BRIDGE

タグ Cinnamon AI(旧Cinnamon)

シナモンAI、シリーズCラウンドで約13億円を調達——元アクセンチュアCMIの加治慶光氏が取締役会長執行役員に就任

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから 【23日午前9時30分更新】加治氏が取締役に選任されたため該当箇所を加筆・削除。タイトル差替。 ホワイトカラー向けに人工知能(AI)を使った文書読み取りエンジン、音声読み取りエンジンなどを開発するシナモン AI(旧称、シナモン)は23日、シリーズ C ラウンドで約13億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは…

Image credit: Cinnamon AI

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

【23日午前9時30分更新】加治氏が取締役に選任されたため該当箇所を加筆・削除。タイトル差替。

ホワイトカラー向けに人工知能(AI)を使った文書読み取りエンジン、音声読み取りエンジンなどを開発するシナモン AI(旧称、シナモン)は23日、シリーズ C ラウンドで約13億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、D4V と Pegasus Tech Ventures。この金額には、三井住友銀行、日本政策金融公庫、商工組合中央金庫(商工中金)からのデットファイナンスが含まれる。

今回参加した株主のうち、D4V は2018年に実施したエンジェルラウンドの際、名称非公開の既存株主から株式譲渡を受けており、D4V はこのときに続く出資となる。今回の資金調達は、シナモン AI にとって約15億円を調達し2019年1月にクローズしたシリーズ B ラウンドに続くものだ。

また、同社ではこの機会に、CI をシナモンからシナモン AI に変更した(登記上の法人名はシナモンのまま)。

取締役会長執行役員に就任した加治慶光氏

なお、シナモン AI は昨日、アクセンチュアの元チーフ・マーケティング・イノベ―ター(CMI)で現在はグロービス経営大学院教授などを務める加治慶光氏が、執行役員会長取締役会長執行役員に就任したことを明らかにしている。これはシナモンが昨年取り組むコーポレート・ガバナンス強化に向けた施策の一貫で、同社では次回株主総会において、加治氏の取締役の就任を付議する予定としている。

自社開発による文書読み取りエンジン「Cinnamon AI」を使った RPA(クラス2)ソリューション「Flax Scanner」は、主力製品として、契約書、履歴書、営業進捗報告、医療カルテ、手書きの申請書、不動産物件情報、領収書などの自動整理に活用されている。また、Flax Scanner で採用されている正確な文字単語認識のための認識修正技術をベースに開発された「Rossa Voice」は、コールセンターの録音などから文字起こしを正確に実現できるソリューションだ。

シナモン AI は今回調達した資金を使って、高度な人材(特に海外における専門性の高い AI 人材)の登用、日本・ベトナム・台湾における組織体制の強化、AI プロダクトの基盤技術やユーザインターフェースの強化、音声認識・自然言語処理などの新領域開発への R&D 投資を強化するとしている。

----------[AD]----------

AIスタートアップのシナモン、約15億円を調達しシリーズBラウンドをクローズ——アドバイザーに新浪剛史氏が就任、米法人を設立しSVに進出

SHARE:

ホワイトカラー向けに人工知能(AI)を使った文書読み取りエンジン、音声読み取りエンジンなどを開発するシナモンは28日、昨年から調達していたシリーズ B ラウンドをクローズしたと発表した。最終的な調達完了額は約15億円となる。シリーズ B ラウンドでは昨年発表分に加えて、未来創生ファンド(スパークス・グループ)、野村ホールディングス、住友商事、SMBC ベンチャーキャピタル(SMBC-VC)、千本倖…

シナモンのチーム
Image credit: Cinnamon

ホワイトカラー向けに人工知能(AI)を使った文書読み取りエンジン、音声読み取りエンジンなどを開発するシナモンは28日、昨年から調達していたシリーズ B ラウンドをクローズしたと発表した。最終的な調達完了額は約15億円となる。シリーズ B ラウンドでは昨年発表分に加えて、未来創生ファンド(スパークス・グループ)、野村ホールディングス、住友商事、SMBC ベンチャーキャピタル(SMBC-VC)、千本倖生氏、石黒不二代氏が新たな投資家として加わる。SMBC-VC を含め、全ての出資は協業などを見据えた戦略的出資だ。

