THE BRIDGE

タグ Creema

ハンドメイドC2Cの「Creema」運営、5回目のラウンドで総額11億円を調達——リアルストアを出店拡大、新サービス開発にも注力へ

SHARE:

<12日14:30更新> 訂正線部を削除、赤字部を追加。 ハンドメイド商品の C2C マーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは12日、通算で5回目となるラウンドで総額11億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、日本郵政キャピタル、SBI インベストメント、グローバル・ブレイン、三井不動産、アイ・マーキュリーキャピタルと、セプテーニ・ホールディングス創業者で名…

クリーマ経営陣と投資家の方々。前列中央が創業者で代表取締役の丸林耕太郎氏
Image credit: Creema

<12日14:30更新> 訂正線部を削除、赤字部を追加。

ハンドメイド商品の C2C マーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは12日、通算で5回目となるラウンドで総額11億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、日本郵政キャピタル、SBI インベストメント、グローバル・ブレイン、三井不動産、アイ・マーキュリーキャピタルと、セプテーニ・ホールディングス創業者で名誉会長の七村守氏。既存株主である KDDI Open Innovation Fund(グローバル・ブレインと KDDI が共同運営)、SMBC ベンチャーキャピタルも参加している。

クリーマにとっては、2016年5月以来の調達で累積調達金額は約24億円となる。クリーマ代表取締役の丸林耕太郎氏は以前セプテーニ・ホールディングス傘下の企業で事業部長を務めていたことがあり、七村氏からの出資は、間接的にその繋がりが関係しているようだ。

クリーマはユーザ(販売者と購入者の双方)のエンゲージメントを高めるために、年間20回ほどのオフラインイベントを全国で開催、また、常設型の店舗を新宿・二子玉川・札幌で展開している。今回調達した資金を使って、常設型店舗を東京・日本橋と熊本にも開設するほか、ハンドメイド商品以外の新領域や新サービス開発に着手する。新領域や新サービスの内容については不明。

Creema STORE 札幌
Image credit: Creema

日本橋にオープンするクリーマのエディトリアルショップは、今秋オープンする「コレド室町テラス」内の、台湾から初上陸するライフスタイルストア「誠品生活(Eslite Spectrum)」内に開設される予定。Creema の人気クリエイター約40名による作品を入れ替わりで紹介されるコンセプトストアと位置付けられる。この出店について、コレド室町テラスのオーナーである三井不動産との協業の一環と捉えることもできる。

丸林氏によれば、当初から意識的にブランド戦略を練ったわけではないものの、結果として、Creema にはハンドメイドのプロフェッショナルや、プロフェッショナルを目指すクリエイターが集まるようになり、それが他のハンドメイドマーケットプレイスとの差別化に繋がっているという。趣味の領域を超えた商品が多いため商品単価も高めになるものの、そのような環境を求める販売者と購入者が集まる場になっているようだ。

2010年にサービスを開始した Creema は現在、約15万人のクリエイターが作ったオリジナルのハンドメイド商品700万点以上を取り扱っている。同社は台湾や香港へのサービス拡大も行なっており、今後、アジア最大のハンドメイドマーケットプレイスを目指すとしている。事業拡大に合わせ、現在60名(店舗アルバイトを合わせると80名85名)ほどいる社員についても、採用強化を図る計画だ。

Creema の従業員の皆さん
Image credit: Creema
----------[AD]----------

Creema(クリーマ)が台湾・香港に進出、日本版⇄中文繁体字版でハンドメイド商品の越境C2Cを開始

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 ハンドメイド商品の C2C マーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは20日、Creema の中文繁体字版をローンチし、台湾・香港向けのサービスを開始した。これにあわせて、同社は台北市内に現地子会社「可璃嗎股份有限公司」を設立した。 Creema 中文繁体字版のローンチにより、日本の Cree…

creema_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

ハンドメイド商品の C2C マーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは20日、Creema の中文繁体字版をローンチし、台湾・香港向けのサービスを開始した。これにあわせて、同社は台北市内に現地子会社「可璃嗎股份有限公司」を設立した。

