BRIDGE

タグ Impossible Foods

代替肉・Impossible Foodsの挑戦:肉の味を決定づけるもの(3/3)

SHARE:

人工的に作ったヘム (前回からのつづき)Brown氏によれば、人々は食糧について「科学的イノベーション不毛の地」という印象を持っていると語る。しかし彼は、生物多様性の壊滅的な損失を食い止める最大のチャンスはここにあるとしている。 Impossibleの最初の発見の一つは、ヘムという分子が動物を食べる時の味を決定付けているということだった。動物の死体から作られた肉もImpossibleの植物から作ら…

スライダー(ミニサイズ)のImpossible Burger 2.0・Image Credit: Dean Takahashi

人工的に作ったヘム

(前回からのつづき)Brown氏によれば、人々は食糧について「科学的イノベーション不毛の地」という印象を持っていると語る。しかし彼は、生物多様性の壊滅的な損失を食い止める最大のチャンスはここにあるとしている。

Impossibleの最初の発見の一つは、ヘムという分子が動物を食べる時の味を決定付けているということだった。動物の死体から作られた肉もImpossibleの植物から作られた肉も、ヘムが豊富に含まれているからこそ美味しく食べられるのだそうだ。Brown氏によると、人々は通常の牛肉よりもImpossible Burgersの方が2対1で好まれるという。Brown氏はヘムのことを生肉のあの血の味の原因となる「魔法のような」分子と表現してこう語る。

「私たちの血液を赤くするヘムは自然界で最も偏在している、生命を構成する重要な分子です。ヘムは、血液中の酸素を運ぶ分子として最もよく知られています。動物の筋肉に含まれているだけでなくヘムは私たちが食べるほとんどすべての食品に含まれています。ヘムは食べても安全なだけでなく、生きていくために必要なものなのです」。

Impossible Foodsは、世界の食肉需要を少しでも満たすため、家畜のように環境への負荷をかける方法ではなく、持続可能で、拡張性があり、手頃な価格でヘムを作る方法を開発した。この会社は大豆レグヘモグロビンと呼ばれる植物に自然に含まれるヘムタンパク質を作るために、酵母をバイオ技術で発酵させている。Impossible Burgerに含まれるヘムは、人間が肉で摂取してきたヘムと同じものになる。牛肉の味をそのままに使用する資源を大幅に削減することに成功したのだ。

また同社によるとImpossible Burgerは従来の牛の挽肉よりも約96%少ない土地のみで、水の使用量を約87%、温室効果ガスの発生量についても約89%減少させることができるとしている。Brown氏は視聴者に「これは可能さ、みんな、方法はひとつしかないんだよ」と語りかけていた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

代替肉・Impossible Foodsの挑戦:「最も破壊的な哺乳類は牛」代替牛乳も試作(2/3)

SHARE:

(前回からのつづき)今朝のパネルでBrown氏は「我々は見かけ上は食品会社です。しかし内部では、Impossible Foodsが人類史上最も重要な科学的プロジェクトだと考えています。環境破壊から地球を救う唯一の方法は、新しい食のプラットフォームを作ることなのです」と語りかける。 Lee氏は同社ができる最大のリターンは研究開発にあるとし、ブラウン氏によると同社は牛乳以外にも、植物版の鶏肉や魚にも取…

Impossible Foodsは畜産こそが地球温暖化の要因と語る ・Image Credit: Impossible Foods

(前回からのつづき)今朝のパネルでBrown氏は「我々は見かけ上は食品会社です。しかし内部では、Impossible Foodsが人類史上最も重要な科学的プロジェクトだと考えています。環境破壊から地球を救う唯一の方法は、新しい食のプラットフォームを作ることなのです」と語りかける。