自社開発による文書読み取りエンジン「Cinnamon AI」を使った RPA(クラス2)ソリューション「Flax Scanner」は、主力製品として、契約書、履歴書、営業進捗報告、医療カルテ、手書きの申請書、不動産物件情報、領収書などの自動整理に活用されている。また、Flax Scanner で採用されている正確な文字単語認識のための認識修正技術をベースに開発された「Rossa Voice」は、コールセンターの録音などから文字起こしを正確に実現できるソリューションだ。

今回発表された新たな出資者のうち、野村ホールディングスとの協業では、傘下の野村證券のコールセンター業務で Rossa Voice が活用される見込みだ。証券会社のコールセンターでは、サービス向上や瑕疵防止の観点から顧客とのやりとりを録音していることが多いが、膨大なコールや音声データの中から、人間が全てをモニタ/レビューすることには無理がある。Rossa Voice の技術はこういったプロセスの効率化や省力化に役立てることができる。

シナモンとの協業を通じて、住友商事は部署を横断したデジタルトランスフォーメーションに、SMBC-VC は三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)傘下各社の業務効率化に、未来創生ファンド(運営はスパークス・グループ、ファンド出資はトヨタ自動車と三井住友銀行)はトヨタの業務効率化の可能性に期待を寄せる。

新浪剛史氏

今回の調達を受けて、シナモンは海外進出にも注力する。ベトナムや台湾では AI 開発拠点の地固めを行ってきたが、ビジネス開発やセールスの拠点として、これまでの東京に加え、シリコンバレーにオフィスを開設しアメリカ市場にも進出する。InsureTech 系のカンファレンスなどへの参加を通じて、アメリカ企業からは Rossa Voice に高い関心を得られているそうで、競合はいるものの潜在需要が大きいアメリカへの進出を他市場よりも優先させた格好だ。

また、サントリーホールディングス代表取締役社長の新浪剛史氏が2月1日、シナモンのアドバイザーに就任することも発表された。三菱商事、ローソンとリーダーシップを発揮してきた新浪氏の力を借りることで、シナモンでは拡大する組織の体制づくり強化に注力したいとしている。シナモンでは今後、ビジネス開発、AI ソリューションのデリバリ担当、シニア AI リサーチャーのハイヤリングを強化する

----------[AD]----------

ホワイトカラー向けAIによるRPAソリューション開発のシナモン、台湾にR&Dセンターを開設——無償のAIコースも提供へ

SHARE:

日本の AI ソリューションプロバイダー、シナモンが Microsoft や Google に続き、AI 研究開発センターを台湾に開設すると発表した。同国の優れた科学技術教育水準という魅力が決め手になった。 地域的な人材不足に対しては、10月に同社は無償で6ヶ月間の AI コースを台湾の若者に提供する。従業員候補の育成が目的だ。 シナモンの共同設立者で CTO の堀田創氏は次のように話す。 台湾は…

日本の AI ソリューションプロバイダー、シナモンが Microsoft や Google に続き、AI 研究開発センターを台湾に開設すると発表した。同国の優れた科学技術教育水準という魅力が決め手になった。

地域的な人材不足に対しては、10月に同社は無償で6ヶ月間の AI コースを台湾の若者に提供する。従業員候補の育成が目的だ。

シナモンの共同設立者で CTO の堀田創氏は次のように話す。

台湾はアジア太平洋市場において AI 開発をリードしていくポテンシャルがあります。台湾の人材の多くはハードウェアエンジニアですが、その多くが AI の基礎となる、数学や物理学など基本的な科学教育を収めています。

同社にはアジアで5ヶ所の AI 研究センターを開設する計画があり、2022年までに500名の AI エンジニアを雇用する目標だと堀田氏は話す。急速に成長が進む AI 分野では、国際的にもアメリカと中国に人材が集まる傾向にあり、多くの国が人材不足に直面している。

