THE BRIDGE

タグ IROZA

IROYAがVOYAGE VENTURESから資金調達、O2O事業で大和物流・東急電鉄・東急百貨店との業務提携を発表

SHARE:

2013年3月のサービス開始から取材を重ねてきた「IROZA」が本日、渋谷ヒカリエで事業戦略発表会を実施しました。IROZAは、「色から、モノを好きになる」をコンセプトに展開するEコマース&セレクトショップです。開始から3年が経った節目に、新たな資金調達と各社との業務提携を発表しました。 運営会社であるIROYAに出資したのは、VOYAGE VENTURESです。金額非公開の出資ですが、今…

IROZA-website-overhaul

2013年3月のサービス開始から取材を重ねてきたIROZA」が本日、渋谷ヒカリエで事業戦略発表会を実施しました。IROZAは、「色から、モノを好きになる」をコンセプトに展開するEコマース&セレクトショップです。開始から3年が経った節目に、新たな資金調達と各社との業務提携を発表しました。

運営会社であるIROYAに出資したのは、VOYAGE VENTURESです。金額非公開の出資ですが、今後は資金面だけでなく事業連携も積極的に行っていくとのこと。IROYAはEコマースとセレクトショップ以外に、アパレル事業者に対して店舗と連動したO2Oアプリの導入支援などを提供しており、二社の強みを活かした形のWEBプロモーション支援などの事業を展開していきます。

IROYAは、2015年11月に渋谷の東急百貨店東横店におけるポップアップ出店を経て、今年2月にはECサイト IROZA のリアル店舗を同百貨店に出店しています。今回改めて業務提携し、東急電鉄と東急百貨店のオムニチャネルへの対応強化を図っていきます。これには、リアル店舗とECサイトの在庫管理の連動を可能とした、流通・販売のオムニチャネル支援サービス「Monopos」が活用されます。

Monoposは、資本業務提携を実施した大和ハウスグループの大和物流とIROZAとが共同展開するサービス。IROZAの実店舗、ECサイトにおける運用経験を基に構築され、小売流通事業者に特化してオムニチャンネルをサポートするもの。物流や倉庫、販売、決済、マーケティングまでを一括管理できるようにすることで、あらゆる管理業務を効率化します。

IROZAはまた、UI刷新や機能拡充を実施しました。商品ページには、アライドアーキテクツのECサイト画像最適化CVR向上ソリューション「ブツドリ」を導入し、Instagram上の画像を引用するなどしてブランドやアイテムの世界観を表現します。新機能には、商品完売時に使える「再入荷リクエスト機能」を実装。また、7月中旬には東急ベルとブランディアによる、IROZAユーザ向けの買取サービスの展開も予定しています。

----------[AD]----------

「色」で商品と出会える「IROZA」が筑波大学システム情報工学系とレコメンデーション機能を共同研究

SHARE:

ファッションコマースでありながら、キャットストリートに路面店を構えたり、福岡に期間限定店舗を設けたりと、オムニチャネルなアプローチを試みてきた「IROZA(イロザ)」。最近では、今年2月末から渋谷の東急百貨店東横店旗艦店をオープンしたことが話題を呼びました。 そんなIROZAが新たに発表したのが、筑波大学システム情報工学系との共同研究です。「色」を基準にアイテムを提案するレコメンデーション機能を開…

IROYA-website

ファッションコマースでありながら、キャットストリートに路面店を構えたり、福岡に期間限定店舗を設けたりと、オムニチャネルなアプローチを試みてきた「IROZA(イロザ)」。最近では、今年2月末から渋谷の東急百貨店東横店旗艦店をオープンしたことが話題を呼びました。

そんなIROZAが新たに発表したのが、筑波大学システム情報工学系との共同研究です。「色」を基準にアイテムを提案するレコメンデーション機能を開発することが目的。購買データ・カラートレンドといった情報に色彩心理を組み合わせることで、IROZAならではのレコメンデーションエンジンの開発を目指します。

運営会社のIROYAは、サービス開始当初から、アパレル事業者の事業支援を行うことを視野に入れていました。ここでは、自社の通販やオムニチャネル事業を通して得たノウハウが多いに活かされます。その一環が、2014年8月にリリースされたオウンドメディア「IROZA MAGAZINE」で展開するタイアップ広告商品。新たに、550万人以上のユーザが利用するキュレーションマガジン「antenna」で広告配信できるプランが追加されました。