Lee氏は同社ができる最大のリターンは研究開発にあるとし、ブラウン氏によると同社は牛乳以外にも、植物版の鶏肉や魚にも取り組んでいるという。

Impossible Investigatorプログラムではあらゆるキャリアステージの科学者に対し、Impossibleのミッションの範囲内で新たな研究プログラムを構想することも求めている。植物由来の牛乳やステーキ、魚の最適化を加速させる短期的な戦略から、植物性タンパク質やその他の素材のサプライチェーンを大幅に改善する長期的なアイデアまで、どんなことでも構わない。

Impossible Investigatorsでは、生命科学、物理科学、工学などのバックグラウンド、データアナリスト、神経生物学者、実験心理学者、食べ物に対する感覚知覚やヘドニック心理学的な知見を持っている人まで幅広い人を求める。

「このプロジェクトが与える影響に比べれば、他のどんなこともバケツの中の一滴に過ぎないということを伝えたいのです。食糧が抱えているものについて多くの人々が混乱し、困惑しています」とBrown氏は語る。

Impossible FoodsのCEO、Pat Brown氏・Image Credit: Impossible Foods

筆者は牛肉の味がするのに植物由来のImpossible Burgerを定期的に食べるようになった。毎週の習慣になっていて、週末はマクドナルドのフライドポテトと一緒にImpossible Burgerを食べた。そう、牛肉が恋しくないのだ。今はまだ高いがBrown氏によればそれは時間と共にに変わるだろうとしている。今年の初めに同社は15%の値下げを実施し、数年後の価格は動物性のものを下回ると予測している。

今年初め、同社は同じく植物から作られた「Impossible Sausage」を発売している。香港では数千店のレストランと200店舗で販売されているものだ。

消費者調査会社のNumeratorのデータによると、Impossible Burgerの売上の大部分は動物由来の肉に食い込んできている。Impossibleには250以上の特許があり、出願中の特許もある。昨年、同社は利用可能なインターンシップに3,000件の応募があったと、チーフ・コミュニケーション・オフィサーのRachel Konrad氏は述べている。

今日のイベントの中で、同社はどうすれば植物性ミルクをフォーム・ミルクに変化させ、朝のコーヒーに入れることができるのかを示していた。この牛乳は試作品の状態だ。Brown氏によると、最も破壊的な哺乳類は牛であり、その数は世界中で約17億頭に上るという。放牧や汚染物質を排出することを考えると食料生産の効率が悪い。味の悪い豆乳ではなく牛乳に代わることは非常に重要であると語っていた。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

代替肉・Impossible Foodsの挑戦:研究開発チームを倍増へ(1/3)

SHARE:

植物をベースにした「Impossible Burger」を製造するImpossible Foodsは畜産業を廃業に追い込むため、近年中に研究開発チームの規模を2倍にする予定だ。同社のミッションは植物を肉、魚、乳製品に変えることで、彼らが「世界で最も破壊的な技術」と呼ぶ“動物”の利用によって引き起こされる地球温暖化や生物の多様性崩壊を食い止めることにある。 同社は技術投資を拡大し、問題解決のために科…

植物をベースにした「Impossible Burger」を製造するImpossible Foods畜産業を廃業に追い込むため、近年中に研究開発チームの規模を2倍にする予定だ。同社のミッションは植物を肉、魚、乳製品に変えることで、彼らが「世界で最も破壊的な技術」と呼ぶ“動物”の利用によって引き起こされる地球温暖化や生物の多様性崩壊を食い止めることにある。

同社は技術投資を拡大し、問題解決のために科学者を集める「Impossible Investigator」プログラムを開始することでこれを実現しようとしている。彼らは動物性食品を「気化」させることが気候変動を止めるための最良の方法であることに変わりはないと主張している。植物性ミルクのような製品で気候変動を食い止めることを目指しているのだ。

主力商品であるImpossible Burgerは、すでに動物由来の食品の代替が進んでおり、その生産は温室効果ガスの排出と、野生動物減少を食い止める最大の要因の一つとなっている。ライバルにはBeyond Burgerなどがいる。