優秀で最高の人材を育てる

シナモンの大学生年代向け無料コースでは、交通費やその他の経費も支給される。本コースで最優秀の成績を収めた者は同社の採用が内定する。

最高の人材を得るためには自分も何かしなければなりません。(堀田氏)

7月18日付けの Business Next(数位時代)の報道によれば、同氏は以前ベトナムで同様のプログラムをローンチした実績があるという。

堀田氏自身も情報通信テクノロジーの教育を受けており、25歳の時に日本の慶應義塾大学でニューラルネットワークの博士号を取得している。

後に同氏はシリアルアントレプレナーとなる。初期に手がけたベンチャーにはシリウステクノロジーズがあり、後にヤフーに売却した。同氏は自身のスタートアップにおける豊富な経験を活かし、実践と応用を重視したカリキュラムを用意した。

授業は、国立台湾大学または国立清華大学から選ばれた3~4名の専門家が行い、10月に開始となる予定だ。

学生は契約を結ぶ必要はなく、研究内容や興味に関して大幅な自由がある。本コースは2ヶ月間の基礎的な理論の教育と、4ヶ月間のグループ学習からなる。学生は AI のオープンソースフレームワークを利用して、6ヶ月後に AI 関連アルゴリズムの作成を始めることになる。

こうしたコースを最初にベトナムで開催した際には150名の学生が集まったが、グループ学習に進めたのは8名だけで、同社に採用されたのは3名だけだった。

将来計画

シナモンは現在シリーズ B の資金調達を終えつつある。FFG Venture Business Partners、伊藤忠グループ、ソニーイノベーションファンドが合計800万米ドルを投資している。また、みずほ銀行、三井住友銀行からも融資を受けており、今年8月までに調達目標の1,000万米ドルに近づきつつある。

シナモンで最も知られている製品は FLAX Scanner で、同社売上げの80%以上を占めている。

FLAX Scanner は、申請フォームや文書、e メールから情報を抽出できる AI 対応ドキュメントツールだ。同製品は手書きのテキストデータも解釈できる。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

ホワイトカラー向けAIによるRPAソリューション開発のシナモン、シリーズBで約9億円を調達——2022年までにAIエンジニア500名体制を目指す

SHARE:

ホワイトカラー向けに人工知能(AI)を使った文書読み取りエンジンを開発するシナモンは1日、シリーズ B ラウンドで第三者割当増資により約8億円、融資により約1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドでの出資は SBI インベストメントがリードし、FFG ベンチャービジネスパートナーズ、伊藤忠テクノソリューションズ、Sony Innovation Fund、TIS が参加。また、融資はみずほ銀…

ベトナムにいるシナモン AI ラボのメンバー。前列中央は、CTO の堀田創氏
Image credit: Cinnamon

ホワイトカラー向けに人工知能(AI)を使った文書読み取りエンジンを開発するシナモンは1日、シリーズ B ラウンドで第三者割当増資により約8億円、融資により約1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドでの出資は SBI インベストメントがリードし、FFG ベンチャービジネスパートナーズ、伊藤忠テクノソリューションズ、Sony Innovation Fund、TIS が参加。また、融資はみずほ銀行と三井住友銀行から実施された。

今回のラウンドは、今年1月に実施した(発表は2月)、複数の機関投資家および個人投資家からの調達に続くものだ。この際の調達金額については明らかになっていないが、THE BRIDGE の取材に対し、シナモンはシリーズ A ラウンドの一部であったことを明らかにした。以前の写真共有アプリを開発していた頃から、現在の AI ソリューションを開発するスタートアップにビジネスモデルを転換した際、法人が変更されているが、前法人時からの調達金額を合わせると、累積調達合計金額は10億円を超えるものと推測される。

今回の資金調達を受けて、同社は AI エンジニアの採用および育成強化、販売チャネルの拡大、組織体制の強化、新プロダクトの開発などに注力するとしている。同社は現在、東京・ハノイ・ホーチミンシティ・台北・シンガポールを拠点に、経営・技術開発・製品販売を行なっている。このうち、ハノイ・ホーチミン・台北には、AI エンジニアを育成し技術開発を行う「AI ラボ」の機能があり、2022年までに AI エンジニア500名体制を目指すとしている。

