BRIDGE

タグ Bitmain(比特大陸)

世界最大のビットコインマイニング企業Bitmain(比特大陸)、香港でのIPOを申請——調達額は、FacebookのIPOを超える規模に

SHARE:

  Bitmain(比特大陸)は、香港証券取引所での新規株式公開(IPO)を正式に申請した。 先月には、北京を本拠とするビットコインマイニングの巨人である同社が1,800万米ドルを調達した Facebook を上回る IPO を計画していると伝えられた。IPO が成功すれば、Bitmain の時価総額は400~500億米ドルのレンジとなる。同社は8月4日に10億米ドルのプレ IPO の投…

 

bitmain-reception
Image credit: Bitmain(比特大陸)

Bitmain(比特大陸)は、香港証券取引所での新規株式公開(IPO)を正式に申請した。

先月には、北京を本拠とするビットコインマイニングの巨人である同社が1,800万米ドルを調達した Facebook を上回る IPO を計画していると伝えられた。IPO が成功すれば、Bitmain の時価総額は400~500億米ドルのレンジとなる。同社は8月4日に10億米ドルのプレ IPO の投資を登録し、昨日には目論見書を発行した。

これによると同社の今年上半期の純利益は7億4,270万米ドル、前年同期比で約8倍増だった。今年上半期の収入総額は28億米ドルだった。同時期、マイニング機器の販売収入は、全収入の94.3%を占めた。残り3.3%は同社によるマイニング事業、1.5%はマイニングプールの運営からの収入だった。

2018年6月30日時点で、Bitmain は四川省、新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区など国内11ヶ所でマイニングを行っている。マイニング機器をすべて合わせると20万台となるが、それは以下2つのプールに分割されている。BTC.com と AntPool(螞蟻鉱池)だ。コンサル会社の Frost & Sullivan によると、2017年時点で同社は ASIC(特定用途向け集積回路)に依存する世界最大の仮想通貨マイニング企業だった。

とりわけ目論見書によると、同社は堅調な成長を続けている。2015年から2017年にかけて、同社の年平均成長率(CAGR)は328.2%だった。

しかしながら、同社のIPO計画は、仮想通貨業界における競争の激化と中国本土での規制強化に関する懸念があるという問題を抱えている。マイニングメーカーの競合大手2社(いずれも中国企業)は今年初めにIPOを申請した。世界第2位のマイニングハードウェアメーカーの Canaan Creative(嘉楠科技)は5月に香港での IPO を申請した。6月には3番手の Ebang(億邦)がこれに続いた。

Bitmain で予定されている IPO のスケジュールや売り出される株式数は、公表された目論見書には記載されていない。最終的な時価総額についても現段階では不明である。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

世界最大のビットコインマイニング企業Bitmain(比特大陸)、Facebookを超えるIPOを計画

SHARE:

世界有数の仮想通貨マイニング企業 Bitmain(比特大陸)が、香港における IPO を9月までに申請すると CoinDesk が伝えた。 Bitmain は最大で180億米ドルを調達するつもりであり、これは Facebook の160億米ドルを超える額だ。同社の新たな評価額は400億米ドルから500億米ドルになるものと思われる。申請プロセスが上手く行けば、同社は今年末か2019年第1四半期までに…

Image credit: Bitmain(比特大陸)

世界有数の仮想通貨マイニング企業 Bitmain(比特大陸)が、香港における IPO を9月までに申請すると CoinDesk が伝えた

Bitmain は最大で180億米ドルを調達するつもりであり、これは Facebook の160億米ドルを超える額だ。同社の新たな評価額は400億米ドルから500億米ドルになるものと思われる。申請プロセスが上手く行けば、同社は今年末か2019年第1四半期までに株式を公開することになる。

Bitmain の設立者 Wu Jihan(吳忌寒)氏は今月上旬に IPO の計画について訊ねられた際、直接的なコメントはしなかった。

同氏は韓国の Huobi(火幣)のイベントでこのように述べた。

ICO は株式の代替となるものです。他の業種が IPO で資金を調達するなら、仮想通貨業界は ICO を活用して資金調達します。

Wu 氏のコメントの1日後である8月4日、Bitmain は10億米ドルのプレ IPO 投資の登録を公式に完了した。Tencent(騰訊)、ソフトバンク、そして国内トップの投資銀行である China International Capital Corporation (中国国際金融股份有限公司)が出資に参加した。

2017年を通じた Bitmain の利益は11億米ドルだった。この記録は同社の2018年第1四半期ですでに破られている。2018年を通じた利益は20億米ドルになると同社は予測している。

しかし、金融市場は Bitmain の IPO にそれほど楽観的ではない。現地の仮想通貨業界メディア Lieyun Finance(猟雲財経)の記事は、同社の総収入と利益の90%以上はマイニングサービスによるものであると伝えている。

