THE BRIDGE

タグ Fire Phone

Amazon Fire Phone 、最新のアップデートで絵文字や壁紙の交換が利用可能に

SHARE:

<ピックアップ>Amazon Fire Phone update adds emoji and ability to change wallpaper | The Verge 日本では、総務省がSIMロック解除の義務化のためのガイドラインを制定し、2015年5月以降に発売する端末からはSIMロック解除を行うようになりました。 それにともない。MVNOの会社のCMが増えたりと、各社さまざ…

Image by Chris F on Flickr
Image by Chris F on Flickr

<ピックアップ>Amazon Fire Phone update adds emoji and ability to change wallpaper | The Verge

日本では、総務省がSIMロック解除の義務化のためのガイドラインを制定し、2015年5月以降に発売する端末からはSIMロック解除を行うようになりました。

それにともない。MVNOの会社のCMが増えたりと、各社さまざまな手段を使ってユーザ確保をしています。通信環境における自由化が進んだ先には、ユーザにとってどの通信回線を選ぶか、というだけでなく、どのスマホを選ぶかが重要な要素になってきます。

これまでのiPhoneだけでなく、Androidも世界では勢いがあり、値段や普段の利用用途などを踏まえて考えていくべきだとおもいます。そのなかで、以前からリリースしていたAmazonスマホのAmazon Fire Phoneもその候補に入れたいところ。日本での販売はいまだ未定だが、今後来る可能性は大いにあります。

まだまだ、スマホとしての性能は微妙だ、という声がでてきている同機種だが、アップデートを重ねながら徐々に改善をしてきています。最新のアップデートでは、emojiが使えるようになったり、壁紙の交換ができるようになった、とも報じられています。

メッセージングアプリにおいて、emojiが世界で使われていることはこれまででもTHE BRIDGEは紹介してきましたが、Amazon Fire Phoneも、そうした世界の動きに敏感にキャッチし、反応してきているようです。

個人的には、Amazon Fire Phoneをまずは触ってみたいところ。Amazonとしても事業を成長させるためにも、Amazonへの究極のアクセスであるスマホを浸透させようと考えているはず。スマホ市場全体は、まだまだ活性化しそうです。

via The Verge

----------[AD]----------

動画でみる米アマゾンスマートフォン「Fire Phone」

SHARE:

<ピックアップ> This Is Amazon’s First Smartphone: The Fire Phone 各所、早朝から米アマゾンのFire Phoneを速報で伝えてますね。改めて主な仕様と特徴は下記の通り。 4.7インチスクリーン 13メガピクセルカメラ 2.2-GHzのプロセッサーおよび2GBのRAM ゴリラガラスの筐体(サイド) AT&Tの2年縛り…

firephone3d

<ピックアップ> This Is Amazon’s First Smartphone: The Fire Phone

各所、早朝から米アマゾンのFire Phoneを速報で伝えてますね。改めて主な仕様と特徴は下記の通り。

  • 4.7インチスクリーン
  • 13メガピクセルカメラ
  • 2.2-GHzのプロセッサーおよび2GBのRAM
  • ゴリラガラスの筐体(サイド)
  • AT&Tの2年縛りで199ドルから(契約無しだと649ドル)
  • 7月25日発売
  • スキャンして買えるFirefly

で、特徴的な機能の顔認識や3-D表示などの具合がいまいち言葉では伝わりにくいなと探してみたらありました。BIの記事では動画から抜き出してGifにしてくれているので、実際にどういう動きをするのか分かりやすいです。冒頭の動きは3-D表示効果。確かに奥行きがあるように見えます。全編動画は下記の通り。

ただ、実際に発表されてみるとそういう見た目の機能ではなく、商品をスキャンして購買の導線にしてしまうFireflyが一番強烈な機能であることが分かってきました。

こちらはTHE VERGEのハンズオン動画。わかりやすです。

via Tech 【G翻訳】

----------[AD]----------