ベトナムで AI エンジニア(候補を含む)に対して行われている説明会
Image credit: Cinnamon

シナモンが注力しているのは、自社開発による文書読み取りエンジン「Cinnamon AI」を使った RPA(クラス2)ソリューション「Flax Scanner」だ。単なる OCR ではなく、ディープラーニングの一種である畳み込みニューラルネットワーク(CNN、Convolutional Neural Network)により、最終的に99%以上の精度で正確な文書読み取りを実現する。文書読み取りだけでなくシステムが文書のコンテキストを理解し、データベースなどが扱いやすいセマンテックな形で情報を取り込めるのが最大の特徴だ。

具体的なユースケースとしては、契約書、履歴書、営業進捗報告、医療カルテ、手書きの申請書、不動産物件情報、領収書など。特に紙の書類が多い金融や保険の分野での活用が期待され、業務スピードを4倍に、コストを4分の1にすることが概ねの目標に設定されている。

今回の調達先に、FFG ベンチャービジネスパートナーズが含まれているのは銀行業務の書類業務効率化でのシナジー(FFG ベンチャービジネスパートナーズは、福岡銀行の VC である)、また、伊藤忠テクノソリューションズや TIS が含まれているのは SI(システムインテグレータ)としてのパートナーセールスチャネルを確保する意図があるようだ。

シナモンではまた、Flax Scanner で採用されている正確な文字単語認識のための認識修正技術をベースとして、正確な音声単語認識を実現する「Rossa Voice」というプロダクトも開発している。Rossa Voice では、コールセンターの録音などから文字起こしを正確に行うことができ、ユーザ特有の固有名詞や特殊用語も正確に認識できることが特徴だという。

----------[AD]----------

ホワイトカラー向けAIによるRPAソリューションを開発するシナモン、エンジェルらを中心に資金を調達

SHARE:

ホワイトカラー向けに人工知能(AI)を使った文書読み取りエンジンを開発するシナモンは26日、資金調達を実施したことを発表した。調達ラウンドや調達金額は不明。調達先は、MT パートナーズ、マネックスベンチャーズ、ベクトル、RPA ホールディングス、個人投資家の島田亨氏、谷家衛氏、森暁彦氏、石倉壱彦氏。 同社は以前、ネイキッドテクノロジーを創業しミクシィに売却した平野未来氏らにより2016年に創業。以…

ホワイトカラー向けに人工知能(AI)を使った文書読み取りエンジンを開発するシナモンは26日、資金調達を実施したことを発表した。調達ラウンドや調達金額は不明。調達先は、MT パートナーズ、マネックスベンチャーズ、ベクトル、RPA ホールディングス、個人投資家の島田亨氏、谷家衛氏、森暁彦氏、石倉壱彦氏。

同社は以前、ネイキッドテクノロジーを創業しミクシィに売却した平野未来氏らにより2016年に創業。以前は Spicy Cinnamon として写真共有アプリ「Seconds」や「PicChat」を開発していたが、ビジネスモデルを C 向けから B 向けに一転させた。主要メンバーは Spicy Cinnamon の頃の顔ぶれを踏襲しているが、法人は改められているのでピボットという表現が正しいかどうかはわからない。

<関連記事>

同社が注力しているのは、自社開発による文書読み取りエンジン「Cinnamon AI」を使った RPA(クラス2)ソリューション「Flax Scanner」だ。単なる OCR ではなく、ディープラーニングの一種である畳み込みニューラルネットワーク(CNN、Convolutional Neural Network)により、最終的に99%以上の精度で正確な文書読み取りを実現する。文書読み取りだけでなくシステムが文書のコンテキストを理解し、データベースなどが扱いやすいセマンテックな形で情報を取り込めるのが最大の特徴だ。

具体的なユースケースとしては、契約書、履歴書、営業進捗報告、医療カルテ、手書きの申請書、不動産物件情報、領収書など。特に紙の書類が多い金融や保険の分野での活用が期待され、業務スピードを4倍に、コストを4分の1にすることが概ねの目標に設定されている。