Impossible Foodsはシリコンバレーで現在実施しているプロジェクトに参加する科学者、エンジニア、その他のR&D専門家を約50人募集している。現在600人以上の従業員を抱えており、Impossibleは2011年の創業以来、15億ドルの資金調達を実施した。今年は2回のラウンドでは7億ドルを調達し、その資金はテクノロジープラットフォームとR&Dチームの拡大に充てられる予定だ。

Impossible Foodsが開発する「Impossible Burger 2.0」Image Credit: Impossible Foods

スタンフォード大学の生化学名誉教授であり、元ハワード・ヒューズ医学研究所の研究者でもあるPatrick Brown CEOによって創業された。彼は数々の賞を受賞したスタンフォードの生化学研究室の仕事を辞め、2011年にImpossible Foodsを立ち上げた。2016年頃には、最高財務責任者(CFO)のDavid Lee氏を迎え入れることで、事業拡大のための人材を採用するようになり、ラスベガスで開催されたビッグテックのトレードショー「CES」にも出展している。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

人工肉「Impossible Foods」が3億ドルを調達ーー肉汁滴る植物由来のハンバーガー、ビルゲイツなど多数のセレブたちも支援

SHARE:

ピックアップ:Exclusive: Impossible Foods raises $300 million with investors eager for bite of meatless burgers ニュースサマリー:5月13日、動物肉を使わず植物由来の人工肉を開発するバイオテックスタートアップ「Impossible Foods」が3億ドルの資金調達を実施した。Khosla Ventur…

Capture.JPG

ピックアップExclusive: Impossible Foods raises $300 million with investors eager for bite of meatless burgers

ニュースサマリー:5月13日、動物肉を使わず植物由来の人工肉を開発するバイオテックスタートアップ「Impossible Foods」が3億ドルの資金調達を実施した。Khosla Ventures、Google Ventures、Horizons Ventures、UBS, Viking Global Investors、Temasek Sailing Capital、Philanthropy Projectらが出資している。

また、同ラウンドにはビル・ゲイツ氏が参加しているほか、Jay-ZやWill.i.am、Jaden Smith、Katy Perry、Met Gala、Serena Williams、Kirk Cousins, Paul Georgeなどのセレブリティーも名を連ねている。

Capture.JPG

同社は今回のラウンドを含め計7億5000万ドル以上の資金調達に成功しており、バリュエーションは20億ドルに達するとされている。また、同社競合とされるBeyond Meat社は今年5月初旬に上場に成功しており、同社のIPOも近いとされる。

話題のポイント:動物肉を利用しない「人工肉」と聞くと、その味や健康面での影響が気になるところです。

Capture
Impossible Burgerの栄養

Imposible Foodsでは、本物に限りなく近い肉汁を含み、その味も私たちがイメージする動物肉のハンバーガーと差異がほぼないとされています。

同社は今年1月にラスベガスにて開催された「Consumer Electronics Show(CES)」で、新作ハンバーガー「Impossible Burger 2.0」を発表しました。同ハンバーグでは前作と比べて鉄分・タンパク質含有量の増加に成功し、なんと同量のひき肉と同じだけの成分を含ませることに成功しています。

Impossible Burger 2.0はグルテン、抗生物質、ホルモンを全く含まず精製しており、肉本来の味を保障しつつ完全な植物由来の食品を作り上げています。また、ユダヤ教徒用のコーシャ認証、イスラム教徒用のハラール認証もされていることも特徴の一つと言えるでしょう。

Capture.JPG

今年4月には、Burger Kingが同社の「肉」を用いた新製品「Impossible Whopper」を発表し、全米店舗での購入が可能となるなど、製品の広がりとともに、認知度の拡大が続いています。さて、今年1月発表のCB Insightsによるレポート「Our Meatless Future」によれば、現段階で食肉製品の市場規模は900億ドルにまで拡大しているそうです。

