THE BRIDGE

タグ Lechal

Bluetoothでスマホと連携するスマートな靴のソール「Lechal」が予約の受付を開始

SHARE:

以前に本サイトでご紹介している、Bluetoothでスマートフォンと連携し振動することで道案内も可能なスマートシューズ/ソールの「Lecal」が、予約の受付を開始している。 「Lecal」はインドのDucere Technologies社が開発した靴型/ソール型デバイス。ソール型のデバイスも用意することで、既存の靴に対して利用することが可能となっている。 デバイスとスマートフォンをBluetoot…


28

以前に本サイトでご紹介している、Bluetoothでスマートフォンと連携し振動することで道案内も可能なスマートシューズ/ソールの「Lecal」が、予約の受付を開始している。

「Lecal」はインドのDucere Technologies社が開発した靴型/ソール型デバイス。ソール型のデバイスも用意することで、既存の靴に対して利用することが可能となっている。

1962874_637026226357167_1930184646_n

デバイスとスマートフォンをBluetoothで接続。アプリに目的地を入力するとナビゲーションが行われ、右折や左折する場所でデバイスが振動することで道案内が可能とのこと。アプリはiOS、Android、Windows向けが用意されているようだ。

視覚障害者向けのデバイスとしても開発。従来の視覚障害者向けの補助器具は音声によるフィードバックするものが多く、聴覚に大きく依存しているということで、振動による直感的なフィードバックは最適であるとしている。

Lechalには方向を振動で伝える機能以外に、ウォーキングやジョギングの歩数データから消費カロリーを計算したり、SNSを通じて共有したりする機能も備わっている。

材質は高性能ポリウレタンで、表面は抗菌性コーティングで加工されている。防水性と耐久性があるため、雨の日の利用や水たまりに入ってしまっても問題無いとのこと。

Lechal

また、専用充電器が用意されており、指をスナップすることで充電されたり音声によるフィードバックなどインタラクティブな機能を有しているとのこと。連続使用で3日ほど電池が持ち、普通に使用すると10日は使用可能なようだ。

出荷は9月ごろの予定で、価格は1足約100~150米ドルになる見込みとのこと。

----------[AD]----------

今度は靴のソールがスマートに進化、道案内をしてくれる「Lechal」【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Bluetoothでスマホと連携するスマートな靴のソール「Lechal」、足裏から視覚障害者の道案内役に 連日スマートデバイスを淡々とお伝えしているmake.thebridge.jpですが、今度はなんとソールです。そうです、靴のソールです。こいつが賢くスマートになりました。どうやら視覚障害をお持ちの方に向…

Lechal

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Bluetoothでスマホと連携するスマートな靴のソール「Lechal」、足裏から視覚障害者の道案内役に

連日スマートデバイスを淡々とお伝えしているmake.thebridge.jpですが、今度はなんとソールです。そうです、靴のソールです。こいつが賢くスマートになりました。どうやら視覚障害をお持ちの方に向けたデバイスで、スマートフォンと連動して目的地を設定。すると、ソールを振動させることで方向を教えてくれるというものらしいです。

なるほどと元記事の動画を拝見すると思いっきりなインドの男女がフィットネスに活用しているシーンが流れてきましたので、おそらく何にでも使えるのでしょう。ただ、フィットネスで方向が分からないというのは別の次元の話の気もしますが、考えるだけ野暮、素直に人類とソールの進化を歓迎したいと思います。

via DMM 3Dプリント × THE BRIDGE

----------[AD]----------

Bluetoothでスマホと連携するスマートな靴のソール「Lechal」、足裏から視覚障害者の道案内役に

SHARE:

Lechalはインドに本社を置くDucere Technologies社が開発した靴のソール。このソールは、ほぼすべての靴に対応することができ、これを入れることで靴がスマート化する。 Lechalは、視覚障害者用のシューズを目指し、シューズの形状で開発されていたものだ。靴に加えて、ソールも開発することで、他の靴にも対応することが可能になった。 Lechalの使用方法はソールをBluetoothでス…


Lechal

Lechalはインドに本社を置くDucere Technologies社が開発した靴のソール。このソールは、ほぼすべての靴に対応することができ、これを入れることで靴がスマート化する。

Lechalは、視覚障害者用のシューズを目指し、シューズの形状で開発されていたものだ。靴に加えて、ソールも開発することで、他の靴にも対応することが可能になった。

lechal sole

Lechalの使用方法はソールをBluetoothでスマートフォンと接続し、専用のアプリに目的地を設定するだけ。するとアプリがナビゲーションを行い、シューズに道の指示をしてくれる。右折や左折する場所でシューズが振動し、視覚障害者に方向を教えることで、視覚障害者の道案内役になってくれるという。

lechal bluetooth

Lechalには、方向を振動で伝える機能以外に、フィットネス系のウェアラブルデバイスに備わっている消費カロリーの計算機能や、SNSを通じた共有機能も備わっている。

材質は高性能ポリウレタンで、表面は抗微生物コーティングで加工されている。USBで充電を行い、連続使用で3日ほど電池が持ち、普通に使用すると10日は持つという。防水性と耐久性があるため、雨の日にも対応し、洗濯しても問題ない商品設計となっている。

現在、Lechalはプレオーダーを受け付けている。



----------[AD]----------