Flax Scanner 以外にも、シナモンではユーザと商品をマッチングする「Lapis Engine」、チャットボットの「Scuro Bot」といった他の AI ソリューションの開発・提供にも着手している。シナモンのオペレーションは Spicy Cinnamon の頃のネットワークを踏襲していて、ビジネス開発やセールスは日本やシンガポールを中心に行われる一方、AI 技術をはじめとするシステム開発の多くはベトナムで行われている。

東南アジアで AI 技術者を雇用するのは難しいと言われる中、AI スタートアップ特化アクセラレータ Zeroth.AI のメンターも務めるシナモン CTO の堀田創氏が自らベトナムに乗り込み、ベトナムの大学トップ3校からポテンシャルの高い学生を集め、6ヶ月間に及ぶインターンシッププログラムを通じて AI 技術者を養成することに成功している。今回の資金調達の使途にも、AI プロダクトの基盤技術や UI の強化に加え、これらベトナムや日本での組織体制の強化に重点が置かれるようだ。

この分野では、モバイルゲーム向けアナリティクスサービス 5Rocks をイグジットした韓国のシリアルアントレプレナーである イ・チャンス(이창수、Changsoo Lee)氏がシリコンバレーで機械学習による企業向け業務自動化システムを開発する Allganize を創業、昨年11月に KDDI Open Innovation Fund(KOIF)から100万ドルを調達している。

----------[AD]----------

写真共有アプリのCinammonがCAV、TBS-IP、インキュベイトファンド、GGVから1.5億円を資金調達、日本・アジア向けに新アプリ「PicChat」をローンチ

SHARE:

東京やハノイを拠点に、写真共有アプリ Seconds を開発するスタートアップ Spicy Cinammon(以下、Cinammon と略す)は10日、サイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)、TBSイノベーション・パートナーズ(TBS-IP)、インキュベイトファンド、Golden Gate Ventures(GGV) から1.5億円を資金調達したと発表した。今回の資金調達を受けて同日、新しい…

picchat_featuredimage

東京やハノイを拠点に、写真共有アプリ Seconds を開発するスタートアップ Spicy Cinammon(以下、Cinammon と略す)は10日、サイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)、TBSイノベーション・パートナーズ(TBS-IP)、インキュベイトファンドGolden Gate Ventures(GGV) から1.5億円を資金調達したと発表した。今回の資金調達を受けて同日、新しい写真共有アプリ「PicChat」を iOS 向けにローンチした。Android 版は近日公開される予定だ。

Cinnamon は、Naked Technology(2011年、ミクシィによって買収)のメンバーであった平野未来氏や堀田創(はじめ)氏によって2012年に設立され、サイバーエージェント・ベンチャーズやエンジェル投資家からシード資金を調達した。読者の中には、彼らが2013年4月に開催された Startup Asia Jakarta で、彼らの写真共有アプリ「Seconds」のピッチが、審査員や聴衆を魅了したのを覚えている人もいるだろう。

Seconds はタイ・ベトナム・シンガポールで既に20万ダウンロードと高い評価を受けているにもかかわらず、ここで新たなアプリへと軸足を移す理由について、Cinnamon の共同創業者でCEOの平野未来(みく)氏に話を聞いた。バンコクでのチーム合宿へと出発する直前、忙しい合間を縫って、都内でインタビューに応じてくれた。

miku-hirano-cinnamon-280x186
Cinnamon CEO 平野未来氏

一年近く、Seconds をやってきてわかったことがあります。このアプリは、東南アジアの25歳くらいの女性をターゲットにしたアプリなのですが、彼女達は写真を思い出作りのためではなく、リアルタイムのコミュニケーションの手段として使っているのです。写真に文字を打つのは面倒、そこで、写真に短い音声をつけられるようにしたのが PicChat です。

Seconds は、友人同士でほぼリアルタイムに写真を共有しあえるというアプリという点で、一つの完成されたプロダクトという認識を持っていたのだが、Cinnamon のチームにとっては、あくまでテスト・マーケティングの一つという位置づけだったらしい。ただ、そのステップで既に20万人超のユーザを獲得できているので、ユーザの声を反映させた新生 PicChat では、急速なユーザ拡大を期待したいところだ。