Capture.JPG
Our Meatless Future

加えて、国際連合が2017年に発表した統計によれば世界人口は2100年までに現時点の約2倍に当たる11億2000万人に達するという予測もあります。これは単純に考えれば、食肉製品の市場規模並びに市場からの需要は今後も増加傾向になるということです。

Capture.JPG
Credit: United Nations, Department of Economic and Social Affairs

とはいえ、動物の絶対数やそもそもの環境変化に伴う影響を考えると、根本的な食糧供給量の増加を目指さなければなりません。そこで登場したのが、今回のImpossible Foods社のような食物由来の加工肉製品市場です。

もちろんまだ、世界的に受け入れられている概念ではないかもしれません。ただ、今後の人口増加や食料供給率の課題点を考えると必然的に市場をリードしていく存在へと変化していきそうです。とにもかくにも、まずは実際に食べてみるところから始めてみたいと思います。

CES 2019: Impossible Foods、レベルアップしたベジタリアンバーガーを高級食料品店で販売へ

SHARE:

ベジタリアンだが甘くて肉汁たっぷりのお肉の味がするハンバーガー。これこそ Impossible Foods の目指す高い目標だ。この目標を同社は「Impossible Burger」というもっともな名前の食品によって達成したようだ。このバーガーは、一昨年、昨年とアメリカ全土のレストランでヒットした。そしてこの度、料理人と消費者双方からのフィードバックを得て、レッドウッドシティの Impossibl…

Try_the_Impossible_burger
Image Credit: Impossible Foods

ベジタリアンだが甘くて肉汁たっぷりのお肉の味がするハンバーガー。これこそ Impossible Foods の目指す高い目標だ。この目標を同社は「Impossible Burger」というもっともな名前の食品によって達成したようだ。このバーガーは、一昨年、昨年とアメリカ全土のレストランでヒットした。そしてこの度、料理人と消費者双方からのフィードバックを得て、レッドウッドシティの Impossible Foodsは、Impossible Burger 2.0という名の改良版レシピを売り出す予定だ。

Impossible Foods の設立者で CEO の Patrick Brown 博士は、ラスベガスで行われた2019 Consumer Electronics Show で今回の新しいバーガーを発表した。このショーで、同社は、Las Vegas Convention Center の近くに停めたキッチンカーから1万2,000個以上のパティを参加者にふるまう計画だ。

Brown 博士は次のように語った。

最新の Impossible Burger では、味、栄養、また何にでも味が合うことなど、筋金入りの肉好きたちにとって大事な条件すべてが揃っています。これは植物由来の肉で、食物連鎖における動物へのニーズをなくし、グローバルな食品システムを持続可能なものにします。

では今回の新バーガーでは何が変わったのだろうか?Impossible Foods によれば、新しい植物由来の肉は、同じ量の牛ひき肉と同じだけの鉄分とタンパク質を有しているという。さらには、この人工肉にはコレステロールが含まれておらず、4分の1ポンド当たりで脂肪分はわずか13グラム、240カロリーだという。平均的なミートパティでは、コレステロールが80ミリグラム、脂肪23グラム、290カロリーだ。

新バーガーはまた、あらゆるひき肉料理に可能な限り近づけられている。初代のバージョンの Impossible Burger はレストランで鉄板焼きするように作られていたが、新バーガーのパティでは、当初の麦タンパク質に変わって大豆タンパク質を使うことにより、調理過程を通して食感とジューシーさが維持されるという。

Impossible Burger 2.0はまた、グルテン、ホルモン、抗生物質を含まず、コーシャ認証、ハラール認証もされている。また初代バーガーと同様に、肉の脂っこい味を出す分子であるヘムを含んでいる。科学に疎い方のために言っておくと、ヘムとは、ヘモグロビン(脊椎動物の血液中で酸素を運ぶ赤いタンパク質)のうち非タンパク質部分を構成するものだが、Impossible Foods は、イースト菌を遺伝子操作し発酵させて、大豆レグヘモグロビン(ヘモグロビンの等価物)を作ることによって、ヘムだけを分離させている。