Creema 中文繁体字版のローンチにより、日本の Creema にハンドメイド商品を出品している作り手が、ワンクリックで台湾・香港への出品が可能になるほか、同様に台湾・香港の作り手からも Creema 日本版へのハンドメイド商品の出品が可能になる。商品のクオリティを維持する観点から、日本から台湾・香港、および、台湾・香港から日本への国境を越えた出店は事前審査制となる。

creema-traditional-chinese-mobile
Creema 中文繁体字版のモバイル画面

Creema 日本版と中文繁体字版の間での作り手(売り手)と買い手ユーザのやりとりには自動翻訳機能が用意されているほか、必要に応じて、クリーマの専任スタッフが両言語で、両者間の出品や取引に関するサポートを行う。Creema 中文繁体字版での支払には、日本版と同様、クレジットカード、コンビニ支払、銀行振込、PayPal が使え、商品のやりとりには、作り手の選択で郵便や宅配便などが利用できる。

クリーマの創業者で代表取締役の丸林耕太郎氏によると、日本のハンドメイド文化との親和性が高いことから、海外市場開拓の第一弾として台湾・香港を選んだとのこと。また、台湾・香港からの出店は今日から募集することになるので、当面は、日本から台湾・香港への販売が多くなるだろうとしている。

Creema は2010年5月にサービスを開始し、7月12日時点での出品クリエイター数は7万人を超え、出品作品数は280万点以上。2014年6月の KDDI Open Innovation Fund からの1億円の調達に続き、今年5月にはグロービス・キャピタル・パートナーズらから約11億円を調達している。

この地域でのハンドメイドC2C、ファッションC2C 全般の動向を見てみると、台湾の Pinkoi(出品者数2.5万人)が先頭を走るほか、Maippleスマオクといった日本勢も新たに参入してきている。Creema は、日本国内においても、手の込んだデザイン性の高いハンドメイド商品で他の C2C サービスと差別化を図っており、この戦略が台湾や香港でも成功するかどうか、今後の展開が期待される。

<関連記事>

----------[AD]----------

ハンドメイドC2Cの「Creema」が、グロービスやKDDIらから約11億円を調達——システム開発・マーケティングを強化し、年間流通額100億円を狙う

SHARE:

ハンドメイド商品の C2C マーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは25日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP と略す)をリードインベスターとする直近のラウンドで約11億円を調達したことを明らかにした。このラウンドは、2014年6月にクリーマが実施した KDDI Open Innovation Fund(略称 KOIF、KDDI とグローバル・ブレインが運…

ebata-tatsuoka-marubayashi-azuma-konno
左から:KDDI 戦略推進部長 江幡智広氏、グローバル・ブレイン 立岡恵介氏、クリーマ代表取締役 丸林耕太郎氏、グロービス・キャピタル・パートナーズ プリンシパル 東明宏氏、グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー兼 COO 今野穰氏

ハンドメイド商品の C2C マーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは25日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP と略す)をリードインベスターとする直近のラウンドで約11億円を調達したことを明らかにした。このラウンドは、2014年6月にクリーマが実施した KDDI Open Innovation Fund(略称 KOIF、KDDI とグローバル・ブレインが運営)からの1億円の調達に続くもので、クリーマにとっては、通算で4回目のラウンドとなる。今回のラウンドに参加した投資家は、GCP のほか、KOIF の運営元である KDDI とグローバル・ブレイン、SMBC ベンチャーキャピタルで、創業者で代表取締役の丸林耕太郎氏自身も出資に参加した。

creema-2016_screenshot

Creema のサービス開始は2010年、これまでに6万人以上のクリエイターが登録しており、240万点のハンドメイド商品が出品されている。日本のハンドメイド C2C 市場の流通額成長率が前年比250%であるのに対し(GMO ペパポ決算資料、および、ホビー白書にょる)、Creema では同前年比で450%以上の成長を見せていることを明らかにしている。

ハンドメイド C2C のマーケットプレイスは、日本国内で現在40社ほどがひしめき合う激戦区と化しているが、その取引の多くは、Creema のほか、minne(GMO 系)、tetote(GMO 系)、iichi(株主は、博報堂グループおよび台湾のハンドメイド C2C である Pinkoi)らトップ4に集約されつつあるようだ(GMO ペパポ決算資料 52ページ競合比較表参照)。

