプトファンド「Paradigm」が25億ドル規模を集めるなど注目が続いています。国内でもgumi CryptosやInfinity Venture Cryptoなどが立て続けに活動を報告していました。

インタビューでは投資先として注目のGameFiとフィットネスを組み合わせたプロジェクト「STEPN」の仕組みを中心に、やってくるクリプトの冬への対応などをお聞きしました。ぜひ熊谷さんの声をお聞きください。

Emooteの投資チーム

ファンドの概要を教えてください

熊谷:アカツキとして25億円規模の Web3特化ファンドを設立しました。昨年の9月から投資を実行していて、日本でも話題になっているSTEPNを中心にグローバルで20以上の投資実績があります。これ全てトークンに絡んだ投資です。

普通のファンドだと匿名組合だったりとか、CVCだったら2人組合とか色々作り方がありますが、今回はどのようなスキームで作りましたか

熊谷:今回シンガポールに子会社を作っていて、そこをベースに投資を実行してます。大前提として僕らは投資家であって発行体ではないので、税務のリスクは多くないです。あとは既存の LP や CVC を元々やっているので、日本にいてもアカツキ本体から投資するのはトークンでもできます。

ただ僕らにはアジアがすごく重要な拠点で、シンガポールをベースに活動すること、そこにネットワークを作ることがすごく投資事業にとって大事だと思ったのでシンガポールに拠点を作りました。ヨーロッパでビジネスやりたければロンドンに支店を作ったり、アメリカに支店を作ったりとかするのと同じ感覚です。

SAFTがメインなんですか?

熊谷:ほとんどがSAFTでの契約です。将来のトークンをもらえる。その代わりに対価としてお金をいくら払うというのが投資のスキームです。ただ、2022年になってから北米を中心にスキームが変わってきていて、Y Combinatorがもともと作ったSAFEプラストークンワラントという、後からトークンに転換するようなものが一部出てきているので、そういうものにも対応しています。もちろんエクイティで投資したい場合にも対応できています。

web3領域のスタートアップが増えてますが、どこにフォーカスし、1社あたりどの程度投資しますか

熊谷:トークン投資の転機になったのが、2021年のAxie Infinityです。Axieと同じように、いろんなプロトコルだとかプラットフォームの上に乗ってくるアプリケーションレイヤーに僕らは注力したいなと思ってます。かつ、エンタメとメディアとライフスタイル領域。コンシューマービジネスに近いところがこれまでアカツキでずっと追求してきたところで、僕らのミッションをかなえる領域です。チケットサイズは30万米ドルくらいなので、日本円だと4000万円くらいをベースにしてます。

既に投資したSTEPNが一番特徴的なので、このSTEPNの仕組みを教えてもらってもいいですか

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


アカツキが投資部門を分社化、50億円規模の新ファンド「Dawn Capital」を組成

SHARE:

アカツキ(東証:3932)は、Akatsuki Ventures を設立し、2022年4月1日から50億円規模の新ファンド「Dawn Capital(ドーン キャピタル)」の運用を開始すると発表した。アカツキはこれまで、呼称としてのプロジェクト名「Heart Driven Fund」を用いてきたが、実質的にはアカツキの事業会計からの出資だった。投資部門の分社化により、より柔軟な投資運用が可能になる…

Akatsuki Ventures の皆さん。左から3人目が代表取締役社長に就任する石倉壱彦氏。
Image credit: Akatsuki Ventures

アカツキ(東証:3932)は、Akatsuki Ventures を設立し、2022年4月1日から50億円規模の新ファンド「Dawn Capital(ドーン キャピタル)」の運用を開始すると発表した。アカツキはこれまで、呼称としてのプロジェクト名「Heart Driven Fund」を用いてきたが、実質的にはアカツキの事業会計からの出資だった。投資部門の分社化により、より柔軟な投資運用が可能になる。

新会社の代表取締役社長には、アカツキの投資部門をリードしてきた石倉壱彦氏が就任する。アカツキは2018年11月以降、Heart Driven Fund を通じて58社に対して総額約60億円を投資しており、6社をイグジットさせている(IPO が1社、M&A が5社)。Akatsuki Venturesでは、ハンズオンチームに加え、アカツキ本体による経営・事業サポート体制も構築し、投資先への支援を強化する。

アカツキは先週、レシート買取アプリ「ONE」運営の WED のシリーズ C ラウンドに単独参加している。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


FCバルセロナや東京ヴェルディらも参戦ーーアカツキが熊谷氏のSkyball買収で、eスポーツリーグ「LPE」開始へ

SHARE:

ゲームやリアル体験のエンターテインメント事業を展開するアカツキは8月22日、eスポーツリーグ「LPE」の設立と事業参入を発表した。同社はその運営にあたり、スペインを拠点とするPROFESSIONAL ESPORTS LEAGUE(PEL)社の株式を取得して子会社化したことも公表している。TechCrunchの報道によると、取得した株式は65%で、かかった費用は300万ユーロ(約3億8000万円)。…

akatsuki.png
写真左:アカツキ入りが明らかになったSkyballの熊谷祐二氏

ゲームやリアル体験のエンターテインメント事業を展開するアカツキは8月22日、eスポーツリーグ「LPE」の設立と事業参入を発表した。同社はその運営にあたり、スペインを拠点とするPROFESSIONAL ESPORTS LEAGUE(PEL)社の株式を取得して子会社化したことも公表している。TechCrunchの報道によると、取得した株式は65%で、かかった費用は300万ユーロ(約3億8000万円)。

また、同時にアカツキは国内でスポーツエンターテインメントの事業を展開していたSkyballを子会社化している。本誌取材に回答したもので、Skyballの発行済全株式を取得。代表取締役の熊谷祐二氏は今回子会社化が発表されたPEL社の取締役にも就任する。買収にかかった費用は非公開で法人としては存続し、熊谷氏はスペインにてリーグ運営の事業推進を担当する。

熊谷氏は東京理科大学在学中に検索エンジン開発のフォリフを創業した人物。2014年4月にはキュレーションメディア「iemo」の共同代表を一時務め、その後、2015年11月にスポーツエンターテインメントを軸とするSkyballを創業した。

今回、熊谷氏が担当することになった「LPE」は、PELが設立したeスポーツリーグで、立ち上げ時に開催されるサッカージャンルのリーグマッチについては公式にスペインのFCバルセロナやレアル・ソシエダ、ビジャレアル、ブラジルのサントス、日本からは東京ヴェルディなどが参加を予定している。今年秋にはプレシーズンマッチを開始し、2019年には賞金総額50万ドルをかけた大会も計画している。

熊谷氏は今後のタイトル拡大についてこのように説明してくれた。

「スポーツタイトルはもちろん、ストラテジータイトルなど幅広いゲームを採用する予定です。また現在はサッカーチームが多いですが、プロチームも野球、バスケットボールからクリケットまで多くの競技で話を進めており、プロであれば大歓迎です」。

熊谷氏とアカツキへのグループ入りを協議したのが今年5月頃から。元々彼らの株主だったアカツキがスペインでLPEリーグの構想に触れたことから事業買収などの話が進んだ。

「アカツキグループでグローバルにエンターテインメントの創出ができることがとても楽しみです。グループ入りといっても、LPEはまだまだ『ド』が付くほどのスタートアップなので、Next Big Thingを創るために得意な0→1を全力で頑張りたいと思います」(熊谷氏)。

国内のeスポーツ事業はコナミやミクシィ、サイバーエージェントグループなどが参入しており、海外で有名なゲームリーグでは数億円の賞金がかかったマッチもある。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録