今回のバーガーは味のテストでも成功を収めている。Impossible Foods によれば、1,000人以上の西海岸、中西部、中部大西洋沿岸地域の自称「ヘビーな肉食家」たちが、目隠しをした上での味の試験で、Impossible Burger 2.0の方を好んだ。とある大手食品チェーンのよく知られた脂身20%のミートパティとの比較で、好感度を試験者たちに数値で表してもらったところ、新 Impossible Burger は牛肉由来のバーガーと同じだけの得点を得た。

Impossible Foods のチーフサイエンスオフィサーである David Lipman 博士は、次のように語った。

外部の研究者たちが行う、消費者を対象とした味のテストに加え、Impossible Foods 自社の味の科学者と感覚器官の専門家たちが、1週間に少なくとも100回の味テストを行っています。常に Impossible Burger をより良くしたいという私たちの追求はとどまることを知りません。牛肉では全く太刀打ちできないでしょう。

さて、どこで、そしていつ、Impossible Burger 2.0を手にすることができるのだろうか?同社が記者らに伝えたところによると、この新バーガーは2月4日以降、大手食品流通業者によってアメリカ国内のあらゆるレストランで楽しむことができるようになるという。

新バーガーを提供する予定のレストラン一覧は以下の通り。

  • Chef Tae Strain’s Momofuku CCDC (ワシントン DC)
  • Chef Traci Des Jardins’ Jardinière と School Night (サンフランシスコ)
  • Chef Brad Farmerie’s Saxon + Parole (ニューヨーク)
  • Chefs Mary Sue Milliken と Susan Feniger’s Border Grill (カリフォルニアとネバダ)
  • Chef Danny Bowien’s Mission Chinese Food (ニューヨーク)
  • Chef Chris Cosentino’s Cockscomb(サンフランシスコ)と Jackrabbit (オレゴン州ポートランド)
  • Chef Tal Ronnen’s Crossroads Kitchen(ロサンゼルス)
  • Chef Michael Symon’s B Spot burger restaurants (オハイオ)
  • Chef Sarah Schafer’s Irving Street Kitchen(オレゴン州ポートランド)
  • Chef Jeremy Kittelson’s Linger(デンバー)
  • Chef Tony Priolo’s Maillard Tavern (シカゴ)
  • Chefs Ken Oringer and Jamie Bissonnette’s Little Donkey(ボストン)
  • Hospitality entrepreneur Kyle Brechtel’s Copper Vine(ニューオーリンズ)
  • Chef Jennifer Carroll’s Spice Finch(フィラデルフィア)
  • Chef Pete Blohme’s Sunset Pointe(アラバマ州フェアホープ)

Impossible Foods によれば、3月までに、現在 Impossible Burger を提供している香港とマカオの100を超えるレストラン、そしてアメリカの5,000の場所(Umami Burger、Bareburger、Wahlburgers、The Counter、Fatburger、Gott’s、White Castle など)で、新しいバーガーが販売されるという。加えて、数か月後にはシンガポールにも Impossible Burger 2.0を上陸させる予定だとしている。その後さらなる市場が続く。

そして、もしも自分で調理する方が好きという方がいれば、良い知らせがある。Impossible Burger 2.0は、年内にアメリカの高級食料品店でも売られるようになる予定だ。

同社の栄養・健康部門バイスプレジデント Sue Klapholz 博士は言う。

Impossible Burger のファンは、少なくとも動物肉と同じだけ栄養のあるグルテンフリーのバーガーを食べたいという望みを、声高にはっきりと示しています。私たちの新製品は、栄養にも地球にも妥協することなく、肉の好きな人たちが求めるすべての味をお届けします。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】