2014年8月から取材を重ねているIROZAのこれまでのニュースは、まとめ記事をご覧ください。

----------[AD]----------

色でモノやヒトと出会えるリテールテイメント「IROZA」が渋谷東急東横店に旗艦店をオープン

SHARE:

私たちは普段、好きなブランドだから、または今シーズンのトレンドだからといった理由で洋服を買っています。そんな従来の買い物のあり方を、「色で出会う」というコンセプトで変えようと試みるのが「IROZA」です。色に特化したヒトやモノとのマッチングやキュレーションを提供するEコマースサイトでセレクトショップです。 そんなIROZAが、2月25日から渋谷の東急百貨店東横店 西館1階に旗艦店をオープンすること…

Tokyu-Iroza-shop

私たちは普段、好きなブランドだから、または今シーズンのトレンドだからといった理由で洋服を買っています。そんな従来の買い物のあり方を、「色で出会う」というコンセプトで変えようと試みるのが「IROZA」です。色に特化したヒトやモノとのマッチングやキュレーションを提供するEコマースサイトでセレクトショップです。

そんなIROZAが、2月25日から渋谷の東急百貨店東横店 西館1階に旗艦店をオープンすることを発表しました。2014 年 3 月から1年強展開していた原宿路面店に続く、約 7 ヶ月ぶりの旗艦店の出店となります。

これまでも、都内を中心に十数店舗を超えるPOP-UP ストア(期間限定の仮店舗)を展開し、東急東横店には2015年11月から12月頭にかけて出店。オムニチャネルによる新規顧客やインバウンド集客といった当時の施策や成果が、今回の旗艦店オープンに貢献しています。

国内外からの観光客で賑わう渋谷の駅直結型商業施設に旗艦店をオープンすることで、地域や年代、また国籍を超えたさまざまな人に対してIROZAのユニークな世界観を訴求することができるはず。

「リテール」(販売)と「エンターテインメント」(娯楽)を組み合わせた「リテールテイメント」を先導するIROZAの今後の展開にますます注目です。

----------[AD]----------

色を通じたアイテムとの出会いを提供する「 IROZA」が資金調達、アライドアーキテクツと資本・業務提携

SHARE:

毎月決められた一つの「色」を通じたアイテムとの出会いを提供する「IROZA」。消費者は、トレンドやブランドにとらわれることない、新しい買い物の形を体験することができます。同サービスはまた、「ファッショアイテムの再構成をあえてプレーンに行い、逆に消費者の能動性を引き出す効果を生み出している」として、2015年のGOOD DESIGN賞を受賞しています。 IROZAの運営会社であるIROYAは、本日、…

IROZAのFacebookページより
IROZAのFacebookページより

毎月決められた一つの「色」を通じたアイテムとの出会いを提供する「IROZA」。消費者は、トレンドやブランドにとらわれることない、新しい買い物の形を体験することができます。同サービスはまた、「ファッショアイテムの再構成をあえてプレーンに行い、逆に消費者の能動性を引き出す効果を生み出している」として、2015年のGOOD DESIGN賞を受賞しています。

IROZAの運営会社であるIROYAは、本日、アライドアーキテクツとの資本・業務提携、また 2015 年 9 月に第三者割当増資等を実施したことを発表しました。引受先は、ニッセイ・キャピタル、MBCベンチャーキャピタル、アドウェイズ、アライドアーキテクツ、日本政策金融公庫の5社です。今回調達した資金は、広告宣伝や人材採用の強化などに使われます。

アライドアーキテクツが培ってきたマーケティング支援の実績や知見と、IROYAが持つアパレル事業者のネットワークを連携させることで、アパレル市場に向けた効果的なマーケティング支援プラットフォームを構築するとのこと。まだ詳細は明らかになっていませんが、その他にも物流面の新サービスの展開も予定しています。

また、IROYAはその経営体制も強化。経営、財務、組織に関する戦略顧問として、クックパッドの元執行役である成松 淳氏、そしてデザイン思考経営者のリライアンス・データの代表である泉健太氏を迎え入れました。

Webとリアルショップの両軸で、リテールテイメント事業を展開するIROYA。随時ポップアップショップも開いており、最近では展開色「ホワイト」が集まる「IROZA 東急東横店 期間限定ショップ」が11月19日から12月2日まで展開されています。マーケティングやO2Oなど様々な側面で、アパレル業界を牽引していくことが期待されます。