<関連記事>

Creema では今回調達した資金を用いて、システム開発の強化に加え、これまでほぼ口コミに頼ってきたサービス認知についてマーケティング活動を本格化させ、2016年の年間流通総額で100億円を狙いたいとしている(これは minne の同年目標とも同額である)。

creema_iosapp_screenshots
Creema のモバイルアプリ

丸林氏によれば、Creema での商品一点あたりの平均取引単価は同業他社の2倍以上となっており、比較的手の込んだ玄人志向の商品が扱われる傾向があるそうだ。また、最近になって、Creema はオーダメイドのフード商品の販売を始めており、ブランジェやパティシエがオリジナルのパンやケーキを販売したり、農家が手製のドレッシングやジュースを販売したりしているのも興味深い。

2016年、ヤフオクとメルカリという日本の C2C 二巨頭をあわせると年間流通額は約1兆円に達しようとしており、ここにハンドメイド C2C の流通が一定量含まれるとしても、伸びしろはまだまだあると考えてよいだろう。

----------[AD]----------

ハンドメイドECのクリーマが、日本のハンドメイド製品を世界に届けるデザイナーズEC「Anders」を6カ国で提供開始

SHARE:

ハンドメイド商品のECサービス「Creema(クリーマ)」を展開するクリーマは、昨年 KDDI Open Innovation Fund から資金調達を行い、Creema の iOS アプリを11月にローンチしている。 そして今日、同社は世界市場向け、日本製のハンドメイドECサービス「Anders」を世界6カ国の市場でローンチしたと発表した。アプリは、日本、アメリカ、シンガポール、フランス、ドイツ…

anders_featuredimage

ハンドメイド商品のECサービス「Creema(クリーマ)」を展開するクリーマは、昨年 KDDI Open Innovation Fund から資金調達を行い、Creema の iOS アプリを11月にローンチしている。

そして今日、同社は世界市場向け、日本製のハンドメイドECサービス「Anders」を世界6カ国の市場でローンチしたと発表した。アプリは、日本、アメリカ、シンガポール、フランス、ドイツ、台湾の6カ国の AppStore からダウンロードすることができる。

Anders のコンセプトは「Long Life Design、HandMade in Japan」、毎週入れ替わりでアクセサリー、ファッション、食品、インテリア、雑貨など新しい商品が紹介され、会員は優待価格で商品を購入できる。

Anders に会員登録を行い友達を紹介すると、招待人数に応じて最大6,000円相当額までのポイントが付与され、招待された友人側にも、会員になると500円相当額のポイントが付与される。当初の参加予定デザイナーやブランドは、Astro Nutsjanuka(ヤヌカ)jaren“GaTa” watch smithenku(エンクウ)C-Brain(シーブレーン)などだ。

anders-designers-portfolio

日本語だけでなく、英語でも利用可能であることが、従来からの ECサービス「Creema」との最大の違いだ。ローンチの段階で、毎週月曜日に5人以上のデザイナーが10〜20の新商品を紹介するとしており、毎週数十種類以上の商品が新しくアプリ上にお目見えすることになる。

Anders は2月23日にティザー画面を立ち上げ、以来、今日の正式ローンチまでユーザの事前登録を受け付けてきたが、クリーマ代表の丸林耕太郎氏によれば、獲得会員数は非公開であるものの海外比率は概ね50%程度で推移しており、当初の期待通り、順調な滑り出しのようだ。

この分野には、アメリカの Etsy や Fab をはじめ、台湾の Pinkoi、日本の tetote、minne、iichi など数多くのライバルが存在する。日本発のハンドメイドECという切り口が、世界の消費者にどのように受け入れられるか、今後の動向にしたい。

<関連記事>

----------[AD]----------

ハンドメイド商品のC2Cマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」がiOSアプリをリリース

SHARE:

ハンドメイド商品のC2Cマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは昨日、Creema の iOS アプリをリリースしたと発表した。同社は今年6月に、KDDI Open Innovation Fund から1億円を資金調達しており、今回のアプリリリースは、この資金を使ったモバイルユーザのアクセシビリティ向上を意図したものだ。 Creema は2010年のサービス開始以降、出品…

creema_iosapp_screenshots

ハンドメイド商品のC2Cマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは昨日、Creema の iOS アプリをリリースしたと発表した。同社は今年6月に、KDDI Open Innovation Fund から1億円を資金調達しており、今回のアプリリリースは、この資金を使ったモバイルユーザのアクセシビリティ向上を意図したものだ。

