BRIDGE

タグ ford

コーヒー豆で車を作る?ーー実は再利用可能なあの「残りカス」、こんなものにまで転用可能

SHARE:

ピックアップ:Ford is making car parts—with waste from McDonald’s coffee beans ニュースサマリー:コーヒー豆の残りかすの再利用に注目が集まりだしている。 Ford Motorは4日、マクドナルドが販売するコーヒー豆の粉を再利用し、同社が生産する車の部品開発に再利用する計画を発表した。CNBCによれば、同社はインテリアやボンネットへの利…

Capture
Image Credit: Kaffee Form

ピックアップ:Ford is making car parts—with waste from McDonald’s coffee beans

ニュースサマリー:コーヒー豆の残りかすの再利用に注目が集まりだしている。

Ford Motorは4日、マクドナルドが販売するコーヒー豆の粉を再利用し、同社が生産する車の部品開発に再利用する計画を発表した。CNBCによれば、同社はインテリアやボンネットへの利用を考えていると報じており、現状から20%ほど重さを軽減できるとしている。

Fordではまず、コーヒー豆の総量約30万個に相当するヘッドランプを取り囲む部品の製作に取り掛かるという。記事によると、提携を結んだマクドナルドのマックカフェでは2018年米国において、年間8億2200万カップのコーヒーが販売されているそうだ。

話題のポイント:今まで肥料としての再利用にとどまっていたコーヒー豆ですが、近年、そうした肥料への再利用に加え、新たな利用手法があらゆる角度から考えられています。ご紹介したFordの例以外にもいくつか取り組みがあります。

Capture.JPG
University of Pennsylvania

たとえばバイオ燃料への再利用。ペンシルベニア大学による研究によれば、コーヒーの焙煎・抽出過程にて生じた残りかすには平均15〜21.5%の油分が含有されているそうです。また、油以外の個体部分はバイオマスペレットへの再利用が可能だとされており、一つのコーヒー豆の残りかすから2種類のエネルギー生成が可能であると述べられています。

同論文では、ニューヨークにおいてトラックを利用して875カ所のスターバックスコーヒーとドンキンドーナツを週に2・3回のペースで回収した場合、1時間当たり1215.3キロのコーヒー豆の廃棄物を得られるとしています。それらを全て上述したバイオディーゼル燃料へと再利用すると1時間当たり130キロ、バイオマスペレットを324.2キロの割合で生成可能と結論付けています。

Capture.JPG
University of Pennsylvania

ちなみに、一人当たりのコーヒーショップ数(coffee shops per capita)は、ニューヨーク・マンハッタンが米国で第2位。その倍近くある第1位のシアトルでは、単純計算でバイオ燃料も倍近く生成できるということになるのではないでしょうか。

さて、車・バイオ燃料ときて次にご紹介するのはドイツのスタートアップ「Kaffee Form」です。同社は残りかすをタンブラー・カップの生産に再利用。販売する製品からはコーヒーの香りが漂うと言い、まさに、コーヒー好きには最高なタンブラーと言えるでしょう。

Capture.JPG
Image Credit: Kaffee Form

Kaffee Formはこの製品を通して、日常に「コーヒー豆のカス」を登場させることで、環境保全への意識を変えていきたいとHPで述べています。ミッションに「reshape consumer habits」とあるように、身の回りにあるもので商品を生産することで、長期的に消費者行動を変えていくことを目指しています。

Capture.JPG
Image Credit: Kaffee Form

特に日本では今まで、”リサイクル”と聞くとあまりエキサイティングな認識はされない存在だったと感じます。たとえば小学校などで「3R」として習うのが「Recycle, Reuse, Reduce」ですが、そこから発展してリサイクル活動へ結びつけるような教育はあまり目にしません。

米国では、以前ご紹介したRidwell社のように、個人や家庭で積極的なリサイクル活動を好んで行う傾向にあると感じます。

<参考記事>

その他にも米国スターバックスは完全にプラスチックストローを廃止したり、企業が環境保全に対してアクションを取ることも求められている風潮に変わりつつあります。日本では、スタートアップとしてこうした事業をあまり聞きませんが、世界的にトレンドになりつつある市場であると思います。

Baidu(百度)とフォード、自動運転車向けのレーダー測距技術を開発するVelodyne LiDARに1.5億ドルを出資

SHARE:

Baidu(百度)や Google といったハイテク大手企業が技術力を磨き全自動運転車の実用化を目指す上で一つの大きな壁、「購買力」が開発と大量生産の間に立ちはだかっている。 先週火曜日(8月16日)、Baidu と Ford はシリコンバレーを本拠とし、レーザー技術を活用した LiDAR(Light Imaging, Detection, and Ranging:光検出と測距)センサーを開発して…

4042817787_30cc3e4518_z
via Flickr by Steve Jurvetson

Baidu(百度)や Google といったハイテク大手企業が技術力を磨き全自動運転車の実用化を目指す上で一つの大きな壁、「購買力」が開発と大量生産の間に立ちはだかっている。