----------[AD]----------

色でモノを好きになる「IROZA」がiOSアプリをリリース、一時閉店するフラッグシップは来年再オープン

SHARE:

「色」をテーマにアイテムをキュレーションして販売するEコマースでセレクトショップの「IROZA」が、新感覚アプリ「IROZA」(特設ページ)をApp Storeにてリリースしました。色でモノを選んで買うアプリは、Eコマースと店舗をよりシームレスに繋げ、より良いユーザー体験を提供するために誕生しました。 アプリでは、自分の好きな色やカテゴリー別、ブランド別にアイテムを検索することができ、写真共有アプ…

IROZAのiOSスマホアプリ
IROZAのiOSスマホアプリ

「色」をテーマにアイテムをキュレーションして販売するEコマースでセレクトショップの「IROZA」が、新感覚アプリ「IROZA」(特設ページ)をApp Storeにてリリースしました。色でモノを選んで買うアプリは、Eコマースと店舗をよりシームレスに繋げ、より良いユーザー体験を提供するために誕生しました。

アプリでは、自分の好きな色やカテゴリー別、ブランド別にアイテムを検索することができ、写真共有アプリ「Instagram」に、スタッフが店舗の様子を撮影して投稿した写真が楽しめる「今月のIROZA」機能も。またユーザーは、メディアコマースとしてアプリやEコマースで見つけたお気に入りのアイテムのブランドに関連した同社運営のウェブマガジン「IROZA MAGAZINE」の記事を閲覧することもできます。

その中でも特徴的なのは、IROZAならではのオムニチャネルの機能です。その一つが、アプリで見つけたアイテムを店舗に取り寄せ、事前に来店予約して試着できる「お店で見る」機能。また、ショップにあるアイテムのバーコードを読み取ることで、そのサイズに関する情報を表示するバーコードリーダー機能も。アプリで読み取ったバーコード情報をもとに、アイテムの詳細を閲覧して決済まで行い、アイテムを当日持ち帰る、または自宅に郵送するかを選ぶことが可能です。

iOSアプリのリリースと同時に発表されたのが、渋谷のキャットストリートにあるフラッグシップストアの一時閉店です。渋谷区の都市開発計画に伴うもので、5月29日(金)に一時閉店し、新店舗のオープンは来年を予定しています。それまでの間、IROZAは全国各地の商業施設でポップアップストアとして運営されていくとのこと。

店舗を構えながらポップアップショップを幾つも展開することで、さまざまな地域でオムニチャネルを試みるIROZA。来年の新店舗オープン時にはいっそうパワーアップして登場してくれることに期待したいと思います。

----------[AD]----------

触れることで色がわかる商品タグ「いろポチ」をIROZAが導入、売上げの一部を寄付

SHARE:

先日、事業の多角化に伴ってサービス名称をに変更した「色で選ぶ」をテーマにするオフライン&オンラインンショップ「IROZA」。同社は、全盲視覚障がい者向けの商品タグ「いろポチ」の正式導入を発表しました。 いろポチは、色の世界をみんなのものにし、視覚障がい者の洋服選びをもっと快適にするために開発された商品タグです。いろポチの商品タグにある表面の膨らみに触れることで、添付されたアイテムの色を識別できるよ…

触ることで色が識別できる「いろポチ」をIROZAが導入
触ることで色が識別できる「いろポチ」をIROZAが導入

先日、事業の多角化に伴ってサービス名称をに変更した「色で選ぶ」をテーマにするオフライン&オンラインンショップ「IROZA」。同社は、全盲視覚障がい者向けの商品タグ「いろポチ」の正式導入を発表しました。

いろポチは、色の世界をみんなのものにし、視覚障がい者の洋服選びをもっと快適にするために開発された商品タグです。いろポチの商品タグにある表面の膨らみに触れることで、添付されたアイテムの色を識別できるようになります。

日本女子大学被服科研究室と社会福祉法人・日本点字図書館の協力のもと、独立行政法人産業技術総合研究所の佐川賢工学博士が研究開発したアイデア。それを、服飾資材の企画・製造などを手掛けるフクイ社が形にすることで完成した製品化されました。

コンセプトに「色から、モノを好きになる」を掲げるIROZAは、いろポチの思想や機能に賛同し、IROZAで取り扱うアイテムへのタグとして採用することを決定しました。また、IROZAで販売した いろポチ を添付したアイテムの売上げの一部を同社が指定する団体へ寄付し、いろポチの普及やオンラインショップ利用者へのバリアフリーにより積極的に取り組んでいくとのこと。

