BRIDGE

タグ Byju’s

インド最大のオンライン学習「Byju’s」が首位をキープしている理由

SHARE:

ピックアップ:Tiger Global invests $200M in Byju’s at $8 billion valuation ニュースサマリー:インド最大のオンライン学習プラットフォーム「Byju’s」は、非公開株式にて、Tiger Global Managementから2億ドルの新規調達を実施した。本調達を機に同社の評価額は8億ドルに達した。 Byju&#821…

Screenshot 2020-01-11 at 9.18.53 PM.png
Image Credit : Byju’s

ピックアップTiger Global invests $200M in Byju’s at $8 billion valuation

ニュースサマリー:インド最大のオンライン学習プラットフォーム「Byju’s」は、非公開株式にて、Tiger Global Managementから2億ドルの新規調達を実施した。本調達を機に同社の評価額は8億ドルに達した。

Byju’sは2011年に創業したEラーニング・プラットフォーム。インド全土で低価格な動画授業や教材、模擬テストなどのコンテンツを提供している。ユーザーの学習データ分析を基にパーソナライズ学習プランサービスも提供する。

Screenshot 2020-01-11 at 8.58.18 PM.png
Image Credit : Byju’s

同サービスはiOS及びAndroidスマホアプリで利用できる。累計4000万ダウンロードを記録しており、アプリの評価は4.7と高い。展開都市は1700を超え、ユーザーによる1日の平均利用時間は約1時間10分だとされている。

話題のポイント:評価額8億ドルというと、既に立派なユニコーン企業の一つとして数えられます。実際、今回の調達を機に同社はSoftbankの投資先でもあるEコマース企業「Snapdeal」の企業価値を追い越し、インドで2番目にバリュエーションの高いスタートアップになりました。

ちなみに首位はByju’sの2倍の企業価値、16億ドルを誇る決済サービス「Paytm」を運営するOne97 Communicationsです。

インド教育市場の成長度合いは、同国経済の成長や人口増加の波を受け非常に強まっています。Crunchbaseのデータによれば、インド国内のEdtechスタートアップの調達額は2010年の2億ドルから、2019年は25倍の50億ドル規模にまで成長しています。

Byju’sはインド国内でも非常に早い段階でオンライン授業アプリの提供を開始し、独走状態のまま現在に至ります。「Tooper」や「Vedantu」などの競合も最近になり大型調達を行い、さらにTiktokが教育コンテンツ拡大戦略を進めているなどのニュースもありますが、既に同社の強烈なドミナンスが簡単に崩れるほどの脅威ではありません。

<参考記事>

というのも、同社は既に巨大な独占的シェアを獲得していることに加え、様々な顧客獲得戦略を講じているからです。主なな事例としては、Disneyとの提携によるオリジナル・コンテンツ戦略が挙げられます。

Screenshot 2020-01-11 at 9.01.00 PM.png
Image Credit : Byju’s

これらのサービスは早期教育市場を念頭にしており、ちょうど勉強を開始する小学生世代をターゲットにしています。Disneyのブランド力を駆使したマーケティングによって、ユーザーが人生で最初に利用するEラーニングサービスである確率を高めます。

ユーザーがByju’sの利便性を理解してもらい愛着を持たせることができれば、その後の教育過程においてもサービスを利用し続ける可能性が高くなります。ユーザー獲得タイミングの重要性を理解した巧みな戦略です。2019年に入り、同社はインド国外の英語圏市場への参入を計画しているとの報道も出ており、米国や英国、オーストラリア市場を候補としてあげているようです。

Tencent(騰訊)、インドのエドテックスタートアップByju’sに投資——Byju’sのM&A成長戦略の加速を狙う

SHARE:

インドの人気ナンバーワン・エドテックスタートアップの Byju’s が中国インターネット大手 Tencent Holdings(騰訊控股)から非公開額の資金を調達した。 このラウンドによって、バンガロールを拠点とする同スタートアップは新市場向け製品開発を加速し、買収を通じた成長戦略が可能になる。 Byju’s の設立者兼 CEO である Byju Raveendran 氏は…

インドの人気ナンバーワン・エドテックスタートアップの Byju’s が中国インターネット大手 Tencent Holdings(騰訊控股)から非公開額の資金を調達した。

このラウンドによって、バンガロールを拠点とする同スタートアップは新市場向け製品開発を加速し、買収を通じた成長戦略が可能になる。

Byju’s の設立者兼 CEO である Byju Raveendran 氏は次のように述べている。

ブランド認知の向上と学生への浸透強化により、今年も再び収益の倍増を見込んでおり、通年ベースで利益を出せる見通しです。今回調達した資金をもとに、テクノロジーを利用した学習効果の高い教材制作という私たちの専門性を活用して、新市場の学習ニーズに応えていきたいと思っています。

2015年に設立されたByju’sはK-12向け教育アプリを制作している。同アプリはクラス4~12(K-12)の学生が使いやすくて面白い、効果の高い学習プログラムを提供しており、また、JEE、NEET、CAT、IAS、GRE、GMAT といった重要な試験に向けた各試験対策を提供している。個々の学生の学習度合いや能力に基づく個人学習プログラムを作成でき、学生が自分のペースや自己の学習スタイルで学ぶことができる。

このアプリでは単に学習内容の理論をそのまま押し付けるだけでなく、関連する背景を踏まえ、かつ視覚的な学習が提供されている。同アプリで学ぶ900万人の学生と45万人超の有料会員を抱え、Byju’ sは100%以上の成長を遂げており、前四半期には黒字転換したという。

今月初め、Byju’s は TutorVistaEdurite をイギリスの多国籍出版・教育会社 Pearson Plc. から買収した。3月には、ベルギーの投資会社で東南アジアの e コマース企業 Lazada投資している Verlinvest からおよそ3,000万米ドルの資金を調達している。

それ以前には、Facebook の設立者 Mark Zuckerberg 氏と Priscilla Chan 博士が共同出資で立ち上げた Chan Zuckerberg Initiative(CZI)ファンドから5,000万米ドルを確保している。この資金調達は Sequoia Capital と Sofina から7,500万米ドルの投資を受けてから6ヶ月足らずのことだった。

【via e27】 @e27co

【原文】