Grab Ventures、シンガポールでフードデリバリ用にeスクーター「GrabWheels」の定額サービスをローンチ

by e27 e27 on 2019.5.8

GrabWheels
Image credit: National University of Singapore

シンガポールで時間を過ごしたことがある人なら、フードデリバリで街中を e スクーターで飛び回っている人を見たことがあるだろう。この零細産業を支援すべく、Grab Ventures は、シンガポール国内のフードデリバリパートナー向けの新しいサブスクリプションプランを発表した。

このプランでは、フードデリバリーパートナーは、Grab の e スクーターサービス「GrabWheels」を時間無制限で、30回にわたって乗車(ピックアップ)または降車(ドロップオフ)ができる。1ヶ月の料金は75シンガポールドル(約6,090円)で、月の稼働が20日未満のパートナーには日割りで3.75シンガポールドル(約305円)の方がお得となる(編注:サブスクリプションサービスを受けない通常料金は、1分あたり0.50シンガポールドル=約40円)。

デリバリパートナーは、このプランを使って配達業務に e スクーターを利用できる。Grab Ventures はこのプランが、シンガポールのある場所から違う場所へ商品を届ける、フードデリバリの本質と相性が良いと考えている。

Grab Ventures の責任者 Chris Yeo 氏は、次のように語っている。

主な移動手段として e スクーターを活用するフードデリバリパートナーは増加の一途をたどっている。GrabFood デリバリのパートナーの多くは、(移動のための)道具を購入したりメンテナンスしたり、あるいは、バッテリ寿命を心配することなく、フードを届ける仕事に専念できるソリューションに興味を持っていた。ここにこそ、GrabWheels が支援できることがあると考えた。

GrabWheels
Image credit: National University of Singapore

シンガポール大学で GrabWheels のパイロット運用を終わらせた Grab は、ユーザがサインアップした際にはヘルメットを無償提供、e スクーター利用にあたっての知識をテストするために安全チェックリストを確認してもらい、安全手順への注意を払うよう求めている。

GrabWheels のベータ版は昨年12月、シンガポール大学の Kent Ridge キャンパスで初めてローンチした。これまでに100,000回を超える乗降利用があり、 シンガポール大学学生の96%が授業、ホステル、近隣鉄道駅への移動手段として好ましいと回答した。

デリバリーパートナーは e スクーターの1回の充電で、約40キロの距離を走ることが可能だ。

デリバリーパートナーは、GrabWheels の e スクーターのバッテリが切れたり、他の e スクーターでフードデリバリを続けたいときは、最寄りの Grab の乗降車ポイントに返却することができる。GrabWheels のチームがメンテナンスや充電を行う。関心のあるフードデリバリパートナーは、GrabWheels アプリのベータ版をダウンロードし、サブスクリプションプランにサインアップするとよいだろう。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------