「色覚的バリアフリー」を目指すことで、日本に約100万人いる全盲視覚障がい者の人々にファッションの楽しさを提供していきます。

 

 

----------[AD]----------

色のキュレーションコマース「IROYA」が事業多角化に伴ってサービス名称を「IROZA」に変更

SHARE:

「色」に特化したマッチングやキュレーションによって、個人の「好きな色」を通じたモノとの出会いを提供するEコマース&セレクトショップの「IROYA」。同社は本日、サービス名称を「IROYA」から「IROZA」に変更し、ECサイトのリニューアル、またオムニチャネル型のスマートフォンアプリをリリースすることを発表しました。 事業の多角化と多言語展開 今回のブランド名の変更は、IROYA(社名は変更なし)…

IROZA

「色」に特化したマッチングやキュレーションによって、個人の「好きな色」を通じたモノとの出会いを提供するEコマース&セレクトショップの「IROYA」。同社は本日、サービス名称を「IROYA」から「IROZA」に変更し、ECサイトのリニューアル、またオムニチャネル型のスマートフォンアプリをリリースすることを発表しました。

事業の多角化と多言語展開

今回のブランド名の変更は、IROYA(社名は変更なし)の事業多角化に伴うもの。セレクトショップとECサイトという小売業を中心としたこれまでの事業展開から、今後は色に関わるより幅広い事業を手掛けていきます。企業として提供していく価値を再定義する意味合いも込めて、IRO「YA(屋)」からIRO「ZA(座)」へと名称を変えました。

IROZAに生まれ変わったECサイトは、日本語に加えて英語と中国語に対応してリニューアルオープン。海外への発送にも対応します。もともと、IROZAでは多い月は顧客の6割以上を外国人が占めるのだとか。言葉で伝えずとも、「色」でキュレーションするコンセプトは店頭に足を踏み入れれれば一目瞭然で伝わるのだと言います。

IROZA-multi-language
英語と中国語でも多言語展開するIROZA

色で出会う体験をiPhoneアプリでも

IROZAがiPhoneアプリになって登場
IROZAがiPhoneアプリになって登場

また、4月13日(月)以降に、色でアイテムを選ぶ買い物体験をより楽しくするiOS対応のスマートフォンアプリをリリース予定です。サービス開始初期から、オンラインとオフラインの両輪で運営されてきたIROZAならではのアプリに仕上がっている模様。

アプリの基本機能では、好きな色でアイテムを検索し、探している色のアイテムの中から直近一週間で最も購入されたアイテム3つを表示してくれます。また色やブランドに関連した、同社が運営するウェブマガジン「IROZA MAGAZINE」の記事を表示するメディア機能も。店舗やECサイトと同様、「色」で探す体験が味わえるアプリになっています。

オムニチャネル機能では、数万着あるIROZAで見つけたお気に入りのアイテムを、原宿キャットストリートに位置するセレクトショップにお取り寄せ可能。また、セレクトショップで利用できるクーポンなどの特典情報を受け取ったり、店頭にある全アイテムのバーコードを読み取り、そのサイズに関する情報を表示するバーコードリーダー機能も搭載しています。

小売事業者のO2O対応を支援

消費者とサプライヤーの双方を顧客と捉え、両者とってのベストなオムニチャネルの形を追求してきたIROZA。この1年間、α版として運用してきたことで培った経験や思想を、アプリやECサイトのバックエンドの在庫連動等に反映しました。

また同社は、このアプリ「IROZA」に搭載される新規顧客の獲得や既存顧客の再来店に活用できるO2Oマーケティングの全機能を備えたアプリを他の小売事業者が導入し、自社向けにカスタマイズする支援も行っていくとのこと。事業者側が使うアプリの管理画面では、POS機能はもちろん、アプリ内のバナーに挿入する画像の編集や、自社で運営されるウェブマガジンとの連動なども可能だそう。

「顧客に対しては、店舗とECの世界観を以下に連動させるか、演出するか、毎月変わる感覚を楽しんでもらえるか、来たいと思ってもらえるかを目標にやってまいりました。ECやO2Oという議論だけではなく、今の世の中にあった「購買体験」が何が一番いいのかをアプリに注いでいこうと思います」(代表 大野敬太氏)

----------[AD]----------