BRIDGE

タグ All Turtles

Phil Libin氏のAll Turtlesが支援する対話型AI開発スタートアップSpot、職場のセクハラに対応するためのボットをローンチ

SHARE:

対話型 AI スタートアップ Spot は23日、職場でのセクハラ被害を匿名で報告できるボットを発表した。Spot のボットは、対話型 AI と認知面接の手法を用いて、職場ハラスメントの情報を収集する。 Spot はこのボットのベータ版を今年2月にローンチしていた。 ハラスメント被害を受けた個人がボットに話しかけると、雇用主に提出可能な報告書が作成される。このボットを採用する企業は、オンラインダッ…

Spot 共同創業者の Dylan Marriott 氏、Dr. Daniel Nicolae 氏、Dr. Julia Shaw 氏
Image Credit: Spot

対話型 AI スタートアップ Spot は23日、職場でのセクハラ被害を匿名で報告できるボットを発表した。Spot のボットは、対話型 AI と認知面接の手法を用いて、職場ハラスメントの情報を収集する。

Spot はこのボットのベータ版を今年2月にローンチしていた。

ハラスメント被害を受けた個人がボットに話しかけると、雇用主に提出可能な報告書が作成される。このボットを採用する企業は、オンラインダッシュボード上ですべてのセクハラに関する報告書を閲覧することができる。

従業員は、社員 ID 番号やメールアドレスで Spot にログインすることができる。Spot への情報入力は匿名かされるが、企業の人事部のスタッフは Spot 上のチャットツールを使ってフォローアップすることができる。

Spot は企業に対し、このプロダクトを導入し、報告書が届いてから10営業日以内のフォローアップを約束することを求める。もしその日数が経過しても、報告書について従業員が連絡を得られなかったときは、従業員は報告書 ID と共に Spot にメールをし、Spot は当該企業に連絡すると、All Turtles のプロダクト責任者 Jessica Collier 氏は VentureBeat との電話インタビューで語った。

Spot は All Turtles のメンバーの一社だ。All Turtles は2017年に設立された AI スタートアップスタジオで、サンフランシスコ、東京、パリにオフィスを持ち、企業と協業している。

All Turtles は Evernote 元 CEO の Phil Libin 氏により共同設立、Spot は臨床心理学者の Julia Shaw 氏と、Evernote の元従業員 Daniel Nicolae 氏と Dylan Marriott 氏により共同設立された。

Spot のオンラインダッシュボード
Image credit: Spot

これまでにも多くの対話型 AI が、ハラスメントの被害を受けた人々を救うために作られた。

アメリカやカナダの刑法に対応した対話型 AI システムの「Botler.ai」は、法令違反を感じた人々に犯罪が起きたことを理解してもらうえるよう支援する。Web ベースのツール「Callisto」は、性暴力の被害者が自身に降りかかった事件を報告し、テック企業や大学キャンパスで連続犯が誰かを見つけることができる

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

元Evernote CEOのPhil Libin氏、AIスタートアップスタジオ「All Turtles」を東京・SF・パリで始動へ——DGやXavier Niel氏らも出資

SHARE:

ロシア生まれアメリカ育ちのテック起業家 Phil Libin 氏は昨年、自ら育て上げたスタートアップの雄 Evernote を後にし、スタートアップ投資や起業家支援の道へと進み始めた。 今年に入って、彼は「All Turtles」という名のスタートアップ・スタジオを立ち上げた。 24日に都内で催された All Turtles の披露イベントで、彼は All Turtles を立ち上げた理由を次のよ…

ロシア生まれアメリカ育ちのテック起業家 Phil Libin 氏は昨年、自ら育て上げたスタートアップの雄 Evernote を後にし、スタートアップ投資や起業家支援の道へと進み始めた。 今年に入って、彼は「All Turtles」という名のスタートアップ・スタジオを立ち上げた。

24日に都内で催された All Turtles の披露イベントで、彼は All Turtles を立ち上げた理由を次のように語った。

シリコンバレー中心のイノベーションのモデルでは不十分だ。数十億ドルのお金の集まるようなアイデアのみが求められ、クリエイターはアイデアやプロダクトを創造するだけではなく、CEO になることが求められる。物を書くのがうまい人は出版社を作ることを求められないし、音楽が好きな人は音楽レーベルを作ることを求められないのに、スタートアップの世界では、よいプロダクトを作り広める以外のことに、さまざまな能力を求められる。(中略)

そして、スタートアップが失敗するのは、プロダクトを作り広める以外のこと——マネージメントだったり、資金調達だったり——に起因することが多い。スタートアップがプロダクトだけのことを考えられるようにして、成功を支援する AI スタートアップスタジオ、それが All Turtles だ。

サンフランシスコで始動した All Turtles には、既に8つのプロジェクトが参加している。

  • Growbot……インセンティブを高める業務管理ツール
  • Replika……自然に対話できる AI 友達
  • LEADE.RS……カンファレンスプログラムの作成支援ツール
  • Edwin……AI を使った英語学習サービス
  • DoNotPay……法務相談サービス
  • OCTANE AI……ブランド構築のためのボットサービス
  • butter.ai……社内にあるノウハウの共有ツール
  • sunflower labs……ホームセキュリティ

サンフランシスコには、これらに8プロジェクトに加え、2つのステルスプロジェクトが存在する模様。LEADE.RS は、Le Web を運営していた Loic Le Meur 氏が新たに始めたスタートアップ・カンファレンスをピボットさせたプロジェクトのようだ。

東京については、概ね今秋にオフィスを開設し、2018年1月1日に第一期の参加チームを募集受付を開始、2018年4月1日から選抜された5チームでプログラムが開始される予定だ。運営にあたっては、Open Network Lab の活動経験のあるデジタルガレージ(東証:4819)が協力する。パリ拠点についても、概ね東京拠点と同じタイムラインでプログラムが開始される見込みだ。

一度壊れながらも金継ぎで修繕してもらったマグカップを披露する Phil Libin 氏

All Turtles はこれまでに2,000万ドル以上の資金を調達しており、出資者としては、先ごろ世界最大のスタートアップ・キャンパス「Station-F」を完成させた Xavier Niel 氏のほか、Phil Libin 氏がシニアアドバイザーを務めるボストン拠点の VC である General Catalyst、楽天の代表取締役会長兼社長である三木谷浩史氏、デジタルガレージらが名を連ねる。本発表(full announcement)がなされるのはもう少し先ということなので、さらに出資者や協力者が増えることも予想される。

Libin 氏はイベントの中で、陶磁器の破損部分を修復する技法である「金継ぎ」を引き合いに出し、失敗したところから、また新たな価値を作り出せる可能性について、日本のこの文化の中にはスタートアップの行動規範に応用可能なコンセプトが数多くあるとした。

左から:Phil Libin 氏、デジタルガレージ代表取締役の林郁氏
----------[AD]----------