金融や開発に関して考慮すべきことの他にも、仮想通貨関連ビジネスへの厳格な国内の規制や、仮想通貨価格の変動も IPO 計画を加速させた。

コンピュータのハードウェアメーカーとしては Bitmain の国内におけるライバルであり、世界で2番目に大きいビットコインマイニングのハードウェアメーカーでもある Canaan Creative(嘉楠科技)は、5月に最大20億米ドルを調達する香港の IPO 計画を提出したと伝えられている

同社の IPO は香港における仮想通貨業界のものとしては初めてである。先週(8月第2週)末、中国のメディアは Canaan Creative の Avalon A9シリーズの7nm ASIC チップについて大々的に報じた。

半導体業界内の情報によると、Apple や Qualcomm で使われているものに比べると新たな7nmチップはまだはるかに及ばないものの、研究開発への投入による進展の達成には楽観的であるとのことだ。

世界で3番目に大きいマイニングのハードウェアメーカーであり Bitmain と Canaan Creative の競合でもある Ebang(億邦)は、Canaan Creative の提出から遅れること1ヶ月の6月に、香港における IPO の申請を行った。

仮想通貨マイニング機器業界のトップである Bitmain は、正式に IPO を申請しているトップ3の中では最後である。

より激化するであろう業界内の競争に加えて、同じようなビジネスで機器とチップを製造する3社が香港で株式を公開することで、世界的なトップ3社が同一地域内の投資家を巡って争うこととなり、彼らは運営や金融において大きなプレッシャーにさらされる。

こうしている間も Canaan Creative と Ebang は強い資金調達意欲を示している。Canaan Creative は電気機器メーカー Shandong Luyitong(山東魯億通)に買収されたことで、本土での IPO を考慮に入れた。

この計画は規制当局が「不確実性が大きい」とコメントしたことで却下された。Ebang は中国の National Equities Exchange and Quotations(全国中小企業股份転譲系統)に上場していたが、市場の反応が悪かったために上場停止された。

競争の結果に影響を与え得るような新技術は、膨大な資本の注入と、知的財産のような無形のインプットを必要とする。近い将来には、マイニング企業の発展と成長において市場のシェアが重要な要素となるだろう。

さらなる研究や製品のアップグレードのために、市場に価値のある使用例が示されるようになるだろう。

【via e27】 @E27co

【原文】

ビットコイン価格下落の影響で、〝中国・深圳の秋葉原〟では採掘デバイスの販売が鈍化

SHARE:

ビットコインの価格は昨年12月、過去最高となる2万ドルに到達したのを最後に、2017年10月以来初めて6,000ドルを割り込んだ。しかし、この状況に苦しんでいるのはビットコイン投資家だけではない。中国最大のメイカーフェア Huaqiangbei(華強北、〝中国・深圳の秋葉原〟の異名を持つ)の採掘デバイス販売者たちも、採掘デバイスを販売する上で困難な時期であると感じている。 この市場のいるガジェット…

中国・深圳の華強北
Image credit: Masaru Ikeda

ビットコインの価格は昨年12月、過去最高となる2万ドルに到達したのを最後に、2017年10月以来初めて6,000ドルを割り込んだ。しかし、この状況に苦しんでいるのはビットコイン投資家だけではない。中国最大のメイカーフェア Huaqiangbei(華強北、〝中国・深圳の秋葉原〟の異名を持つ)の採掘デバイス販売者たちも、採掘デバイスを販売する上で困難な時期であると感じている

この市場のいるガジェット販売者の多くは昨年、市場の強気の見通しから、ビットコイン採掘デバイスの開発に精を出してきた。しかし、仮想通貨マニアの熱を急速に冷めさせ、リスクテイカーをこの極めて変動の激しい市場の犠牲者にしたいと思う人は誰もいなかった。

Antminer A3(螞蟻鉱機 A3)
Image credit: Bitmain(比特大陸)

ビットコイン採掘デバイスメイカーの Bitmain(比特大陸)は、同社の最新プロダクト Antminer A3(螞蟻鉱機 A3)を2018年1月17日に発売開始した際には、1台あたり中国国内向け20,800人民元(約36万円)、世界向け2,300米ドルでリリースした。ローンチ後間もなく、Antminer は Huaqiangbei で45,000人民元(約78万円)で販売されていたが、ビットコインの価格下落に伴い、この採掘デバイスの価格もガジェット市場で30,000人民元(約52万円)にまで下落した。

この波は販売者のみならず、ビットコインメイカーにも影響を及ぼしている。Bitmain は、Antminer A3 を3月中頃に出荷する2回目のオンラインオーダーを受け付け始めている。初回と2回目では商品の設定はまったく同じだが、2回目では価格が7,200人民元(約12.4万円)と、初回の約3分の1にまで下がった。

この下落は、現在も続く世界的な仮想通貨の大敗の中で生じている。イーサリアムは先週44%以上下落し、本稿執筆段階で636米ドルとなっている(編注:本稿日本語訳公開時点で830米ドル前後まで持ち直している)。

【via Technode】 @technodechina

【原文】