この種のアプリでは、ベトナムや韓国はカカオトークなど韓国アプリの天下で、我々は日本・台湾・タイの市場を穫りたいと思っています。そのユーザ・ビルディングを確実なものにするため、アジアのトップ大学の学生をインターンとして採用しました。Facebook がハーバード大学をはじめとする Ivy League の学生から浸透していったように、我々も学生のバイラル・マーケティングの力の可能性を信じています。

中国では「課程格子(ClassBox)」がリリースから1ヶ月で100万ダウンロードを達成するなど、学生のネットワークを通じたバイラルの波及は、スピードが非常に速いのが特徴的だ。PicChat がアジアの若い人々の関心を惹き付けることができるかどうか、楽しみにしたい。

今後、Cinnamon では Seconds の運用を収束させ、適切な時期にすべてのリソースを PicChat にシフトさせるとしている。2014年はユーザ獲得に重点を置き、2015年以降、ステッカーの販売や広告枠の販売などでマネタイズを目指す。

picchat_screenshot1 picchat_screenshot2

----------[AD]----------

[Startup Asia Singapore 2013]東南アジア市場進出を視野に、Cinnamonがプライベート写真共有アプリをピッチ

SHARE:

【原文】 Startup Asia で、CEO平野未来(みく)氏が率いるスタートアップ Cinnamon が Seconds という新しい写真アプリについてピッチした。最近、私は平野氏に会う機会があり、彼女は近日リリースされるアプリについて、プレビューを見せてくれた。はじめに Android 用にリリースし、Android に元々備わっているネイティヴ・カメラアプリを Seconds で置き換えた…

【原文】

Startup Asia で、CEO平野未来(みく)氏が率いるスタートアップ Cinnamon が Seconds という新しい写真アプリについてピッチした。最近、私は平野氏に会う機会があり、彼女は近日リリースされるアプリについて、プレビューを見せてくれた。はじめに Android 用にリリースし、Android に元々備わっているネイティヴ・カメラアプリを Seconds で置き換えたいと言う。プライベートの写真共有機能で、まずは東南アジア市場から立ち上げる予定だ。

このアプリはシンプルで使いやすく、写真を撮影し、アップロードしたい先のアルバムを選択する。追加された写真は、そのアルバムのアクセス権を付与したメンバーにすぐに見えるようになり、そのメンバーも同様に写真をアップロードができる。

多くのアルバムを作ることができ、それぞれのアルバムには、家族、友人、大切な誰かなど、異なるアクセス権を付与することができる。写真は自動的にアップロードされるので、仮に電話を亡くしたり盗まれたりしても、写真を失う心配が無い。

miku-hirano-cinnamon-280x186
Cinnamon の CEO 平野未来(みく)氏

平野氏によれば、Cinnamon はまず最初に、恋愛写真の共有で知られるタイで、アプリをリリースする。プライベートな写真共有はアジア地域でポピュラーであることから、彼らは人口の多い東南アジアをターゲットにしている。日本、中国、韓国などのモバイル発展国は、利益を稼ぎ出す市場として考えているようだ。

Cinnamon は昨年10月にシンガポールで設立され、12月に CyberAgent Ventures やエンジェル投資家からシード資金を調達した。現在は社長の堀田創(はじめ)氏を含め、10人ほどのチームだ。

Seconds のマネタイズにあたっては、プレミアム機能や広告など、多くの方法を考えているようだ。プレミアム版を展開するならば、ストレージ、フィルター、デコレーション、Facebook 連動など、特別な機能が考えられるだろう。

明日は Startup Asia の2日目で、20のアジアスタートアップが戦う中で Cinnamon が健闘できるかどうかが楽しみだ。私が昨年のジャカルタの Startup Asia に参加した際には、純日本のスタートアップである MoSo がこのスタートアップ・イベントで優勝した。

seconds-app-620x239

----------[AD]----------