BRIDGE

タグ Grab Ventures

Grab Ventures、シンガポールでフードデリバリ用にeスクーター「GrabWheels」の定額サービスをローンチ

SHARE:

シンガポールで時間を過ごしたことがある人なら、フードデリバリで街中を e スクーターで飛び回っている人を見たことがあるだろう。この零細産業を支援すべく、Grab Ventures は、シンガポール国内のフードデリバリパートナー向けの新しいサブスクリプションプランを発表した。 このプランでは、フードデリバリーパートナーは、Grab の e スクーターサービス「GrabWheels」を時間無制限で、3…

GrabWheels
Image credit: National University of Singapore

シンガポールで時間を過ごしたことがある人なら、フードデリバリで街中を e スクーターで飛び回っている人を見たことがあるだろう。この零細産業を支援すべく、Grab Ventures は、シンガポール国内のフードデリバリパートナー向けの新しいサブスクリプションプランを発表した。

このプランでは、フードデリバリーパートナーは、Grab の e スクーターサービス「GrabWheels」を時間無制限で、30回にわたって乗車(ピックアップ)または降車(ドロップオフ)ができる。1ヶ月の料金は75シンガポールドル(約6,090円)で、月の稼働が20日未満のパートナーには日割りで3.75シンガポールドル(約305円)の方がお得となる(編注:サブスクリプションサービスを受けない通常料金は、1分あたり0.50シンガポールドル=約40円)。

デリバリパートナーは、このプランを使って配達業務に e スクーターを利用できる。Grab Ventures はこのプランが、シンガポールのある場所から違う場所へ商品を届ける、フードデリバリの本質と相性が良いと考えている。

Grab Ventures の責任者 Chris Yeo 氏は、次のように語っている。

主な移動手段として e スクーターを活用するフードデリバリパートナーは増加の一途をたどっている。GrabFood デリバリのパートナーの多くは、(移動のための)道具を購入したりメンテナンスしたり、あるいは、バッテリ寿命を心配することなく、フードを届ける仕事に専念できるソリューションに興味を持っていた。ここにこそ、GrabWheels が支援できることがあると考えた。

GrabWheels
Image credit: National University of Singapore

シンガポール大学で GrabWheels のパイロット運用を終わらせた Grab は、ユーザがサインアップした際にはヘルメットを無償提供、e スクーター利用にあたっての知識をテストするために安全チェックリストを確認してもらい、安全手順への注意を払うよう求めている。

GrabWheels のベータ版は昨年12月、シンガポール大学の Kent Ridge キャンパスで初めてローンチした。これまでに100,000回を超える乗降利用があり、 シンガポール大学学生の96%が授業、ホステル、近隣鉄道駅への移動手段として好ましいと回答した。

デリバリーパートナーは e スクーターの1回の充電で、約40キロの距離を走ることが可能だ。

デリバリーパートナーは、GrabWheels の e スクーターのバッテリが切れたり、他の e スクーターでフードデリバリを続けたいときは、最寄りの Grab の乗降車ポイントに返却することができる。GrabWheels のチームがメンテナンスや充電を行う。関心のあるフードデリバリパートナーは、GrabWheels アプリのベータ版をダウンロードし、サブスクリプションプランにサインアップするとよいだろう。

【via e27】 @e27co

【原文】

Grab Ventures、インドネシアのスタートアップに2.5億米ドルを投資へ

SHARE:

東南アジアの配車サービス企業 Grab が、インドネシアでイノベーション部門 Grab Ventures をローンチした。今後3年以内に、同国で活躍するスタートアップに3兆インドネシアルピア(2億5,000万米ドル)の出資を行っていく予定だ。 この取り組みは「2020年までに東南アジアNo.1のデジタル経済にする」というインドネシアの目標をサポートする Grab 4 Indonesia’ 2020…

Grab_Indonesia_Ventures
Image Credit: Grab

東南アジアの配車サービス企業 Grab が、インドネシアでイノベーション部門 Grab Ventures をローンチした。今後3年以内に、同国で活躍するスタートアップに3兆インドネシアルピア(2億5,000万米ドル)の出資を行っていく予定だ。

この取り組みは「2020年までに東南アジアNo.1のデジタル経済にする」というインドネシアの目標をサポートする Grab 4 Indonesia’ 2020 Master Plan に追加されたものである。同プランの規模は10兆インドネシアルピア(7億米ドル)に及ぶ。

インドネシアでのローンチは、6月に行われたシンガポールでのローンチに次ぐものである。今後 Grab Ventures は、交通や食品、ロジスティクス、フィンテック、その他 O2O に関する問題を解決しようとしているスタートアップと提携・出資を行っていく。

スタートアップと戦略的パートナーシップを結ぶことを目標としており、Grab のプラットフォームと統合させることで、日常生活に欠かせないアプリにする(提携先スタートアップが提供するデリバリーサービスとの統合など)という Grab の野心をより一歩前進させたいと考えているようだ。

インドネシアにおける Grab Ventures の計画の一部に、国内および東南アジアに存在する成長途上のスタートアップを支援する、Grab Ventures Velocity と呼ばれる16週間のアクセラレータプログラムが含まれている。

Grab Ventures Velocity はインドネシアの情報通信省(Kominfo)、創造経済庁(BEKRAF)との共同事業である。提携企業に Amazon Web Services(AWS)や MDI Ventures(Telkom Indonesia のコーポレート・ベンチャーキャピタル)などがいる。

AWS は Portfolio Plus パッケージを通じ、優良なスタートアップに利益をもたらす予定だ。その他、プラットフォームのセキュリティや規模の拡大、ベストプラクティスに関する技術指導も行っていくという。

一方、シンガポールとシリコンバレーで事業を展開している MDI Ventures は、地域に沿った専門知識の提供、および指導者が参加するネットワークへのアクセス権を付与する。

Grab 4 Indonesia’ 2020 Master Plan

Grab は本日(8月29日)発表されたプレスリリースで、上記のマスタープランにおける事業成果についても発表した。

現在、Grab は137都市まで拡大し、サバンやメラウケまでカバーしている。また、マーケットシェアは65%に達したという。

同社のデリバリーサービスである GrabFood は今年20を超える都市に進出し、現時点で合計30都市となった。インドネシアにおける総流通総額(GMV)は、2018年上半期でほぼ4倍に増加した。

宅配サービス GrabExpress のインドネシアにおける GMV も、同上半期にほぼ3倍増加を達成している。

【via e27】 @E27co

【原文】