先週火曜日(8月16日)、Baidu と Ford はシリコンバレーを本拠とし、レーザー技術を活用した LiDAR(Light Imaging, Detection, and Ranging:光検出と測距)センサーを開発している Velodyne LiDAR, Inc. に1億5,000万ドルの共同投資を行うと発表した。LiDAR センサーは地図作成、位置特定、物体認知および衝突防止に利用されている。 Velodyne によれば、最新のラウンドでの資金調達は同技術のコスト削減、同社の技術向上に活用されるという。

Velodyne LiDAR の設立者で CEO の David Hall 氏はプレスリリースでこう語っている。

今回の投資により、Velodyne が業界をリードする LiDAR センサーの製造コスト削減と製造規模拡大が後押しされ、同技術がさらに普及して全自動運転車の大量生産が可能となるでしょう。

LiDAR の技術では、レーザー光を近くの物体に反射させることでセンサーからの距離を測定する。電波を使うレーダーと比較すると高速な技術のため、LiDAR センサーは周辺からより多くのデータを収集でき、よりきめ細かな3D マップを作成することができる。自動運転車に関していえば、LiDAR センサーによって車が道路をきちんと「見て捉える」ことができるのだ。

現在、Velodyne の最新世代センサー Velodyne Puck の値段はおよそ8,000米ドルである。これは前世代までのセンサーの値段が8万米ドル以上であったのと比べればはるかに安い。Velodyne Puck を開発するにあたり、同社は一つのセンサーあたりのレーザー数を64から16にまで減らすことにより著しくコストを削減した。それでも大消費市場への展開を図るにはさらに値段を下げる必要がある。

Baidu のシニア VP で自動運転車部門ゼネラルマネージャーの Jing Wang(王勁)氏はプレスリリースで次のように語っている。

Baidu が自動運転車を開発しているのは中国国内における乗客の安全の向上、渋滞および汚染を減らすのが目的です。

今回の共同投資は私たちが見る限り、現在手に入る最高の LiDAR センサー技術を導入した自動運転車の開発を後押しし、Velodyne のより高度な LiDAR センサー開発を支援するでしょう。

Velodyne への Baidu の投資は自動運転車にかけるハイテク大手企業の野望を実現する上で新たな節目となるであろう。2ヶ月前、Jing Wang 氏は Baidu が5年以内に自動運転車を大量生産し、実際に車道を走らせるとの計画を発表した。同社は今年初め中国安徽省に自動運転車用の区域を設け、7月には烏鎮の観光協会と協定を結び観光客が Baidu の自動運転車を予約できるようになった。

Baidu はまた自動運転車技術の研究開発部門を拡充させていく計画だ。4月に同社はシリコンバレーを拠点にした100人規模の研究開発チームを発足すると発表した。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

フォード社が車載アプリにSina Weibo(新浪微博)を追加、ドライバーは音声認識でサービスを使用可能に

SHARE:

【原文】 私たちはラスベガスで開催されていた「Consumer Electronics Show」には参加していないが、この毎年恒例のテックイベントに関するニュースには細心の注意を払っている。そのなかに、米自動車メーカーのFord(NYSE:F)が同社の音声認識システムに同期したモバイルアプリをさらに追加したというニュースがあった。驚くことに、同システムに新たに加わった9つのアプリのうちの1つが、…

【原文】

photo: autoblog.com
photo: autoblog.com

私たちはラスベガスで開催されていた「Consumer Electronics Show」には参加していないが、この毎年恒例のテックイベントに関するニュースには細心の注意を払っている。そのなかに、米自動車メーカーのFord(NYSE:F)が同社の音声認識システムに同期したモバイルアプリをさらに追加したというニュースがあった。驚くことに、同システムに新たに加わった9つのアプリのうちの1つが、中国で最も人気のあるマイクロブログサービスSina Weiboなのだ。

発表によると、FordとSina(新浪、NASDAQ:SINA)の提携により、AppLink APIを通じて同Weibo(微博)モバイルアプリが車内で利用でき、ドライバーは音声認識システムを使って、ニュース・天気・マイクロブログ・位置情報サービスにアクセスできる。

ドライバーは自分の携帯をSyncシステムに接続し、Fordが対応しているアプリを利用することができる。だが、動画、画像の豊富なものやゲームなどの視覚的に注意をそらすような特定タイプのアプリ、あるいは、集中して読まなければならないようなアプリはサービスに加えないとFordは述べている。

FordのAppLinkエコシステムに今回加わったその他のアプリは、「The Wall Street Journal」「Amazon Cloud Player」「Rhapsody」「Glympse」そして「Aha Radio」だ。

AppLinkで中国アプリに対応するというFordの取組みのタイミングは絶妙だ。というのも、中国では、車運転中の携帯電話の使用を禁止する新しい法律が1月1日に施行されたばかりで[1]、ハンズフリーのBluetoothヘッドセット購入に関するニュースが数多くあったからだ。Fordもこの新しい法律から同じような恩恵を得ることができるだろうか?今後が楽しみだ。

(Via LiveScience.com)

1.もちろん、その法律が実際に強制されるかどうかは別問題なのだが。