Creema は2010年のサービス開始以降、出品点数は65万点以上、月間訪問ユーザ数は200万人を突破。先の資金調達に際しての KDDI との提携から5ヶ月が経過した現在、月間流通総額がそれ以前の2倍以上に達するなど、順調な成長を見せている。メルカリFril などのC2Cフリマアプリとの差別化という観点からは、Creema はハンドメイド商品が対象であるため、掲出されている商品に加えて、購入希望者が製作者とコミュニケーションをし、オーダーメイドのデザインを依頼できる点が挙げられるだろう。

今回リリースされているバージョンでは購入希望者が商品を閲覧・購入することができるが、今月中旬にリリースされる次期バージョンで、商品の製作者が出品できる機能も追加される予定だ。

この分野では先ごろ、Infinity Venture Partners が出資する台湾のハンドメイド・マーケットプレイス Pinkoi が日本に進出を果たしており、台湾本国とは異なり、日本では特にモバイル先行のマーケティング戦略をとる意向を明らかにしている。Pinkoi には Android および iOS 向けにアプリがリリースされているが、Creema がiOSアプリをリリースしたことで、迎えるクリーマ側にも臨戦態勢が整ったと理解することができるだろう。

----------[AD]----------

ハンドメイド・マーケットプレイスの「Creema(クリーマ)」がKDDIから1億円を調達、au各種サービスと連携へ

SHARE:

ハンドメイド商品のC2Cマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは今日、KDDI とグローバルブレインが共同運営するスタートアップ・ファンド KDDI Open Innovation Fund から1億円を資金調達したと発表した。今回調達した資金を使って、同社では商品購入者や出品者に対するエクスペリエンス向上等を目的として、システム開発などに注力したいとしている。 アメリカ…

creema_featuredimage

ハンドメイド商品のC2Cマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは今日、KDDI とグローバルブレインが共同運営するスタートアップ・ファンド KDDI Open Innovation Fund から1億円を資金調達したと発表した。今回調達した資金を使って、同社では商品購入者や出品者に対するエクスペリエンス向上等を目的として、システム開発などに注力したいとしている。

アメリカでは Etsy、日本では Creatty、アジアでは Pinkoi など、ハンドメイドの C2C マーケットプレイスは脚光を浴びている分野だが、Creema のサービスローンチは2010年6月と最古参である。以来、地道にハンドメイド・クリエイターのコミュニティの醸成に注力し、出品者となるクリエイターの登録者数は1.8万人、出品作品数は50万作品を超えた。

時間をかけて Creema を成長させてきた背景について、クリーマの創業者でCEOの丸林耕太郎氏は、次のように説明してくれた。

このようなサイトは、いきなり登場したとしてはユーザに理解してもらえない。そう思って、地道にコミュニティを作ってきました。他のサイトとの大きな違いは、Creema を使うクリエイターの多くが、ここで作品を売って生計を立ててられているか、または、そうしたいと考えている人が多い点です。出品される作品も、趣味で片手間に作られたモノとは、完全にレベルが異なります。

creema-flagshipstore
新宿ルミネにある Creema の旗艦店。

ハンドメイド商品に対する認知度を高めるべく、年に一度「HandMade in Japan Fes」というイベントを東京ビッグサイトで開催し、新宿ルミネには旗艦店を出店している。その努力が功を奏し、現在の月間アクセス数は1,500万ページビュー、流通取引金額は毎年400%ずつ伸びているのだそうだ。扱っている商品の多くは、ハンドメイドであるため一点モノだが、それでも月に100万円以上も販売するクリエイターも存在する。

今回のKDDIからの資金調達を受けて、au スマートパスからの送客、auログイン、さらに、出品者と購入者の間のエスクロー決済時の支払に、auカンタン決済 や au WALLET カード決済が使えるように対応する計画だ。

創業時からこれまで、エンジェルやVCから得た資金を使ってコツコツとやってきた。売上は上がっているけれども、外部から資金を得たことで、いろいろ挑戦できることがあると思う。しかし、広告等を使ってPVを増やすことはしない。ものづくりのカルチャーにポテンシャルを感じており、ユーザによりよい体験を提供すべく、システム開発の強化などに注力したいと思う。

日本の C2C いうカテゴリで考えると、セカンドハンド流通のニーズがメルカリFril などのアプリで占められつつあるある中、ハンドメイドの分野には新たな価値創造の可能性を見出すことができる。日本のものづくりには海外からの評価も高いことから、長期的には国際的な市場ニーズも期待できるだろう。

----------[AD]----------